介護支援専門員 神奈川県。 介護支援専門員関係

[介護支援専門員]:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター

介護支援専門員 神奈川県

令和3年度【令和3年4月1日~令和4年3月31日(平成33年4月1日~平成34年3月31日)】に介護支援専門員証の有効期間が満了する者• 令和2年度【~令和3年3月31日まで】(~平成33年3月31日)までに介護支援専門員証の有効期間が満了する者で,満了日までに更新研修の修了及び更新申請手続きを終えることが可能な者 (2)令和2年度主任介護支援専門員更新研修受講対象者• 平成28年度(平成29年3月31日まで)に主任介護支援専門員研修を修了した 者のうち,指導事例の提出等,主任介護支援専門員更新研修の受講要件を満たす者 (3)令和2年度介護支援専門員再研修受講対象者• 介護支援専門員証の有効期間が切れている者• 2 令和2年度介護支援専門員更新研修等の受講について 令和2年度介護支援専門員更新研修等(実務未経験者向け更新研修,再研修,専門研修 1 ・専門研修 2 ,主任介護支援専門員更新研修)について,以下の「介護支援専門員更新研修等受講フロー図及び受講要件」により,受講対象となる研修及びその受講要件についてご確認ください。 主任介護支援専門員更新研修を受講すべき年度等については,以下の「主任介護支援専門員の有効期間と主任介護支援専門員更新研修の受講年度について」をご確認ください。 各自,受講を希望する研修の受講申込期限について,お間違えのないようご注意ください。 更新研修受講後, 「介護支援専門員証有効期間更新交付申請書(第8号様式)」に必要書類を添付の上, 県庁高齢者生き生き推進課介護保険室へ提出し,必ず有効期間満了日までに更新申請手続きを終えてください。 (更新申請は,有効期間満了日の1年前から受付いたします。 「介護支援専門員証」の有効期間満了日までに更新研修を受講し,更新申請手続きを終えなければ,「介護支援専門員証」は失効します。 介護支援専門員証の失効期間中は,介護支援専門員として実務に就くことはできませんので,ご注意ください。 介護支援専門員証の交付を受けず(介護支援専門員証の失効期間中)に,介護支援専門員の業務を行った場合は,介護保険法第69条の39第3項第3号の介護支援専門員の登録消除に該当する場合があります。 登録消除に該当した場合,5年間は,介護支援専門員としての登録を受けることができませんので,ご注意ください。 介護支援専門員証の更新に関する案内通知はいたしません。 介護支援専門員証の有効期間の管理については,各自,自己管理をお願いいたします。 なお,更新申請手続きに関する詳細は,県ホームページの以下のページをご参照ください。

次の

介護支援専門員更新研修|アルファ医療福祉専門学校【東京都町田市】

介護支援専門員 神奈川県

ページ番号1007067 神奈川県では、本研修を主任介護支援専門員に対して、主任介護支援専門員研修修了証明書の有効期限の更新時に併せて課すことにより、継続的な資質向上を図るための定期的な研修受講の機会を確保し、主任介護支援専門員の役割を果たしていくために必要な能力の保持・向上を図るために実施します。 研修実施機関 神奈川県 受講対象者及び受講要件 主任介護支援専門員更新研修の受講対象者は、神奈川県に登録している又は神奈川県内で勤務している主任介護支援専門員であって、一定の受講要件に該当する者となります。 詳しい受講対象者等は次のホームページで御確認ください。 受講要件アについては本市が市医師会に委託して実施している介護支援専門員研修が該当し、企画したこと又は講義したことがあることが要件となります。 この場合、介護支援専門員研修を企画したこと又は講義したことを確認できる書類(以下「介護支援専門員研修企画等確認書」という。 )が必要になります。 受講要件イについても介護支援専門員研修が該当し、同一年度で4回以上の参加が要件となります。 この場合、介護支援専門員研修を受講したことを確認できる書類(以下「介護支援専門研修受講確認書」という。 )が必要となります。 介護支援専門研修企画等確認書 受講要件アに該当する人が申し込む場合には、受講要件を証明する書類として、介護支援専門研修企画等確認書を発行しますので、必要な人は次の例を参考に依頼書を福祉基盤課に提出ください。 なお、介護支援専門研修企画等確認書の提供方法として郵送を希望する人は、切手を貼付した返信用封筒を併せて御提出ください。 介護支援専門員研修受講確認書 受講要件イに該当する人が申し込む場合には、受講要件を証明する書類として、介護支援専門研修受講確認書を発行しますので、必要な人は次の例を参考に依頼書を福祉基盤課に提出ください。 なお、介護支援専門研修受講確認書の提供方法として郵送を希望する人は、切手を貼付した返信用封筒を併せて御提出ください。

次の

介護支援専門員のページ

介護支援専門員 神奈川県

2018年以降の試験から受験資格が変更になります。 ケアマネ(介護支援専門員)試験の受験資格は、2018年以降の試験から一部変更があります。 主な変更点は、実務経験とみなされる業務の部分で、いままで対象だった介護等の業務やケース・ワーカーが 対象外になり、介護職員初任者研修、ホームヘルパー2級、実務者研修などの資格を持っている方向けの受験資格制度は 廃止になります。 ケアマネ 2017年までの受験資格 2017年までのケアマネ(介護支援専門員)試験では、以下の4つのうちいずれかを満たす必要があります。 A、国家資格等に基づく業務経験5年 資格を所有しているだけでなく、「要援護者に対する直接的な対人援助業務」つまり、営業や事務ではない各資格本来の業務に従事している期間のみが対象です。 D、介護等業務経験10年 上記の資格を持っていなくても、介護等の業務経験が10年以上あれば受験資格を得られます。 ケアマネのこと全般について詳しく知りたい方はをご覧下さい。 無料で資料請求もできます。 ケアマネ 2018年以降の受験資格 2018年以降の試験から適用される新制度では、以下の業務の通算年数が5年以上必要です。 1、国家資格等に基づく業務 こちらは変更点がありません。 該当資格:医師,歯科医師,薬剤師,保健師,助産師,看護師,准看護師,理学療法士,作業療法士,社会福祉士,介護福祉士,視能訓練士,義肢装具士,歯科衛生士,言語聴覚士,あん摩マッサージ指圧師,はり師,きゅう師,柔道整復師,栄養士,管理栄養士,精神保健福祉士 2、生活相談員 特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人福祉施設、介護予防特定施設入居者生活介護などにおける生活相談員としての業務が対象になります。 3、支援相談員 介護老人保健施設における支援相談員としての業務が対象となります。 4、相談支援専門員 計画相談支援、障害児相談支援における相談支援専門員としての業務が対象となります。 5、主任相談支援員 生活困窮者自立相談支援事業などにおける主任相談支援員としての業務が対象となります。 ケアマネのこと全般について詳しく知りたい方はをご覧下さい。 無料で資料請求もできます。 受験資格を満たす実務経験の計算方法 試験前日までに満たせばOK 「実務経験5年」という表現がでてきますが、正確には、当該業務が「通算して5年以上であり、かつ、当該業務に従事した日数が900日以上であること」を指します。 実務経験は、試験前日までカウント可能です。 申し込み時点で実務経験が足りていなくても、「実務経験見込証明書」を提出することで、受験することができます。 ただし、研究業務、教育業務、事務、営業等はカウントされないので注意しましょう。 ケアマネのこと全般について詳しく知りたい方はをご覧下さい。 無料で資料請求もできます。 ケアマネ 目的別関連記事紹介 ケアマネについてもっと詳しく知りたい方のために、目的別に記事を紹介します。

次の