ペット保険 評判。 いぬとねこの保険の評判は?保険料は?口コミからわかったメリット・デメリットを紹介します

ペット保険の口コミ・評判ランキング | みん評

ペット保険 評判

「PS保険」はペットメディカルサポートという、あまり聞かない会社のペット保険ですが、毎年、オリコン顧客満足度で上位にランキングされるペット保険です。 ここ3年は総合で1位をキープしていました。 ただ、2015年度はアニコムにトップを奪われ、惜しくも2位となっています。 ただ、今でも「保険プラン」、「支払い手続き・保険料」の項目では1位となっております。 《参考記事》 オリコンの顧客満足度調査というのが、どの程度メジャーなのか、イマイチよくわからないのですが、1位になるということは、ペット保険の利用者からはかなり好評を得ているのだと思います。 ざっと、調べてみると、「PS保険」は保険料の安さに加えて、補償内容の充実を一番の売りとしています。 確かに他のペット保険に比べると、保険料はかなり安い方です。 特にペットが高齢になったときの保険料は安いです。 保険料の安さに自信があるのか、請求資料の中でも「ペット保険 各社徹底比較」という資料があったくらいです。 確かにこの徹底比較表にある大手4社(アニコム、アクサダイレクト、アイペット、ペット&ファミリー)との比較では、保険料はダントツで一番安いです。 ただし、この資料の中では、FPC保険などの保険料の安いプランは含まれていませんでした。 この辺り、かなり意図的に思えるので、個人的には少し減点ポイントでした。 ということで、今回は「PS保険」について、よい点、悪い点についてまとめてみました。 「PS保険」の特徴とは オリコン顧客満足度のペット保険の総合で2012年から3年連続で1位になるほど、保険契約者からの支持はかなり高いペット保険です。 PS保険の公式ホームページを見ると、• 保険料の安さ• 補償と保険料のバランスの良さ• スピーディな保険料の支払い の3つのポイントを積極的にアピールしています。 個人的には保険料の安さが、特に気になる点なのですが、この3つのアピールポイントのついて、それぞれ詳しく見ていきたいと思います。 保険料の安さ 他社の保険料と比較してみると良くわかるのですが、確かにペット保険業界ではかなり安い方です。 ペット保険によっては、愛犬が若い時の保険料がものすごく安いペット保険がいくつかありますが、PS保険の場合には、高齢になってきたときの保険料の上昇率は低く、かなり安いです。 保険料については、以前に各社のプランを比較した記事がありますので、そちらも参考にしてください。 《参考記事》 補償と保険料のバランスの良さ 保険プランとしては、50、70、100%補償のプランがありますが、使用限度回数、支払限度額はすべて同じです。 特に100%補償プランは他社ではあまり見かけないプランであり、PS保険の特徴的なプランとなります。 肝心の補償内容に関しても、他社に見劣りするものはなく、特に入院時の補償は手厚い方です。 「PS保険」の補償内容• 通院での補償:1日あたり1万円(ただし、一保険契約で20日まで)• 入院での補償:1日あたり2万円(ただし、一保険契約で30日まで)• 」 PS保険では、同じ病気やケガでどんなに治療が長引いても、最初に病院にかかった日を規準として日数を計算します。 この基準日と使用日数は、たとえ契約年度が替わってもリセットされません。 このため、同じ病気が完治せずに長引いた場合には、最大で20日分しか保険適用されません。 (一度、病気が完治したと判断されれば、この使用回数はリセットされます。 ) スピーディな保険料の支払い 保険金の支払いが平均3.6日とかなり早いのも特徴です。 他のペット保険では保険金の申請をしてから、中々お金が振り込まれないのが一般的なのですが、3.6日での支払いはかなり早いです。 ただし、アニコムやアイペットなど、病院の窓口で保険金を清算してくれるペット保険に比べると、一旦は自分でお金を立て替えないといけない点はデメリットとなります。 ペットメディカルサポートはどんな会社 2004年にできた会社でまだ創立11年と若い会社です。 ホテルのレストラン運営や屋外広告、ペットセレモニー事業を事業主体とする株式会社デンソウシャという会社が親会社です。 少額短期保険業者として2008年に登録、「PS保険」の販売を開始しており、ペット保険会社としては比較的古株になります。 これ以上の情報はネット上では、あまりありませんでした。 「PS保険」の気になった点 同じ病気に対する免責事項 先ほども書きましたが、 PS保険では、同じ病気やケガに対して、一保険契約での限度日数(回数)が免責事項として設定されています。 これは、ワンちゃんが保険に加入している全期間中を通じて、同じ病気やケガで保険金がもらえる回数が決まっているというものです。 例えば、愛犬がアトピー性皮膚炎などの慢性的な病気になった場合、その同じ病気で保険金が支払われるのは、一生涯を通して20日までという免責事項です。 次年度に保険を更新してもこの日数はクリアされません。 (この点がかなり重要なので、何度も書いています) キチンと完治するような病気の場合には、完治した時点で一旦使用回数がリセットされ、次回保険適用時には、改めて1回目となります。 この免責事項が適用されるかどうかは、 その病気が一旦、完治したか、していないか、が重要になります。 万が一、愛犬が完治が難しい難病にかかった場合、20日を超えた分は、すべて実費となります。 他社のペット保険では、このような特殊な限度回数は設定されていないので、注意が必要です。 例え100%補償でも手術に対する補償は1回10万円まで 犬の手術については、近年、高度医療化がかなり進んでおり、費用も高額になるケースがよくあります。 そのため、1回の手術でその費用が10万円を超えるケースもよくありますが、PS保険の場合、1回の手術で10万円までしか補償されません。 この制限は、100%補償プランの場合に注意が必要です。 もし、仮に1回の手術で20万円の費用が掛かったとしても、10万円分しか補償対象とはなりません。 折角100%補償プランに入っていても、実質的には50%補償と変わりがなくなります。 ちなみに、アニコムの「ふぁみりぃ70%プラン」では、14万円までの補償があります。 アクサダイレクト、au損保、ペッツベストでは、通院、手術などの区別がなく、年間50万円までは補償範囲となります。 このように、高額となりがちな手術に対する補償面では若干不安があります。 「PS保険」について、ネットでの評判、口コミを調べてみました 「PS保険」の良い評判• あまり有名ではないですが、電話対応も良く、補償内容にも満足しています。 補償と保険料のバランスを考えると、良いと思います。 犬の年齢が高くなった時の保険料が他と比べて安い。 慢性疾患に関して限度日数がある点は気になりますが、保険料が安く、一般的な病気に対する備えとしては十分です。 「PS保険」の悪い評判• 年20回までの制限とは分かっていたが、1つの病気につきだとは。。。。 