千と千尋の神隠し 裏設定。 千と千尋の神隠し【都市伝説】まとめ!あの噂は嘘か本当か?ラストは続きがある?

千と千尋の神隠しの都市伝説!4つの裏設定が隠されていた

千と千尋の神隠し 裏設定

湯婆婆はお湯屋の最上階に居るそうですが、お湯屋に初めて足を踏み入れた千尋はもちろん1人で行くことができません。 そこで、たまたま居合わせて千尋の正体が人間だと知ってしまった従業員のリンに案内してもらうことになりました。 「千と千尋の神隠し」の世界では 人間は異色の存在。 正体が人間だということはお湯屋の従業員たちになぜか匂いで気づかれてしまうため、その正体がバレないようにと早歩きでお湯屋の中を動いてエレベーターを目指します。 1機目のエレベーターを降りて次のエレベーターに乗り継ごうとドアが空いた瞬間、目の前に巨大な白い体のお客様が現れました。 これが「千と千尋の神隠し」の中で おしら様と出会う初めてのシーンでした。 リンは笑って誤魔化して次の エレベーターに千尋を連れて行きますが、おしら様はなぜか2人の後をついてきます。 千尋はなぜおしら様が後ろをついて来るのかわからず「 正体がバレてしまったのでは?」と不安そうな顔をしている一方、リンは気にせず進んでいきます。 何かに気がついた他の従業員がリンに声をかけました。 リンは返事をしながら千尋をエレベーターに押し込みます。 するとなぜかおしら様もエレベーターに乗り込みました。 しかし、おしら様の巨体に隠れたおかげで正体が人間だと気づかれることなく、無事にエレベーターで 目的地の最上階までたどり着くことができたのです。 最上階では千尋だけエレベーターを降りました。 そしてなぜかおしら様と互いにお辞儀をした後、おしら様はそのままエレベーターに残ったままドアが閉まっていました。 神様ですが、人間にお辞儀をしてくれるなんてなんだか親近感が湧きますね。 青森や岩手などの東北地方で特に伝承されていて、諸説あるようですが 農業の神様とのこと。 「千と千尋の神隠し」のおしら様を見てみると、なぜか朱色の杯のようなものを頭にかぶって全身は真っ白。 顔は頬あたりから大根のようなものが伸びており、その色や見た目から「 大根の神様」だと思っていた人もいるのではないでしょうか。 その正体は農業の神様とされている点から「千と千尋の神隠し」ではあえて大根のような姿にしたのかもしれませんね。 また、おしら様は 子ども好きの神様であるともいわれています。 そう考えると「千と千尋の神隠し」でなぜ千尋を助けたかの理由になりそうですね。 おしら様がエレベーターに乗ったのはただの偶然だった!? 「千と千尋の神隠し」のおしら様の正体、それは子どもが好きな神様ということがわかりました。 しかし、ここで気になる話が… それは、おしら様がエレベーターに乗ったのは「 ただの偶然だった」という説。 なぜこんな説が出てきたのでしょうか? 「千と千尋の神隠し」で最初におしら様と出会ったシーンをもう一度思い返してみると…おしら様はなぜか上に行きたいと言っていました。 リンから「 このエレベーターは上には行かない」と聞いたおしら様は2人が上へ行くエレベーターに案内してくれると思い込み、ついて行っただけなのではと推測されるのです。 湯婆婆の居る最上階へ着く直前、1つ下の階でエレベーターのドアが開いた時にもキョロキョロと辺りを見回していました。 実は単純に ただの好奇心として上の階を見てみたかった。 そんな考察もいささか不可能ではないですよね。 おしら様の好奇心だったという説もあるものの「千と千尋の神隠し」で千尋がオクサレ様という神様のお世話に大成功した瞬間、おしら様もあの大きな身体を揺らしながら喜んでくれていました。 彼が農業の神様で子ども好きだったという正体を知ると、 なぜ彼女を見守ってくれたのかもしっくり来ますね! ちなみに「千と千尋の神隠し」の作中でおしら様が「 2人出てくるシーン」が存在するという噂も。 なぜ2人なのかはわかりませんが、また新たなネタの予感が… これを機に作品を見返してみてはいかがでしょうか。

次の

【リンの正体】千と千尋の神隠しには裏設定が…ネタバレ注意!

