タ トゥイーン。 上面右舷後方の穴メカ 解析と創作その4

Star Wars バトルフロント Ⅱ(2017)攻略 Wiki

タ トゥイーン

ラーズ家の外観セット アッスレーマ ご存知ですが? チュニジアはスターウォーズのロケ地として多くの場所が使われたことを。 そうです、アナキンとルークの故郷の星である、タトウィーン星の主なロケ地はチュニジアなのです。 タトウィーンという名前もチュニジアの都市タタウィンと似ているのもそのせいでしょうか? その砂の星タトウィーンはのロケ地としてのチュニジアには様々な当時の撮影時のセットが残っています。 まずはオング・エル・ジュメル! オング・エル・ジュメルにあるモス・エスパはアナキンが奴隷として育った幼少期の街です。 その大掛かりなセットがこのチュニジアに残っています。 また、このオング・エル・ジュメル、ラクダ岩の近くでも撮影が行われました。 エピソード1のクワイ=ガン・ジンにダース・モールが襲い掛かかり戦闘になった場所です。 次はラーズ家。 アナキンの母親の再婚相手がラーズ家です。 その再婚相手とラーズとの子供、アナキンの義兄の夫婦(オーウェン・ラーズとベルー・ラーズ)がルークを育てました。 その育てた主な場所がラーズ家、ここです。 外観部分はチュニジア、ネフタの近くにあります。 このラーズ家の内装はマトマタにあります。 マトマタのシディ・ドリスと言うホテルです。 マトマタは元々ベルベル人の村で、穴居住居といわれる、地面に穴を掘った家を住居にしていました。 その穴居住居を利用した、シディ・ドリスというホテルをスターウォーズのロケ地として使いました。 トズール近郊にある、シディ・ブヘルと言われる、大きな岩の渓谷がありここもスターウォーズのロケ地として使われました。 この場所はスターウォーズの世界でこのラーズ家の近郊にある危険地帯のジャンドランド渓谷。 R2D2がジャワ族にさらわれてしまう谷です。 この場所でルークはオビ・ワン・ケノービが会う場所でもあります。 次に紹介するのがアナキンの幼少期に住んでいた故郷の家、奴隷居住区。 この場所もすべてチュニジアにあります。 まずこの奴隷居住区として使われた地区、それがクサール・ウレド・スルタンとメドニン。 どちらも小さな部屋が積み重なったような外観の家です。 元々のこの小さな部屋が積み重なっているものはクサールと言われ、倉庫として使われていました。 チュニジアの南部の各地にこのクサールは残っています。 メドニン クサール・ウレド・スルタン また、奴隷居住区にあるアナキンの家のシーンで使われたのはクサール・ハダダです。 この特徴的名土色と白の模様のクサールはスターウォーズのエピソード1見た事ある人なら思い出すのではないのでしょうか? チュニジア南東部のジェルバ島にもスターウォーズのロケ地があります。 その一つがある、オビ・ワン・ケノービの家です。 ジャワ星人からルーク達を助けた後、オビ・ワン・ケノービが彼らを連れてきた家です。 残念な事にエピソード4の特別編では外観がガラリと変わってしまいました。 まだ、エピソード4のタトウィーン星最大の宇宙港モス・アイズリーもこのジェルバ島にあります。 ここはジェルバ島のアジムという村にあり、あまり有名ではありません。 普通の街中にぽつんとあるだけで、これがロケで使われたということも少しわかりにくいかもしれません。 ここはモス・アイズリーの酒場のロケ地として使われました。 最後にこれもジェルバ島にあるロケ地です。 タトウィーン星のアンカーヘッド近郊にある電力分配ステーションのトシ・ステーション。 周辺地域の若者達が集まる場所で、ルークもそのうちの1人としてここに訪れていました。 ジェルバのこの場所はシディ・ジュムールという小さなモスクである。 チュニジア、スターウォーズロケ地マップ より大きな地図で を表示 近々、チュニジアのスターウォーズロケ地ツアーを新たに作成していく予定です。 もちろんこちらのスターウォーズのロケ地を自由に組んで周れるツアーも個人にあわせて作る事ができます。 是非是非、チュニジアにスターウォーズのロケ地を見に訪れてみて下さい。 それでは、まだ暑い日々が続きそうでが体に気をつけて! ビッスレーマ! [dialy-link].

