柱である俺が来た。 【鬼滅の刃】TikT〇kで流行ってる柱の物真似

冨岡義勇 (とみおかぎゆう)とは【ピクシブ百科事典】

柱である俺が来た

「炎炎ノ消防隊」に登場する「柱」と呼ばれる人々。 「柱」は第3世代の能力者の中に稀に表れる「アドラバースト」という能力を持っています。 通常の炎より高温だったり、威力がすごかったりといった特徴を持つアドラバ […] 「炎炎ノ消防隊」に登場する 「柱」と呼ばれる人々。 「柱」は第3世代の能力者の中に稀に表れる 「アドラバースト」という能力を持っています。 通常の炎より高温だったり、威力がすごかったりといった特徴を持つアドラバーストですが、伝導者一派はこの能力の持ち主を八柱、つまり8人集めることで地球を火の海にするというとんでもない計画をしています。 今回は、そんな アドラバースト持ちの柱一覧をまとめました! 「柱」にはどんなキャラクター・能力の持ち主がいるんでしょうか? 関係ないけど、この時のアーサーはかなりかっこよかった(笑) そんなアマテラスはアドラバーストの持ち主が新たに生まれることも宣言しています。 彼女の能力の高さや素性は謎が多く、計り知れないものがありますが、とにかく一柱目ですから、何かしらのカギを握っていそうです。 彼女は2月18日生まれの17歳。 身長163センチで、口が悪いのが特徴です。 白装束を身にまとい、目元は王冠のようなもので隠れているという不思議な格好の女性です。 これは確かに、アイリスが八柱目と言われたら納得かも(汗) 更に、アイリスは第3世代であったことが判明し、指先から小さい炎が出せることまで判明! ここに来て、一気に アイリス=八柱目という説が現実味を帯びてきました! まとめ 今回は「炎炎ノ消防隊」に登場する アドラバーストの持ち主である八柱の人物達を一覧でまとめました! 八柱は以下の8名です。 柱一覧 名前 能力 一柱 アマテラス 精神の乗っ取り 二柱 ハウメア 電気信号で他人を操作 三柱 ショウ 熱膨張による時間操作 四柱 シンラ 足から炎を出す 五柱 インカ 爆発の予想 空間に見える線をなぞって爆発させる 六柱 ナタク 孫 放射能を帯びた炎を発射 七柱 シスタースミレ シバリングによる超振動 八柱 アイリス? 指先から小さい炎が出せる 遂に揃ってしまった八柱… 伝導者一派の望み通り、世界にとんでもないことが起こってしまうのでしょうか? 今後の展開に目が離せません!.

次の

【鬼滅の刃】TikT〇kで流行ってる柱の物真似

柱である俺が来た

が初めて出会った鬼殺隊士である。 と化したが炭治郎を襲う現場に現れ、問答無用で禰豆子の頚を刎ねようとしたが、自分と刺し違えてでも妹を守ろうとする炭治郎と、その兄を庇う禰豆子の姿を見て刀を引く。 そして炭治郎に、恩師・の家を教え、鬼殺隊士として生きる道を示した。 炭治郎を紹介するため、義勇が鱗滝に宛てた手紙には、 「突破して"継ぐ"事ができるかもしれません」としたためてあったため、炭治郎には厳しい態度で接しつつも、その強い意志を認め、自身は水柱ではないという義勇自身の認識から、水の呼吸を極めて次代の本当の水柱を継ぐことが出来るかもしれないと考えていることが読み取れる。 心の芯には優しさが満ちているのを行動の端々に感じさせるが、鬼に家族を殺され絶望の淵にいた炭治郎の境遇に共感を覚えていた様子から、義勇自身も近しい者を鬼に殺められた過去があるのではないかと推察され、多くの鬼殺隊士がそうであるように、鬼に対しては一滴の慈悲も見せない。 「人も鬼もみんな仲良くすればいいのに」と呟くしのぶに「鬼が人を喰らう限りは無理な話だ」と返しており、を見込んだのは彼にとってあくまでも 例外である。 柱合会議では、禰豆子が人を襲うようなことがあれば責任をとって 師である鱗滝と共に切腹をする覚悟であることを他の柱たちに公言するなど、竈門兄妹に対しては強く思うところが有るようだ。 