黒 にんにく を 食べ て は いけない 人。 「黒にんにく」実際に食べ続けている人の感想を聞きたいです。

黒にんにくを食べてみて個人的に実感した驚きの効果3つ!

黒 にんにく を 食べ て は いけない 人

黒にんにくとは 黒にんにくは、元は普通の「にんにく」です。 この「にんにく」を長期間高温で 熟成させたものが 「黒にんにく」です。 たったそれだけ?と思うかも知れませんが、「黒にんにく」は知り人ぞ知る「万病の薬」です。 見た目、真っ黒でギョッとしますが、凄さの秘密はこの黒さにあります。 にんにくを長期間熟成させた結果、まったく別物の「黒にんにく」が生まれますが、その変わり様といったら信じられないくらいで、味も効能も本当に別物と言っても言い過ぎではありません。 昔から「ネギ」も風邪を引いた時に首に巻いて寝ると良くなるなど薬用に用いられてきましたが、にんにくも滋養強壮に関して絶大な効果があると言われていますが、黒にんにくはその比じゃありません。 黒にんにくの優れた効能とは? では、黒にんにくにどの様な効能があるか?調べた結果を纏めましたので順番に書いていきます。 アミノ酸の成分 普通のにんにくと黒にんにくのアミノ酸成分の違いですが、モンドセレクション10年連続金賞受賞されている、青森県田子町の さんが分析業者へ委託して調べた「純黒にんにく」の成分表を引用させて頂きました。 (100g中の成分量mg) アミノ酸 にんにく 黒にんにく 倍数 アスパラギン酸 7. 89 14. 30 1. 8 グルタミン酸 21. 73 11. 33 0. 5 アスパラギン 47. 00 8. 82 0. 2 ヒスチジン 103. 70 2. 85 0. 0 セリン 19. 73 11. 80 0. 6 グルタミン 45. 97 0. 08 0. 0 アルギニン 110. 33 388. 00 3. 5 グリシン 16. 23 11. 67 0. 7 スレオニン ND ND アラニン 20. 43 115. 00 5. 6 チロシン 1. 72 6. 38 3. 7 メチオニン 0. 96 0. 01 0. 0 バリン 7. 05 29. 20 4. 1 フェニルアラニン 0. 40 2. 70 6. 8 イソロイシン 1. 51 15. 03 10. 0 ロイシン 1. 82 18. 20 10. 0 リジン 64. 73 32. 10 0. 5 システイン 0. 06 0. 11 1. 8 トリプトファン 0. 15 0. 14 0. 9 プロリン 8. 22 57. 20 7. 0 S-アリル-L-システイン 1. 00 16. 00 16. 0 アリシン 17. 00 ND アリイン 518. 00 68. 00 0. 1 総ポリフェノール 34. 00 215. 00 6. 3 同じにんにくを熟成させると、こんなにも化けるんですね! 特に注目したいのは、 バリン、ロイシン、イソロイシンが4.1倍~10倍にも増えています。 このアミノ酸どこかで見たことありませんか? これは、あの「 BCAA(Branched Chain Amino Acid 分岐鎖アミノ酸):バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸の総称」の事です。 アスリート達が良くの飲んでるのを見ますよね? BCAAは、 人間が体内で作ることが出来ない必須アミノ酸とも呼ばれていますが、にんにくを熟成させるだけでこんなにも増えるなんて驚きですよね。 もちろん量的には十分とは言えませんが、BCAAだけでなく、アルギニンやアスパラギン酸も大幅増ですから、とっても身体に良い事は分かりますよね? 黒にんにくの効能 では具体的な効能を見ていきましょう。 免疫作用の活性化によるがん細胞の撃退 2006年に元弘前大学医学部の佐々木教授が研究を重ねた結果、黒にんにくが 人間の持つ様々な機能を活性化させる事を発見されました。 