加古川 市 小学校。 加古川市立平岡小学校

神戸新聞NEXT|東播|公立小中学校で分散登校へ 加古川市、稲美、播磨町

加古川 市 小学校

兵庫県加古川市、稲美、播磨町の各教育委員会は18日、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が解除された場合、6月から当面、公立小中学校の児童、生徒を分散して登校させる方針を決めた。 登校を午前と午後に分けたり、1日おきにしたりすることで教室内の人数を減らし、感染を防ぐ。 加古川市教委は、机の間隔を広げて授業するため、教室内の人数を原則20人以下とする。 21人以上いるクラスは2グループに分けた上で、小学校は1日おきに、中学校は午前と午後に分けて登校。 中学校は通常の1こま50分の授業を、40分に短縮し、午前、午後とも4こま行う。 稲美町教委は、小中学校とも住んでいる地域や学年によって分け、1日おきに登校させる。 延期していた小学校と幼稚園の入学・入園式は、緊急事態宣言が解除されれば、それぞれ6月1、2日に催すという。 播磨町教委も、小中学校とも児童、生徒によって時間を別々にした分散登校をさせる方向で調整中。 20日の校長会で正式に決める。 また、高砂市を含む東播2市2町とも、25~29日に登校可能日を1日か2日設ける。 子どもの健康を観察し、課題を回収、配布する。 部活動は行わない。 (斉藤正志、小森有喜、若林幹夫) 【記事特集リンク】.

次の

加古川市立加古川小学校

加古川 市 小学校

から見た当校 加古川市立上荘小学校は、1903年に創立され、2003年、創立100年を迎えた。 1992年4月より、2年間、福祉教育研究校に指定された。 沿革 [ ] 経緯 [ ] 1872年7月のに伴い、翌1873年、薬栗村(現加古川市上荘町薬栗)に巖上小学校が、見土呂村(現加古川市上荘町見土呂)に教育小学校が創設された。 1875年、巖上小学校が廃止され、1884年、見土呂小学校は平荘小学校の分校となった。 1887年、平荘小学校を山角尋常小学校とし、見土呂分校は見土呂簡易小学校となった。 1891年3月見土呂分校は廃止され、同校在中の児童は、山角尋常小学校に編入することとなった。 1903年4月1日 上荘尋常小学校を現位置に設置された。 その後、1941年、国民学校令により、上荘国民学校と改称した。 第二次世界大戦降伏後のによって、上荘国民学校は、上荘村立上荘小学校となり、同時に上荘村立上荘中学校を併設した。 同時に併設された上荘村立上荘中学校は、1947年に廃止され、加古川市立両荘中学校として時代を重ねている。 年表 [ ]• - 上荘尋常小学校が設置される• - 裁縫科、手工科を加設する• - 高等科2年を設置し、 上荘尋常高等小学校と改称。 農業科を加設する• - 高等科の修業年数を3年に延長。 裁縫学校(3年)および研究科を附設する• - 高等科の修業年数を2年に戻す• - 裁縫学校を廃止し。 を附設する。 (男子部:初等科 4年、中等科 3年、高等科3年 女子部:本科 2年、研究科 2年)• - 国包小学校を合併。 国包小学校をとし、1・2年生のみの在籍となる• - を設置する• - 農業補習学校の修業年数を変更(男子部:前期2年、後期2年、研究科3年 女子部:前期2年、後期2年)• - 職業指導科を加設• - 郷土科を加設• - 農業補習学校、青年訓練所を合併し、を設置する• - によって 上荘国民学校と改称• により上荘国民学校が 上荘村立上荘小学校と改称• 上荘村立上荘小学校の北校舎を間借りして上荘村立上荘中学校 が設置される• - 印南郡平荘村・上荘村学校組合立両荘中学校(現 )が設置され、上荘村立上荘中学校が廃校となる• - 加古川市に合併、 加古川市立上荘小学校と改称• - 上荘町国包のうち東側の地域をの校区に変更。 これにより国包分校廃止。 - 創立60周年記念• - 屋内体育館竣工式• - プール設置• - 創立80周年記念事業• - 福祉教育研究指定(2年間)• - プール全面改修• - 新校舎竣工記念式典。 - 運動場整備完成• - 体育館竣工記念式典• - 創立100周年記念事業• - 二宮金次郎像を再建立 学校行事 [ ]• 4月 始業式 入学式• 5月 ふれあい運動会• 6月 修学旅行• 7月 終業式• 9月 始業式 くすのきまつり 自然学校• 10月 ふれあい表現会• 11月 マラソン大会• 12月 終業式• 1月 始業式• 2月 校内書初め展• 3月 卒業式 修了式 通学区域 [ ]• 上荘町小野• 上荘町薬栗• 上荘町見土呂• (より西側)• 上荘町井ノ口• 上荘町白沢• 上荘町都染• 上荘町都台1丁目〜3丁目 進学先中学校 [ ]• 校区内の主な施設 [ ]• 加古川市立漕艇センター 交通 [ ]• より徒歩20分• 都染バス停より200m 脚注 [ ]• , p. , p. , p. 上荘町国包のうち東側の地域の生徒は「兵庫県加古郡学校組合立山手中学校(現 )」に通学• 参考文献 [ ]• 上荘小学校『加古の流れ 上荘小学校100年のあゆみ』、2004年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