次の

ジャワ

タ トゥイーン

今回は日本でも熱烈なファンが多い「スター・ウォーズ」シリーズのロケ地をご紹介します。 宇宙が舞台の壮大な作品だけに、ロケ地も世界各地に存在しています。 それでは、エピソード4から最新作まで、公開順にご紹介していきましょう! 「スター・ウォーズ」とはどんな作品? 「スター・ウォーズ」シリーズは、映画監督ジョージ・ルーカス氏の構想を元に制作された、米国発のスペースオペラ。 作品は、エピソード1~3、4~6、7~9の3つの三部作で構成されていますが、エピソードの番号は時系列によるもので、公開順ではエピソード4~6が先となります。 物語の中心となって活躍するのは、フォースと呼ばれる超人的な力を操る騎士「ジェダイ」たち。 彼らと相対し銀河征服を目論む「シス卿」たちとの戦いの中には、親子関係や男女のロマンスなど、様々な人間関係も描かれ、単なるSFアクション映画の枠には収まりきらない、たくさんの魅力を持ったシリーズです。 作品紹介でも触れましたが、シリーズ公開第1作はエピソード4なので、「これから観る!」という方は、エピソード1からでなく、4~6を先に観てくださいね。 さて、最初にご紹介するのは、エピソード4〜6の主人公であるルーク・スカイウォーカーの故郷・タトゥイーン星のロケ地として知られる、チュニジア南部の町「マトマタ」です。 この地で特徴的なのが、地面の下に造られた穴居住宅。 ルークの家として撮影に使われた「ホテル・シディ・ドリス」には実際に宿泊も出来るそうで、ファンとしては興味をそそられます。 ホテル・シディ・ドリスの住所・アクセスや営業時間など 名称 ホテル・シディ・ドリス 名称(英語) Hotel Sidi Driss 住所 Matama Ancienne, Matmata 6070, Tunisia 営業時間・開場時間 24時間 利用料金や入場料 1泊30ディナール〜 参考サイト 最新情報は必ずリンク先をご確認ください。 反乱軍基地として使われた「ティカル遺跡」 中米グアテマラの「ティカル遺跡」もエピソード4の中で使われたロケ地の一つです。 デス・スターから逃れてきたルークたちは、衛星ヤヴィン4にある反乱軍の秘密基地へと向かいますが、その時ミレニアム・ファルコン号が飛行していたのがティカルの上空でした。 鬱蒼としたジャングルの中から頭を出す神殿が神秘的で、いかにも秘密基地がありそうな雰囲気が印象的なシーンです。 ティカルは世界遺産にも登録されているマヤ文明を代表する遺跡で、575キロ平米の広大な土地の中に、ピラミッド形の神殿を中心とした数多くの遺跡が残されています。 ホスは、ヤヴィン秘密基地を撤退した反乱軍が新たな基地を築いた場所で、帝国軍の攻撃部隊AT-ATとの氷上の戦いのシーンが有名です。 撮影が行われたのは、ノルウェー西部のホルドラン県にある「ハルダンゲル氷河」。 映画同様極寒の地ではあるものの、夏場ならサイクリングやトレッキングも楽しめる、旅行者にも人気のエリアです。 映画冒頭で、R2-D2とC-3POがタトゥイーンの大砂丘海にあるジャバ・ザ・ハットの宮殿に向かうシーンは、アメリカ・カリフォルニア州とネバダ州にまたがるデスバレー国立公園が撮影地です。 同じような砂漠ですが、ジャバがルークたちを処刑しようとして連れて行ったカークーンの大穴はまた別の場所で、撮影地はカリフォルニア州南端インペリアル郡にある「インペリアル砂丘」となっています。 ジャバが乗っていたセールバージも実際にセットとして組まれたものですが、現存していないのが残念ですね。 インペリアル砂丘の住所・アクセスや営業時間など 名称 インペリアル砂丘 名称(英語) Imperial Sand Dunes 住所 Algodones Dunes, Imperial County, CA, United States 営業時間・開場時間 24時間 利用料金や入場料 無料 参考サイト 最新情報は必ずリンク先をご確認ください。 エンドアの森がある「レッドウッド国立州立公園」 エピソード6で重要な戦いの地となる森の衛星エンドアは、アメリカ・カリフォルニア州最北西に位置するデルノルト郡に撮影地があります。 