癌(がん)は、人間の細胞が突然変異し、それが増殖して起こると言われていますが、その原因として 活性酸素が影響していると考えられています。 黒にんにくには、普通のにんにくには殆ど含まれていなかった 「S-アリル-L-システイン」が大幅に増えますが、この「 S-アリル-L-システイン」が免疫細胞である NK(ナチュラル・キラー)細胞を活性化させ、がん細胞を撃退すると考えられているのです。 また、この「 S-アリル-L-システイン」には高い 抗酸化作用があることも分かっており、がんの要因の一つとして考えられている活性酸素の働きを抑制します。 活性酸素の働きを抑制すると言う事は、 老化防止にも効果があると言えますね。 ファイト!いっぱつ!疲労回復! 「 S-アリル-L-システイン」には高い 抗酸化作用があることは前述しましたが、 疲労回復にも一役買っているのです。 日常の生活の中で活性酸素が増えると、細胞や血管がダメージを受けます。 これを 酸化ストレスと言いますが、「 S-アリル-L-システイン」の抗酸化作用によって、酸化ストレスをも防いでくれるのです。 この酸化ストレスの状態が疲労にも繋がっていますので、疲労回復にも効果ありと言えますね。 また、普通のにんにくと比べると減少はしますが、黒にんにくにも 「アリイン」が含まれています。 「アリイン」は分解されにんにくに含まれる「アリナーゼ」と言う酵素と出会う事で「アリシン」と言う別のアミノ酸に変化します。 この「アリシン」がビタミンB1と結合する事で、更に「アリチアミン」と言う物質を生成します。 この「アリチアミン」、体内でビタミンB1に戻るのですが、元々のビタミンB1より吸収力の高い特性に変わっているそうです。 それと 「アルギニン」も普通のにんにくに比べて3倍も含まれています。 「アルギニン」も栄養ドリンクなどで有名ですが、免疫機能の活性化、細胞増殖促進コラーゲン生成促進、血管の老化防止、免疫力を高める作用、また怪我をした時など傷の治癒、修復に作用する凄い成分です。 疲労の原因物質と言われる体内のアンモニアを除去する作用もある為、疲労回復を謳う栄養ドリンクには、大抵「アルギニン」が入っていますよね? 最近の研究では、アルギニンは血糖値を正常化して糖尿病を予防する効果がある事が分かってきたそうなので、糖尿病予備軍の人にとっても黒にんにくはおススメです! 活性酸素を抑制して美肌効果も 見た人の年齢を考える時、一番の判断材料は「肌」ですよね? いくら自分が若いと思っていても、本当に若い人とは「肌」が違います。 若い人の肌は、水々しく張りがあり、透明感にあふれていますよね? その美しい肌を蝕んでいくのが「活性酸素による酸化」です。 なんと黒にんにくは、その酸化による肌の老化を防いでくれます! 普通のにんにくの16倍も含まれる「 S-アリル-L-システイン」、同じく10倍も含まれる「ポリフェノール」の抗酸化作用が、皮膚細胞の酸化で起こる老化現象を防いでくれるんですね。 「アリチアミン」の摂取で、シミやシワの目立たない美しいお肌を手に入れる事ができると言われていますので、「黒にんにく」を試してみる価値はありますよ。 長年食べて感じた事 もう5年近く、「黒にんにく」を食べ続けていますが、一番感じている事。 それは 「風邪を引かなくなった」事です。 以前は、1年に4~5回は風邪を引き、会社を休むことが多かったですが、ここ数年風邪で寝込む事が1度もありません。 これには自分でもびっくり!です。 それと黒にんにくを食べていると、朝が楽なんです。 多くの方が黒にんにくの良さを語っていますが、 「目覚めが良くなった」 「以前は中々布団から出られずにいたけど、今はすぐに行動に移れる」 「朝起きた時にやる気に満ち溢れている」 などです。 これは私自身も実感しています。 最初は半信半疑でしたが、逆に「黒にんにく」を切らしてしまった時、朝起きられなかったりする事があったので、これはもう「黒にんにく」のおかげだと言う事を確信しています。 ただ、難点が一つあります。 