ガラケーいつまで。 ドコモのガラケーがサービス終了|利用できなくなる端末・タイミング

【必見】3Gガラケーはいつまで使える?|ガラケー終了時期とスマホ買い換えを解説|すまにあ!

ガラケーいつまで

ソフトバンク発表!3Gサービス終了します まず2019年12月6日 金 ソフトバンク㈱がこんな発表をしました。 3Gサービスの終了について ソフトバンク株式会社は、周波数の有効利用により安定した品質で、かつ快適な通信サービスを提供するため、2024年1月下旬に3Gサービスを終了します。 ソフトバンク株式会社は、3Gサービスの提供を2002年12月に開始しましたが、現在はより高速で高品質なLTEサービスが普及したことから、3Gサービスを終了して周波数の有効利用を進めます。 ソフトバンク株式会社は、今後も高速・大容量で安定した通信サービスの提供を促進することで、お客さま満足度の向上を目指していきます。 引用: 3G回線=ガラケー と誤解されてる方が圧倒的に多いんです。 しかし、 3G回線とガラケーは別物なんです。 そもそも3Gとは何なのか?ガラケーとは何なのか? 3Gとは何なのか? 3Gとは、3ジェネレーション =世代 を省略したものになります。 これまでのケータイの歴史で回線の進化があったときに、世代交替をわかりやすく名前にしたものです。 来年には5Gの日本上陸が始まりますよね! ざっくりケータイの歴史をまとめると・・・ 1980 1G 携帯電話が普及 1993 2G メールできるように 2001 3G iモード・ezweb、写メが普及 2012 4G 動画・スマホゲーム 2020 5G 超高速・低遅延の爆速回線 こんなカンジです。 ガラケーとは何なのか? ガラケーとは、 ガラパゴスケータイの略です。 スマホ販売後、まだケータイを使っていることを皮肉って「ガラクタケータイ=ガラケー」と思ってる方が、結構多いんですが違います。

次の

ガラケーはいつなくなるのか・理由・料金・困ること|電波

ガラケーいつまで

「2022年でガラケー終了」はデマ 2022年でガラケーが使えなくなる、という噂がある。 キャリアから「2022年でお持ちのケータイが使えなくなるので、スマホに買い換えを」というダイレクトメールを受け取った人もいるかとおもう。 しかし、2022年にガラケーが全滅するわけではなく「ガラケー終了」といういいかたは、大げさすぎる表現である。 使えなくなるのは「auの3G回線端末」 噂の出所は、auの発表である。 auは、2022年3月末で3G回線の電波を停める。 これを「3G停波」という。 auの3G回線が停波するので、auの3G回線にしか対応していない端末は、ガラケーもスマホも使えなくなる。 この話が大げさに広まって「2022年にガラケー(全部が)使えなくなる」というデマになってしまったわけだ。 3Gは一世代前の回線方式 3Gとは「第3世代」(G=ジェネレーション)という意味である。 現在主流の回線は4Gであり、その一つ手前の回線ということになる。 来年(2020年)には、5G回線の運用が開始されるので、そうなると3Gは2世代前の回線となる。 キャリアは、3Gの回線にブランド名をつけている。

次の

いつまで使える?ドコモFOMAガラケーのサポート・修理受付終了時期一覧

ガラケーいつまで

色々な方とお会いする中で「ガラケーが使えなくなるから、スマホに替えないといけないですね。 でもどれが良いのか分からない。 」と言われる方がいらっしゃいます。 「どのスマホが良いのか」というのは今回は触れませんが、「ガラケーが使えなくなるので、早く替えなきゃ」と思われている方は結構多いように感じます。 そこで本記事では、ドコモ・au・ソフトバンクのそれぞれで「ガラケーはいつまで使えるのか」を書いていきます。 少し複雑な内容にはなりますが、きちんと正しく理解した上で「すぐにスマホに買い替えるべきなのかどうか」を判断して欲しいと思います。 ガラケー所有者の全員がすぐにスマホに替える必要はない まずはこの結論を先にお伝えいたします。 現在ガラケーを使われている方でもすぐに買い替える必要はありませんので、ご安心ください。 ここからは小難しいですが、詳しく見ていきます。 正しくは「 3G回線の端末が使えなくなる」ということです。 3G回線についてはの記事で分かりやすく解説されているので、興味のある方はお読みください。 それが「3G回線の電波を停める」ということで、その結果「3G回線の端末が使えなくなる」ということになるわけです。 ちなみに、「3G回線=ガラケー」と捉えている方もいらっしゃるかと思いますが、実際には4G回線を利用しているガラケーもあります。 最近発売されているガラケーは4G回線ですので、「すべてのガラケーが使えなくなる」という訳ではありません。 この点もご注意ください。 ですので、大事なのは ・各大手事業者(ドコモ・au・ソフトバンク)がいつ3G回線を停めるのか ・あなたが使っているガラケーが3G回線の端末かどうか という2点になります。 参照元: と2019年10月29日に発表されています。 つまり、ドコモの 3Gサービス「FOMA」が2026年3月末に使えなくなるということになります。 ですので、現在「FOMA」を使われている方でもあと6年ほどは使えるとも言えます。 ご自身のガラケーが「FOMA」かどうかを見分ける方法はのページで解説されています。 ですので、ご自身の機種が「FOMA」かどうか分からない方はドコモショップで確認されてください。 au:「2022年3月末」 2022年3月末をもって、auの3G携帯電話向けサービス「CDMA 1X WIN」(以下 本サービス)が終了となります。 本サービス終了に伴い、auの3G携帯電話、3Gスマートフォン、au VoLTE非対応の4Gスマートフォンが2022年3月末をもってご利用いただけなくなります。 これはauので発表されています。 またauにも3G回線を使ったスマホがありますので、こちらのでご確認ください。 ソフトバンク:「完全停止は未発表。 でも一部機能は徐々に使えなくなる」 ソフトバンクでは3G回線の電波停止は未発表です。 (2019年10月11日現在) ですが、 2019年12月3日(火)以降順次、音声通話サービス、ショートメッセージサービス(SMS)以外の一部機能についてもご利用いただけなくなりますので、あらためてご案内申し上げます。 とで発表されています。 ただ、 電話やショートメッセージしか使っていないという方でしたら、急いで買い替える必要はありません。 ご自身が使いたい機能を考慮した上で、買い替えるかどうかをご判断ください。 対象機種についてはでご確認ください。 ここまでかなり小難しい話になりましたが、「 必ずしもすぐにスマホに買い換えなくても大丈夫なんだ」ということが伝わればと思います。 繰り返しになりますが、 今後使えなくなるのは「3G回線の端末」なので、 ・ドコモ・au・ソフトバンクがいつ3G回線を停めるのか ・あなたが使っているガラケー(一部スマホ)が3G回線の端末かどうか というポイントを押さえて頂ければと思います。 今回は「ガラケーはいつまで使えるのか?」という内容でしたが、ガラケーの操作方法などお困りごとがありましたら、からお気軽にご相談ください。

次の