『』 上記の説明のみだとクールなエリート美青年……に見えるが、その実非常に口数が少なく(本人曰く 「話すのが嫌い」)、コミュニケーションが得意ではない。 対する義勇は 「 俺は嫌われてない」 と強く否定しており、傍目には分かりづらいもののショックを受けていた様である。 このやり取りの直前には、滅殺するべき鬼の禰豆子を狙うしのぶの攻撃を義勇が妨げており、そのことを問い質すしのぶに仔細を語らず、ただ竈門兄妹を逃がすという、義勇の鬼殺隊士として不可解な行動が描かれ、しのぶの刺々しい言葉もこの一連の出来事に対してのものかと思われた。 なおも禰豆子の滅殺を試みるしのぶに対して、最終的に義勇は彼女の動きを封じるべく。 後の柱合会議において、矢張り 義勇の説明不足は通常運転であり、これまでしのぶ以外の柱たちへも連絡や説明の必要な事柄を話してこなかったこと、その所為で「嫌われている」発言に到ったことが判明している。 不和の原因を全く理解していないことが分かる)。 上記の通り しており、基本的に「説明」という行為を省き、口喧嘩はすぐに切り上げ、口より先に手が出るというような、寡黙というかとにかく な青年として描かれ、何を考えているかわからない、協調性に欠ける人物として認識されているらしいことが窺える。 だが肝心なのは、初登場時から竈門兄妹の行く末を案じ、 心の中では独白していることから、義勇が表だって発した言葉通りの冷血なだけの人間では決してないということである。 ただ口下手で誤解されやすいだけなのだ。 義勇のわかりづらい優しさは、妹の助命を懇願する炭治郎へ厳しい言葉を向けた後に、竈門兄妹を師である鱗滝へと紹介していたことからもうかがえる。 容姿 全体的に中肉中背でをしており、切れ長の瞳は青色で(ちなみに幼少期や鱗滝のところで修行をしている時はまだハイライトがある)。 背中まで無造作に伸ばした髪を首のあたりで一つに結び、隊服の詰襟の上から右半分が無地・左半分が亀甲柄の羽織を着用している。 なお、このような柄は正式には実在せず、伊之助が「半々羽織」と呼びつけていたため、作中世界でもよう。 (後にファンブックにて、 義勇の羽織の左側はのものであり、右側は姉のものであることが判明した) その他 因みに好物は 鮭大根。 これを前にすると、普段は鉄面皮の彼でも笑顔になる、らしい。 実際に外伝(詳細は下記)のラスト辺りで、鮭大根を前にした義勇が笑顔になるらしい描写(義勇を中心に 光が溢れるようなもの。 余程嬉しかった模様)があったが後ろ向きだっためこちらからは確認できず、それを目にしたしのぶと鮭大根を出した店主は ドン引きしていた。 苦手なものは動物全般で、特に犬が無理(昔、尻を噛まれたため)。 その時、義勇はありのまま「鬼が姉を殺した」と言ってしまったことで姉を亡くして心を病んだと思われてしまい、遠方の親戚の医者の元へ連れて行かれる事となったが、途中で逃げ出し遭難。 その後は鱗滝の知り合いの猟師に拾われたことで鬼殺隊を目指すこととなったが…… 「俺は水柱じゃない」 刀匠の里における戦いにおいて、禰豆子が太陽を克服したことにより、彼女を狙って鬼殺隊に総力戦を仕掛けるべく鬼たちが身を潜めたことを機に、鬼殺隊でも隊士たちの力を底上げするべく、下の階級の者たちが柱を順番に巡って稽古をつける 「柱稽古」を開始する。 しかし、義勇は長らくこれを拒否しており、心配した産屋敷の頼みで炭治郎は義勇に事情を訪ねるが、彼は炭治郎が水以外の呼吸を追求し始めたことに言及し「 水柱が不在の今 一刻も早く誰かが水柱にならなければならなかった」と言い、上記の通り 自分が柱である事を否定し理由を頑なに答えようとしない。 それでも産屋敷に言われた通り、根気強く 四六時中彼に付き纏って話しかけまくる炭治郎。 そして4日後ついに根負けした義勇は事情を語り始める。 「俺はを突破してない」 鱗滝の元で修行に明け暮れていた炭治郎が出会った少年剣士・は、義勇と同じ時期に鱗滝に入門した同期であり、共に鬼によって家族を殺され、天涯孤独となっていたところを鱗滝に引き取られる。 