加古川市

加古川 市 小学校

概要 [ ] 在籍児童数は、2013年4月現在、871人である。 優良PTA文部大臣表彰受賞、第40回交通安全国民運動 優良校表彰、全国小学校陸上競技大会リレー5位入賞などの優秀な業績がある。 沿革 [ ] 経緯 [ ] 加古川小学校は、麑松小学校・麑水小学校として設立された。 その後、両校は合併し、となった。 その後、加古川尋常小学校と改称し、を設けてとなった。 により、加古川国民学校となった。 第二次世界大戦後のによって、加古川小学校となった。 年表 [ ]• - 麑松小学校・ 麑水小学校設立• - 麑松小学校に麑水小学校を合併• - 寺家尋常小学校と改称• - 加古川町立加古川尋常小学校と改称• - 加古川尋常高等小学校と改称• - 新校舎を現在地に竣工• - 加古川町立加古川第1尋常高等小学校と改称• - 国民学校令によって 加古川国民学校と改称• - 鳩里小学校を併合、 加古川町立加古川小学校と改称• - 開始• - 加古川市立加古川小学校と改称• - 心身障害児学級開設 精薄1学級• - 開校紀念日制定 明治百年を契機に12月2日を開校記念日に制定• - 校地東南側校舎棚完成• - 心身障害児学級増設 精薄1学級• - 心身障害児学級増設 言語障害2学級• - 優良PTA文部大臣表彰受賞• - 創立百年記念式典挙行、記念碑建立、記念行事を行う。 - 心身障害児学級増設 難聴1学級• - 心身障害児学級増設 難聴2学級• - を分離• - 心身障害児学級増設 弱視1学級• - 情緒障害児学級開設 1学級• - 木造校舎撤去、体育館建築• - 心身障害児学級(言語・難聴・弱視)をへ移管• - 体育館竣工• - 新校舎建築着工• - 新校舎竣工• - 創立120年記念事業• - 第40回交通安全国民運動優良校表彰• - 「ゆめハウス」「ビオトープ」完成• - 全国小学校陸上競技大会リレー5位入賞• - 屋上太陽光発電工事完成 教育目標 [ ]• 健康で豊かな心を持ち、自ら学び続ける子供の育成 学校行事 [ ]• 4月 始業式・入学式• 5月 運動会• 7月 終業式• 9月 始業式・自然学校• 10月• 11月 音楽会• 12月 終業式• 1月 始業式• 3月 終業式・卒業式 児童会活動・クラブ活動など [ ]• 加古川っ子カーニバル 通学区域 [ ]• 加古川町篠原町(153-2,153-4,212-10を除く)• 加古川町寺家町(JR山陽本線より南側)• 加古川町本町(JR山陽本線より南側)• 加古川町木村(662~771 及び加古川西団地を除く)• 加古川町西河原(加古川西団地を除く)• 加古川町粟津(51-1,73-1を除く)• 加古川町北在家773-8,2482,2515,2535,2639,2664,2674• 加古川町備後23-6~23-24• 加古川町平野333 進学先中学校 [ ]• 校区内の主な施設 [ ]• 交通 [ ]• ・ より徒歩15分 著名な出身者 [ ]• (シンガーソングライター) 脚注 [ ]• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、のに関連した です。

次の