歯 が 痛い 時 対処 法。 歯痛の4つの応急処置とは?痛みをすぐに抑える対処法

歯痛の4つの応急処置とは?痛みをすぐに抑える対処法

歯 が 痛い 時 対処 法

しかも、そんなときに限って 深夜でどこも歯医者さんが開いていない 歯医者さんの予約がいっぱいで受け入れしてくれない 明日結婚式や会議など外せない用事がある などなど、間の悪いときに起こりうることもしばしばです。 開いている歯医者さんに飛びこむことができればよいのですが、そうもいかないときはどうすれば良いでしょうか?そういう時の一助となればと思い文章を書いています。 歯が腫れる原因はいくつかあります。 今回は腫れる原因で多いものをいくつかご紹介致します。 腫れの程度は様々で、 舌で触ると腫れてるかんじ、歯ブラシで少しだけ出血するときがある、程度のものから、歯茎がパンパンに腫れて歯がぐらぐらすることまであります。 歯周病で腫れた場合は、抗生物質と鎮痛剤がよくききます。 (鎮痛剤は薬局でも入手可能ですが、抗生物質は医療機関でしか入手できません。 ) 膿がたまっている場合は、膿を抜いてあげると腫れはおさまります。 歯周病で腫れる場合は、歯が浮いてきて上下の歯の噛み合わせが強くあたってくることも多いので噛み合わせの調整もします。 歯周病による腫れは比較的早期に収まりますが、腫れる原因となる歯石、歯垢を取らないと何度でも再発するため腫れが引いた後は、歯周病の治療が必要になるでしょう。 中断した歯は、歯の中にバイ菌が入ってしまうため、歯の付け根から膿がたまって腫れてきます。 早いと3ヶ月、遅くて2-3年してから腫れてきます。。 再度神経の治療をする必要があるでしょう。 一度腫れてしまったということは歯のしたの骨は感染で溶解しているため、それををもとの状態に回復させるのは困難で、治療回数も平均して6-7回かかります。 原因、治療方法は歯周病と同様ですが、親知らずの腫れが繰り返す場合は抜歯の検討が必要となる場合があります。 お口の最奥で腫れている場合はこの親知らずの可能性が非常に高いでしょう。 18-30歳の方は初めて口の中が腫れた時奥歯であれば可能性が高いと思います。 単純な歯周病の場合もありますので、やはり検査は必要であると思います。 被せの作り直しの検討が必要となるかもしれません。 被せ物が比較的新しい場合でも歯周病などで歯ぐきの形が変わって腫れる場合などもあり、原因は様々です。 最近入れた被せの回りが腫れる場合は、被せの形を少し微調整する必要があるでしょう。 被せの形によって食べ物が歯茎によく当たりやすく、腫れやすくなることもあります。 歯医者さんにご相談ください。 歯ぎしりで腫れる場合は左右交互に似たような部位が左右対称的に腫れることが多いです。 歯周病との関連があることも非常に多いので歯医者さんで検査と原因の特定が必須です。 一時的なものですので、2-3日で治るでしょう。 ただし思っている鯨飲とは違う原因のこともあるので診察は必要でしょう。 正直なところ、応急処置はご自分では難しいかもしれません。 腫れている場合は間違いなく炎症病変ですので、市販で売っているロキソニンなどの抗炎症薬は痛みを抑えるにあたっては有効なことが多いです。 ただし、おおもとの原因は痛み止めでは治らないため、薬を飲んで腫れが引いても必ず歯医者さんに行き原因の特定に努める必要があります。 投稿日: カテゴリー:.

次の

歯列矯正って痛いの?痛みは対処できれば怖くない!

