タイピング練習 マナビジョン。 毎日タイピング練習

ブラインドタッチ練習方法|1日でマスターできる方法完全公開

タイピング練習 マナビジョン

タイピング練習はいつから? 必要になってから、もしくは ローマ字入力ができそうだなと思う年齢になってからがおすすめです。 タイピング練習をそろそろと思うようになったのは、子どもが小1になって進研ゼミのチャレンジイングリッシュをはじめたから。 パソコンでアルファベットの文字が素早く打てたらいいなぁという状況になったからです。 特に必要がなかったとしても、進研ゼミ小学講座の会員が使えるチャレンジウェブに小3対象のタイピングゲームがあるので、 小3には、はじめた方がいいのではないかと思います。 (学校の授業でもパソコンを使うので) 無料のホームポジションの位置・ローマ字表・キーの使い方早見表 まずは、いつもお世話になっている無料の「ちびむすドリル」から下の3つをカラーで印刷。 いつでも取り出せるようにしておき、タイピング練習の時に、シートごとファイルから外し、パソコンの横に並べています。 無料のタイピング練習サイト 富士通のFMVキッズ 子ども向けの無料タイピング練習サイトはたくさんありますが、私は ゲーム色が濃く速さを競うものより、指使いをしっかり学べる落ち着いたサイトからはじめることにしました。 子どもは「パソコンのタイピング練習」というだけで、ゲーム感覚になって十分喜びます。 この富士通のものが、少しずつ練習出来ておすすめです。 まずは人差し指から。 入力ミスをすると、ブッという音が出て、画面の白い部分がピンク色になります。 キーを離すとすぐに戻ります。 時間制限がないので、慌ててめちゃくちゃ入力するということもないのでおススメです。 前よりミスが減り、入力時間が短くなったら「良かったね~」と言うと喜びます。 言葉や文の入力練習もできます。 短文「元気が出る言葉」「健康のことわざ」「数のある言葉」 長文「日本の昔話」「名文書き出し」「料理のレシピ」 退屈しなさそうです。 テンキーの入力練習までできます! ちょっと面白い言葉のタイピング練習もあります。 「生気の抜けたような」…えらく文学的。 言葉や漢字の読み方の勉強にもなりそうです~! チャレンジウェブ(進研ゼミ小学講座の会員サイト)のタイピングゲーム ある程度、富士通のFMVキッズで指使いを覚えたら、こちらのゲームをさせてみました。 時間制限がありますが、楽しそう! やっぱり急ぐと、指使いなんてどうでもよくなり、とにかく人差し指だけででも、入力したくなるようです。 検定対策に中学や高校でも使われているようです。 自分で時間設定をして、取り組むことができます。 見やすい画面で「時間内に早く」をメインにしたい大人ならこれが良いと思います。 ただ、うちの子は時間内に出来ないと機嫌が悪くなるので、あまり使っていません。 ということで、 富士通の「FMVキッズ」が一番オススメです! 一度、試してみてください~。 shimausj.

次の

毎日タイピング練習

タイピング練習 マナビジョン

タイピングが練習できるサイト ブログ運営の成功は、執筆を毎日の習慣にすることが必須です。 そのためにはまるべく『がんばってやる要素』を少なくするのがコツ。 習慣化は 『 歯磨きと同じような感覚でできるようにせよ』 と言います。 歯ブラシを持ったら自然に手が動きますよね。 キーボードに手を乗せたら滑らかに手が動く……そんなふうにしておきましょう。 このサイトって非常に古いのではないでしょうか。 僕が学生時代にも見かけたことがあるように記憶しています。 賑やかなサイトですが、赤枠のところにある三種類のボタンからスタートです。 『通常Play』『静かにPlay』『ふりがなつきPlay』から選べます。 回転寿司でネタが回ってくるんですが、それと一緒に問題が表示されるのでタイプします。 かなり簡単なところからスタートできます。 ランキングがありますから、自分のレベルや成長が分かります。 myTyping(マイタイピング) とても楽しい雰囲気のサイト、『』です。 『定番のタイピング:タイピング診断』のところからスタートします。 問題レベルは初級編といった感じです。 『5月のタイピング診断』とありますから、毎月違った問題に挑戦できるようです。 ここは結構 レベル高いです。 毎週火曜日に内容が更新されるそうなので、繰り返し訪れて練習することができますね。 マナビジョン(Benesse) 次は『』というサイトです。 Benesseのサイト内にあるだけに、さまざまなタイピング練習ができます。 普通のタイピング練習をしたければ、 『タイピングの基礎練習』の『日本語入力』を選べば良いでしょう。 こんな感じで表示された文字列をタイプしていきます。 『e-typing』と似た感じですね。 成績も詳細な分析結果が表示されます。 『e-typing』より少々判定が厳しいように見えます。 Benesseのサイトだから職業訓練的にも使えるように設定されているのかもしれません。 これこそブロガー御用達の練習サイト ここで、 「あ! これこそブロガーのタイピング練習に最適では?」 と思われる練習サイトを見つけました。 『タイピングの基礎練習』の下に『タイピングを使った学習』という項目があります。 そこにある 『国語問題』です。 かわいいビジュアルですが、なめてかかってはいけません。 『国語問題』ではこんなことをさせられます。 出題されている文字列をタイプするのではなく、問題の回答をタイプするんです。 問題を読み、回答の選択肢から選び、そしてタイピング、です。 しかし、このサイトは 頭を使いながらタイピング速度を速めることができる練習サイト、というわけです。 YouTubeの動画に合わせてタイピング練習をするサイトです。 こんなラインナップでタイピング練習ができるんですよ、ワクワクしますよね! タイピング練習の沼?! 試しにKing Gnuの『白日』をチョイス。 む、むずかしい! しょっぱなから速すぎて全然曲についていけません。 これ、できてる人、いるんでしょうか……。 あ、星野源さんの『うちで踊ろう』がある! これならできるかも……? う……こんなにゆっくりな感じの曲なのに……。 惨敗です……。 楽しく練習、楽しく習慣化、と考えている方は多いんですね!.

