無限白菜。 大人気シリーズ。やみつき無限白菜

弁当にもオススメな無限レシピで野菜をたっぷり食べちゃおう!

無限白菜

無限白菜|調理時間約6分 用意するもの• 白菜 250~300g• ツナ缶 1個• 味噌 大さじ1• 和風だしの素 小さじ1• すりごま 大さじ1~2 細切りをツナ缶その他と和えてチンするだけ! まずは白菜をざっくり5~7mmほどの細切りにします。 これを白菜に軽く和えたら、ラップをして500Wのレンジで約4分チンしましょう。 レンジから取り出したら、すり白ごま大さじ1~2ほどを加えてよく和えれば完成です! あとはお好みで、白菜から染み出た水分を切っておきましょう。 熱いので手袋や布巾でお皿をおさえ、ラップをした端っこから茹で汁を落とせばOKです。 シャキシャキアツアツ白菜から旨味汁が迸る…! お好みで粗熱を取ってからでも美味しいですが、もちろんレンチンしてすぐに食べても大丈夫。 白菜に味噌とお出汁の旨味が染みて、シャキシャキした歯ごたえの白菜から濃厚な旨味が迸りまくり! ツナとごまも香り良く、アツアツジューシーで箸が止まらない美味しさなんです。 おつまみにはもちろん、そのままでも完食余裕の一品ですよ!.

次の

やみつき無限だいこん。ツナと大根の人気作り置きおかずレシピ。簡単常備菜の作り方。

無限白菜

白菜が無限に食べられるおすすめレシピです。 温かいままでも冷蔵庫で冷やしても美味しいです。 お弁当にも酒のおつまみにもおすすめです。 調理時間:5分 冷蔵保存:3日• 塩 ひとつまみ(白菜の水切り用、親指、人差し指、中指でかるくつまんだ量です。 ツナ缶 1個• 中華スープの素 小さじ1• 白菜は1センチ幅に切り、耐熱容器に入れ、塩ひとつまみをふりかける。 ラップをふんわりかぶせて600wの電子レンジで2分30秒加熱する。 (ツナに中華スープの素は混ぜないのがポイントです。 白菜は加熱後、箸でかきまぜる。 箸でおさえて水分を出し捨てる。 白菜が温かいうちに中華スープの素小さじ1を入れ箸でよく混ぜる。 白菜に3のツナを入れ全体を混ぜ合わせてできあがり。 つくりおき食堂のやみつき無限シリーズ 現時点でご紹介している無限シリーズは以下の8点になります。 (レシピ名にリンクが貼ってあります。 ) 大根の大量消費にもおすすめです! ツナの旨味がキャベツにからんで無限に食べられます。 一番人気のレシピです。 青菜がたくさん食べられるおすすめレシピです。 ツナの旨味が小松菜の苦味をやわらげてくれます。 冷やして美味しい夏のおすすめ常備菜です。 ツナの旨味できゅうりがもりもり食べられます。 ピーマン1袋が瞬時になくなるブームの火付け役レシピです。 ピーマン嫌いのお子さんにおすすめです。 ツナマヨの旨味がにんじんの甘さを引き出し、子どもがパクパク食べます。 砂糖みりんを入れなくても甘さが出ます。 ツナマヨの旨味をなすが吸収してめっちゃ箸がすすみます。 包丁不要、チンしてまぜるだけなので子供と一緒に簡単に作れて、すごい勢いで食べます。 最後まで読んでくださりありがとうございます。 では短時間で簡単に作れる常備菜と1週間の作り置きおかずを発信しています。 朝すぐに作れるお弁当おかずとレンジで作れる時短レシピ中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 あと1品増やしたいな、と思ったときに思い出していただけると幸いです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 人気レシピTOP35はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

ちぎって混ぜるだけの『超無限!!やみつき白菜』がマジで無限に食べられる!

無限白菜

ツナのうまみで大根がたくさん食べられる人気の常備菜です。 ポリ袋ひとつで手軽に作れます。 調理時間:10分 冷蔵保存:4日 人数:3~4人分• ツナ缶 1個• 大根は皮をむき、2ミリの厚さの半月切りにし耐熱性ビニール袋に入れる。 ふきんで包み袋の上からしぼり、出てきた水分を捨てる。 (ツナは最後に入れます。 最後にツナ缶を汁ごと全て入れ、袋の上から手でもみ、なじませてできあがり。 耐熱性のビニール袋はアイラップを使っています。 水分の多い野菜をレンジ加熱して水切りするのに便利です。 耐熱性のビニール袋が無い場合はレンジ加熱せず、塩を大根になじませ常温に15分置いてから水切りしてください。 アクセスしていただきありがとうございます。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 人気レシピTOP50はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の