那覇頭痛。 緊張型頭痛のセルフ筋膜ケア

頭痛の治療・原因解決なら 沖縄県の頭痛外来【頭痛専門 まるかみ整体院】

那覇頭痛

来院前は、どのような痛みがありましたか? 20年以上前から、ズキズキと痛む片頭痛がありました。 光や音に敏感で、動かすと痛みが強くなりました。 痛みが出ると、数日続き家事をするのも大変で寝込む時もありました。 痛みが出た時、今までどうしていましたか? 市販の薬や、病院で処方された薬を飲んでいました。 病院でのMRI検査も異常がなく、薬に頼る日々でした。 当院の治療を受けてどうなりましたか? 一回目の治療が終わると、頭がスッキリして痛みがなくなっていました。 敏感だった光や音にも反応することがなくなり、痛みが出なくなりました。 頭痛に悩む方にアドバイスをお願いします。 頭痛はとても辛いです。 悩まれている方がいましたら是非一度、上原先生の治療を受けてみてください。 (豊見城市 M. 来院前は、どのような痛みがありましたか? 緊張型頭痛と偏頭痛が約10年前から毎日のようにあり、歳を重ねる事にだんだん頭痛がひどくなっていました。 痛みが出た時、今までどうしていましたか? 痛みがよく出るので、痛み止めの薬を常に持参していました。 休みの日は、寝込むような状態で頭痛に悩まされていました。 当院の治療を受けてどうなりましたか? 首コリもとれて、頭痛の回数も減り、頭痛に悩んでいたころとは違って元気になりました。 こんなに早く頭痛が治るなら、もっと早く知りたかったです。 頭痛に悩む方にアドバイスをお願いします。 痛み止めを常用するよりも、 まるかみ整体院での治療の方が断然違いを感じました。 薬物乱用頭痛になる前に早めに試した方がいいです。 来院前は、どのような痛みがありましたか? 中学の頃から偏頭痛があり、天気が悪くなるとズキズキしたり、目の奥からのズキズキ。 一生付き合っていかいといけないのかと思っていました。 痛みが出た時、今までどうしてい ましたか? 週に3〜4日、ひどい時は1日に2、3回市販の薬を飲んで横になっていました。 当院の治療を受けてどうなりましたか? 明らかに薬に頼る日が減りました。 詰めて通えばもっと早く良くなると思いますが、間違いなく良くなっていると思います。 その他のご意見やご感想があれば、お書きください。 優しい施術で薬に頼るほどの頭痛がなくなったのが不思議です。 いつもありがとうございます。 来院前は、どのような痛みがありましたか? 頭全体が締め付けられる感じでした。 更年期だと諦めかけていました。 痛みが出た時、今までどうしてい ましたか? 痛み止め等、アレルギーがあるため、ひたすら我慢していました。 我慢も限界になり当院にきました。 当院の治療を受けてどうなりましたか? 来院時も頭痛がありましたが、初回の施術で症状が軽くなり、視界もはっきりして感動しました。 その他のご意見やご感想があれば、お書きください。 毎日笑顔で過ごせる様に。 頭痛の原因を取ることが大切。 日だまりショットを受けて、生活向上してみては!?。 来院前は、どのような痛みがありましたか? こめかみ部分と首の後ろが痛み、毎日頭が重たく頭痛が続き、朝も全然スッキリしない日が続いていました。 痛みが出た時、今までどうしてい ましたか? 痛みのある部分を自分でマッサージしたり、市販の頭痛薬を飲んだり、我慢をしていました。 当院の治療を受けてどうなりましたか? 治療を受けるにつれ少しずつ痛みも軽くなり、痛みがない日もあり、頭痛薬をほとんど飲まなくなりました。 その他のご意見やご感想があれば、お書きください。 体の状態なども細く教えてくれたり、家庭での対処法などの質問にも丁寧に答えてくれとても助かっています。 頭痛で悩んでいる方、ぜひオススメします。