「レッドウッド国立州立公園」の一部である「ジェデディア・スミス・レッドウッド州立公園」がその場所で、大きな木々と草木に覆われた土地は、映画の中のエンドアそのもの。 イウォークたちがひょっこり顔を出してもおかしくない雰囲気ですね。 カリフォルニア州の北部海岸は、レッドウッドあるいはセコイヤといった名称で呼ばれる巨木の生息地として知られており、貴重で美しい自然環境はユネスコの世界遺産にも登録されています。 ジェデディア・スミス・レッドウッド州立公園の住所・アクセスや営業時間など 名称 ジェデディア・スミス・レッドウッド州立公園 名称(英語) Jedediah Smith Redwood State Park, California 住所 Crescent City, CA, United States 営業時間・開場時間 24時間 利用料金や入場料 無料 参考サイト 最新情報は必ずリンク先をご確認ください。 アナキンと母が暮らしていたタトゥイーンの奴隷居住区は、チュニジア南部・タタウィンに近い「クサール・ウレド・スルタン」がその撮影地。 クサールは先住民族ベルベル人が倉庫や住居として使用していたもので、敵の侵入から身を守る砦の役割りも果たしていました。 ちなみに、タトゥイーン星の名は、タタウィンの町にちなんで付けられたものだそうですよ。 クサール・ウレド・スルタン の住所・アクセスや営業時間など ナブー王宮の撮影地「カゼルタ宮殿」 同じくエピソード1のロケ地で有名なのが、イタリア南西部カンパニア州にある「カゼルタ宮殿」です。 世界遺産にも登録されているこの美しい宮殿は、惑星ナブーの王宮・シード宮殿として撮影に使われました。 外観は違いますが、大階段や王座の間のシーンなどが印象的に残っている方も多いのではないでしょうか。 カゼルタ宮殿は、18世紀のナポリ王国時代に建てられたもので、当時のものでは最大級の広さを誇ります。 ヴェルサイユ宮殿を参考にしたという造りは実に豪華絢爛で、広大な庭も見応えあり。 なお、エピソード2で登場する王宮もカゼルタ宮殿が撮影地です。 ゆるやかなカーブを描く建物が目を引くこの広場は、1929年に「イベロ・万国博覧会」が開催された際に会場として造られました。 タイルが貼られた美しいベンチや、噴水と池が配置された広場など見所は多く、万博から100年近く経った今も、多くの人が訪れる人気の観光地となっています。 エピソード2では、コルサントからナブーへ戻ったパドメが、アナキンやR2-D2と共に広場や回廊を歩くシーンでこの場所が登場します。 結婚式を挙げた「バルビアネッロ邸」 エピソード2は、アナキンとパドメの愛の物語でもあります。 二人が愛を育んだパドメの別荘として知られているのが、イタリア北部のコモ湖畔に建つ「バルビアネッロ邸」です。 スイス国境に近いこの地域は、古くから避暑地として王族や富豪たちに愛され、高級な別荘が数多く見られます。 バルビアネッロ邸はその中でもひと際見晴らしの良い岬に建っており、劇中で結婚式が行われたバルコニーから見る景色はまさに絶景!アナキンたちはボートで別荘にやってきていましたが、西岸の街レンノから水上タクシーを利用すれば、同じように湖側からアクセスすることが可能です。 ダース・ベーダーがなぜ誕生したのか?ルークやレイアとのつながりは?と言った謎が解き明かされ、エピソード4へとつながっていく重要な作品です。 その中でも一番の見せ場である、オビ=ワン・ケノービとアナキンの決闘シーンの舞台となったのが火山の星・ムスタファーでした。 見渡す限り溶岩だらけの危険なこの星の光景は、セットとイタリア南部シチリア島にある「エトナ火山」の姿を合成して作られたものです。 エトナは非常に活動的な火山であり、とても迫力のある映像に仕上がっています。 エトナ火山の住所・アクセスや営業時間など 名称 エトナ火山 名称(英語) Monte Etna 住所 Etna, Adrano, CT, Italia 営業時間・開場時間 24時間 利用料金や入場料 無料 参考サイト 最新情報は必ずリンク先をご確認ください。 オルデランの風景となった「グリンデルワルト」 母を亡くした生後間もないレイアを養女として迎えたのは、惑星オルデランを治めるオーガナ夫妻でした。 