歯 が 痛い 時 対処 法

歯痛のときの4つの応急処置 歯痛を抑える応急処置には、主に4つの方法あります。 手軽に出来る応急処置から紹介していきます。 1-1 患部を頬から冷やす 濡れタオルを頬に当てる、解熱シートを貼るといった方法で、患部を外側から冷やしましょう。 血の巡りを抑えることで、歯痛を和らげる効果が期待できます。 氷を直接当てたり、長時間冷やしすぎたりすることは、血行障害や皮膚を傷つける原因になってしまうことがあるため、注意しましょう。 1-2 口の中を清潔にする 食後に歯が痛くなった場合、食べカスが虫歯に詰まって神経を圧迫している可能性があります。 爪楊枝や糸ようじでそっと食べカスを取り除き、ぬるま湯でゆすぐなどして口の中を清潔にしましょう。 ただし、患部を刺激すると痛みが悪化する恐れがあります。 強くかき出したり勢いよくゆすいだりしないように気をつけましょう。 うがい薬でゆすぐのも良いですが、ノンアルコールなど低刺激性のものを使いましょう。 1-3 飲み薬で歯痛を抑える 患部を冷やしたり口をゆすいだりしても歯痛が落ち着かない場合、痛み止めを服用して様子を見ましょう。 ジクロフェナクナトリウムやロキソプロフェンといった成分が配合されている鎮痛剤がおすすめです。 1-4 塗り薬を塗る 患部に直接塗るタイプの痛み止めは、飲み薬よりも即効性が期待できます。 液体タイプやジェルタイプのものが販売されています。 綿棒の先に薬液をつける、綿球をピンセットで持って薬液をつけるといった方法で、患部にそっと塗りましょう。 一時的に痛みがおさまっても虫歯が治ったわけではありません。 今以上に状態が悪化するのを防ぐためにも、できるだけ早く歯医者さんを受診しましょう。 歯痛のときに控えたいこと 2-1 痛い歯をいじる 歯の周りの汚れを取ることは良いことですが、歯を揺さぶっても痛みは変わりません。 それどころか、手に付着した細菌が患部に入り、歯痛をさらに悪化させてしまうことがあります。 痛い歯はいじらないようにしましょう。 また、歯の状態が気になるのはわかりますが、舌先で触れた場合も刺激になってしまうことがあるので、控えた方が良いでしょう。 2-2 入浴 体温が上がると歯痛が悪化することがあります。 血流が良くなることで血管が膨張し、神経を圧迫してしまうことがあるためです。 入浴は控えるか、ぬるめのシャワー程度にしておくことをおすすめします。 2-3 アルコール・タバコ 気持ちを落ち着けるため、アルコールやタバコを摂取したい気持ちも分かりますが、アルコールには感覚を鈍らせる作用があります。 患部に触れたり、刺激の強い食飲物を口にしたりしてしまうことが考えられます。 血行を促進する作用もあるため、血管が神経を圧迫して痛みが強くなることがあります。 また、タバコには血管を収縮させる作用があります。 弱くなった血流を改善するため、体が血圧を上げようとしたとき、血流が増加して神経が圧迫され、痛みを感じやすくなることがあります。 歯痛のときは、アルコールやタバコの摂取を控えましょう。 歯痛を放置するとどうなるか? 歯痛の原因は主に虫歯です。 虫歯を放置すると、徐々に歯が溶けたり欠けたりします。 そうなる途中で痛みもひどくなります。 痛みを我慢して乗り越えてしまい、痛みがなくなるころには、神経がダメになってほとんど原形をとどめない姿になってしまいます。 こうなると歯が抜けたときと変わらない状態になるので、その部分から歯の咬み合わせがおかしくなり、全体の歯並びに影響を与えることがあります。 このようにたとえ1本の虫歯でも、放置すると歯全体に悪影響を及ぼします。 さらに放置した場合、虫歯菌が顎の骨まで到達して炎症を起こします。 また、虫歯菌が血管に入り込んで脳に移動すると脳膿瘍、心臓であれば心筋梗塞を招くリスクも生じるなど、全身に悪影響が出る可能性があります。 虫歯は早く治療すればするだけ軽い治療で済みます。 歯医者さんが怖い、通うのが面倒という気持ちも分かりますが、なるべく初期段階で歯医者さんを受診しましょう。 応急処置をしたら歯医者さんに行きましょう 4-1 かかりつけの歯医者さんに行く まずは、かかりつけの歯医者さんに行きましょう。 歯の状態を分かってくれているので、自分に合った診療を始めてもらえるはずです。 ただし、歯痛のタイミングによっては休診日だったり診療時間が過ぎていたりして、かかりつけの歯医者さんに行けないこともあります。 