千葉 県 市 原市 コロナ。 患者の発生について|新型コロナウイルス感染症/千葉県

八千代市における新型コロナウイルス感染者の発生について

千葉 県 市 原市 コロナ

千葉県による事業者向け給付金 千葉県では、新型コロナウィルスが蔓延している状態を受け、経営状況が厳しくなった県内における事業者などに最大30万円の給付金を支給することを予定しています。 この給付金は幅広い業種の事業者に向けて行うもので、経営状態の安定化に資することを目的としています。 以下で給付額や支給対象などの給付内容を紹介していきます。 給付額 千葉県による事業者向け給付金の給付額は以下のように考えます。 対象者(売上が前年と比較して50%以上減少した事業者) 支給金額 県内に賃借している事業所がない場合 10万円 県内に1事業所を賃借している場合 20万円 県内に複数の事業所を賃借している場合 30万円 支給対象 千葉県による事業者向け給付金は、以下のように予定されています。 その他留意事項 千葉県による事業者向け給付金の申請期間や支給方法などの詳細は後日に県から発表があります。 ホームページなどで周知しますので、確認しておくことをおすすめします。 問い合わせ先 千葉県による事業者向け給付金の問い合わせ先は下記の通りです。 千葉県労働部経済政策課 043-223-2709 ネットカフェの休業に伴う一時的な避難先の提供 千葉県では、ネットカフェの利用についても自粛の要請をしています。 そのような状況下において、千葉県では今までネットカフェで宿泊していた方へ一時的な避難先を提供します。 これは新型コロナウイルス感染症の拡大防止としての追加の協力要請をうけて、ネットカフェ休業に伴って実施される制度です。 宿泊提供施設 ネットカフェの休業に伴う一時的な避難先(宿泊提供施設)は以下の場所が対象です。 7km(徒歩20分)) 利用相談先 ネットカフェの休業に伴い一時的に避難をするための利用連絡先は以下の通りです。 ・平日の9時~18時 千葉県健康福祉指導課 電話 043-223-2309 ・上記以外 千葉県消防学校 電話 0436-63-5435 対象者 ネットカフェの休業に伴い一時的に避難をする対象者は下記の通りです。 ・千葉県内のネットカフェに宿泊していた方で、休業要請により宿泊先を失った方 留意事項 ネットカフェの休業に伴い一時的に避難をする時の留意事項は以下の項目が挙げられます。 ・利用の際は、身分証明書(運転免許証など)及びネットカフェを宿泊利用していたことがわかるもの(レシート等)を提示が必要です。 ・宿泊料は無料です。 ・食事の提供はありませんので、各自で調達することになります。 また、テレビやWi-Fi環境はありません。 ・避難先までの送迎や生活費等の支給はありません。 ・発熱等の症状がある方については、利用をお断りする場合があります。 ・本施設は、消防職員の訓練場所ですので利用にあたり、あらかじめ注意事項(禁酒、禁煙等)を守っていただくことを誓約しなければいけないので注意が必要です。 ・敷地内は完全禁煙です。 また、消防学校という施設の性質上、近隣での路上喫煙も出来ません。 利用可能期間 ネットカフェの休業に伴い一時的に千葉県消防学校へ避難する際の利用可能期間は以下の通りです。 ・原則、1週間 また、場合によっては避難期間の延長が可能です。 その他の支援 ネットカフェの休業に伴い一時的に避難をする際のその他の支援は、下記の通りです。 ・就労や生活費にお困りの場合や、今後の住まい等に関する相談については、休業前に宿泊していた場所を所管する市町村の生活困窮相談窓口等と連携して支援します。 問い合わせ ネットカフェの休業に伴い一時的に千葉県消防学校へ避難する際の問い合わせ先は以下を参照してください。 