ブラック バーニング マジック。 マジック (バンド)

黒・爆・裂・破・魔・導

ブラック バーニング マジック

しかしエクスチェンジで奪った死者蘇生で蘇生、キングス・ナイトの能力で絵札の三銃士が出揃う。 その後、オシリスの生贄になる。 魔法 互いのプレイヤーは互いの手札からカードを1枚ずつ選び交換する マリクの魔法カード・左腕の代償で手札に死者蘇生を加えた時に発動。 遊戯は融合解除を渡し、マリクの死者蘇生を奪いとる。 攻撃せず このカードと、蘇生したクィーンズ・ナイトでジャックス・ナイトをデッキから召喚。 早くも遊戯の優勢か…? その後、オシリスの生贄になる。 遊戯はこのカードで攻めればマリクに大ダメージを与えられるバズであったが、マリクのリバースを警戒し攻撃をしなかった。 その後、オシリスの生贄になる。 Lv10 AT X000 DF X000 Everytime the opponent summons creature into the field. the point of the player's card is cut by 2000 points. X stand for the number of the player's cards in hand. サンダーフォース 召雷弾 絵札の三銃士を生贄に召喚。 マリクの魔法カード・天よりの宝札で召喚時の遊戯の手札は6枚なのでオシリスの攻撃力は6000ポイント。 遊戯はマリクの守備モンスターに攻撃するが、マリクの罠カード・暗黒の魔再生で不死鳥形態のラーの翼神竜を召喚され、攻撃は吸収されてしまう。 召雷弾も通用せず、ラーの反撃で攻撃力6000のラーはあっけなく倒されてしまう。 それと同時に遊戯の場のモンスターは空に… その後死者蘇生で復活し、遊戯のオベリスクの盾となってラーの攻撃を免れる。 魔法 悪魔の聖域 デビルズ・サンクチュアリ にメタルデビルを出現させる。 メタルデビルの維持コストを毎ターン1000ポイントとする。 日本語訳:悪魔の聖域・神殿。 海馬が対ラー用に用意したカード。 イシズ、モクバに心動かされこのカードを遊戯に渡す。 遊戯は何の迷いもなくデッキに投入。 デュエル中盤、遊戯はラーの前にオシリスは粉砕、フィールドは空の状態でターン終了を迎えようとしていた。 追い討ちをかけるようにマリクの罠・ゾンビの宝石でマリクの手札に死者蘇生が戻る。 このままだと次のマリクのターンでラーが復活し遊戯の負けが確定してしまう。 しかしゾンビの宝石は遊戯にカード1枚ドローを許す。 遊戯は引いたカードを 見ずにフィールドに伏せる。 メタルデビルにはライフを1残した闇マリクの姿が映し出される。 メタルデビルは相手プレイヤーを映し出し、相手のライフポイントを攻撃力とする。 このトークンに攻撃すると相手がダメージを受けてしまい、マリクの負けが確定してしまう。 ラーはすでに攻撃宣言をしている。 メタルデビルへの攻撃は避けられない!遊戯の勝ちは確定したか……? その後、遊戯は攻撃力1のメタルデビルの維持コストを払い、増殖で分裂、これを生贄に第2の神・オベリスクの巨神兵を召喚する! デビルズ・サンクチュアリは神を封じ、神を呼ぶカードなのだ。 罠・魔法 融合モンスター1体を分離させ このターンの攻撃を無効化する エクスチェンジでマリクの手札へ。 その後、ONE TERN KILLで闇マリクと「融合」したラーの、止まらない攻撃を止める。 