それは、 「美味しい」のです(笑) 元々プルーンとか干しブドウなどが好きなのですが、「黒にんにく」はプルーンに似た感じで、とにかく美味しいのです。 なので、朝晩一粒ずつと決めているのに、気がついたら4つ5つ・・・、消費量が多いのが目下の悩みです(笑) 黒にんにくを選ぶポイント、おすすめはコレ! 黒にんにくの発祥の地は、三重県だそうですが、寒暖差があり栽培環境の適した青森県が、圧倒的な生産量を誇ります。 その中でも青森県の最南端にある「田子(たっこ)町」が、生産量、品質ともに日本一で、 「たっこにんにく」のブランドを展開しています。 「たっこにんにく」は 「福地ホワイト六片種」という品種で、大きく立派で、味も香りも濃厚なんです。 しかも「アリシン」は外国産のにんにくの1.3倍も多いという優れた品種です。 その「たっこにんにく」から作られた「黒にんにく」だから、最高の「黒にんにく」なんですね! 「黒にんにく」を選ぶ時、成分や値段も気になりますが、私が一番気にとめている事、それは「美味しい」事です。 通販で何社からも購入しましたが、各社の製法や技術の違いなどから、同じ「黒にんにく」でも随分異なった物があります。 私がおススメする「黒にんにく」のポイントは次に挙げる点です。 適度な水分量• 甘さ 「黒にんにく」は熟成の段階で水分が出ますが、熟成の技術がしっかりしていないと、べしゃべしゃして美味しくありません。 美味しい「黒にんにく」は、水分量が程よく弾力があるのです。 また、しっかり熟成された「黒にんにく」は糖度が高いです。 美味しい「黒にんにく」は、実に桃やメロンの3倍も糖度が高いんです! これは製法だけでなく、品種に依っても異なりますが、同じ田子町の業者から買ったものでも、残念な商品があったのも事実です。 そこで私が実際に食べてみた商品の中で、大満足の商品をご紹介します。 「岡崎屋」モンドセレクション10年連続受賞の最高品質! 間違いなく最高品質の「黒にんにく」、それが岡崎屋さんの「純黒にんにく」です。 水分量も適切で「ぷるん」とした歯ごたえは、本当にドライフルーツと言っても過言ではありません。 青森県産の「にんにく」にこだわり、独自の遠赤効果で30日以上の熟成することにより、胃にも優しく食後の匂いもほとんど気になりません。 ドライフルーツのような味わいでミカンのように皮をむくだけでそのまま食べられます。 通常のにんにくと比較して、S-アリル-L-システイン16倍、アルギニン3倍、総ポリフェノール6倍に増加したスーパーにんにくです。 美容と健康維持をサポート。 原材料は「にんにく」のみでそのまま食べられる、今大人気のにんにくです。 (株式会社 岡崎屋) 最高レベルの「黒にんにく」ですし、綺麗な個包装なので、贈り物にしてもとっても喜ばれますよ! 特に 敬老の日や 父の日、 母の日にプレゼントするには最高の逸品です。 「沢田ファーム」最高品質の美味しさを産地直送でリーズナブルに 岡崎屋さんに引けを取らない美味しさにもかかわらず、生産、加工、販売まで沢田ファームさんが自社で行う事で、安心安全、美味しい「黒にんにく」をリーズナブルに提供して下さっています! 沢田ファームさんの製法では、水分を保って熟成させる製法をとっていますので、若干しっとり感が多いように感じるかもしれませんが、気になるレベルではありません。 間違いなく最高に美味しい「黒にんにく」です! 1kgで5,000円以下、しかもこの品質は沢田ファームさんくらいです! 私の場合、敬老の日の贈り物やお客様用には「岡崎屋」さん、自分用には「沢田ファーム」さんといった感じで買い分けています。 沢田ファームさんの「黒にんにく」も大変人気がありますので、 時々品切れとなる事がありますので、残り少なくなってきたら、在庫ありの時に早めに注文した方が良いですよ!. 黒にんにくは食べたいけど、まずは試してみたい・・・ いきなり1kgはちょっと・・・。 と、思われる方には、200gパックからお試しできるタイプがおすすめです! それが「安心健康ライフ」さんの 『黒青森』です。 この黒にんにくも高品質で美味しい黒にんにくでした。 