同い年であった二人はやがて無二の親友となり、最終選別を通過するために稽古に励んだ。 共に最終選別を受ける義勇と錆兎だったが、錆兎は鱗滝の門弟を執拗に狙うと戦って、命を落としてしまう。 その年の選別で死んだのは錆兎一人だけであり、彼は選別の会場である藤襲山に放たれた鬼たちを 殆ど一人で倒し、他の受験者たちを 助けながら戦っていたという。 手鬼との戦いで彼の刀が折れたのは、多くの鬼を斬り伏せたことで 刀が摩耗していたためとされる。 義勇は、最初に襲いかかって来た鬼によって負傷したところを錆兎に救われた後、別の受験者に預けられ、気がついた時には最終選別は終わっており、親友だった錆兎がもはや帰らぬ身となったことを告げられる。 このことから彼は、「何もしていない自分が最終選別に合格し鬼殺隊に入隊できたこと」に対して強烈な後ろめたさを抱えており、自分は他の柱たちとは対等な立場ではない、それどころか 本当なら鬼殺隊に自分の居場所は無いとさえ考えていた。 彼が多くの場面で単独行動を取り、他の柱たちと距離を置きたがるのはこうした経緯が要因であるとされ、義勇の羽織の半分が姉の形見であるのは 「家族の死」、もう半分が錆兎の形見であるのは 「友の死」、これらの過去からくる悔やんでも悔やみきれない不甲斐なさ、無力だった自分を忘れないための自戒のしるしと思われる。 これを聞かされた炭治郎は、かつてによってであるから守られた自分を重ね、本人は認めていないが錆兎を亡くした後に柱になるまでに彼が血反吐を吐くような努力を重ねて自分を叩き上げてきたことを察し、彼に一つ問いかける。 「義勇さんは錆兎から託されたものを 繋いでいかないんですか?」 「自分が死ねば良かったなんて 二度と言うなよ もし言ったらお前とはそこまでだ 友達をやめる」 「翌日に祝言を挙げるはずだったお前の姉も そんなことは承知の上で鬼からお前を隠して守っているんだ 他の誰でもないお前が…お前の姉を冒涜するな」 「お前は絶対死ぬんじゃない 姉が命をかけて繋いでくれた命を 託された未来を」 「お前も繋ぐんだ 義勇」 炭治郎の言葉に、義勇は悲しみ故に心の奥に封じ込めていた記憶を思い出す。 鬼から自分を守って死んだ姉の蔦子や、親友の錆兎から託された想いを受け継ぐ決意を固めた義勇は、遂に柱稽古への参加を表明する。 その後、勘違いした炭治郎の提案でなぜか ざる蕎麦の早食い勝負することになり、その後からちょくちょくと 実弥と和解するためにおはぎを懐に入れていこうとするような、天然ボケが入るようになる。 ただし、これは炭治郎の影響というよりは、今まで他人に積極的に関わろうとしなかった為に表に出てこなかった義勇の ちょっとズレた気遣いや気の回し方が、人と接しようとした結果浮き彫りになったものと思われる。 能力 身体能力 鍛え抜かれ選び抜かれた鬼殺隊士の身体能力は常人の比ではなく、更に後述の「法」により瞬間的なブーストをかける事で鬼と渡り合えるほどの身体能力を得ることが可能となる。 壱ノ型 ~ 拾ノ型 詳細はの項を参照。 左近次爺が教え子の剣士に伝え、継承させる技。 ただし、一般隊士である炭治郎と柱である義勇では、同じ技でも鋭さと疾さが桁違いであり、全てが必殺の威力を誇る。 その斬れ味は、が傷一つ負わせることが出来なかった大鬼の体を豆腐の如くいとも簡単に斬り裂き、『格が違いすぎて天地ほど差がある』と言わしめた程。 拾壱ノ型 凪(なぎ) 3巻にて設定が明かされた。 担当教科は体育。 スパルタすぎてPTAから苦情が出ている。 教育委員会が動くかもしれないと言われていて、少しやばいとの事。 番外編の四コマでは「髪を黒く染めないから」という理由で、に 強烈なビンタを喰らわせている。 公式ファンブックに掲載された特別描き下ろし漫画では 昼休みに1人で非常階段に座り昼食を摂っているという、本編同様の ぼっち振りを披露していた(炭治郎からそれについて指摘された時は、 「俺はボッチじゃない」と否定している)。 