右側 頭痛 い。 頭の痛みはこわい頭痛とこわくない頭痛の診断が大事|大阪の脳神経外科たかせクリニック

右側の頭痛:医師が考える原因と対処法|症状辞典

右側 頭痛 い

頭痛が起きて病院で レントゲンやCT、MRIを撮っても異常が無いと言われた。 そんな経験ありませんか? これらは脳や神経、血管に異常をきたしている場合であれば画像診断で判別出来ます。 写らないという事はそれらを否定出来るという事です。 では、その時の頭痛は何が原因なのかというお話をします。 おそらくは頭痛の大半 おおよそ7割ぐらいと言われている が 緊張型頭痛と診断を受けます。 それ以外の頭痛だと片頭痛や群発頭痛、何らかの病気が原因で起きる頭痛を二次性頭痛と言います。 この中でも群発頭痛だと血管由来、二次性頭痛ですと頭痛以外の症状 手足の痺れ・痙攣、激しい嘔吐、高熱 を伴う場合がある時ですので病院の受診をした時に疑われる事があり、画像診断や血液検査などで発覚する事があります。 検査によって異常が認められない場合、緊張型頭痛、筋肉の緊張由来から来ている頭痛と言われる事があります。 緊張型頭痛を起こす筋肉にコリコリした場所が現れます。 頭痛にかかわる筋肉も利き手やお仕事、生活の中での身体の使い方によって左右の固くなり易さというのも変わってきます。 右利きの人が右側に頭痛が出やすくなる筋肉たち 例えば、右利きの人は右側の肩が下がりやすくなる傾向にあります。 真正面を向いているつもりでも右肩が下がることにより、首が右側に倒れる様な姿勢になってしまいます。 そうすると右側の側頭筋、頭 頸 板状筋、頭半棘筋などが縮むように収縮してしまいます。 板状筋群 写真は頚板状筋 両側の頚板状筋が同時に作用すると頚部 首 を伸展、片側のみだと同側に頚部を回旋させる筋肉です。 頸椎 首の骨 を動かすだけでなく姿勢の安定に大きく関わります。 右利きの人が真正面よりも右側を向きやすくなると負担になるのがこの筋肉です。 特に頭が前に突き出る様な姿勢やうつ伏せ寝で右向きになって寝ている。 などがあると筋肉に凝りができてしまい、トリガーポイントと呼ばれるモノになってしまいます。 頭頂部の頭痛・頭の内側から目の内側の頭痛、頚部の側面の広い範囲で痛みが出てしまいます。 ・頭半棘筋 板状筋同様、頸椎の伸展、回旋に作用し側屈にも関与します。 半棘筋は、頭半棘筋、頚半棘筋、胸半棘筋の3つが存在します。 その中でも頭半棘筋は太く、筋肉として強いモノです。 板状筋の次に頚部の伸展に関わります。 ・側頭筋 側頭筋は咬筋、内側翼突筋 外側翼突筋などと一緒に咀嚼筋として機能します。 下顎を上に挙げる作用を持つ筋肉で硬い食べ物を食べて 「こめかみ」が痛くなるのは側頭筋が疲れている状態が多いです。 また、右利きの人は、頚部が右側屈しやすく噛むのも右側が強くなるケースが多く、側頭筋の緊張が強くなりトリガーポイントを形成し、頭痛が起きる事があります。 硬い食べ物を食べていないくても集中していると知らずの内に奥歯でギュッと噛んでいている事があり力の入り易い右側に頭痛が起こる事も。 ひとえに頭痛と言っても色々な原因があります 紹介したものと同じ所に頭痛があるからと言って、これらの筋肉由来の頭痛と決めつけてしまうと 重篤な疾患を見逃してしまう事も。 今までに体感したことがない頭痛や徐々に痛みが強くなる頭痛が出る場合は一度精査しに行く事をお勧めします。 それで異常が無いようであれば緊張型頭痛の可能性が高いかも知れません。

次の

「こめかみからくる頭痛」は“右”と“左”で原因が違う?