そんなときは、次のような歯医者さんの探し方を知っておくと便利です。 4-2 歯医者さんの予約サイトを使う かかりつけの歯医者さんに行けない場合は、歯医者さんの予約サイトを使いましょう。 行きたい曜日や時間を指定して探せます。 「歯医者」+「予約サイト」という検索ワードで検索すると、歯医者さんの予約サイトがいくつか出てきます。 そこから気に入ったサイトを選んで予約してみましょう。 4-3 地域の夜間・休日救急センターを利用する 予約サイトで見つからない場合は、地域の夜間・休日診療センターを使う方法もあります。 夜間は、地域にもよりますが22~23時まで診療していることもあります。 「地域名」+「夜間・休日救急センター」と検索すればサイトが出てくるので、電話をして診療を受けられるか確認しましょう。 なお、夜間・休日救急センターは、定期的に治療をおこなうための機関ではないので、治療も1回が基本になります。 地域によっては先生が交代で担当しているため、同じ先生に何度も診てもらうということができません。 どうしても痛みが我慢できず、早く診てもらいたいという場合に利用しましょう。 歯痛で考えられる原因と対応方法 5-1 知覚過敏 虫歯が見当たらないのに冷たいものがしみる、歯ブラシが当たるとピリッと痛いなどの場合は「知覚過敏」の可能性があります。 歯磨きの仕方や歯周病で歯茎が下がったり、歯が削れたりすると知覚過敏の症状が現れます。 《知覚過敏の対応方法》 知覚過敏が疑われる場合には、知覚過敏用の歯磨き粉を使って歯磨きをしましょう。 1週間程度使ってみて、痛みがなくならない場合は歯医者さんに行きましょう。 5-2 虫歯 虫歯が原因で歯痛になっていることもよくあります。 鏡を見て自分では虫歯が見当たらなくても、歯の間や裏側など、他人に見てもらわないと気づけない場所にできることもあります。 《虫歯の対応方法》 一度虫歯になってしまうと自然治癒することはほぼ無いので、虫歯が疑われる場合にはなるべく早く歯医者さんを受診しましょう。 5-3 歯の根の病気 歯の根の病気で歯痛になることもあります。 ・歯髄炎…歯髄(歯の神経や血管がある部分)が細菌感染し炎症が起こっている状態• ・根尖性歯周炎…歯の根の先に炎症が起こって化膿し、周辺組織にも感染が広がった状態 どちらの場合も、かなり強い痛みが出てくることがあります。 応急処置では抑えられないことも少なくないため、なるべく早く歯医者さんを受診しましょう。 《歯の根の病気の対応方法》 歯医者さんで歯の神経を抜いたり、炎症が起こっている歯の根や周辺組織をきれいにしたりする処置をおこなうのが一般的です。 5-4 歯が割れている 以前に歯の治療をしていて歯が脆くなっていたり、歯の噛み合わせに問題があったりする場合、歯が割れて歯痛の原因になることがあります。 《歯が割れている場合の対応方法》 どの程度割れているかにもよりますが、修復できないケースでは抜歯になることもあります。 まずは歯医者さんを受診して修復可能かどうか、確認してもらいましょう。 5-5 噛み合わせに問題がある 歯科治療後に咬み合わせが変わり、強く当たるところに痛みが出てくることがあります。 咬み合わせを調整することで多くは改善されますが、放置しておくとその部分が歯周病や歯根膜炎さらには顎関節症になりやすくなります。 もしくは就寝中の歯ぎしりで、朝起きたときに歯が痛いということもあります。 《咬み合わせに問題がある場合の対応方法》 咬み合わせの場合は、歯医者さんで調整してもらうことを検討しましょう。 歯ぎしりの場合は、歯医者さんでマウスピースを作製してもらい、夜寝るときに装着すると歯にかかる負担を軽減できます。 5-6 その他(関連痛) 歯そのものにはまったく異常がなくても、内臓が悪かったりストレスだったり、歯とは関係の無い部分が原因で歯痛になることがあります。 他の箇所の負担から来ている痛みを関連痛と言います。 《関連痛の対応方法》 病気の治療やストレス解消など、間接的に歯痛の原因となっている病気や症状を改善することで、歯痛が軽減またはなくなることがあります。 関連記事: 6. まとめ 歯痛の応急処置には4つの方法があります。 また、症状の重さによっては応急処置をしても効かないことがあります。 根本的に改善するには、歯医者さんを受診しましょう。 苦痛を少しでも減らすためにも、症状が軽いうちに歯医者さんへ行くことをおすすめします。