それでもバレンタインのチョコ獲得数は 31個を誇っている辺り、やはり 美形は得という事か。 ~パラダイス・ロスト~」では、文化祭で「」が大規模な集団中毒を引き起こす中、ただ1人 感動して涙を流しながら聴き入っていた。 アニメのミニコーナーにおけるキメツ学園では善逸のみならず、堂々と校則違反を行う炭治郎(ピアス)・伊之助(制服シャツ未着用)にも目を付けている。 名・迷台詞 誤解を生みやすい性格ゆえか、名言よりも迷言の数の方が多い…かもしれない。 名台詞• 「」 第一話にて、主人公のが鬼となったの命を狙う冨岡に土下座して彼女の命乞いをする際、彼らに冨岡が言い放った台詞。 (実際の台詞はかなり長いので、リンク先を参照。 ) 弱者には選択権がないし、鬼も俺も炭治郎の意思を尊重しないという内容の言葉を続けた。 一方で、その後に泣かずに怒れ、その怒りが原動力になる、という内容のことを心の中で言っていることから、炭治郎を元気づける、勇気づけるための言葉だったことがわかる。 「俺が来るまでよく堪えた 後は任せろ」 「」編にて、炭治郎に放った台詞。 無事に鬼殺隊士になった炭治郎だが、入隊したての未熟故にとの対決にて万策尽きて瀕死状態になっており、そんな彼が自分がくるまで生き残ったことに対しての賛辞である。 実際この台詞通り、彼は己が開発した水の呼吸の型「凪」であっさりと下弦の伍を仕留めた。 迷台詞• 「俺は頭にきてる 猛烈に背中が痛いからだ よくも遠くまで飛ばしてくれたな」 これまでに無い強敵を前にして放たれた言葉。 義勇が 国語教師には成れないであろう事実を、端的に表している。 「殿も退室されたので失礼する」が始まったばかりなのに 勝手に帰ろうとする義勇。 即座に実弥から「おい待てェ失礼するんじゃねェ」と突っ込まれた。 「政府非公認の組織です」 『』より、「何者だ?」と問われて。 「私はです」と言っているに等しいため、当然ながら直後にお縄となった。 イケメンであっても、どうにもならない状況もある現実を、『』で広く世間に知らしめた台詞である。 (この後、たまたま同じ村に休日を利用して薬の材料を買いに来ていたしのぶがこの現場を目撃したため、義勇と村人達との間を取り持ってなんとか誤解を解いた。 「」 概要でも取り上げた台詞。 詳細はリンク先を参照。 「」 同じくリンク先を参照。 ネタバレA 無限城内部での対「上弦の鬼」戦。 ネタバレB 鬼の首魁「」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 無限城での決戦時では、近くにいた事で同じ場所に落とされた炭治郎と共に雑魚鬼を蹴散らして進む最中、突如として現れた""との対決に臨む。 この戦闘中に久々に極限状態になったことで(既にが発現している者を除けば)、初めて痣が発現した隊員になった。 因みに義勇の流水のような痣は 左頬に発現している。 これはきっと。 無惨を倒すのと引き換えに炭治郎が命を落とした(と思われた)時には、涙を流しながら 「すまない」と謝っている。 しかし、その後のにて、唯一その場にいた動ける柱として満身創痍ではあるが事態の対処にあたる。 ネタバレC 無惨によって鬼にされた炭治郎が人間へと戻り、には。 また、柱の中では不死川実弥と並んで 最終決戦を生き延びた柱である(元柱だという事を除けば、も一応生き残っている)。 外伝 の放送開始に合わせ、2019年4月1日に発売された18号において、作画を平野稜二先生が担当し、義勇を主人公としたスピンオフ作品『 』が掲載された。 公式コラボ先での活躍 モンスト鬼滅の刃コラボ 2020年2月14日から始まったでのコラボイベントでは、コラボ専用ガチャからの排出キャラとして登場。 