取り調べ カツ 丼。 カツ丼| なか卯の商品 | 丼ぶりと京風うどんのなか卯

ダイエット中の丼レシピはコレ!豆腐・親子・カツ・玄米など

取り調べ カツ 丼

刑事ドラマのお約束グルメといえば、もちろん「 カツ丼」だ。 薄暗い取調室で食べるカツ丼は、たとえ冷めていても美味いに決まっている。 厳しい取り調べを受けるのは勘弁だが……あのカツ丼が食べたい。 1度でいいから警察署でカツ丼が食べたいのだ! というわけで今回は、 福岡県警察本部でカツ丼を食べてきた。 と言っても、長年の夢を叶えるために罪を犯して出頭した……わけではないから安心してくれ。 どういうことか詳しく経緯を説明しよう。 ・福岡県警察本部へ 福岡県警察本部は、JR吉塚駅から徒歩約10分の距離にある。 垂れ幕によると、現在「暴力団壊滅作戦」を推進中らしい……ほほう、なるほど。 「修羅の国」真っ最中だな。 悪いことはしていないが近づきにくい雰囲気だ。 気軽に「カツ丼を食べさせてくれ」なんて絶対に言えない。 しかし……実はここ警察本部では、誰でもカツ丼を食べることができる。 理由は簡単、福岡県警本部の食堂は一般開放されているからだ。 入口左手にある受付で「食堂を利用する」と伝え、名前・電話番号等を記帳して 入館証を受け取ればOK。 エレベーターで地下階にある食堂へ向かおう。 ・「カツ丼」一択 無事、食堂に到着。 雰囲気は学食、注文は食券制だ。 定番の麺類・ご飯類は一通り揃っていて、日替わりのランチセットは470円となかなか良心的……だが! 今回に限って迷いは一切ナッシング。 モチのロンで「 カツ丼(510円)」一択である! ・刑事(デカ)すぎる そして待つこと約5分。 いよいよ、 福岡県警のカツ丼が登場した。 こ、これは……! とってもデッカいです! 大盛りを頼んだつもりはないが余裕で特盛サイズだ。 もしここが取調室だったら、刑事さんに「 2人でシェアします?」と聞いてしまうレベル。 おいおい、マジで刑事(デカ)すぎるカツ丼だぜ。 で、気になる味は……もちろん最高。 なぜならここは警察署。 シチュエーションが文句ナシで満点だから、感情を込めてカツ丼と向き合うことができるのだろう。 刑事ドラマをイメージして食べるカツ丼の味は深い、心にしみる美味さである。 故郷のお母さんに伝えたくなる味であった。 ・実際にはあり得ない ちなみにだが、福岡県警によると「 取調室でカツ丼が出ることがあり得ない」らしい。 取り調べ中の犯人の権利を守るための規則があり、カツ丼をおごる行為は「自白に向けての誘導につながる」という理由があるのだとか。 知らなかったぞ。 ちなみに地下階には売店もあり「 ポリスまんじゅう」なんかも売っていたぞ。 カツ丼の後は、ポリスまんじゅうを食べて和んでくれよな! ・今回ご紹介した施設の詳細データ 名称 福岡県警察本部 食堂 住所 福岡県福岡市博多区東公園7-7 B1F 時間 7:00~19:15 休日 不定休 Report: Photo:RocketNews24.