慢性疾患の補償が20回までなので、高齢犬には向かないです。 発病する前に他に乗り換えた方がよいです。 口コミに関する総評 ネット上での口コミを調べてみると、やはり、保険料と補償内容のバランスが良いということで、この保険を選択している方が多いです。 ただ、慢性疾患に対して、生涯で20回しか補償されない件について、契約前にキチンと確認していなかった人からは、悪い評判が多いです。 逆に、この免責事項について納得して加入している方からは、高齢犬になっても保険料が安くて良いと評判のようです。 「PS保険」はこんな人におすすめ• 100%補償プランもあるので、少しでも気になることがあれば気軽に病院にいきたい人• 保険料と補償内容のバランスを重視し、重い手術や慢性的な病気に対しては割り切れる人• 保険料の安さと引き換えに保険金請求の面倒はガマンできる人 会社概要• 会社名:ペットメディカルサポート株式会社• 業種分類:少額短期保険業• 上場先:非上場• 資本金:3億3275万円• 保険収入:10億3491万円• 経常損益:5816万円• ソルベンシーマージン比率:1285. 従業員数:20名程度 平成27年 3月31日 現在 少額短期保険業者であるため、大手に比べると従業員も20人程度と、かなり小さな会社です。 大手保険会社の安心感を求める人には向いていません。 毎年経常損益が出ている点が気になるますが、ソルベンシーマージン比率も高く、財務状況はそれほど悪くないようです。 まとめ 「PS保険」は個人的におすすめのペット保険です。 保険料と補償内容のバランスに重点をおいた保険のため、大きな手術や慢性的な疾病に対する補償が十分ではない点が、気にはなります。 ただ、その代わりに保険料の安さについては業界トップ水準です。 特に愛犬が高齢になったとき、この点はとても魅力的です。 「PS保険」には100%補償プランがあったり、病気特定のための検査費用もキチンと補償対象となるなど、気軽に病院に行けるようになることが最大のメリットになります。 安い保険料の割には、万一のときにも最低限の補償があると考えれば、とても魅力的な商品だと思います。 特に高齢犬に対する保険料の安さを考えると、今のところ「もなか」の保険として最有力候補です。 気になったら、まずは保険資料の請求から 自分にあったペット保険を見つけるには、各社の保険内容をよく調査することが大切です。 「PS保険」は少し注意する点はありますが、私が調査したペット保険の中では、おすすめの保険のひとつです。 ぜひ、ご自分で資料請求してその補償内容を吟味してみて下さい。 《資料請求はこちら》 ペット保険を選ぶときの参考になるので、皆さんからの口コミ情報をお待ちしております。 どんな情報でも良いのでぜひお願いします。 たしかに保険料は安いかもしれませんが1疾病1生涯につき20日の通院しか補償されませんよ! 更新してもですよ!それはほとんど更新時不担保と同じ事では!? ご指摘の点については記事でも書いているとおり、PS保険では完治しない病気に対して1生涯で20日しか補償しないという規約があります。 この規約を設けることで、保険料が安くなっているのです。 保険会社によっては、同じ疾病で何度も保険金をもらっていると、保険契約更新時に契約を更新しないケースや、その疾病だけを不担保にするケースもよくあります。 =>この点については、どの保険会社の規約にもはっきりと書いています。 その点、補償内容を明確にしているPS保険のほうが誠実ではないでしょうか。