闇マリクとラーは再び分離し、マリクのライフは4700まで回復する。 魔法 テキストなし 効果:攻撃力500以下のモンスターを増殖する 攻撃力1のメタルデビルトークンを3体に分裂。 これを生贄に第2の神・オベリスクの巨神兵を召喚する。 Lv10 AT 4000 DF 4000 The Player shall sacrifice two bodies to God of Obelisk. The opponet shall be dameged. And the monsters on the field shall be destroyed. ゴッド・ハンド・クラッシャー ゴッドハンドインパクト 特殊能力使用時 メタルデビルトークン3体を生贄に召喚。 前のターンにラーは墓地に舞い戻った為、マリクのフィールドは空。 マリクへのダイレクトアタックが成功する! これでマリクのライフは4700から700に。 しかし、闇マリクは不敵な笑みを浮かべる。 表マリクの精神が大幅に削られ、罠カード・メタル・リフレクト・スライムを発動されてしまう。 メタル・リフレクト・スライムによってオベリスクをかたどったスライムトークンが立ちはだかる。 神・スライムはさらにリバイバルスライムと融合し、何度でも再生する不死なる壁となる。 その後のマリクの奇襲攻撃に対し、遊戯は魔法カード・ソウルテイカーを使うことで、マリクのモンスター2体の融合体である神・スライムを生け贄に、オベリスクの巨神兵はソウルエナジーMAXになる!! 特殊能力で攻撃力は無限大であるにもかかわらず、ラー翼神竜はオベリスクの特殊能力は通用しなかった! ラーの反撃に、遊戯は魔法カードの効果でオベリスクを生け贄にし、攻撃をかわす。 その後魔法カード・ディメンション・マジックにより特殊召喚されたブラック・マジシャンとの連携攻撃でラーの翼神竜を倒す。 魔法 敵・味方を問わずモンスターの魂を蘇生させ味方にすることができる ラーの翼神竜のゴッド・フェニックスをこのカードで墓地からオシリスの天空竜を蘇生させることにより切り抜ける。 そのプレイヤーは1000ポイントのライフを得る このカードでマリクの神・スライムを生贄にする。 そのモンスターの魂はオベリスクの巨神兵に……! 魔法 フィールドに魔術師がいる時 モンスターを2体生贄に捧げ 手札より魔術師を1ターンのみ特殊召喚できる。 このターン魔術師の連携攻撃によってモンスター1体を破壊する。 ラーの攻撃の対象になったオベリスクと幻獣王ガゼルを生け贄に捧げ、ブラック・マジシャンを特殊召喚。 ブラック・マジシャン・ガールとの連携攻撃でラーの翼神竜を倒す。 ブラック・マジシャン・ガールとの連携攻撃でラーの翼神竜を倒す。 この時、生贄となっている表遊戯が闇に喰われていく!マリクの闇のゲームが始まったのだ……!! さらにターン終了時に手札を1枚捨て、このカードを守備表示にした。 捨てたカードは…… ラーの翼神竜!マリクは死者蘇生待ち状態に! その後、このモンスター自身はクィーンズ・ナイトに難なく倒される。 その後ラーの翼神竜に吸収されラーの攻撃力は1700ポイントアップする。 魔法 手札をすべて墓地に置く デッキから魔法カードを1枚選んで手札にする このカードで手札に死者蘇生を加え、墓地のラーの翼神竜を蘇生させONE TURN KILLを狙うが…… 魔法 敵・味方を問わずモンスターの魂を蘇生させ味方にすることができる このデュエルのキーカード。 