ムニエル 献立。 タラのムニエルに「もう一品」副菜献立

「鮭のムニエル」に合う副菜・汁物はこれ!使える献立特集

ムニエル 献立

鮭や白身魚のムニエルは、子供から大人まであらゆる世代の人に受け入れられている献立です。 焦がしたバターの香りとふっくらとしたジューシーなムニエルは、ライスでもパンでもおいしくいただけます。 まずは、アレンジ可能な定番のムニエルの作り方をご紹介します。 鮭のムニエル2人分の材料• 鮭の切り身 2切れ• 塩 少々• コショウ 少々• 小麦粉 適量• お醤油 小さじ2• みりん 小さじ2• バター 大さじ1• 鮭は洗って水気を拭き、塩コショウをして約5分置いておく。 水気を拭いて小麦粉を全体にまぶし、余分な粉をはたいておく。 フライパンにサラダ油を熱し、バターを加えて溶かす。 3のフライパンに鮭の皮目を下にして入れ、中火より少し弱めの火で焼く。 焼き色がついたら、裏面も同じように焼いたら器に取り出す。 フライパンをきれいにしたら、ソースの材料を加え、ひと煮たちさせたら5にかける。 美味しいムニエルのアレンジ方法・種類 RELATED ARTICLE 鮭の南蛮漬けの材料• 鮭 3切れ• 塩 少々 鮭にふりかける分)• 酒 大さじ2• 小麦粉 大さじ2• 玉ねぎ 1個• ピーマン 3個• ショウガ 1かけ• サラダオイル 小さじ1 南蛮酢の材料• 出し汁 300㏄• みりん 大さじ2• 砂糖 大さじ1• 薄口醤油 大さじ3• 米酢 大さじ5• サラダオイル 揚げ焼きできるくらい• レモンスライス お好みで 鮭の南蛮漬けの作り方• 鮭の余分な水分をキッチンペーパーで拭き取る• ニンジンは千切り、玉ねぎは薄切り、ピーマンは細切り、ショウガも千切りにしておく。 フライパンに酢とレモンスライス以外の南蛮酢の材料を入れ、軽く沸騰させる。 砂糖が溶ける程度)• 4が沸騰したら米酢を入れて、すぐに火を止め保存容器に移しておく。 フライパンを拭き取ったら、サラダ油を入れ、3の野菜を入れて炒める。 炒めた野菜をつけ汁の入った保存容器に入れる。 鮭を一口大にそぎ切りにして、酒を振っておく。 鮭に分量の小麦粉をまぶしたら、軽くはたいておく。 フライパンで鮭を焼く。 じっくり焼いた鮭を、つけ汁の入った保存容器に入れて冷蔵庫で約1日漬け込んでおく。 お好みで、レモンのスライスを入れる。 玉ねぎとチーズの旨みがギュッと詰まったオニオングラタンスープは、鮭のムニエルの献立と相性抜群なスープです。 玉ねぎやニンニクをバターで炒めて、ブイヨンで煮込んだら容器に移し、チーズとバケットをのせ、トースターで焦げ目をつけたら完成です。 オニオングラタンスープの材料• 玉ねぎ 2個• 塩 少々• バター 大さじ1• 水 500㏄• コンソメ 1個• 塩・コショウ 少々• チーズ 60g• スライスしたトマトにショウガの甘酢漬けを千切りしたもの・お酢・砂糖・だし醤油を混ぜ合わせたものを回しかけて完成です。 甘酢漬け以外にも、生のショウガを千切りにして散らしてもおいしいですよ。 食べる直前まで冷蔵庫で冷しておくのがポイントです。 トマトの甘酢サラダの材料• トマト 2個• 市販の甘酢ショウガ お好みで• 米酢 大さじ4• ブラウンシュガー 大さじ3• だし醤油 少々 トマトの甘酢サラダのレシピ• 甘酢ショウガを千切りにし、ボウルに入れ、たれの材料と合わせておく。 トマトをスライスし、1のボウルに入れ混ぜ合わせる。 器に盛り付ける。 ランチなどではメインのおかずにもなるほうれん草とベーコンのソテーは、付け合わせとしても万能です。 フライパンにオイルを入れ、ニンニクスライスを炒めて香りがたったら、ベーコンをカリカリになるまで炒めます。 一度皿に移し、フライパンでほうれん草の茎の部分から順に炒めていきます。 ある程度火が通ったら皿に移したベーコンとニンニクを戻し入れ、塩・ブラックペッパー・お醤油で味を整えて完成です。 ホウレン草とベーコンのガーリックソテーの材料• ほうれん草 1束• ベーコン 3枚• にんにく 1かけ• バター 大さじ1• 塩・コショウ 少々• ボイルしたタコの足1本を薄くスライスし、塩コショウ・白ワインビネガー・レモン汁・にんにくのみじん切りの入ったボウルに入れてなじませます。 セロリも薄くスライスし、パクチーの茎をみじん切りにしておきます。 グリーンオリーブのスライスとパクチーの葉の部分も加え、軽く混ぜ合わせたら器に盛りつけます。 最後に、オリーブオイルを回しかけます。 サッパリしたマリネなので、ワインのおつまみにもおすすめです。 タコと香味野菜のマリネの材料• ボイルしたタコ 1本• パクチー 2束• セロリ 2本• グリーンオリーブ 5個• にんにく 1かけ• 白ワインビネガー 大さじ2• 塩・コショウ 少々• レモン汁 大さじ1• オリーブオイル お好みで 美味しいムニエルの献立でいつもの食卓を華やかに!

