確定申告書 添付書類台紙。 【確定申告】白色申告の郵送で提出するもの チェックリスト

確定申告で国民健康保険料を控除する際の領収書の必要性

確定申告書 添付書類台紙

初めての確定申告は特に事前準備が大事です。 確定申告書の準備からそれに関連する提出書類も必要になってきます。 事前に準備をしておくことで、確定申告期間に焦って提出書類に不備がないようにしたいです。 ここでは必要な提出書類一覧と、どのように提出するのか紹介します。 【この記事で分かること】• 確定申告の書類は白色申告と青色申告で異なる• 添付する書類は確定申告書Bに関する書類• e-Taxを利用することで添付書類の省略が可能 確定申告では白色申告、青色申告、それぞれで提出書類が異なります。 確定申告の時期は限られており、その期間内に必要な書類を準備しなくてはいけません。 事前に書類を把握しておくことで、提出忘れをすることがなくなります。 どんな書類が必要なのか詳しく紹介します。 確定申告で添付する書類は白色申告と青色申告で異なる 確定申告で提出・添付する書類は「白色申告」と「青色申告」で異なります。 どちらも確定申告に必要な「確定申告書B」の提出は必要です。 確定申告書Bは、確定申告書の表紙になる書類です。 収入、経費、控除など必要数値を記入した書類になり、それに付随する書類の提出がそれぞれの申請方法で異なります。 白色申告で添付する書類 白色申告で提出する書類は、• 収支内訳書• 確定申告書B この2つになります。 収支内訳書• 売上や経費に内訳、所得金額などを記載• 主な売上先や仕入先などの詳細項目を記載 確定申告書B• 事業収入や所得控除• 源泉徴収税額 収支内訳書は、収支に関する書類のため、売上や経費の数字を記載します。 確定申告書Bでは、収支内訳書の数値と、さらに控除される数値を記入して、実際に所得がいくらあったのか記載する書類です。 白色申告ではこの確定申告書Bに関する書類を、添付書類として提出します。 添付書類は主に控除に関する書類です。 青色申告で添付する書類 青色申告で提出する場合は、• 所得税青色申告決算書• 確定申告書B この2つになります。 所得税青色申告決算書• 損益計算書(売上、経費の内訳)• 損益計算書の明細書(各月の売上、給料賃金)• 貸借対照表(年度当初、年度末の資産・負債) 確定申告書B• 事業収入や所得控除• 源泉徴収税額 青色申告で提出する書類は、複式帳簿に沿った内容を記載した損益計算書と貸借対照表の提出が必要です。 確定申告書Bの内容については白色申告と変わりはなく、添付書類も確定申告書Bに関する書類のために提出が必要になります。 添付書類が必要なのは確定申告書Bになるため、どちらも違いはありません。 確定申告で添付する書類は添付書類台紙に貼る 確定申告書Bとともに提出する添付書類は、専用の「添付書類台紙」に貼って提出します。 <添付書類台紙に添付できる書類> 添付書類 備考 源泉徴収票 原本を貼り付けて提出 支払調書 原本を貼り付けて提出 マイナンバーに関する本人確認書類 コピーしたものを提出 社会保険料控除 関係書類 原本を貼り付けて提出 生命保険料控除 関係書類 原本を貼り付けて提出 地震保険料控除 関係書類 原本を貼り付けて提出 寄附金控除 関係書類 原本を貼り付けて提出 添付書類台紙を利用して提出する場合、のりづけが基本ですが、税務署が見やすい方法であればホッチキスやテープを利用しても構いません。 基本的には全ての書類が原本送付となり、提出した書類は返ってこないため、もし必要な書類がある場合、提出前にコピー対応などしておきましょう。 ここには医療費控除を受けるための書類が記載されていませんが、これは別に「医療費明細書」という用紙が用意されています。 税金対策をするためには必要なことなので、見やすいように漏れなく添付しましょう。 提出の必要はありませんが、5年間は税務署から提出義務がいつくるか分からないため、提出できるように年度ごとに分けておく必要があります。 できれば添付書類台紙に貼って準備しておきましょう。 ただし5年間は分かるように保管しておきましょう。 確定申告で添付が必要のない書類 ここまで白色申告、青色申告で提出が必要な書類、それに基づく添付書類の紹介をしてきました。 添付書類はあくまで控除の証明に関する書類が多く、それ以外の書類は必要ないです。 ここでは確定申告で添付が必要そうで、必要のない書類を紹介します。 必要と思って時間をかけて作成した書類が必要なかった場合、時間の無駄になってしまうため、事前に確認しておきましょう。 領収書、請求書などは不要 経費にかかった領収書や請求書は必要と思われている書類ですが、添付の必要はありません。 この書類をすべて細かく確認していたら、税務署の人数が何人いても足りません。 日本の確定申告制度はあくまで自己申告、自分で作成して自分で申請する方法です。 つまり細かく内容は見られないということです。 ただし、帳簿書類は最大7年間の保存が必要となり、何かあった場合は税務署に細かい書類の提出が必要です。 つまり自己申告ですが、確かな証拠は必要ということです。 報酬に関する書類も添付の必要はありません。 何となく収入に関する書類は提出する必要があるかなと思われるのですが、これも自分保管となり、必要なときに提出できるように準備することです。 正しい数字を報告することは前提ですが、必要のない書類に時間をかけるのはやめましょう。 確定申告の添付書類で分からないことがあれば税理士に相談 確定申告では白色申告、青色申告によって提出書類が異なります。 しかし添付書類については、控除を受けるための書類になるため、両者に違いはなく、税金対策をするためには必要な準備です。 ただしe-Taxを利用することで添付の必要はなく準備だけになるため、効率よく確定申告ができます。 何を添付したらいいか不安な人は、税理のプロである税理士に相談するのもありです。 今は無料相談など気軽に利用できるようになっているため、分からなければ相談しましょう。