黒にんにくは1kgで2~3ヶ月持ちますが、気がつくと「あと数日分しか無い!」事が時々あります。 にんにくの収穫時期は6~7月頃ですので、夏には在庫も心配ないですが、冬になると品薄になってしまい、 3ヶ月待ちなんていう時もありました。 なので、注文を忘れてしまいそうと不安な方は、 定期購買ができるこの商品もおすすめなのです。 この『黒青森』、ソプラノ歌手、服部久恵さんもご愛用されているそうですので、安心、安全は間違いなしの折り紙つきですね。 画像:安心健康ライフ 黒にんにくの効能が凄い件、まとめ 「黒にんにく」は、人間の持つ免疫力を増強してくれる成分が多く含まれ、様々な効能を持っているスーパーフードです。 その効果は、がんの予防、疲労回復、老化防止、血液サラサラ効果、抗酸化作用、美肌効果、シワ・シミの改善、風邪・インフルエンザの予防、など書ききれない程あります。 通常は1日1粒で良いと言われていますが、私は朝晩一粒ずつ食べています! 冷蔵庫に入れて保存していますが、1週間分程度をタッパーに入れておくと食べやすいですよ! 「黒にんにく」で、朝から気力溢れる毎日を手に入れましょう! どうしても 自家製にチャレンジしてみたいと言う人の為に、 黒にんにくの作り方をまとめましたので良かったらこちらもご覧になってください。 風邪対策には、 加湿器も重要です。 黒にんにくと加湿器でインフルエンザをシャットアウトしましょう!.

次の

黒にんにくの食べ方や量は?赤ちゃんや子供が食べても大丈夫なの? | のんびりまったりGoGo!

黒 にんにく を 食べ て は いけない 人

黒にんにくは体に良いと聞いたことはあっても、具体的にどのような健康効果が得られるのか知らないという方もいるのではないでしょうか。 黒にんにくには様々な健康効果がありますが、そのうちの一つに免疫力を高めるというものがあります。 そこでこの記事では、黒にんにくの効果の一つである免疫力の向上について解説します。 生のにんにくを黒にんにくに加工する過程で、S-アリルシステインという物質が増加します。 S-アリルシステインには、体の抗酸化作用を高め、免疫力を高める効果があります。 人の体の中には活性酵素というものがあります。 この活性酵素は、年齢や日常の生活習慣によって増えるとされており、これが増えると老化や免疫力の低下につながります。 黒にんにくに含まれるS-アリルシステインという成分は、これを食い止める働きがあります。 また、この成分は体内に侵入してきたウイルス、有害物質を攻撃するナチュラルキラー細胞という免疫細胞をパワーアップさせることができます。 他にも、生のにんにくに含まれているアリシンという物質が黒にんにくになる過程でビタミンB1と結合し、アリチアミンという物質に変化しビタミンB1の吸収を簡単にする効果もあります。 私たちは時々風邪を引いたり、感染症にかかったりしてしまいますよね。 これは、体の中にウイルスが侵入し、悪さをしているからです。 簡単に言うと、免疫力はこのウイルスたちに対抗するためのものです。 具体的にどのような仕組みでこれが行われているのかというと、体の中には免疫細胞と呼ばれる細胞があります。 皆さんがよく聞く白血球もその一つです。 その他にはマクロファージ、ナチュラルキラー細胞、リンパ球などがあります。 これらの細胞が働くことで体の中のウイルスや有害物質が除去されます。 ただ健康に良いと思っているよりも、自分の体のどこに作用するのか、どんな効果があるのかを知っておくことで、より黒にんにくを安心して食べることができますよね。 免疫力に不安があるという方は、ぜひ黒にんにくを試してみてはいかがでしょうか。 にんにくと聞いて、「田子にんにく」が頭に浮かぶ方も少なくないと思います。 今回は、そんな人気のブランドにんにく「田子にんにく」の歴史についてご紹介します。 少し読みづらいこの「田子」という文字ですが「たっこ」と読みます。 これは、アイヌ由来の言葉で「小高い丘」という意味があります。 