次の

鮭のムニエルに合うおかずと付け合わせ!献立の組み合わせでおすすめなのは?

ムニエル 献立

【材料】• 塩 適量• 薄力粉 適量• バター 適量• セミドライトマト• ハーブ• カットレモン• ブロッコリー 300g• ブイヨン 100g• 白みそ 30g• すりごま 5g• 塩胡椒 適量 【作り方】• サーモンに塩を塗し、薄力粉を全体にかけます。 フライパンに多めのバターを熱して両面こんがり焼き上げます。 塩茹でしたブロッコリー・ブイヨン・白みそを鍋に入れて蓋をして10分煮込みます。 ハンドミキサーで撹拌し、塩胡椒で味を調えます。 皿に【2】を乗せて【4】をかけ、トマト・レモンを添えてすりごまをかけて完成です。 【材料】• 生鮭切り身 2切れ• 牛乳 大さじ1• オリーブ油 大さじ1• バター 5g• 薄力粉 適量• 塩 適量• 黒胡椒 適量• 付け合わせ野菜 適量 <レモンバターソース>• A バター 20g• A 白ワイン 大さじ2• A 水 小さじ2• レモン汁 大さじ1• サーモンを牛乳に浸して10分程置いた後、ペーパータオルで水気をふき取ります。 両面に軽く塩を振り、薄力粉を全体に薄くまぶします。 フライパンにオリーブ油・バターを熱し、【2】を3分程焼きます。 焼き色がついたら蓋をして2分半程焼き、ペーパータオルに取り出します。 余分な脂を取り。 黒胡椒を振ります。 薄口醤油・レモン汁・蜂蜜を加えて混ぜ、ひと煮たちしたら火を止めます。 器に【5】・添え野菜を盛り、【7】をかけて7完成です。 【材料】• サーモン切り身 2切れ• 塩胡椒 少々• 小麦粉 適量• バター 20g• ミニトマト 10個• 塩胡椒 少々• A 酢 小さじ2• A 粒マスタード 小さじ2• A レモン汁 大さじ1• A オリーブオイル 大さじ3 【作り方】• サーモンにしっかり塩胡椒を振り、小麦粉をまぶします。 ミニトマト・パプリカ・きゅうりは細かい角切りにします。 【2】に塩胡椒・Aを合わせてよく混ぜます。 フライパンでバターを溶かし、【3】の皮目を下にして弱火で焼きます。 8割ほど火が通ったら裏返して火が通ったら皿に盛り、【3】をかけて完成です。 【材料】• 生サーモン 2切れ• 塩胡椒 少々• 小麦粉 適量• バター 20g <タルタルソース>• ゆで卵 2個• A マヨネーズ 大さじ4• A 酢 小さじ1• A 塩胡椒 少々• A みじん切りパセリ 少々 【作り方】• 玉ねぎはみじん切りし、レンジ600wで1分加熱して冷まします。 サーモンの両面に塩胡椒をし、小麦粉をまぶして余分な粉ははらいます。 バターを溶かしたフライパン中火で焼き、焼き色がついたら裏返します。 ゆで卵をみじん切りにし、Aをよく混ぜ合わせて【4】にかけたら完成です。