問い合わせ先 所属課室:健康福祉部健康福祉指導課自立支援班 電話番号:043-223-2309 ファックス番号:043-222-6294 千葉市テレワーク推進事業 千葉市テレワーク推進事業は、新型コロナウイルスの拡大の防止に資するために、千葉市内でテレワークプランのサービスを実施している宿泊施設等でテレワークをしたときにその利用料の一部を補助するという制度です。 その他、テレワークプランのサービスを提供している宿泊施設に対し、コロナウイルス蔓延を防ぐための衛生対策によって生じる経費についても補助対象となります。 テレワークプラン利用促進補助事業の内容 〇支援対象 ・勤め先が千葉市内で、千葉県内に住所がある方 ・住所が千葉市内で、勤め先が千葉県外の方 〇補助金額 テレワークプラン利用料金のうち1回1人あたり上限3,000円 ただし、最低自己負担額は1,000円となっていますので、1回1人あたり最低でも1,000円の支払いが必要です。 テレワークプラン実施ホテルへの衛生対策助成事業の内容 〇支援対象 テレワークプラン利用促進補助事業に参加する宿泊事業者 〇補助率・補助上限額 補助率は事業実施に係る経費の4分の3となっていて、補助上限額は1事業者あたり30万円です。 〇補助経費 補助経費は宿泊施設などの消毒や清掃費、または衛生管理に必要な消耗品や備品などが認められます。 テレワーク導入のアドバイスや問い合わせ先 テレワーク導入のアドバイスは事業者向け臨時相談窓口で中小企業診断士等による相談を受け付けます。 問い合わせ先 経済農政局経済部観光MICE企画課(電話:043-245-5281) 千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所2階 電話:043-245-5281 ファックス:043-245-5669 kanko. EAE city. chiba. jp 千葉市クラスター防止協力金制度 千葉市は、クラスターの発生が確認された施設において、その施設名の公表など、新型コロナウイルスの感染拡大の抑止に協力した事業者に対し最大100万円の協力金を支給します。 それにより、営業を休止している施設の維持やスムーズな営業再開ができるように支援するという制度です。 クラスターとは、新型コロナウイルス感染症の集団感染のことを言います。 支援内容 〇支援対象 クラスターが発生しやすい多くの方が利用する施設内で新型コロナウイルス感染者が認められた事業者で、その事業所の名称を公表するなどの新型コロナウイルス拡大防止のために協力した事業者。 〇支給金額 1事業所あたり100万円 千葉市の協力金は東京都の協力金の50万円と比較して高額となっていますので、この知識を身に付けていれば、いざというときに自社を守ることができます。 〇実施時期 令和2年4月下旬から実施予定 〇問い合わせ先 ・陽性者の把握や事業者への協力依頼に関すること 保健福祉局医療衛生部医療政策課(電話:043-245-5202) ・本制度に関すること 経済農政局経済部経済企画課(電話:043-245-5302) まとめ 千葉県で新型コロナウイルス対策に活用できる助成制度の「千葉県による事業者向け給付金」「ネットカフェの休業に伴う一時的な避難先の提供」「千葉市テレワーク推進事業」「千葉市クラスター防止協力金制度」を紹介してきました。 会社や自宅以外での勤務地を利用するにあたり、テレワークプランのサービスの活用が新型コロナウイルス感染症対策ではとても効果的です。 また、テレワークプランのサービスを提供する宿泊事業者にも30万円の補助が受けられます。 千葉市におけるクラスター防止協力金は100万円と高額になっています。 万が一、事業所や施設内で新型コロナウイルスの感染者が出た場合には速やかに市に対してあらゆる情報の提供を惜しまずに行うことが大切です。 新型コロナウイルスの感染者は4月18日現在でも増えているので、他人事ではない、ということを私たちはあらためて実感しなければいけません。