次の

【子供向け】はじめての無料タイピング練習・ゲームのまとめ

タイピング練習 マナビジョン

データ入力の仕事では、タイピングスピードが効率を高めるための重要な要素となります。 タッチタイピングに慣れることで、入力のストレスが解消されます。 そしてデータ打ち込みをこなす時間も大幅に短縮されるので、時間当たりの報酬も倍増します。 入力をスムーズに進めるためには、タイピング技術の向上が必須です。 オンライン上では、様々なタイピング練習サイトが存在しています。 空いた時間を見つけて、タッチタイピングを習得してみましょう。 タイピングスピードの目安は? 引用元: 自分の入力スピードがどれくらいなのかは、気になるところです。 「他の人はもっと速い?自分のスピードは仕事において評価されるレベル?」そんなふうに気にしている人も多くいます。 たとえば 日本情報処理検定協会の日本語ワープロ試験では、10分間における日本語の入力スピードを以下のようにクラス分けしています。 4級:200文字以上• 3級:300文字以上• 2級:500文字以上• 1級:700文字以上 この入力スピードは 、試験問題を単純にタイプするスピードを計測するだけなので、仕事上の業務には適用されないスピードと言えます。 自分で文章を考えながら打つ場合と、単純に指定された文字を打つ場合では、基本的に全く別のスピードとなります。 仕事における考えながら日本語入力の目安は、10分間でおおむね以下のように考えておきましょう。 80~100文字: タッチタイピングの練習が必要。 業務では支障があるレベル。 100~120文字: たまにキーボードを見ながらタッチタイピングが可能。 業務では差支えのないレベル。 120~150文字: キーボードを全く見ないでタイピングが可能。 業務において優良なレベル。 180文字以上: タイピングのスペシャリスト。 プロのライターのレベル。 入力スピードをチェックする練習サイトなどで自分の入力スピードを計り、練習を繰り返してタイピングに慣れて行きましょう。 タイピングの練習サイト 引用元: 様々な練習サイトがあるので、自分に合ったサイトを選んでみてください。 過去のスピードと比較できるようにユーザー登録などをしておくと、スピードの向上がよく分かるようになり、意欲も増します。 初心者お勧めMyTyping 可愛いヒヨコのキャラクターが可愛らしい、 初心者にお勧めのMyTiping は、60秒で簡単診断が表示されるので、練習しやすいサイトです。 タイピングレベルをざっくりと判断してもらい、ミスの多い文字についても教えてもらえます。 たとえば「左手小指の特訓をお勧めします!」といった 簡単なアドバイスも表示されるので、 タイピング向上の課題が分かりやすい作りになっています。 1秒間に打てる文字数や、正誤率、打鍵数をチェックしたら、ランキングに登録して、 自分のスコアがどのくらいの位置にくるのかをチェックしてみましょう。 ランキングの上位を狙いながら、空いた時間に遊びの感覚でタッチタイピングの練習に励んでみてください。 e-typingでローマ字タイピングを練習 e-typingサイト でも、短時間で簡単なレベル測定が可能です。 e-typingでは、 1分間に単純に何回キーボードを打ったかを知ることが出来ます。 これをWPNと呼びます。 データ入力で必要な目安なら、WPNは300前後です。 また、正確率 正打率 や苦手なキー よく間違えるキー も表示されるので、誤入力を減らしながらタイピングを練習する上でも役立ちます。 タイピング練習のマナビジョン 5分間の入力スピードを、 P検定タイピングの基準で確認できるサイトが、タイピング練習 です。 このサイトで 5分間の入力をやってみると、意外と集中力が必要なことに気づきます。 単純にタイプだけを5分続けるだけでも、スピード以外にも 集中する能力も必要なので、 「なかなか仕事に集中できなくて困っている」と感じている人には、いい練習になります。 入力した文字数と共に、正しいタイプ率 正打率 も分かるようになっています。 また、検定を受けた場合のレベルについても表示されているので、何度も練習をしてレベルを上げていくことで意欲も増します。

次の