味方が当たってきたときに発動する攻撃、友情コンボはかなり使い勝手がよくこれだけでも当たりキャラといえる性能だったが、極めつけは彼の持つ チート級のストライクショット(必殺技)。 水の呼吸 拾壱ノ型 凪で 敵の攻撃を完全に無力化する。 例えそれがHPを一瞬にして吹き飛ばす即死級攻撃であったとしてもダメージをゼロにするのだ。 この代用の利かない性質に加えて素のステータスも高いことから 鬼滅の刃コラボガチャの中で最も当たりのキャラと言われることも。 モンストの 最高難易度クエスト、の一角、で大活躍したことも一因だろう(というか、最高レアで登場した炭治郎としのぶはまだしも、レアリティが落ちる善逸と伊之助すらも メッチャ強いが……)。 また、モンストはコラボイベントの際に原作の必殺技などを忠実に再現することに定評があるのだが、それは義勇も例外ではなく、前述の「凪」も、 アニメ版での演出を忠実に再現したものとなっていた(の3:43頃から)。 白猫プロジェクト鬼滅の刃コラボ 2020年4月29日から始まったでの鬼滅コラボイベントでもプレイアブルキャラとして登場。 コラボガチャで入手可能であった。 当初は炭治郎たちに一歩譲る性能であり、イベント中、炭治郎たち3人を合わせたより強いとのセリフがあるにも関わらず物足りないものがあったが5月1日に修正され、後述の凪使用中は一切ダメージを受けないなど大幅に強化され、柱にふさわしい性能になっている。 反面、白猫内でも「俺は嫌われてない」と言ったり、ネタキャラ的な要素があったりもする。 アクションスキルとして水の呼吸のうち、肆ノ型 打ち潮と拾壱ノ型 凪を使用可能。 前者は敵をすり抜けてダメージを与え、かつバリアを張ったりHPを自動回復する。 後者は敵攻撃を通常は回避できないデンジャラスアタックも含め使用中一切受けない、かつスキル解除時に大ダメージを与える。 更に即死回避などのオートスキルをもち、鬼滅コラボのみならず白猫全体でもかなりの当たりキャラとなっている。 原案作品主人公 『鬼滅の刃』の原型ともなった読み切り漫画にして、先生のデビュー作『 』の主人公ナガレは、義勇によく似た雰囲気をしており(特に義勇の初登場時)、彼の原型だったのではないかという声がある。 第1回人気投票結果 紙面において行われた第1回人気投票では 4位に輝いており、他のベスト5のメンバーが竈門炭治郎、我妻善逸、竈門禰豆子、嘴平伊之助といずれもレギュラーキャラであることを考えると彼らの中に食い込めたのは快挙であるといえよう。 作中ではともかく 読者からは嫌われていないことが証明されたのである。 ()… 「無口・無表情」「重度の口下手」「周りに誤解されている」など共通点が多く。 ()… 「主人公に最初に出会い導く者という立場」「防御重視の剣術の使い手」「青い剣」「組織の最高位メンバーの1人」であるなど共通点が多いが、(を除いて) 嫌われてはいないしコミニュケーションもちゃんと取れる立派な大人。 ただしの育成はやや苦手。 関連記事 親記事.

次の

鬼滅の刃:刺さる名言 格好いい&可愛い義勇「俺は嫌われてない」 善逸、伊之助も

柱である俺が来た

使用する呼吸:風の呼吸 日輪刀の色:緑色 誕生日:11月29日 年齢:21歳 身長:179cm 体重:75kg 出身地:東京府 京橋區(現:中央区 京橋) 趣味:カブト虫を育てる 好きな物:おはぎ 風の呼吸の使い手で、風柱。 血走った眼に、身体中にある傷が特徴。 不死川玄弥の実の兄である。 柱の中で一番と言ってもいいほど鬼を嫌っており、炭治郎と禰豆子のことを許そうとしなかった。 柱合会議では他の柱や、産屋敷耀哉の制止を振り切って禰豆子の危険性を暴こうとした。 禰豆子を刺した上で、自身の血を禰豆子に垂らし、禰豆子が人を喰うことを証明しようとしたが、禰豆子は強靭な精神力で自身を律した。 炭治郎はその時、「善良な鬼と悪い鬼の区別もつかないなら、柱なんてやめてしまえ!」と不死川実弥に対して発言している。 それから時が経った柱稽古の時も、「調子のんなよォ。 