千と千尋の神隠し 裏設定

作品モチーフは「風俗」!? 湯女 たち 出典:千と千尋の神隠し 主人公の千尋は、 湯婆婆 のもとで「湯女」として働くことになります。 「湯女」とは現在でいうソープ嬢のことで、江戸時代に実際に存在しました。 この説を裏付ける証拠として、作中に湯婆婆の湯屋(銭湯)に、なんと「回春」という文字が書かれていることが挙げられます。 出典:千と千尋の神隠し また、千尋が湯屋で働く際に、自身の名を「千」としたのも、源氏名を意味しているのです。 千尋たちはすでに死んでいた!? 冒頭の車シーン 出典:千と千尋の神隠し 冒頭で車に乗っている千尋たち家族ですが、途中父親が突然スピードをあげて、まるでいざなわれるかのようにトンネルへ向かっていくシーンがありますよね。 このときに既に事故に遭っているという都市伝説が存在します。 というのも、車はかなりの猛スピードで、事故に遭っていてもおかしくないとのこと。 どんどん奥へと行ってしまう車 出典:千と千尋の神隠し また、これを裏付けるものとして、千尋が向こうの世界(ふしぎの町)に行ってしまったとき、体が透けて消えてしまいそうになります。 これは、このとき事故で瀕死の状態になっていたからだと考えられます。 ではもし、完全に透けてしまい消えてしまうと、死んでいたとされています。 宮崎監督の愛車!? 実はこの車…。 出典:千と千尋の神隠し 車の話が出てきたので、続いても車のお話をいたします。 父親が運転している車ですが、車種が アウディA4 2. 4クワトロ(先代モデル)だそうです。 出典元: なんと、宮崎監督が仕事用に使用している愛車と同じだとか……。 なんとも遊び心がある裏設定ですね。 両親がブタになってしまったのは? ブタとなってしまった父親 出典:千と千尋の神隠し 作中、千尋の両親がブタになりましたが、なぜ「ブタ」なのでしょうか? それには、千尋のモデルになった少女「ちさとちゃん」が関わっています。 なんと「ちさとちゃん」の父親はもともと「紅の豚」の主人公ポルポのモデルになっていました。 そのため、千尋(モデルがちさとちゃん)のお父さんをブタに関連付けたのです。 その一方で… 両親がブタになってしまうことには、もうひとつ説があります。 それは目の前にある快楽(飯)に容易く手を伸ばしてしまった両親の本性を、「ブタの姿に変える」ということで表現しているのかもしれません。 カオナシのモデルは? 正体不明のカオナシ 出典:千と千尋の神隠し どこか不気味なカオナシですが、そのモデルはなんと「借りぐらしのアリエッティ」の監督を務めた 米林宏昌 さんです。 また当初は、カオナシは重要な役割はなく、単なる脇役になるはずでした。 面白いことに、宮崎監督はカオナシの歌を作詞しましたそうです。 」 とのこと。 誰の心にも存在するとは、どういうことでしょうか? カオナシはいつも「さみしー」と言っており、千尋に故郷や親について尋ねられたときには、動揺を隠せていませんでした。 以上のことから解釈すると(拡大解釈かもしれませんが) ・自分の居場所 ・必要とされる場所 ・必要とする人物 こういったものが自分にはあるのか? 現代社会において、だれもが抱えている悩みを表現しているのではないのでしょうか? 電車に乗ってた人たちはなぜ黒くて半透明なの? カオナシも半透明です(笑) 出典:千と千尋の神隠し 千尋たちが乗った電車がありましたよね。 不思議なことに、乗客たちはみんな黒くて半透明です。 黒いのは、生きる希望も未来もないから。 途中に駅があるのは、自殺を踏みとどまる人が降りるからです。 また降りていく人たちはみな、重い荷物を持って降りていきます。 重い荷物を持って下車する乗客たち 出典:千と千尋の神隠し なぜなら、途中でやり残したことに気づいて、抱えていたものを心に残したまま、降りていくからです。 つまり、終着点は自殺をしたあと……. 電車には行きしかないのも、以上のことが理由です。 ちなみにだが、電車のモデルになったのは、 相模鉄道と 小田急電鉄だとか。 千尋が元の世界に帰れたのは、誤字のおかげ!? 千尋は湯婆婆との契約を破棄するために、 「坊を連れ戻す代わりに、千尋とその両親を元の世界へ戻す」 という約束をし、その結果、千尋たちは元の世界へ戻ることができました。 みんな大喜び!! 出典:千と千尋の神隠し しかし、実際には契約は成立していなかったのです。 千尋が最初に湯婆婆のもとで契約書にサインをするシーンがありましたよね。 あのとき、実は千尋は苗字を「萩野」と書かなけなかったのですが、「萩」の字の「火」を「犬」と書き間違えてしまっているのです。 まさかの誤字(笑) 出典:千と千尋の神隠し 最後に いかがだったでしょうか? 今回は「千と千尋の神隠し」にまつわる都市伝説をご紹介させていただきました。 他のジブリ作品の都市伝説も随時、作成していきますので、よければ見に来てください!.