サポートカードの効果で何度も使われることになる。 マリクの魔法カード・左腕の代償で手札加えるが、遊戯の魔法カード・エクスチェンジにより奪われる。 遊戯はクィーンズ・ナイトを蘇生し、このカード自身は遊戯の墓地へ送られる。 しかしマリクは罠カード・暗黒の魔再生で、遊戯の墓地にあるこの死者蘇生を使用。 ラーの翼神竜を蘇生させる! 更に罠カード・ゾンビの宝石で、遊戯の墓地にある死者蘇生をマリクの手札に戻し、再び使用!ラーの翼神竜は再び墓地から舞い戻った! 魔法カード・魔法石の採掘の効果で、またしてもこのカードはマリクの手札へ。 ラーの翼神竜を3度目の蘇生である。 魔法 互いのプレイヤーは手札が6枚になるようにカードを引く 神のカードが手札に来ない遊戯へのプレゼント。 マリクは遊戯の神など恐れていないのだ。 と言うマリク自身も魔法カード・左腕の代償の効果で手札は絶望的に少ないので、かなり得しているわけだが。 罠 敵モンスターが攻撃した時に発動。 相手の墓地にある魔法カードを使うことができる。 ターン終了後そのカードを相手の墓地に戻す。 相手の墓地から魔法カードを再生するカード。 海馬曰く「死者蘇生」はデッキに1枚しか入れることは許されない… だが…あの恐るべきカードがあれば… 相手の墓地に眠る「死者蘇生」を 何度でも手札に呼び戻すことができる!! 正確には即座に使用だが 遊戯のオシリスの天空竜の攻撃宣言に合わせ、マリクはこのカードを発動!ラーの翼神竜は無敵の不死鳥の姿で1ターンだけ場に現れ、オシリスの攻撃を吸収! 罠 相手の墓地に魔法カードが置かれたとき発動。 そのカードは自らの手札に加え 相手はカードを1枚引く 遊戯の墓地へ戻った「死者蘇生」をマリクの手札に加える。 次のマリクのターンで死者蘇生でラーを蘇生し、ONE TURN KILLを狙う。 しかし、このカードを使うことによって特別に相手はデッキからカードを1枚ドローできる。 ゴッド・フェニックス 速攻の吸血蛆の効果発動のコストの為にわざと手札から墓地へ送り、死者蘇生で蘇生しようとする。 蘇生を一度は遊戯に阻まれるが、罠カード・暗黒の魔再生の効果で、遊戯の墓地の死者蘇生を使い蘇生した。 ラーは不死鳥の姿で場に現れる。 不死鳥形態ではラーの翼神竜は1ターンで墓地へ戻ってしまうが、完全に無敵である。 攻撃力6000のオシリスの天空竜の攻撃を吸収、召雷弾も通用せず反撃でオシリスを倒す。 遊戯のターン終了時に墓地へ舞い戻る。 しかし次のマリクのターン、罠カード・ゾンビの宝石によってマリクの手札に戻った死者蘇生を使い、再び場に現れる。 ラーの能力・ONE TURN KILLで、マリクと神は融合し攻撃力を一気に2999まで上昇、さらには自分の場に残っているジュラゲドをも吸収、攻撃力4699!遊戯のフィールドは空、ライフは3300。 勝負は決まったように見える。 しかし、遊戯は海馬から受け取ったデビルズ・サンクチュアリで対抗。 それに対し、マリクは融合解除で神との融合を分離して難を逃れ、ライフも4700まで回復してしまう。 マリクのターン終了時に再び墓地へ舞い戻る。 その後、マリクは魔法カード・魔法石の採掘で死者蘇生を再び再利用し蘇生させる。 この時、遊戯の場に存在しているオベリスクの巨神兵を不死鳥形態で破壊しようとするが、一瞬だけ蘇生されたオシリスの天空竜によって阻まれる。 ラーは再び墓地へ舞い戻るはずであったが、魔法カード・闇からの奇襲で再びフィールドに現われる。 