次の

片頭痛(偏頭痛)に関連する診療科の那覇市の病院・クリニック一覧

那覇頭痛

皆さん、頭痛に悩まされたことはありませんか? 実に日本人の4人に1人(約3千万人)が頭痛持ちといわれています。 頭痛は基礎疾患の有無で、『一次性頭痛』と『二次性頭痛』の大きく二つに分けられます。 『二次性頭痛』は、生命を脅かしかねないクモ膜下出血などの脳卒中や脳腫瘍、髄膜炎などが原因で起こる頭痛で、意識障害や半身まひ、言語障害などの症状を伴うことが多く、専門的な医療機関での治療が必要になります。 もう一つの『一次性頭痛』は、基礎疾患がなく慢性的な経過をたどることの多い頭痛で、外来で相談を受ける大部分を占めます。 こちらでは『一次性頭痛』の分類・特徴を述べたいと思います。 片頭痛 頭痛といえば『片頭痛』というくらい、頭痛の代名詞にもなり一般にも広く浸透している頭痛で、月に数回ズキンズキンと脈打つ痛みがまるで『カタブイ(夕立)』のように起こります。 中には光や音、においに過敏になったり、ギザギザした光が見えたり、肩こりや吐き気などの前兆を伴う方もいらっしゃいます。 階段の昇り降りや体を動かすととてもつらく、部屋を暗くして寝込みたくても学校や仕事を休む訳にもいかず、市販の頭痛薬でお茶を濁している方が多いのが現状です。 楽しみにしていた週末や旅行の出発寸前に痛くなり、予定がキャンセル、なんていうことを経験されてはないでしょうか。 治療としては、予防薬と頓挫薬(発作時に飲むお薬)の二本柱で治療するのが一般的になりつつあります。 片頭痛が長期化すると脳が過敏状態になり、めまいや耳鳴りなどの症状も伴ってくるといわれていますので、脳の過敏性を鎮めるお薬や血管を拡げるお薬を内服することで頭痛発作が起こりにくくなるように予防し、発作の頻度や強さを軽減するのが目的です。 日頃から予防薬を内服しながら、頭痛発作に対してはピークに達する前に特効薬のトリプタン製剤という頓挫薬で対応することで、速やかに発作を鎮静化します。 当院では、頭痛ダイアリーを用いてご自身の片頭痛のパターンを把握して頂くことにより、日々の生活に支障を来たさないような生活習慣のアドバイスや服薬指導を行っております。 緊張型頭痛 『孫悟空の頭の輪っか』のようにハチマキで締め付けられるような痛みとか、重く鈍い痛みと表現されます。 パソコン業務や前かがみの時間が長い仕事のように、長時間同じ姿勢を続けることで首や肩のコリが慢性化し、寝込むほどではありませんが、梅雨空のように常に頭がスッキリしない頭痛です。 ストレスや過労も原因となりますので、1日のうちでは午後から夕方に、1週間でみると週末に症状が強く出るのが特徴です。 後頭部から首・肩にかけての筋肉が慢性的に緊張していることで頭痛が起こりますので、姿勢を正したり、筋緊張をほぐすことで症状が和らいできます。 パソコンに向かう時間が長い方は1-2時間に1回5分程度、肩甲骨周囲をほぐすようなストレッチを行いましょう。 筋緊張が強い方(石のように硬い方もいらっしゃいます)はなかなかご自身でほぐすことは難しいと思いますので、筋緊張を緩和し血行を改善させる作用のあるお薬を内服したり、リハビリのホットパックで温めたり、電気治療を利用することでリラクゼーションすると効果的です。 群発頭痛 年に数回から数年に1回くらい、激しい頭痛が連日のように1-2ヶ月続きます。 発作自体は2-3時間と短いのですが、一次性頭痛の中では最も激しい頭痛で、転げまわったり、のた打ちまわる程の痛みがあり、『目の奥からかきむしり取られるような』という表現をする方もおられます。 男性に多く、いつも決まった側の目の奥が強烈に痛むのが特徴で、同じ側の目から涙を流したり、目が充血したり、鼻水・鼻づまりなどの症状が現れます。 夜間の発作が多く、アルコールを摂取すると発作を誘発するという特徴もあります。 後頭神経痛 後頭部から側頭部・頭頂部にかけて、皮膚の表面がピリッとした次の瞬間には痛みが止まる特徴があり、痛みの持続時間は数秒間で、だらだらと持続的に痛みが続くことはありません。 痛みと痛みの間には、間欠期といって痛みのない時期が必ずみられます。 髪の毛を触るだけでビリビリ痛みを感じることもあります。 神経痛の仲間なので抗てんかん薬が有効ですが、眠気が出やすいのが難点です。 肩こりや疲労・ストレスの蓄積が原因のこともありますので、後頭部から首・肩にかけての筋肉をほぐしたり、疲労・ストレスの解消を試みましょう。 薬剤誘発性頭痛(薬物乱用頭痛) 以上の頭痛に対し、頭痛薬を頻繁に飲んで痛みを抑えることを繰り返していると、痛みに対し敏感になって頭痛薬が手放せなくなり、毎日のように頭痛が誘発されるようになります。 頭痛信号をキャッチしたら、ひどくなる前に早め早めに頭痛薬を飲む習慣が身に付き、頭痛薬に心理的に依存するようになるため、慢性的な頭痛に陥るようになります。 この状態を『薬剤誘発性頭痛(薬物乱用頭痛)』といい、月に10回以上、3ヶ月続けて頭痛薬を飲んでいらっしゃる方は、一度相談されることをお勧め致します。 朋友クリニック 〒901-0243 沖縄県豊見城市上田1-17 1F TEL 098-840-2288 Copyright Hoyu Clinic All Rights Reserved.