次の

子どもの「歯が痛い!」を軽減する応急処置をチェック!予防法と食習慣の基本

歯 が 痛い 時 対処 法

夜間に歯が痛くなる原因と対処法 歯髄炎(しずいえん) 歯髄炎とは、歯の神経に炎症が生じる病気で、主に虫歯に由来しています。 虫歯菌がエナメル質や象牙質を越え、歯髄にまで感染を広げた時に起こる症状です。 歯髄には、歯の神経と血管が含まれており、炎症によって血流が増加すると、神経が圧迫されます。 その結果、血管が膨張する動きに合わせて、ズキズキと痛む「拍動痛(はくどうつう)」が生じるようになるのです。 虫歯菌によって汚染された歯髄を抜き、歯の内部を無菌化する「根管治療(こんかんちりょう)」の対象となります。 痛みで眠れない時の応急処置としては、市販の痛み止めを飲むか、患部を冷やすことで拍動痛を軽減できます。 根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん) 根尖性歯周炎とは、歯の根っこの先で炎症が起こる病気です。 「歯周炎」という名前がついているため、炎症が生じるのは歯槽骨などの歯周組織なのですが、根本的な原因は虫歯にあります。 虫歯菌が根管内で繁殖し、その一部が外へと漏れ出るのが根尖性歯周炎だからです。 ちなみに、根尖性歯周炎では歯の神経が死んでしまっているので、「歯が痛い」と感じることはありません。 痛みを感じているのは、歯茎の周囲に存在している神経です。 歯の神経はもうすでに死んでいるので「抜髄(ばつずい)」などの処置は必要ありません。 夜間に強い痛みが発生した場合は、市販の痛み止めを飲むことで症状を安定させます。 咬合性外傷(こうごうせいがいしょう) 咬合性外傷とは、歯ぎしりなどが原因で歯周組織に痛みや炎症症状などが生じる病気です。 夜間に歯や歯茎に痛みを感じることがあるのですが、虫歯とは異なり、細菌が原因となっていません。 歯や歯茎に過剰な負担がかかることで、歯根膜などに炎症が生じています。 ですから、痛みの種類も歯髄炎のような拍動痛ではなく、歯ぎしりや食いしばりなど、歯と歯を強く噛み合わせた時に、一過性の痛みが生じるようになります。 ちなみに、夜間に痛みが発生しやすいのは、歯ぎしり自体が就寝中に起こりやすいからです。 患者さんそれぞれのお口に合ったマウスピースを作製して、夜間に装着することで、歯や歯茎への負担を減らします。 また、マウスピースを使用していく中で、歯ぎしりという悪習癖も徐々に改善されていきます。 その他の原因 夜間に歯が痛くなる場合、上述した病気以外にも「歯周病の急性症状」や「親知らずのトラブル」、「歯の破折」などが考えられますので、異常を感じたらできるだけ早く歯科を受診しましょう。 なぜ夜に痛くなるのか? ここまで、夜に歯が痛くなる原因についていくつかご紹介しましたが、そもそもなぜ「夜」なのか気になりますよね。 その理由は、主に以下の3つが挙げられます。 頭部への血流が増える 私たちは普段、学校や職場などでいろいろな活動をしています。 一日中立ち仕事をしている方も多く、頭は常に体の最も高い位置にあります。 すると、重力の関係上、血液は体の下へと流れがちです。 一方、夜間にはソファやベッドに横たわり、血液が頭部へと流れやすくなるため、血管も膨張しやすくなるのです。 その結果、神経の圧迫が起こり、痛みが生じることとなります。 副交感神経が優位になる 血圧や呼吸、体温などのバイタルサインは、自律神経によってコントロールされています。 自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があり、活動中には前者が優位となって血管を収縮させるなどの調整を行います。 一方、休憩中には後者が優位となり、血管の拡張や血流の増大などが起こります。 夜間はリラックスする時間なので、副交感神経が優位となるため、歯の痛みなどが生じやすくなるのです。 入浴による血流の増加 就寝前にお風呂に入る人は多いかと思います。 入浴は副交感神経を優位にすると同時に、全身の血流を増加させるため、血管の膨張による拍動痛などが起こりやすくなります。 まとめ このように、夜間に歯が痛くなるのは、虫歯そのものはもちろんのこと、虫歯に由来する歯髄炎や根尖性歯周炎、虫歯とは全く関係のない咬合性外傷や親知らずなど、いろいろな原因が考えられます。 重要なのは、それぞれの原因にあった対処を行うことです。 いずれにせよ確定的な診断は歯科医にしか下せませんので、夜間に歯痛にお悩みの方は早急に歯科を受診しましょう。

次の