次の

申告書に添付・提示する書類|国税庁

確定申告書 添付書類台紙

上記の書類に加えて、各種控除に関する書類などを添付する必要があります。 こちらも、個人によって提出書類は異なります。 項目 提出または添付する書類 マイナンバーカードが ある場合 マイナンバーカードの写し(表面及び裏面の写し) マイナンバーカードが ない場合 番号確認書類(通知カード、住民票の写し、住民票記載事項証明書のいずれか)と、身元確認書類(運転免許証やパスポートなど記載したマイナンバーの持ち主であることを確認できる書類)の写し 配当所得がある場合• 申告する配当の種類に応じた支払通知書• 特定口座年間取引報告書 医療費控除を適用する場合• 医療費の領収書等• 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書 小規模企業共済等掛金控除を適用する場合• 支払った掛金額の証明書 生命保険料控除を適用する場合• 支払額が分かる証明書 地震保険料控除を適用する場合• 支払額が分かる証明書 寄付金控除を適用する場合• 寄付した団体などから交付を受けた寄付金の受領書 (その他証明書等別途必要書類がある場合もございます) (その他証明書等別途必要書類がある場合もございます) 勤労学生控除を適用する場合• 学校や法人から交付を受けた証明書 住宅ローン控除を適用する場合• 住宅借入金残高証明書• 住民票の写し• その他必要書類 政党等寄付金特別控除を適用する場合• 寄付金(税額)控除のための書類.

次の

確定申告:添付書類台紙への貼り方を確認!A4など大きい紙の場合は?

確定申告書 添付書類台紙

申告書に添付・提示する書類 申告書を提出する前に、これらの書類が揃っているかチェックしましょう。 下表の項目をクリックすると各項目をご覧になれます。 申告書を提出するときに、以下の書類をその区分に応じ添付するか又は提示しなければなりません。 ただし、還付申告(予定納税額があることによる還付申告を除きます。 )及び相続人から提出される準確定申告の方は、番号確認書類の提示等が必要です。 詳しくは、をご覧ください。 戸籍の附票の写しその他の国又は地方公共団体が発行した書類及び国外居住親族の旅券(パスポート)の写し 外国政府又は外国の地方公共団体が発行した書類(国外居住親族の氏名、生年月日及び住所又は居所の記載があるものに限ります。 ) ・ 「送金関係書類」とは、次の 又は の書類で、あなたがその年において国外居住親族の生活費又は教育費に充てるための支払を、必要の都度、各人に行ったことを明らかにするものをいいます。 金融機関の書類又はその写しで、その金融機関が行う為替取引によりあなたから国外居住親族に支払をしたことを明らかにする書類 いわゆるクレジットカード発行会社の書類又はその写しで、国外居住親族が、そのクレジットカード発行会社が交付したカードを提示してその国外居住親族が商品等を購入したこと等により、その商品等の購入等の代金に相当する額をあなたから受領したこと等を明らかにする書類 ・ いずれの書類も、外国語で作成されている場合にはその翻訳文も必要です。 ・ 給与等(公的年金等)の源泉徴収又は年末調整において、源泉徴収義務者に提出し、又は提示したこれらの書類については、確定申告書に添付又は提示する必要はありません。 このほか、付表や計算書などを使用した方は、その計算書なども申告書と一緒に提出します。 、及びは、国税庁ホームページからダウンロードできます。 なお、税務署にも用意しています。 この場合、税務署長は原則として法定申告期限から5年間、その入力内容の確認のためにこれらの書類の提出又は提示を求めることができ、これに応じない場合には、確定申告書の提出に当たってこれらの書類の提出又は提示をしたことにはならないものとされます。 e-Taxで確定申告書を提出する場合以外は、源泉徴収義務者 交付者 から、書面によりこれらの書類の交付を受けた上で、確定申告書に添付してください。

次の