次の

千と千尋の神隠しには幻のエンディングがある?違うところと引越し業者について解説

千と千尋の神隠し 裏設定

ここがポイント!• 千尋たち一家は事故に遭っていた? 千と千尋の神隠しは、車で走っていると道に迷ってしまうと言うのが始まりである。 父親が突然スピードを上げてトンネルに向かって車を走らせる。 映画では「 不思議の世界に迷い込む」という設定になっている。 しかし都市伝説では事故に遭って、 瀕死の状態になっているというのだ。 Sponsored Link 作中でトンネルを抜けて不思議の世界に入った時に、既に身体が透けて消えそうになっているのだ。 人は死ぬ時に 三途の川を渡ると言う説がある… そして千と千尋の神隠しの冒頭シーンの後で、気になる場面がある。 車で三途の川の様な場所を渡るシーンがあるのだ。 これを見ると、トンネルを抜ける途中で事故に遭ったと考えてもおかしくない。 また、日中こそ違和感のない普通の景色だが夜になるとトンネルの先に川ができる。 これは 現世と死後の世界が、はっきり分かれている風にも感じられる。 よく瀕死の状態は、意識がもうろうとして夢の様なものを見るとも聞く。 自分がそんな危険な状態というのを分からない人もいるのだ。 そのため、 一家が事故に遭遇していたという都市伝説が生まれたのだろう。 電車の乗客はナゼ真っ黒なのか? 後半になると千尋が電車に乗るシーンがあるが、中の乗客は 真っ黒で透き通っている。 これは何故かという疑問…都市伝説ではこう噂されている。 黒いのは 生きることに希望を失っているという現れ。 途中に駅が存在するが、自殺を踏みとどめる人はそこで降りるという。 外の景色はとても綺麗なのに、車内は真っ黒く異常な乗客ばかり。 Sponsored Link 「この世に未練がない人たちの集まり」と言われるのも納得がいく。 またこの場面で都市伝説となっているのが、ジブリシリーズ「火垂るの墓」の 節子が登場するという話。 「水の駅」でホームから電車を見つめる女の子がいるが、それが節子だという都市伝説だ。 これは 亡くなってからも兄を待っているとされる。 ハクは人間界で千尋に出会っていた!? ハクが千尋を元の世界に戻そうとトンネルまで連れて行くシーンがある。 ただしハクは湯婆婆のルールに従わなくてはならない…「 八つ裂き」にされるという悲しい運命を受け入れているのだ。 千尋と別れ際に手を話す時に、名残惜しい気持ちが伝わる描写もある。 だが、宮崎駿氏がこれに対し「 二人の永遠の別れ」を意味すると明かしている。 しかし、 ハクは千尋と再び会う約束をした。 これについて都市伝説では次のように言われる。 あの後、湯婆婆の手により殺されて魂のみになったが、都市伝説では「 人間界に行く」という風に考えられている。 現に千尋が過去に川で溺れたとき、彼によって助けられたと気付くシーンがある。 もしかすると、ハクは 川の守り神に生まれ変わって彼女を見守っているのかもしれない。 一言メモ 千と千尋の神隠しの都市伝説は全て正しいとは限らず、噂レベルのものもある。 とは言え、最後の別れのシーンはやはり涙を誘う。 トンネルを抜けるとそれまでの記憶は全て消え去ってしまうが、この構成は切なすぎて反則レベルだ。 その後も記憶を失わずにハクと巡り合う事ができたらと思わず願ってしまう。

次の