この町は秋田県、岩手県との県境に位置する町でここには山岳があり、そこから4本の河川が流れています。 この町では、一次産業である農業従事者が人口の38%を占める農業の町で、その多くは葉たばことにんにくの栽培を行っています。 そんな田子町が2006年に東北地方初の地域ブランドとして認定されたのがこのブランドにんにく、「田子にんにく」です。 そのため、この町はにんにくのふるさととも言われています。 今から50年ほど前、田子町では「福地ホワイト種」というにんにくの種類に特化して育てていくことを決定しました。 その理由は、このにんにくが小ぶりながらも高い品質で非常においしく消費者を裏切らないにんにくだと伝えていきたいと考えたからです。 それから50年間、田子町の農家ではこの福地ホワイト種を育ててきました。 50年という長期間この努力を続けてきた裏には品質の追求、間違いのない高級ブランドにんにくを提供するという信念がありました。 にんにくに限った話ではなく、「家畜なくして農業なし」とも言われるほど農業と畜産業は密接な関係を持っています。 畜産の場で牛が出す牛糞は農業の現場では重宝され、栄養価の高い土を生み出すことにつながり、有機栽培が可能になるということです。 現在、国をあげて行っている畜産業と農業のコラボレーションですが、実は50年も前からこの田子町では行われていました。 こういった歴史があり、田子にんにくは誕生しました。 農家の愛情と情熱を全面に受けて育った最高級のにんにくである田子にんにくはやはりどこか違います。 そんな田子にんにくをみなさんもぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?• 糖尿病予防やダイエットのために糖質制限をされているという方は多くいると思います。 実はこういった糖質制限に黒にんにくはメリットがあります。 そこでこの記事では、黒にんにくの持つ糖質制限のメリットをご紹介します。 それは、太りやすく痩せにくい体質が原因かもしれません。 実は、にんにくには、太る体質を改善する効果があると言われています。 にんにくが体内でビタミンB1と結びつくとアリチアミンという物質を生みます。 このアリチアミンは、ダイエットのために糖質制限をしている人の強い味方になります。 それはアリチアミンの持つ効果に糖質をエネルギーとして変換するための新陳代謝を高め、痩せやすい体を作り出すというものがあるためです。 糖質制限をしていても、糖質をゼロにすることは不可能に近いですよね。 そんな糖質をエネルギーに効率よく変換することは、糖質制限ダイエットの強力なサポートになります。 痩せやすい体を作ることで、糖質制限ダイエットを成功に近づけられます。 甘いものや脂っこい食生活を続けているとブドウ糖が供給過多になってしまい、血糖値が高くなることで生活習慣病を引き起こしてしまいます。 黒にんにくは、そういったことにならないよう予防のためや、生活習慣病になってしまい糖質制限を余儀なくされている方の強い味方になるでしょう。 先程もご紹介したビタミンB1とアリシンが結合することで生まれるアリアチミン、別名アリナミンとも呼ばれるこの成分は効率よく糖質をエネルギーに変換でき、血糖値を下げることができます。 一度、生活習慣病にかかってしまうと長期的に病院に通院するなど、病気と付き合っていくことになります。 そうなる前に、糖質制限や定期的な運動で予防したいが、糖質制限の徹底が難しく、定期的な運動も時間的に厳しいという方には糖質制限のサポートとして、黒にんにくを取り入れるのは非常におすすめです。 黒にんにくで生成されるアリアチミンという成分は糖質制限のための強い味方です。 これを機に、日々の生活に取り入れられてはいかがでしょうか。 「健康に良いって聞いたから黒にんにくを食べてみようかな」 このように考えている人も多いのではないでしょうか。 健康効果が高い黒にんにくですが、反対に、その効果の高さから、食べることが好ましくない人がいます。 そこでこの記事では、どんな人が黒にんにくを食べてはいけないのか解説します。 