次の

ペット保険 口コミで比較 ~ご契約者様の声~: 楽天保険の総合窓口

ペット保険 評判

SBIペット保険の要注意デメリット【パテラ・椎間板ヘルニア・歯周病への対応】 ということで、まずは必ず抑えておくべき、最も優先順位の高いデメリットから解説します。 それが、冒頭にも出てきた、免責疾病について。 基本編の記事内容からのおさらいですが、SBIペット保険の(ペット保険によって対応の分かれる)免責疾病の一覧がこちら。 パテラ• 歯科治療• 椎間板ヘルニア この3つに関して免責になっているのがポイント。 パテラ(膝蓋骨脱臼)は小型犬全般に頻度の高い病気ですし、椎間板ヘルニアはダックスやコーギーなど胴長の犬種には頻出で、まず気をつけなければいけないところ。 また、歯科治療となる歯肉炎や歯周病は、犬種問わずシニア犬になれば多くなってくる病気の一つです。 SBIペット保険のその他のデメリット 要注意デメリットとしては、パテラ、歯周病、椎間板ヘルニアが免責(補償対象外)となる、ということでしたが、それ以外にも押さえておいた方が良いデメリットについても、ざっと解説します。 ライトプランの免責金額設定 SBIペット保険には、免責金額設定のないスタンダードプランと、免責金額設定のあるライトプランがありますが、ここではライトプランの面積金額設定について話ます。 そもそも、 免責金額とは・・・治療1日(回)あたりに決められた自己負担額のことで、保険金は実際の治療費よりこの金額を差し引いた金額に対してそれぞれの補償割合をかけたものになる。 そもそも、免責金額より少額の治療費であれば、保険金は1円も出ない。 入院や手術ならまだしも、ちょっとした通院程度なら、7000円や5000円以上になる頻度というのはそうそう無い・・・。 ということで、この免責金額設定はちょっとハードルが高過ぎる、という印象ですね。 (その分、保険料もガクッと下がるので、この辺は飼い主さんの考えにもよるとは思います。 ) しかも、免責金額の計算方法がちょっと特殊。 ということです。 もちろん、どちらにせよライトプランは免責金額設定が大きいので、ある程度(1万円以上の)高額治療に備える、という前提の方が多いはずです。 なので、あまり気にしなくてもいい部分かもしれませんが、ちょっと特殊なポイントなので、解説をしておきました。 先天性・遺伝性疾患への対応 これは基本編でもそのまま記載してますが、 SBIペット保険は先天性・遺伝性疾患は補償対象外となります。 ここに関しては、 そもそも先天性・遺伝性疾患が補償対象となるペット保険が多くなく、まして保険料がかなりリーズナブルな保険になるので、この辺はしょうがない部分ではあると個人的には思います。 一方で慢性疾患についてはしっかりと対応されるので、 むしろ先天性・遺伝性疾患が補償されないというデメリットにフォーカスするよりは、慢性疾患に対応される、というメリットにフォーカスすべきところ、とも言えますね。 ) 加入者増により、条件については改訂がある可能性あり 最後に、これはあくまでも推測の話なので、現時点ではここまで考える必要なはい、ということを断っておきます。 ただ、一応その他のペット保険の経緯も含めて、あくまで1つの可能性として言っておくと、 SBIペット保険は数年前から本格的にサービスをスタートしたため、今は加入者もそれほど多くな炒め、これから加入者が増えていく中で条件の改訂が行われる可能性は十分考えられます。 加入者増や、保険金の支払い金額が増えることで、新たに条件がついたり、保険金が上がったりすることがあります。 もちろん、これはすべてのペット保険会社に言えることではありますが、SBIペット保険はサービスが始まったのが他のペット保険に比べて最近なので、このリスクは多少他のペット保険よりは高いかな、というところですね。 デメリットを踏まえて総合的にSBIペット保険ってどう? ということで、ここまでSBIペット保険のデメリットについて、私の考えるところで全て挙げてみました。 色々言ってきましたが、これらを踏まえて結論から言うと、 保険料から言って補償内容、つまりコスパはかなり良いペット保険だと言えます。 もちろん、最大のデメリットである、パテラ、歯科治療、椎間板ヘルニアが補償対象外となる、と言ったことや、ライトプランの免責疾病に注意、などはありますが、そこさえ飲み込めれば、 この保険料の水準(免責金額無しのスダンダードプラン)で、これだけ補償のしっかりしているペット保険は無いと思います。 なので、特に保険料は抑えたいけど、ある程度補償はしっかりしたところがいい、という場合には現時点で、かなり優先度の高いペット保険であることは間違いありません。 この辺、以前調べた時には大丈夫そうだったのですが、ちょっとこちらでも一度確認してみようと思います。 >予防接種を受けていても、カリシウイルスや鼻気管支などの風邪を引くことが猫には有ります >それに関しては、保険が使えないことです こちらに関してもそうなんですね^^; まず、予防接種を受けていてもカリシウイルスや鼻気管支などになることがあるとは知りませんでした。 であれば、免責対象にはしてほしくないですよね^^; そこから拗らせた肺炎はアリというのも、まぁ、便宜上どこかで線引きはしないといけないのは分かりますが、 確かに変ですね^^; ということで、慢性疾患の件に関してはまた経過報告をしたいと思います! 非常に貴重な情報ありがとうございました^^ P. 慢性疾患についてですが、実際に現在までのところ適用になった事例はないとのことですが、 将来的にそのような条件がつくようになっていく可能性はあるとのことでした。 SBIペット保険自体がまだ始まって日が浅いということで、不透明なところは多いみたいですね。