第2形態でマリクと神は融合し、攻撃力は699。 自分の場に存在する、ボーガニアン、グラナドラ、神・スライムを吸収し、攻撃力を6899まで上昇させ、攻撃力4000のオベリスクを葬ろうとする。 しかし遊戯の魔法カード・ソウルテイカーにより、神・スライムが先に生贄にされる。 ラーの翼神竜の攻撃力は3899までダウン。 ラーの攻撃力はマリクの残りのライフを加算して、4899ポイント。 しかし、ラーはオベリスクの特殊能力は受け付けず、攻撃力が4000に戻ったオベリスクに反撃! ここで遊戯は魔法カード・ディメンション・マジックで攻撃をかわし、ブラック・マジシャンを特殊召喚する。 しかし闇マリクは、ここでラーごと自分が倒されライフ1だけ残しても、表マリクが精神的に生き残れないことを盾に攻撃を免れようとする。 そこに現れたリシドにより、表マリクはたとえ闇をさまよおうとも生きる人の宿命を教えられ、場に残っていた闇マリクに打ち勝つ。 遊戯は表マリクの1ポイントの命 ちから を信じ、ブラック・マジシャンとブラック・マジシャン・ガールの連携攻撃で、ラーの翼神竜とそれと融合した闇マリクにトドメを刺す。 残った1ポイントの闇マリクも表マリクがトドメを刺す。 罠・モンスター 敵モンスターの攻撃によってプレイヤーのライフポイントが半分以下になった時に発動。 敵モンスターの攻撃力の3/4の守備力を持つスライムトークンをフィールドに出現させ その姿は敵モンスターとなる。 攻撃はできない。 マリクへのダイレクトアタックで、ライフが大幅に削られたのをトリガーとして発動。 スライムトークンはオベリスクの巨神兵の姿になり、攻撃力・守備力3000の神・スライムとなる。 攻撃力4000のオベリスクの巨神兵本体の前に一度は倒されるが、魔法カード・融合でリバイバルスライムと融合し、何度でも再生する不死なる壁となる。 さらに罠カード・ディフェンド・スライムの効果で、相手モンスターの攻撃対象はこの神・スライムとなり、遊戯は苦戦を強いられる。 どーでもいいけど、何で攻撃力2000のブラマジガールの攻撃で一旦破壊されるんだ? その後、神・スライムはラーの翼神竜・第2形態のパワーアップの為の生贄となるハズであったが、遊戯の魔法カード・ソウルテイカーにより神・スライムが生贄になる。 神・スライムと融合し、不死なる壁となる。 魔法 テキストなし 神・スライムと再生能力を持つリバイバルスライムを融合する。 その後、ラー第2形態の生け贄となる。 永続罠 モンスターへのいかなる攻撃も場のスライムが身替わりとなる 守備力の低いボーガニアンへの攻撃をこのカードを使うことで、攻撃対象を守備力3000の神・スライムに移し変える。 魔法 手札を2枚捨て墓地から魔法カードを1枚手札に加える 死者蘇生再利用カード第3弾。 またしてもラーが墓地から舞い戻ることになる。 その後、ラー第2形態の生け贄となる。 魔法 プレイヤーはエンドフェイズにもう一度バトルフェイズを行う そのターン召喚した攻撃モンスターによって闇からの奇襲をかけることができる ラーの攻撃を凌いだ遊戯への追い討ち。 このカードでラーを再び特殊召喚し、ラーの第2形態で遊戯のオベリスクを倒しライフを0にしようとする。 しかし、ラーの翼神竜とマリクの邪悪なる意思が融合するラーの第2形態は、遊戯が表マリクを救い出すカギでもあった。 オベリスクvsラー。 バトルシティ・最後のバトルとなるだろう。