次の

那覇市

那覇頭痛

あらゆる症状には必ず原因があります。 その原因を明確にしていくためにも、しっかりと問診、動診を行います。 お客様にも現状の体の状態を把握してもらい、骨格のバランスが原因なのか、筋肉の緊張からなのか、神経系からの影響なのか、あらゆる視点から現状分析し、骨盤調整、関節可動域を広げるための調整、筋肉 表層筋、深層筋 へのアプローチなど、症状に合わせた『あなただけ』の施術をおこないます。 私たちは常にお客様に寄り添い、訴えている症状、求めている効果にお答えできるよう日々精進していく所存です。 体の不調でお困りの場合はお気軽にご相談ください。 頭痛 当院ではこんな症状の方がお見えになります。 ・ 頭がズキズキする ・ 締めつけられるような痛み ・ 頭の片側に痛みを感じる ・ 目の奥が痛む ・ 吐き気を催す など 『緊張型頭痛』 頭全体が重くなって圧迫されるような、締めつけられるような痛み、デスクワークや長時間前かがみの姿勢を続けたり、パソコン、スマートフォンを長く見続ける人などに多く見られます。 その他、目の疲れによっても起きてきます。 『偏頭痛』 症状としては、ズキンズキンという拍動性の痛みが頭の片側(ときには両側)に起こります。 痛みの原因は血管の周囲の神経が炎症をおこしたり、血管が異常に拡張するためと考えられています。 ひどい場合は、吐き気を伴い、光がまぶしく感じたり、音にも敏感になります。 00 ゴッドハンドです 整体ひやねさんに定期的にお世話になっています。 かゆいところに手が届くのはもちろん、かゆくなりそうなところにも施術が行き届くので心地良い時間が過ごせてます。 施術後は、全身が軽くなり頭や目元まですっきりして視界が広がったようになり、世の中が明るく見えます。 身体中の細胞が喜んでる感じです。 今の体調にあったストレッチも教えて頂けるのでぜひお勧めです。 眼精疲労 当院ではこんな症状の方がお見えになります。 ・ 目がしょぼしょぼする ・ 目のかすみ ・ 目がごろごろする ・ 目が乾く、涙が出る など 目の焦点調整をつかさどる筋肉を毛様体筋といいます。 遠くのものを見ているとこの筋肉はリラックスしていますが、近くのものを見るときはストレスがかかっています。 テレビやパソコン、スマートフォンを長時間見続けることにより毛様体筋が疲れてしまい、目がしょぼしょぼしたり、ピントが合いづらくなったりと様々な症状があらわれます。 寝違え 痛みの原因については諸説ありますが検査や画像でとらえられるような変化がないのが一般的なため、正確な原因がわからないといわれています。 朝起きると突然首が痛くてまわせない、動かせない、首から背中にかけて痛みがある。 などの症状が一般的です。 考えられるのは、寝ている間の姿勢や激しいスポーツ、労働による肉体の疲労、長時間の同じ姿勢での筋肉の緊張などが考えられます。 肩こり 四十肩・五十肩 当院ではこんな症状の方がお見えになります。 ・ 肩が痛い、だるい ・ 何かが乗っているように重い ・ 無意識に肩に力が入る ・ 腕を上げると痛い ・ 腕を後ろにまわせない など 頭の重さは5kg~6kgにもなります。 そんな重い頭を支えているのが首と肩です。 日本人は頭が大きいわりに首から肩の骨格や筋肉がきゃしゃにできているため肩こりを起こしやすいといわれています。 肩こりの原因は人によってさまざまです。 主な原因は、長時間同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレスなどがあげられます。 四十肩・五十肩は肩の関節にある「腱板」という組織が炎症を起こし「関節包」 関節を囲んでいる袋状のもの に広がることで起こります。 年齢を重ねると肩の関節がスムーズに動かなくなることがあり、40代・50代にこのような症状が多くみられることから「四十肩」「五十肩」と呼ばれています。 肩こりと付き合ってきた私でしたが、整体ひやねさんへ通うようになってからは自分自身の身体への【気づき・発見・変化】が一番嬉しいです。 