次の

ペット保険でトラブルを起こさない為に、値段や口コミ・評判以前に注意すべき点とは

ペット保険 評判

楽天の「あんしんペット保険」はどんなサービス? 自分に合った保険が見つかる4つのプラン 楽天のペット保険では、医療保険と手術保険の2種類から、合計4つのプランを提供しています。 豊富なラインナップの中から、自分にピッタリのプランを見つけることができるので、いろいろな保険会社を比較するのが面倒な方も便利です。 各プランによって特徴や保険料が異なりますので、加入する際は楽天ペット保険の中でもしっかりと比較しましょう。 最短で翌月1日から補償がスタート ペット保険は各社によって申し込みから補償が開始するまでの期間が異なりますが、楽天の場合は クレジットカード決済にすると、翌月1日が契約日(補償の開始日)になります。 病気の場合は30日間、ガンの場合は60日間の待期期間があるものの、ケガは契約日から補償を受けることが可能です。 楽天のペット保険なら翌月からすぐに利用できるので、安心感があるのも飼い主さんには嬉しいポイントと言えます。 全国どこの動物病院でも支払い対象 あんしんペット保険は書類郵送による保険金請求となるため、 どこの動物病院にかかっていても構いません。 現在すでにかかりつけの獣医師を見つけているという方も、動物病院を変える必要はありません。 また、これから動物病院を探すという場合も場所が制限されることなく、どこでも信頼できる獣医師の病院を利用できるので安心です。 申し込みは満11歳未満までOK 楽天のペット保険は 生後31日~満11歳未満までが、新規加入申し込みの年齢制限となっています。 ミドルになっても加入できる保険なので、病気や怪我のリスクが高まるシニアの前に、万が一の備えが行えます。 また、1度加入をすれば 20歳までは更新し続けることができるので、高齢化の進む犬や猫も安心して老後が迎えられます。 ただし現在、病気や怪我で治療を受けている場合には、加入時に条件がつくケースがありますので、なるべく元気な若いうちに加入するのがおすすめです。 保険料の支払いで楽天スーパーポイントが貯まる あんしんペット保険は楽天グループが運営しているため、楽天カードを使って保険料を支払うとポイントが貯まります。 ポイントを貯めたい方は楽天IDが必要になりますので、アカウントをお持ちでない方は 登録してから加入の申し込みを行ってください。 あんしんペット保険の補償を分析! 最も補償が充実している「ペット医療保険L」 通院・入院・手術すべての補償が受けられ フルカバーのペット保険で、免責金額の設定もありません。 その分、楽天のペット保険の中では 最も保険料が高額になりますが、手厚い補償が受けられます。 バランスの良いネット限定保険「ペット医療保険e」 ペット医療保険Lと同じ内容ではありますが、 免責金額として1回あたり7,000円が設定されています。 たとえば治療費の合計が10,000円だった場合、免責金額が引かれた3,000円が補償の対象となるという事です。 軽い怪我や病気などで受診した時は補償が受けられない可能性もありますが、その分保険料が抑えられるため、家計の負担は少し軽減することができます。 このプランはインターネット限定のサービスとなっており、ウェブ上から加入の手続きが必要になりますので注意しましょう。 お手頃価格で通院まで補償「ペット医療保険M」 通院・入院・手術を全体的にカバーできる医療保険のうち、 最もお手頃価格で加入できるプランです。 ペットの年齢や種類によって保険料は変動しますが、1,000円未満の価格で加入することができるため、保険料の負担が心配なご家庭も安心です。 代わりに、 免責金額が1回あたり14,000円と高めに設定されているので、ある程度治療費がかからないと保険金が請求できないというデメリットがあります。 手術に特化した補償を提供「ペット手術保険S」 楽天のペット保険のうち、 手術とそれに伴う入院だけに補償範囲を限定したプランです。 支払限度額は50万円となっていますが、保険金の請求は年2回まで行えるので、 最高100万円まで請求することが可能です。 この手術保険にも免責金額14,000円が設定されていますが、動物の手術・入院は日帰りでも高くなることが多く、あまり心配はいらないでしょう。 これに備える飼い主のための保険が「ペット賠償責任特約」で、楽天では上記で紹介した いずれかのペット保険に加入していれば、有料で付帯することが可能です。 