薬ではないため、副作用というものはありませんが、やはり注意は必要でしょう。 健康な人でも食べすぎると、下痢や胸焼け、抗凝固作用のせいで血が止まらなくなることがあります。 しかしこれらは本来、体にウイルスを殺菌したり、血液をサラサラにして病気を予防する作用です。 黒にんにくを食べるときは適量を守るようにしましょう。 本来、健康をパワーアップさせる黒にんにくですが、胃の弱い人にはあまり向いていないかもしれません。 その理由は、にんにく本来が持つ刺激の強さです。 にんにくは刺激のある香辛料です。 それを熟成した黒にんにくにもこの特徴は引き継がれているため、胃の弱い方が摂取するとお腹を壊してしまう可能性があります。 胃が弱いなと感じている方は、一日の摂取の基準である1片〜3片ではなく、それよりも少ない1片の半分からスタートしてみましょう。 まず、にんにくに対しアレルギーがある人は絶対に食べるのをやめましょう。 過去に、生のにんにくでアレルギー反応が出た方は、黒にんにくでもアレルギー反応が出る可能性があるので摂取は控えましょう。 次に摂取してはいけない人は止血剤を投与されている人です。 これは、糖尿病治療で処方されるワーファリンなどにあたります。 この薬と黒にんにくの組み合わせは予想外の反応を生む恐れがあります。 この他にも、薬との組み合わせで健康被害が起こる可能性があるため注意が必要です。 本来、健康効果を得るために食べようと思っているのに、反対に健康被害が出ては本末転倒ですよね。 今回ご紹介した点に注意し、自分が問題なく摂取できるのかを確認し、安心して黒にんにくを食べましょう。 ダイエットは私たちの永遠のテーマの一つですよね。 「どんなに痩せようと努力しても報われない」 実は、にんにくはそんな方の救世主になる可能性を秘めています。 そこで今回は、にんにくが持つダイエットに効く痩せる効果についてご紹介します。 あの匂いの原因は、にんにくに含まれるアリインという物質がアリシンという物質に変化するからなのです。 そして、このアリシンは硫黄化合物のため、強烈な匂いを発します。 「あの匂いがなければもっといっぱいにんにくを食べるのにな」 そう思われる方もいるのではないでしょうか。 しかし実は、このアリシンは、体の代謝をアップさせ痩せにくい体になることを手伝ってくれます。 アリシンの特性として、ビタミンB1とくっつくというものがあります。 これにより、体にビタミンB1が吸収されやすくなります。 ビタミンB1は、体の中の炭水化物をエネルギーに変える力を持っているため、結果的に代謝が良くなります。 このアリインですが、脂肪の燃焼を助けることが期待されます。 アリインには、ノルアドレナリンを活発に分泌させる効果があり、このノルアドレナリンが脂肪の分解に一役買っています。 その他にも集中力、身体能力もアップするためダイエットが継続されやすくなる可能性があります。 このアリシンが加熱されることで変化した物質がスコルジニンです。 このスコルジニンは新陳代謝を高める効果があります。 新陳代謝が上がると血管が広がり、血の巡りを良くしてくれたり、脂肪を燃焼しやすい体になります。 このスコルジニンはダイエットをサポートする強い味方ですよね。 努力してもなかなか痩せないという方はこういった体質改善でその努力が報われるかもしれませんね。 細かくにんにくを刻んだり、すりおろしたりすることでアリシンが増加したり、反対に、加熱するとスコルジニンになったりと調理法によってその栄養素が変化します。 にんにくの食欲をそそる香りで食べすぎないように注意しながら、にんにくを日々の食事からダイエットに取り入れてみてはいかがでしょうか。 Information お支払いについて• 配達日の指定はご注文より2日目以降です。

次の

黒にんにくの効能が凄い!NK細胞の活性化で癌予防にも 3年食べ続けて実感している事をお伝えします

黒 にんにく を 食べ て は いけない 人