次の

カツ丼

取り調べ カツ 丼

サスペンスドラマに出てくる容疑者の取調べといえば、カツ丼がお約束。 もう少しで落ちそう、もしくは落ちたというところで刑事さんから「ほら、食え。 これはオレのおごりだ」と出され、容疑者がむせび泣く……なんとも「あるある」なシーンですよね。 あの状況、ちょっと味わってみたいとテレビを観ながら思ったことがある方もいるのでは? そんな願望を叶えてくれるのが、このたびオープンした 出前カツ丼専門店「取調べ室」。 自分が刑事や犯人の役になってカツ丼を食べるという体験ができるそうなんです! 【場所は福島県の中ノ沢温泉】 出前カツ丼専門店「取調べ室」を運営しているのは 福島県猪苗代町にある中ノ沢温泉「磐梯西村屋」という旅館。 東日本大震災以降、中ノ沢温泉は観光客が戻らず、いまだ非常に苦しい状況が続いているといいます。 そこで、この状況をどうにか打破できないかと、 ここに来なければできないような体験企画をいくつか立ち上げることに。 出前カツ丼専門店「取調べ室」はそのひとつなのだそう。 刑事や犯人役は男3名、女1名の4名から選ぶことが可能とのこと。 どのタイプも「私がやりました」と自供すると「カツ丼でも食うか?」という言葉とともに出前の電話をしてもらえ、「故郷のお母さんも泣いてるぞ」と声をかけられ泣きながらカツ丼を食べることができるそう。 ……えぇぇー、想像以上に本格的! まさかここまでリアルにやってくれるとは。 出前のカツ丼屋さんとしてはニュータイプすぎる……!! 【リピートするとうれしいサービスも】 さらにリピーター向けにうれしいサービスも。 アルコールを飲む人はレア日本酒やシャンパンが、ノンアルコールの人はシークワサージュースや高級100%果汁ジュースなどがついてくるとのこと。 さらに、高級ドリンクコースを体験した人には 「取調べ室オリジナルどんぶり」の贈呈もあるそうで、これは何度もリピートして利用したくなっちゃいそう! 【ちょっと福島行ってくる!】 このほか「磐梯西村屋」では、 地下ダンジョン行き止まりショップや、謎の言葉付きおみくじ、メインなし屋上ビアガーデンなどの運営もしているとか。 どれも「ん?」と引っかかるものばかりで、めちゃくちゃ気になりますね。 ……地下ダンジョン行き止まりショップってちゃんとたどり着けるんでしょうか。 旅館 「磐梯西村屋」自体も宿泊予約サイトなどでもなかなかの高評価となっておりゆっくりと過ごせそう。 あたたかな温泉においしいお料理、そして 出前カツ丼「取調べ室」。 不思議すぎるこの旅館の存在自体がもしかしたらミステリーといえるかもしれません。 予約は日本きっかけデパートのツイッターか電話で受け付けているとのこと。 そして、こちらは 平成31年3月31日までの期間限定運営です。 うまくいけば場所を変えて運営していくことも考えているそう。

次の

カツ丼

取り調べ カツ 丼

「取り調べ」を受けた後、カツ丼を食べる兼子光輝さん(左)。 右は警察官役の女性=2019年12月22日、福島県猪苗代町 「カツ丼でも食べるか?」。 刑事の温情に心が揺さぶられ、容疑者が事件の真相を語り始める。 こうしたドラマでおなじみの取り調べを体験できる温泉旅館が福島県猪苗代町にある。 東京電力福島第1原発事故で落ち込んだ観光客が回復しない中、温泉街の活性化につなげたい考えだ。 「周辺への聞き込みで、あなたの目撃情報があったんです」。 昨年12月22日、中ノ沢温泉の旅館案内所内の「取調室」で、警察官役の女性が「容疑者」を追及した。 前日に付近の湖で水死体が発見されたという設定で、近隣住民の目撃証言から容疑者のアリバイを崩し、最終的に自供させた。 この日、取り調べを体験した同県会津美里町の会社員兼子光輝さん(35)は、「厳しい追及で挙動不審になってしまった」と笑う。 約15分の取り調べ後には、付近の食堂からカツ丼の出前が届けられた。 緊張感から解放された兼子さんは、ほっとした表情でカツ丼を堪能した。 「容疑者」となり取り調べを体験する兼子光輝さん(右)=2019年12月22日、福島県猪苗代町 一風変わったこの企画「出前カツ丼専門店取調べ室」を始めたのは、猪苗代町の元地域おこし協力隊の国分健一郎さん(40)。 観光客減少に苦悩する温泉街を目の当たりにし、「ここでしか体験できない取り組みをしよう」と2018年5月に始めた。 警察官役を演じるのは食堂の従業員らで、参加者とは事前にストーリーを打ち合わせる。 当日は旅館「磐梯西村屋」のロビーで「逮捕」し、車で案内所に「連行」するところから始まる。 申込者が希望すれば刑事役を演じることもできるという。 国分さんは「徐々に認知度が高まり、県外からの申し込みも増えている」と手応えを口にした。 なお、福島県警は「利益誘導に当たるため、カツ丼は提供していない」としている。

次の