次の

【8月7日】新型コロナウイルス感染症患者の発生状況について

千葉 県 市 原市 コロナ

千葉県による事業者向け給付金 千葉県では、新型コロナウィルスが蔓延している状態を受け、経営状況が厳しくなった県内における事業者などに最大30万円の給付金を支給することを予定しています。 この給付金は幅広い業種の事業者に向けて行うもので、経営状態の安定化に資することを目的としています。 以下で給付額や支給対象などの給付内容を紹介していきます。 給付額 千葉県による事業者向け給付金の給付額は以下のように考えます。 対象者(売上が前年と比較して50%以上減少した事業者) 支給金額 県内に賃借している事業所がない場合 10万円 県内に1事業所を賃借している場合 20万円 県内に複数の事業所を賃借している場合 30万円 支給対象 千葉県による事業者向け給付金は、以下のように予定されています。 その他留意事項 千葉県による事業者向け給付金の申請期間や支給方法などの詳細は後日に県から発表があります。 ホームページなどで周知しますので、確認しておくことをおすすめします。 問い合わせ先 千葉県による事業者向け給付金の問い合わせ先は下記の通りです。 千葉県労働部経済政策課 043-223-2709 ネットカフェの休業に伴う一時的な避難先の提供 千葉県では、ネットカフェの利用についても自粛の要請をしています。 そのような状況下において、千葉県では今までネットカフェで宿泊していた方へ一時的な避難先を提供します。 これは新型コロナウイルス感染症の拡大防止としての追加の協力要請をうけて、ネットカフェ休業に伴って実施される制度です。 宿泊提供施設 ネットカフェの休業に伴う一時的な避難先(宿泊提供施設)は以下の場所が対象です。 7km(徒歩20分)) 利用相談先 ネットカフェの休業に伴い一時的に避難をするための利用連絡先は以下の通りです。 ・平日の9時~18時 千葉県健康福祉指導課 電話 043-223-2309 ・上記以外 千葉県消防学校 電話 0436-63-5435 対象者 ネットカフェの休業に伴い一時的に避難をする対象者は下記の通りです。 ・千葉県内のネットカフェに宿泊していた方で、休業要請により宿泊先を失った方 留意事項 ネットカフェの休業に伴い一時的に避難をする時の留意事項は以下の項目が挙げられます。 ・利用の際は、身分証明書(運転免許証など)及びネットカフェを宿泊利用していたことがわかるもの(レシート等)を提示が必要です。 ・宿泊料は無料です。 ・食事の提供はありませんので、各自で調達することになります。 また、テレビやWi-Fi環境はありません。 ・避難先までの送迎や生活費等の支給はありません。 ・発熱等の症状がある方については、利用をお断りする場合があります。 ・本施設は、消防職員の訓練場所ですので利用にあたり、あらかじめ注意事項(禁酒、禁煙等)を守っていただくことを誓約しなければいけないので注意が必要です。 ・敷地内は完全禁煙です。 また、消防学校という施設の性質上、近隣での路上喫煙も出来ません。 利用可能期間 ネットカフェの休業に伴い一時的に千葉県消防学校へ避難する際の利用可能期間は以下の通りです。 ・原則、1週間 また、場合によっては避難期間の延長が可能です。 その他の支援 ネットカフェの休業に伴い一時的に避難をする際のその他の支援は、下記の通りです。 ・就労や生活費にお困りの場合や、今後の住まい等に関する相談については、休業前に宿泊していた場所を所管する市町村の生活困窮相談窓口等と連携して支援します。 問い合わせ ネットカフェの休業に伴い一時的に千葉県消防学校へ避難する際の問い合わせ先は以下を参照してください。 