月々80円を保険料に加算するだけで、年間最高500万円まで補償を受けることができるため、ペットが元気いっぱいで心配な飼い主さんや来客の多いご家庭は加入しておくと一層の安心を得られます。 楽天のペット保険の使いづらい点は? プランが多くて選びにくい 4つのプランを提供している楽天のペット保険は、比較しやすいというメリットがある一方、選びづらいという難点もあります。 特にペット医療保険の場合、どのくらいの治療費がかかるのか見当もつかないというご家庭だと、 どの免責金額で加入しておくのが良いのか悩んでしまうでしょう。 楽天のペット保険を検討している方は、月々または年間でいくらまでなら保険料が捻出できるのかしっかりと把握したうえで、より合致するプランを選択することが大切です。 また、ペット保険は年齢が上がるにつれて保険料が高くなりますので、必ず 今後の保険料も確認したうえで比較を行ってください。 窓口清算で保険が適用されない あんしんペット保険は全ての動物病院での治療が対象となる反面、提携の動物病院はありません。 最近、提携の動物病院であれば当日の清算に保険を適用してもらえるサービスもありますが、楽天のペット保険では 当日中に保険を適用することはできないので注意しましょう。 大きな手術や長期入院などで治療費が高額になってしまった場合でも、 一度は飼い主が全額負担しなければならず、経済力に負担のあるご家庭だと少し不安に感じるかもしれません。 終身タイプのようで終身タイプではない あんしんペット保険に加入するためには、満11歳未満(10歳11ヶ月まで)であることが条件になりますが、この年齢までに加入をしておけばシニアになっても更新することができます。 ただし、楽天が終身保険だと謳っていないのには理由があり、 加入後の更新は21歳未満(20歳11ヶ月まで)しかできないためです。 アニコムによる統計「家庭どうぶつ白書2019」によると、犬の平均寿命は14. 0歳、猫の平均寿命は14. 2歳となっているため、大きなデメリットではありません。 しかし昨今、ペットの平均寿命が伸びており、20歳以上まで長生きするケースも増加傾向にある事を考えると、 終生安心と言い切れないのはやや不安に感じます。 サービスが変更・終了することも多い 楽天ではこれまでにも「もっとぎゅっと新ワンニャン保険」「ペット保険(ワンニャン)」「ペット保険(一律型)」など様々なペット保険を販売してきました。 これらの保険はどれも販売が終了しており、 常に新しいサービスへとリニューアルされていることが分かります。 常に改善を図り、より良いペット保険を提供する姿勢は素晴らしいですが、加入した後により良いペット保険が提供される可能性もあるという事です。 サービスの変更はどの保険会社でも行われる事ではありますが、 商品として販売が終了したり、既存の加入者が新たなメリットを受けられなくなることを考えると、今楽天のペット保険に加入すべきなのか悩んでしまうでしょう。 利用者の評判は良いの?飼い主の口コミ調査結果を発表! 良心的な保険料に飼い主が大満足 楽天のペット保険に加入している飼い主さんからは、特にコストパフォーマンスの高さに良い口コミが寄せられています。 他社に比べて保険料がお手頃でありながら、十分な補償の金額が設定されているため、安心して継続することができます。 また、あんしんペット保険は更新時の保険料の値上がり幅が少なく、歳を重ねても家計の負担になりにくいという点をメリットに感じているようです。 初めてペット保険に加入される方、できるだけ費用を抑えて加入をしたい方にとっては、選びやすい保険会社と言えそうです。 免責金額があるプランは請求時に注意を 飼い主の口コミの中で、特に評判が悪かったのは免責金額とその保険金請求に関する点でした。 ペット医療保険L以外のプランにはすべて、 免責金額が設定されているので、それ以上の医療費にならないと保険を使うことができません。 楽天の中で保険料が最安値のペット医療保険Mは魅力的ですが、請求できるケースが少なくなるという点も理解しておきましょう。 また、 免責金額は受診1回ごとに適用されるので、たとえば同じ病気・ケガのために連続して動物病院に行った場合でも、1回ごとに免責金額が差し引かれてしまいます。 免責金額が設けられている他のペット保険では、連続した受診に対して1回分だけ適用されるサービスも存在する事を考えると、楽天はやや使いづらさを感じるでしょう。

次の