俺はテメェを認めてねえからなァ」という不死川実弥に対して、炭治郎は「全然大丈夫です!俺も貴方を認めてないので!禰豆子刺したんで!」と答えている。 不死川玄弥の実の兄であるが、不死川実弥が「俺には弟なんていねェ」と発言するほどに仲が悪い。 これは二人の過去に原因がある。 戦闘経験豊かで、上弦の壱である黒死牟の技にも食らいついた(黒死牟が使う『月の呼吸』は不規則な斬撃が付き纏い、経験が浅い時透は一刀で腕を斬り落とされた)。 特殊体質であり、稀血(数少ない人間が持っている血。 鬼がその人間を喰らうと、通常の人間50人に値するほどの力を得る)の中でも更に希少な血を持つ。 鬼がこの血の匂いを嗅ぐと酩酊する。 黒死牟との戦いで痣を発現させた。 不死川実弥の痣は風車のような紋様が右頬に浮かび上がる。 不死川実弥の来歴・活躍 鬼殺隊へ入る前の不死川兄弟 不死川兄弟には、母親と他に5人の兄妹がいた。 父親はろくでなしで、家族によく暴力を振るっていた。 父親は外でも恨みを買っており、ある日、誰かに刺されて死んだ。 母親は朝から晩までずっと働いていた。 実弥は玄弥に「家族は俺たち二人で守ろう。 親父は刺されて死んじまった。 あんなのは別にいない方が清々するけど、父親がいねぇとなると皆心細いだろうから。 これからは俺とお前でお袋と弟たちを守るんだ。 いいな?」と話した。 玄弥が「これからは、じゃなくて、これからも、だよな。 」と話すと実弥は笑った。 ある日、母親がいつになっても帰って来ず、実弥は探しに行った。 玄弥は家で兄妹と母と兄の帰りを待っていた。 そこへ一匹の鬼がやってきて、兄妹たちを殺害した。 鬼は真っ暗な部屋の中で、玄弥にも襲いかかろうとするが、そこへ実弥がやって来て鬼を外へ連れ出した。 玄弥が実弥の後を追うと、そこには鉈を持って帰り血にまみれた実弥と、血だらけで横たわる母親の姿があった。 玄弥たち兄弟を襲った鬼は母親だった。 その光景を見た玄弥は「何でだよ!何でだよ!何で母ちゃんを殺したんだよ!うわああああ!人殺し!人殺し!」と実弥に言ってしまった。 上弦の肆である半天狗と戦って、死を覚悟した玄弥は「ひどいこと言ってごめん。 兄ちゃん。 全部言い訳にしかならないけど、混乱していたんだ。 就也も弘もことも貞子も寿美も冷たくなって返事をしなくて。 もう死ぬというのがわかってしまって。 俺たちを守るために戦って、夜が明け始めた外に落ち初めて家族を襲ったのが母ちゃんだと気付いた時、兄ちゃんはどんな気持ちだったろうか。 最愛の母を手にかけて、打ちのめされていた時に、必死で守った弟から罵倒されてどんな気持ちだったろうか。 」と振り返っている。 不死川実弥と死亡した粂野匡近 鬼となった母親を殺害した後、実弥は呼吸も日輪刀も知らないまま、多くの武器を装備して、鬼を日の光で灼き殺していた。 そんな時、鬼殺隊に所属していた粂野匡近と知り合う。 そして粂野から育手を紹介してもらったことで、実弥も鬼殺隊へ入隊した。 その後、当時の下弦の壱の鬼を粂野と一緒に倒すが、その戦いで粂野が戦死してしまい、柱となったのは実弥だけだった。 その後、柱合会議にて実弥は鬼殺隊の長である産屋敷耀哉と初めて顔を合わせる。 実弥は、自ら刀を取らず、鬼殺隊士に命令するだけの耀哉が好きになれず「いいご身分だなァ、おいテメェ。 産屋敷様よォ。 」と口にする。 すると耀哉は素直に「ごめんね。 」と謝罪した。 そして、刀を振ってはみたが体がそれに耐えられなかった事、自身の代わりはすでにおり、自身も駒の一つに過ぎない事、そして実弥が柱として人の命を守ることだけが願いだと明かした。 そして「匡近が死んで間も無いのに呼んでしまってすまなかったね。 兄弟のように仲良くしていたから尚更つらかったろう。 」と粂野の名を出した。 耀哉は当主になってから亡くなった隊員の名前と生い立ちを全て記憶していた。 耀哉は、粂野と実弥の遺書が同じような内容だという事、粂野が失った弟と実弥を重ね合わせていた事を話し、実弥に粂野の遺書を渡した。 