右側 頭痛 い

顔の右側にしびれを感じる時ってどんな病気の疑いがある!? 顔面神経麻痺 顔面神経麻痺は顔がしびれてしまい、目をうまく閉じれない・顔が引きつってしまう・何を食べても味がわからない・よだれが垂れてしまうという症状があるときは 顔面神経麻痺を疑ってください。 原因が明らかなもので多いのは、ヘルペスウイルス感染症が多いです。 口唇ヘルペスを患ったことがある人が突然顔面麻痺を発症するケースがあるので、口唇ヘルペスになったことがあるという方は注意が必要です。 症状の表れ方は様々で、年齢や男女に問わず突然始まります。 顔面神経麻痺になったら麻痺している方の耳が過敏になる為、いつもより音が大きく聞こえたり、響いたりすることがあります。 顔面神経麻痺を患ったら、数ヶ月で自然治癒することもありますが、顔面神経麻痺がずっと残ってしまうケースもあります。 顔の右側にしびれを感じたら?他の箇所には異変が無いか注意して! 脳の血管障害 脳の血管障害はろれつが回らなかったり、片方の顔が動かない、顔だけではなく全身の片側が動かないという場合に 脳の血管障害を疑います。 これはとても危険な症状です。 この症状が出た時は自分の運転で病院に行かないようにしてください。 必ず、すぐに救急車を呼んでください。 脳梗塞や脳出血が小さくたとしても、大きな梗塞や出血が遅れてくる場合があるのでとても危険なのです。 そして、自分だけじゃなく、身近にいる人にも注意して表情を見てあげてください。 身近な人がいつもと違ってろれつが回ってなかったり、行動が少しでもおかしいと感じた時はすぐに救急車を呼んで対応しましょう。 普通に生活していて顔の片側がしびれたり、動かないというときは、何らかの原因があります。 片側に異変を感じたら、顔面だけではなく、必ず体のどこかの箇所も症状は出るので、見逃さないように注意してください。 ・最近太った ・顔の半分がしびれる ・顔から下もしびれを感じたり、手で物が持てない ・目が見ずらくなった という症状がある方は要注意です。 顔の右側がしびれる時の原因は、緊張性頭痛も考えられるかも!? 緊張性頭痛 緊張性頭痛を起こすと顔にしびれを感じる時があります。 ・頭を支えている筋肉が緊張している ・緊張していると血行が悪くなり、頭痛を引き起こす。 この緊張性頭痛を改善するには原因のストレスを取りきらなければ改善は難しいです。 しかし症状を緩和させるには、血行を良くする方法が取り入れられています。 自宅でも出来る緩和方法は、入浴やマッサージ、運動などを行うことで血管を拡張させ、血液の流れがよくなり、痛みがやわらいで痛みの原因だった凝りがほぐされるという方法です。 しかしこの緊張性頭痛は原因ともなるストレスを感じるといつでもやってきます。 まずはあなたの頭痛の種類がどれに当てはまるのかを見極める必要があるので頭痛について知識を付けましょう。 顔面神経痛と三叉神経痛はどうちがう!? 三叉神経痛は顔面けいれんを起こします。 顔の痛みを感じる感覚神経を三叉神経と言い、顔面神経痛と三叉神経痛が同じような原因で起こることが最近わかってきました。 この病気は脳神経外科の手術で治る病気です。 主に神経を圧迫しているのが脳腫瘍と脳の血管だと言います。 それを取り除くと三叉神経痛が治るとされているので、病院の治療はしっかり受けましょう。 もちろん手術となればハイリスクになりますので担当医師としっかり話をして、後遺症の事も理解しなければなりません。 信頼できる病院の医師にお願いするのが一番いいです。 そこは妥協はせずに納得のいくまで医師と相談をしましょう。 脳の病気を早期発見するためには、定期的に脳ドックを受けよう! 今回は顔の右側半分にしびれを感じる時の病気についてご紹介してきました。 今回ご紹介した病気の他にアルコールによる顔のしびれもあるので、普段からアルコールを摂取している人はアルコールの量を考えたり、アルコールを控えるようにしましょう。 何より、顔の半分に違和感を感じたらすぐに脳神経外科を受診するのが的確です。 脳神経外科で調べてもらえればMRI検査などをするはずなので、脳の中の隅々まで調べてくれます。 顔の半分の違和感をそのままにしておくのはとても危険なので、違和感を感じた時点ですぐに病院に行きましょう。 何よりなんでも早期発見が第一です。 今脳外科でも脳ドックがありますので、年に1度くらいは脳ドックを受けることをおすすめします! -.

次の

「こめかみからくる頭痛」は“右”と“左”で原因が違う?

右側 頭痛 い

群発頭痛が起こると、痛みだけが理由ではなく、興奮した状態になって動き回ったり、気分が落ち着かなくなったりします。 群発頭痛の症状は1~2時間ほど続き、夜から明け方に起こることが多いとされています。 特に、眠ってから2時間ほどで起こることが多くみられます。 また、 毎日ほぼ同じ時間帯に起こるのが特徴です。 これは視床下部がつかさどる体内時計が影響しているためと考えられています。 群発頭痛は、1回の群発期で治まる場合もありますが、典型的なケースでは10年以上にわたり、半年~2年おきに群発期を繰り返します。 群発頭痛が疑われる場合は、神経内科や脳神経外科を受診してください。 特に、初めて激しい頭痛が起こった場合、または、症状が片側だけでない場合や涙や鼻水が出ない場合、1~2時間で症状が治まらない場合など、群発頭痛に典型的でない症状があるときは、注意が必要です。 こうした場合は、 や髄膜炎、 など 重大な脳の病気が原因で激しい頭痛が起こっている可能性もあるので、直ちに神経内科や脳神経外科、救急外来などを受診してください。 医療機関では、MRI(磁気共鳴画像)検査などの画像検査で脳の状態を調べたうえで、原因となっている病気を診断します。 詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年6月号に詳しく掲載されています。

次の