【最近は緊張が続いていたからこの部位を意識しよう】と、頑張り過ぎる自分をダメだと思わず、頑張ったね〜と 自分自身に声をかけて優しくなっています。 整体中の会話からも気づきがとても多く、心まで風が通るような気持ちになれるオアシスな空間です(^^) 今では、無理なく自然体になれて上手にエネルギー発散できているような感覚です。 ・ じっとしていても痛む ・ 背中が曲がってきた ・ 体を動かすときに腰が痛む ・ お尻や脚が痛む、しびれる ・ 長く歩くことができない など 腰痛の主な原因として考えられるのが、デスクワークや立ち仕事など同じ姿勢が続いた、重たい物を持つ、中腰の姿勢が続いた、背骨、骨盤のゆがみ、急な激しい運動、心身的ストレス、冷えなど日頃の生活習慣が影響していることが多いです。 ぎっくり腰 急性腰痛症 は、物を持ち上げたり、かがんだり、ささいなきっかけでぎっくり腰はすぐに起こります。 慢性的に腰痛がある場合は特に注意が必要です。 これを繰り返してしまうと、骨が変形して神経を圧迫するようになります。 その結果、ヘルニアへ悪化してしまうおそれがあるのです。 00 ヘルニア、ギックリ腰は絶対ココ! 高校の時からもう10年以上通ってます。 ギックリ腰で立てなくなった時に、筋肉のほぐしと細かい骨の調整をしてくれて、終わる頃には嘘みたいに痛みが 和らいで歩けるようになりました。 00 スッキリしました 友達に紹介してもらって初めて訪れた日から数回通っている者です。 片足の痺れが長引いて辛かったのですが3回目ほどでほぼ痺れも取れスッキリしました。 他の整体とはかなり違った施し方に驚きsました。 定期的に通いたいと思ったので 口コミさせていただきました。 骨盤矯正 骨盤の歪みの原因は様々です。 妊娠出産だけでなく、運動不足や姿勢の悪さ、仕事での同じ動き、生活習慣も関係しています。 骨盤は体にとっての土台です。 その土台が崩れてくると上半身や下半身で崩れを補おうと筋肉の筋緊張が強くなり、余計に体のバランスが崩れてしまいます。 頭痛、首コリ、肩こり、腰痛、冷え、むくみなどあらゆる症状は骨盤の歪みが原因なんてことも考えられます。 比較的多い骨盤の歪みは『前傾』『後傾』『左右のゆがみ』があります。 【前 傾】 背中の張り、反り腰、便秘、生理痛など 【後 傾】 首こり、猫背、下腹が出る、お尻が垂れるなど 【左右の歪み】 肩こり、腰痛、腰のくびれの高さが異なる、 冷え、むくみやすいなど 骨盤矯正で改善できること ・頭痛、首こり、肩こり、猫背 ・腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、ひざ痛 ・冷え、むくみ など 骨盤を正しい位置に導くことによって体の土台が安定し、筋肉の筋緊張が緩み、体全体の血のめぐりもスムーズに行われ、痛みなど不調の改善へと繋がっていくのです。 子ども整体 ・ 部活でよくケガをする ・ 体がかたい、痛みがある ・ 頭痛がする ・ 体のゆがみが気になる ・ スマホなどの影響で姿勢が悪い など 子供の成長は女子で16歳まで、男子で18歳まで、まれに20歳まで成長するといわれています。 そんな成長段階の子供たちの部活動や家での過ごし方、姿勢など気になることも多いとおもいます。 特に部活動に所属している場合は、練習や試合、筋トレなどで体のゆがみやケガなど、様々な症状があらわれるとおもいます。 ケガや、姿勢の悪さ、骨格のバランスが崩れた状態のまま筋肉が発達していくとさらに体のバランスが崩れてしまいます。 そうならないためにも普段からお子さんの訴えている症状や姿勢などを親御さんが意識して気にかけてあげることもとても大事なことです。 子供にとって、『整体は何をされるかわからないから不安』と思う子も多いとおもいます。 ご安心ください。 当院ではボキボキ鳴らすような施術はしません。 お子さんの施術中は親御さんも一緒に隣で見学ください。 お子さんの症状に対する原因や普段の姿勢、部活動など、お聞かせください。 正しいストレッチ、筋トレ、体操、アドバイスもおこないます。 未来ある子供たちのために少しでもお力になれるようサポートいたします。

次の