次の

黒・爆・裂・破・魔・導

ブラック バーニング マジック

相手フィールドのカードを全て破壊する。 で登場した。 にとが存在する場合にを全てするを持つ。 かつが付随しないにして、のみをする。 さえできれば、の攻めだけでなく、の妨害にも使用できる。 ・・等、に奇襲的に条件を揃える運用の選択肢が豊富な点も魅力である。 最も簡単にを作るのはとの併用であり、あちらでをしてからこのをすれば条件が整う。 ただし、であるためその中にできず、等のをしてをした場合でも条件は満たせない。 も有力で、がに有ればで展開、このでを狙うといった動きも可能。 の時にでをする運用も狙える。 のでもをするが、こので他のもろともできる。 しかし、特定の2枚が必要な点や方法が対策されやすいである点など欠点も多い。 であるためでの使用もできない上、「元々の」と指定されているためなどで代用することもできない。 また、に比べはに出した後のサポートも少なく、中核に据えづらいため、においても採用は必須ではない存在である。 よって、狙うのであればの運用を吟味することが重要となってくる。 ただし、を満たしたとしても、該当の2体のだけではに届かず、反撃を食らう恐れがある。 この自体が迎撃用のとしては最高峰の性能を持っているので、無理にを狙いに行くよりは腰を据えて戦う事を考えるべきだろう。 上記の2体が並べばはこのをある程度警戒しなくてはならず、展開抑制としての役割も期待できる。 は扱いとなるが、元々のはではないため、を満たせない。 を条件にをすると、を条件にをするを、ちょうど足し合わせたような。 ただし、は、このと違い指定がではなくと緩く、代わりにができないと、細部が異なる。 はの文字を並べ替えただけである。 アニメ版の「闇遊戯vs闇マリク」戦では原作でを使う場面の代わりに《マジカルディメンション》が使われ、による連携を行う場面はなかった。 代わりに、《 神々の黄昏 ラグナロク 》(とは別物)の連携を行う際の名に使われていた。 なお、原作ではカタカナ表記であり、漢字の部分は「記憶の世界編」におけるへの連携の際に判明した。 は原作における上記の連携のシーンをそのまま流用している。 このはかつてのパッケージにも使用された。 上記の《 神々の黄昏 ラグナロク 》は、・・・の内2体がに存在する時に、の・・の全てのをしてを全てするだった。 こののやはそれと似ている。

次の

黒・爆・裂・破・魔・導(ブラックバーニングマジック)【遊戯王トレカお買得価格通販:トレコロ】

ブラック バーニング マジック

相手フィールドのカードを全て破壊する。 で登場した。 にとが存在する場合にを全てするを持つ。 かつが付随しないにして、のみをする。 さえできれば、の攻めだけでなく、の妨害にも使用できる。 ・・等、に奇襲的に条件を揃える運用の選択肢が豊富な点も魅力である。 最も簡単にを作るのはとの併用であり、あちらでをしてからこのをすれば条件が整う。 ただし、であるためその中にできず、等のをしてをした場合でも条件は満たせない。 も有力で、がに有ればで展開、このでを狙うといった動きも可能。 の時にでをする運用も狙える。 のでもをするが、こので他のもろともできる。 しかし、特定の2枚が必要な点や方法が対策されやすいである点など欠点も多い。 であるためでの使用もできない上、「元々の」と指定されているためなどで代用することもできない。 また、に比べはに出した後のサポートも少なく、中核に据えづらいため、においても採用は必須ではない存在である。 よって、狙うのであればの運用を吟味することが重要となってくる。 ただし、を満たしたとしても、該当の2体のだけではに届かず、反撃を食らう恐れがある。 この自体が迎撃用のとしては最高峰の性能を持っているので、無理にを狙いに行くよりは腰を据えて戦う事を考えるべきだろう。 上記の2体が並べばはこのをある程度警戒しなくてはならず、展開抑制としての役割も期待できる。 は扱いとなるが、元々のはではないため、を満たせない。 を条件にをすると、を条件にをするを、ちょうど足し合わせたような。 ただし、は、このと違い指定がではなくと緩く、代わりにができないと、細部が異なる。 はの文字を並べ替えただけである。 アニメ版の「闇遊戯vs闇マリク」戦では原作でを使う場面の代わりに《マジカルディメンション》が使われ、による連携を行う場面はなかった。 代わりに、《 神々の黄昏 ラグナロク 》(とは別物)の連携を行う際の名に使われていた。 なお、原作ではカタカナ表記であり、漢字の部分は「記憶の世界編」におけるへの連携の際に判明した。 は原作における上記の連携のシーンをそのまま流用している。 このはかつてのパッケージにも使用された。 上記の《 神々の黄昏 ラグナロク 》は、・・・の内2体がに存在する時に、の・・の全てのをしてを全てするだった。 こののやはそれと似ている。

次の