にんにくの臭いの元って? まず、にんにくのニオイについて勉強しましょう。 にんにくの臭いの元はイオウ化合物と呼ばれる成分です。 イオウというと温泉の臭いの元なんかとして知られていますね。 ちなみに、イオウ化合物はそのイオウ分子を含んだ有機化合物を指します。 にんにくの臭いは、イオウ化合物やそれらが分解されてできる成分によります。 つまり様々な成分が組み合わさって臭いを発しているワケです。 その元はなにかと言うと アリシンという成分になります。 アリシンはなぜ臭いのか? アリシンはにんにくに含まれるアリインという成分と、同様に含まれるアリナーゼという酵素が反応して生成される成分です。 にんにくの中のアリインとアリナーゼは普段は細胞によって隔てられています。 しかし、外敵に傷付けられ細胞が壊されると両者が反応しアリシンが作られ臭いを発するようになります。 アリシンはその臭いに加え強い刺激をもつため、外敵を追い払う役目を持っていると考えられます。 にんにくの臭いは自身を守るための仕組みというわけです。 こうして生成されたアリシンはまずそれ自体が臭いの元となります。 またアリシンは安定した物質ではないため、更に反応を起こしたり自己分解をし、ジアリルジスルフィドなどの他の成分へと変化します。 アリシンやジアリルジスルフィドなどは前述のイオウ化合物という成分です。 それらは特有の臭いを持っており、にんにくの臭いを形成する要因となります。 にんにくと口臭の関係とは 次は口臭について見ていきたいと思います。 口臭は、口や胃などに残った食べかすや消化物などが原因で発生します。 にんにくの臭いは強いので落ちませんが、それでも数時間ほど経てば消えるのが普通です。 「でも、にんにくの場合、食べた翌日にその臭いが気になることがあるけど・・・」 実は、上記のような原因とは別に臭いの元となるものがあります。 にんにくを食べると、胃で消化されて腸で吸収されます。 体内に吸収されたにんにくの成分は血液に乗って全身を巡ります。 その間もにんにくの成分は臭いを発しており、その臭いは肺からの呼気や汗などを通して体臭として外部へと拡がるのです。 要するに、にんにくの臭いは成分が全て代謝されたり排出されるまで続きます。 これがにんにくの臭いが長く続く原因です。 黒にんにくは臭わない? にんにくと口臭について学びましたが、黒にんにくについても見ていきましょう。 黒にんにくは、にんにくが熟成したものというイメージから臭いがキツイと思われています。 しかし、黒にんにくはそのイメージに反して、あまりにんにく臭さはありません。 口にしたとき、ほのかに感じるといった程度で、そのため口臭として残ることもほとんどありません。 「これは一体どうしてなのか?」 その理由は熟成の過程にあります。 黒にんにくの熟成は高温・高湿度下で行います。 そのため、まず細胞が壊れアリインとアリナーゼが反応しアリシンが作られます。 アリシンは前述の通りあまり安定した物質ではありません。 熟成が進むに連れて他の成分へと変化していきます。 黒にんにくの場合は最終的にS-アリルシステインという無臭の成分へと変わります。 実際、黒にんにくの熟成は2週間弱ほど行うのですが、はじめの数日はかなりの臭いを出します。 しかし、その後は段々と落ち着いていきます。 この時、にんにくの中ではアリシンが作られ、更にS-アリルシステインへと変わっていってるワケです。 黒にんにくは熟成過程でその臭いを出し切っていると言えるかもしれませんね。 黒にんにくがあまり臭くないのは、臭いの元となる成分が減少しているからです。 とてもシンプルな理由ですね。 まとめ 黒にんにくでは口臭の心配をする必要はあまりありません。 普通のにんにくほど神経質に気にする必要は全くないと言えるでしょう。 しかし、黒にんにくが熟成してもニオイの元となる成分が全く消えてしまっているわけではなく、また熟成の度合いによってもアリシンの含有量は変化するため、一度に食べ過ぎるのはやめておきましょう。 どんなものであっても食べ過ぎは体に良くないですからね。

次の