次の

【ムニエルの献立】魚料理に彩りを添えるサイドメニュー特集♪

ムニエル 献立

鮭や白身魚のムニエルは、子供から大人まであらゆる世代の人に受け入れられている献立です。 焦がしたバターの香りとふっくらとしたジューシーなムニエルは、ライスでもパンでもおいしくいただけます。 まずは、アレンジ可能な定番のムニエルの作り方をご紹介します。 鮭のムニエル2人分の材料• 鮭の切り身 2切れ• 塩 少々• コショウ 少々• 小麦粉 適量• お醤油 小さじ2• みりん 小さじ2• バター 大さじ1• 鮭は洗って水気を拭き、塩コショウをして約5分置いておく。 水気を拭いて小麦粉を全体にまぶし、余分な粉をはたいておく。 フライパンにサラダ油を熱し、バターを加えて溶かす。 3のフライパンに鮭の皮目を下にして入れ、中火より少し弱めの火で焼く。 焼き色がついたら、裏面も同じように焼いたら器に取り出す。 フライパンをきれいにしたら、ソースの材料を加え、ひと煮たちさせたら5にかける。 美味しいムニエルのアレンジ方法・種類 RELATED ARTICLE 鮭の南蛮漬けの材料• 鮭 3切れ• 塩 少々 鮭にふりかける分)• 酒 大さじ2• 小麦粉 大さじ2• 玉ねぎ 1個• ピーマン 3個• ショウガ 1かけ• サラダオイル 小さじ1 南蛮酢の材料• 出し汁 300㏄• みりん 大さじ2• 砂糖 大さじ1• 薄口醤油 大さじ3• 米酢 大さじ5• サラダオイル 揚げ焼きできるくらい• レモンスライス お好みで 鮭の南蛮漬けの作り方• 鮭の余分な水分をキッチンペーパーで拭き取る• ニンジンは千切り、玉ねぎは薄切り、ピーマンは細切り、ショウガも千切りにしておく。 フライパンに酢とレモンスライス以外の南蛮酢の材料を入れ、軽く沸騰させる。 砂糖が溶ける程度)• 4が沸騰したら米酢を入れて、すぐに火を止め保存容器に移しておく。 フライパンを拭き取ったら、サラダ油を入れ、3の野菜を入れて炒める。 炒めた野菜をつけ汁の入った保存容器に入れる。 鮭を一口大にそぎ切りにして、酒を振っておく。 鮭に分量の小麦粉をまぶしたら、軽くはたいておく。 フライパンで鮭を焼く。 じっくり焼いた鮭を、つけ汁の入った保存容器に入れて冷蔵庫で約1日漬け込んでおく。 お好みで、レモンのスライスを入れる。 玉ねぎとチーズの旨みがギュッと詰まったオニオングラタンスープは、鮭のムニエルの献立と相性抜群なスープです。 玉ねぎやニンニクをバターで炒めて、ブイヨンで煮込んだら容器に移し、チーズとバケットをのせ、トースターで焦げ目をつけたら完成です。 オニオングラタンスープの材料• 玉ねぎ 2個• 塩 少々• バター 大さじ1• 水 500㏄• コンソメ 1個• 塩・コショウ 少々• チーズ 60g• スライスしたトマトにショウガの甘酢漬けを千切りしたもの・お酢・砂糖・だし醤油を混ぜ合わせたものを回しかけて完成です。 甘酢漬け以外にも、生のショウガを千切りにして散らしてもおいしいですよ。 食べる直前まで冷蔵庫で冷しておくのがポイントです。 トマトの甘酢サラダの材料• トマト 2個• 市販の甘酢ショウガ お好みで• 米酢 大さじ4• ブラウンシュガー 大さじ3• だし醤油 少々 トマトの甘酢サラダのレシピ• 甘酢ショウガを千切りにし、ボウルに入れ、たれの材料と合わせておく。 トマトをスライスし、1のボウルに入れ混ぜ合わせる。 器に盛り付ける。 ランチなどではメインのおかずにもなるほうれん草とベーコンのソテーは、付け合わせとしても万能です。 フライパンにオイルを入れ、ニンニクスライスを炒めて香りがたったら、ベーコンをカリカリになるまで炒めます。 一度皿に移し、フライパンでほうれん草の茎の部分から順に炒めていきます。 ある程度火が通ったら皿に移したベーコンとニンニクを戻し入れ、塩・ブラックペッパー・お醤油で味を整えて完成です。 ホウレン草とベーコンのガーリックソテーの材料• ほうれん草 1束• ベーコン 3枚• にんにく 1かけ• バター 大さじ1• 塩・コショウ 少々• ボイルしたタコの足1本を薄くスライスし、塩コショウ・白ワインビネガー・レモン汁・にんにくのみじん切りの入ったボウルに入れてなじませます。 セロリも薄くスライスし、パクチーの茎をみじん切りにしておきます。 グリーンオリーブのスライスとパクチーの葉の部分も加え、軽く混ぜ合わせたら器に盛りつけます。 最後に、オリーブオイルを回しかけます。 サッパリしたマリネなので、ワインのおつまみにもおすすめです。 タコと香味野菜のマリネの材料• ボイルしたタコ 1本• パクチー 2束• セロリ 2本• グリーンオリーブ 5個• にんにく 1かけ• 白ワインビネガー 大さじ2• 塩・コショウ 少々• レモン汁 大さじ1• オリーブオイル お好みで 美味しいムニエルの献立でいつもの食卓を華やかに!

次の