問い合わせ先 所属課室:健康福祉部健康福祉指導課自立支援班 電話番号:043-223-2309 ファックス番号:043-222-6294 千葉市テレワーク推進事業 千葉市テレワーク推進事業は、新型コロナウイルスの拡大の防止に資するために、千葉市内でテレワークプランのサービスを実施している宿泊施設等でテレワークをしたときにその利用料の一部を補助するという制度です。 その他、テレワークプランのサービスを提供している宿泊施設に対し、コロナウイルス蔓延を防ぐための衛生対策によって生じる経費についても補助対象となります。 テレワークプラン利用促進補助事業の内容 〇支援対象 ・勤め先が千葉市内で、千葉県内に住所がある方 ・住所が千葉市内で、勤め先が千葉県外の方 〇補助金額 テレワークプラン利用料金のうち1回1人あたり上限3,000円 ただし、最低自己負担額は1,000円となっていますので、1回1人あたり最低でも1,000円の支払いが必要です。 テレワークプラン実施ホテルへの衛生対策助成事業の内容 〇支援対象 テレワークプラン利用促進補助事業に参加する宿泊事業者 〇補助率・補助上限額 補助率は事業実施に係る経費の4分の3となっていて、補助上限額は1事業者あたり30万円です。 〇補助経費 補助経費は宿泊施設などの消毒や清掃費、または衛生管理に必要な消耗品や備品などが認められます。 テレワーク導入のアドバイスや問い合わせ先 テレワーク導入のアドバイスは事業者向け臨時相談窓口で中小企業診断士等による相談を受け付けます。 問い合わせ先 経済農政局経済部観光MICE企画課(電話:043-245-5281) 千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所2階 電話:043-245-5281 ファックス:043-245-5669 kanko. EAE city. chiba. jp 千葉市クラスター防止協力金制度 千葉市は、クラスターの発生が確認された施設において、その施設名の公表など、新型コロナウイルスの感染拡大の抑止に協力した事業者に対し最大100万円の協力金を支給します。 それにより、営業を休止している施設の維持やスムーズな営業再開ができるように支援するという制度です。 クラスターとは、新型コロナウイルス感染症の集団感染のことを言います。 支援内容 〇支援対象 クラスターが発生しやすい多くの方が利用する施設内で新型コロナウイルス感染者が認められた事業者で、その事業所の名称を公表するなどの新型コロナウイルス拡大防止のために協力した事業者。 〇支給金額 1事業所あたり100万円 千葉市の協力金は東京都の協力金の50万円と比較して高額となっていますので、この知識を身に付けていれば、いざというときに自社を守ることができます。 〇実施時期 令和2年4月下旬から実施予定 〇問い合わせ先 ・陽性者の把握や事業者への協力依頼に関すること 保健福祉局医療衛生部医療政策課(電話:043-245-5202) ・本制度に関すること 経済農政局経済部経済企画課(電話:043-245-5302) まとめ 千葉県で新型コロナウイルス対策に活用できる助成制度の「千葉県による事業者向け給付金」「ネットカフェの休業に伴う一時的な避難先の提供」「千葉市テレワーク推進事業」「千葉市クラスター防止協力金制度」を紹介してきました。 会社や自宅以外での勤務地を利用するにあたり、テレワークプランのサービスの活用が新型コロナウイルス感染症対策ではとても効果的です。 また、テレワークプランのサービスを提供する宿泊事業者にも30万円の補助が受けられます。 千葉市におけるクラスター防止協力金は100万円と高額になっています。 万が一、事業所や施設内で新型コロナウイルスの感染者が出た場合には速やかに市に対してあらゆる情報の提供を惜しまずに行うことが大切です。 新型コロナウイルスの感染者は4月18日現在でも増えているので、他人事ではない、ということを私たちはあらためて実感しなければいけません。