遺書には「大切な人が笑顔で、天寿を全うするその日まで幸せに暮らせるよう、決してその命が理不尽に脅かされることがないよう願う。 たとえその時、自分が生きてその人の傍にいられなくとも、生きていて欲しい。 生き抜いて欲しい。 」と書かれていた。 実弥はその遺書を読んで、玄弥の事を思い出しながらも、涙を流した。 玄弥を傷つけられて激昂する実弥 鬼殺隊の長である産屋敷耀哉の元へ、悪の元凶である鬼舞辻無惨が現れる。 耀哉は無惨の到来を予期しており、自爆をする事で無惨に大きなダメージを与えた。 無惨と敵対する鬼、珠世と愈史郎は耀哉に協力を持ちかけられており、鬼殺隊の本部へと来ていた。 珠世は負傷した無惨に『鬼を人間に戻す薬』を投与する。 そして無惨を倒すべく柱や炭治郎が集結するが、無惨は異空間・無限城を呼び出し、一同は無限城へと落とされてしまう。 玄弥は無限城で上弦の壱である黒死牟と遭遇し、両腕と胴体を切断される。 そして頸を切られようとした瞬間、実弥が助けに入る。 玄弥を背に、実弥は「…テメェは本当にどうしようもねぇ弟だぜぇ。 なんのために俺がァ母親を殺してまでお前を守ったと思ってやがる。 」と言った。 その時、玄弥は炭治郎が柱稽古の時に話していた言葉を思い出す。 炭治郎は「風柱のお兄さんのことなんだけど、あの人はさ玄弥。 鬼殺隊に入ったことをすごく怒ってはいた。 でも憎しみの匂いは少しもしなかったんだ。 だから怯えなくていいんだよ。 伝えたいことがあるなら言ったって大丈夫だよ。 実弥さんは玄弥のことがずっと変わらず大好きだから。 」と言っていた。 実弥は続けて「テメェはどっかで所帯持って、家族増やして爺になるまで生きてりゃあ良かったんだよ。 お袋にしてやれなかった分も、弟や妹にしてやれなかった分も、お前が、お前の女房や子供を幸せにすりゃあ良かっただろうが。 そこには絶対に俺が鬼なんか来させねぇから…。 」と話した。 それを聞いた玄弥は涙を流し、「ごめん兄ちゃん…ごめん…。 」と詫びた。 そして黒死牟と向き合った実弥は「よくも俺の弟を刻みやがったなァ!糞目玉野郎ォオ!許さねェ!許さねェ!許さねェェ!」と叫び、刀を向けた。 時透の腕を一刀で切り飛ばした黒死牟に食らいつく。 黒死牟には「やりおる…。 肉体的にも技の…全盛と見た…。 」と評される。 しかし、『月の呼吸 陸ノ型 常夜孤月・無間』で重傷を負わされる。 黒死牟はこれで勝利を確信したが、実弥はそれでも立ち上がり刀を振るった。 実弥の血は稀血(数少ない人間が持っている血。 鬼がその人間を喰らうと、通常の人間50人に値するほどの力を得る)の中でもさらに希少な血であり、その血を前にした黒死牟は脈拍が上がり、足元がおぼつかなくなり、酔ったような状態になった。 その後、岩柱の悲鳴嶼行冥が戦いに参加し、傷の治療をした後、2人で黒死牟と戦う。 その時、実弥は頬に風車のような痣を発現させた。 悲鳴嶼と絶妙な連携を見せて黒死牟を追い詰めるが、黒死牟は刀を伸ばして大幅に間合いを拡大する。 それにより実弥は2本の指を切り落とされる。 そして黒死牟の怒涛の攻撃に対し回避に専念せざるを得なくなるが、それでも攻撃を避けきれず、足と背中を負傷する。 そして黒死牟が『月の呼吸 拾ノ型 穿面斬・蘿月』を繰り出し、絶体絶命の危機を迎えるが、間一髪のところで時透に助けられた。 その後、悲鳴嶼、時透、玄弥と一丸となって黒死牟に立ち向かう。 脚を切り落とされながらも黒死牟の懐に飛び込んだ時透と、黒死牟の髪と刀を喰った玄弥により黒死牟は動きを封じられる。 黒死牟は体中から刀を生やしてその拘束を解くが、死力を振り絞った時透と玄弥により再び動きを封じられる。 あまりの強度に実弥だけでは黒死牟の頸を断つことはできなかったが、悲鳴嶼が振り下ろした鉄球に実弥が刀を打ち付けたことにより、黒死牟の頸を落とすことに成功する。 玄弥との別れ.

次の