次の

【千葉コロナ】市原市で新型コロナウイルス感染者が確認される

千葉 県 市 原市 コロナ

セーフティネット保証・危機関連保証 セーフティネット保証制度や危機関連保証とは、経営の安定に支障を生じている中小企業者に対して、千葉県信用保証協会が通常の融資と別枠で保証を行う制度です。 この制度を利用するには、主たる事業所所在地の市町村長による認定が必要です。 認定申請書2部および添付資料を産業振興課商工振興班に提出してください。 詳細はから。 8億円)+セーフティネット保証枠(2. 8億円)+危機関連保証枠(2. 無利子・無担保融資(日本政策金融公庫) 「新型コロナウイルス感染症特別貸付」、「生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付」、「新型コロナウイルス対策衛経」及び「新型コロナウイルス対策マル経融資」に「特別利子補給制度」を併用することで、実質的な無利子・無担保融資を実施します。 「新型コロナウイルス感染症特別貸付」、「生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付」、「新型コロナウイルス対策衛経」 問い合わせ先:日本政策金融公庫 事業資金相談ダイヤル 平日:0120-154-505 土日祝日:0120-112476(国民生活事業)、0120-327790(中小企業事業) 「新型コロナウイルス対策マル経融資」 問い合わせ先:白井市商工会:047-492-0721 千葉県は、今般の新型コロナウイルスの流行により、事業活動に影響を受けるまたは、その恐れがある中小企業者等を支援するため、以下のとおり相談窓口を設置しています。 小学校等の臨時休業等に伴う保護者の休暇取得支援(労働者に休暇を取得させた事業者向け) 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子の保護者である労働者の休職に伴う所得の減少に対応するため、正規雇用・非正規雇用を問わず、労働基準法の年次有給休暇とは別途、有給の休暇を取得させた企業に対する助成金を創設しています。 小学校等の臨時休業に対応する保護者支援(委託を受けて個人で仕事をする方向け) 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子どもの世話を行うため、契約した仕事ができなくなっている子育て世代を支援するための支援金を創設しています。 その他の支援策 厚生労働省と経済産業省と千葉県では事業者やその他働く方向けの支援策等をまとめたホームページを開設しています。 これまで講じた対策に関する情報を掲載しているほか、今後の対策についても随時こちらに掲載される予定です。 小規模事業者持続化補助金 一般型 の加点措置 小規模事業者持続化補助金(一般型)は、小規模事業者が行う、経営計画に基づいた新たな販路開拓等、生産性向上に資する取り組みを行うために要する経費の一部を支援することを目的とした補助金です。 今回の公募では、新型コロナウイルスによる影響を受けながらも生産性向上に取り組む事業者を対象に加点措置を講じることによって、優先的に支援します。 加点対象事業者であることを確認する証明書については市で発行しますので、下記申請書の提出を産業振興課商工振興班までご提出ください。 また、セーフティネット保証4号の認定を既に受けられている場合は、その認定書が証明書となりますので、申請は不要です。 補助金全般の相談窓口:白井市商工会(047-492-0721) 証明書発行に関する相談窓口:産業振興課商工振興班 小規模事業者持続化補助金 コロナ特別対応型 の概算払 小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)は、新型コロナウイルスが事業環境に与える影響を乗り越えるために、具体的な対策に取り組む小規模事業者が経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む費用の一部を支援することを目的とした補助金です。 今回の公募では、売上が減少している事業者が円滑に事業を執行していく観点から、交付決定額50%の概算払を行うこととしています。 概算払対象事業者であることを確認する証明書については市で発行しますので、下記申請書の提出を産業振興課商工振興班までご提出ください。 また、セーフティネット保証4号の認定を既に受けられている場合は、その認定書が証明書となりますので、申請は不要です。 補助金全般の相談窓口:白井市商工会(047-492-0721) 証明書発行に関する相談窓口:産業振興課商工振興班 ものづくり・商業・サービス補助金の特別枠創設・通常枠加点措置 ものづくり・商業・サービス補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更 働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等 等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。 今回の公募では、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者を支援するため、特別枠を設けています。 また通常枠でもサプライチェーン毀損等の影響を受けている客観的事実を証明するための書類を提出することで加点となる場合があります。 詳細は、下記リンク先の公募要領をご確認ください。 問い合わせ先:ものづくり補助金事務局(050-8880-4053) IT導入補助金の特別枠創設・通常枠加点措置 IT導入補助金は、事業継続性確保の観点から、ITツール導入による業務効率化等を支援することことを目的とした補助金です。 今回の公募では、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者を支援するため、特別枠を設けています。 また、通常枠でも在宅勤務制度(テレワーク)の導入に取り組むことが加点となる場合があります。 詳細は、下記リンク先の公募要領をご確認ください。 問い合わせ先:一般社団法人サービスデザイン推進協議会(0570-666-424).

次の