ラスト近くで、二人がレイアをオルデランに迎えるシーンが登場しますが、その風景として使われたのが、スイス・ベルン州の 「グリンデルワルト」周辺の山々や湖です。 グリンデルワルトは、ユングフラウ、メンヒ、アイガーに代表されるアルプスの名峰へのアクセスが良いことから、観光客も多く訪れる場所になっています。 宇宙が舞台のスター・ウォーズのロケ地には、厳しい環境の中にある場所も多いですが、ここなら美しい景色を眺めつつ、静かな時を過ごせそうです。 グリンデルワルトの住所・アクセスや営業時間など 名称 グリンデルワルト 名称(英語) Grindelwald 住所 Grindelwald, Switzerland 営業時間・開場時間 24時間 利用料金や入場料 無料 参考サイト 最新情報は必ずリンク先をご確認ください。 世界中のファンを大熱狂させたこの作品からは、主人公レイが住む砂漠の惑星ジャクーのロケ地をご紹介しましょう。 砂漠は多くのスターウォーズ作品に登場しますが、本作のロケ地となったのはアラビア半島南部に位置する世界最大級の「ルブアルハリ砂漠」。 ルブアリハリはアラビア語で「何も無い所」という意味を持つそうですが、撮影隊も利用したアナンタラ・カスール・アル・サラブ・デザート・リゾートは砂漠での滞在を楽しめる豪華な施設。 アブダビ空港から車で2時間ほどで行くことができます。 ルークがいた孤島「スケリッグ・マイケル」 エピソード7からはもう一ヶ所、世界遺産にも登録されているアイルランドの「スケリッグ・マイケル」をご紹介。 エンディングでルークが登場した際に映し出されたのがこの場所の風景です。 アイルランド語で「ミカエルの岩」の意を持つスケリッグ・マイケルには、6世紀ごろからキリスト教修道士たちが住み始め、山頂には今も当時の修道院が残されています。 こんな断崖絶壁の険しい環境の孤島に人が暮らしていたとは驚きですね。 現在は無人島となっているスケリッグ・マイケルですが、ヴァレンティナ島にあるビジターセンターが観光の窓口となっているので、興味のある方はこちらを訪ねてみてください。 現時点で分かっている撮影地としては、前作に引き続きスケリッグ・マイケルやその周辺を含むアイルランド、そして、クロアチア最南端の街「ドゥブロヴニク」が挙げられます。 15世紀から16世紀にかけて海洋貿易都市として栄えたこの街の旧市街は堅牢な城壁で周囲を囲まれ、古くからの美しい街並みを残しています。 「アドリア海の真珠」とも呼ばれるヨーロッパ屈指のリゾート地で、非常に風光明媚な場所なだけに、どのようなシーンで登場するのか見物です。 帝国軍の秘密兵器デス・スターの設計図データが隠されていた惑星スカリフは、その恐ろしい計画と相反するような美しい楽園のような風景が印象的でした。 青い海が広がるこの惑星のロケ地として使われたのがインド洋に浮かぶ島国「モルディブ」です。 ハネムーナーに人気のリゾート地として日本人にもおなじみですね。 高温多湿の気候の中、ストームトルーパー役を演じたのは、なんとモルディブ軍の兵士だったそうです! モルディブの住所・アクセスや営業時間など.

次の

『Star Warsの世界;惑星タトゥイーンへ★ガイドブックにはないギョレメの歩き方/二輪タンデムでドキドキ・ツーリング♪【母と娘のウルルン旅

タ トゥイーン

映画『スター・ウォーズ』に登場する、ルーク・スカイウォーカーの故郷、タトゥイーン。 連星の周囲を回っている惑星のため、空には太陽が2つある。 それだけで我々の暮らす地球とはちがう場所なのだと思わせる舞台装置となっている。 しかし、このような惑星は実際に存在しうるのだろうか。 これまでは2つの太陽を持つ惑星は非常に珍しく、形成しづらいと考えられてきたが、最近の研究結果によると、タトゥイーンのような惑星は広い宇宙では一般的かもしれないことが明らかになった。 連星の惑星が安定した軌道を形成し、維持できる主な方法は2つある。 1つは、連星とはいえ、2つの星の実際の距離が互いにかなり離れているため、片方の星の影響を受けることなく、もう片方の星の周囲を周回しているというものである。 そして、もう1つの場合というのはが、2つの星の距離が非常に近い場合だ。 惑星は2つの星を1つの星と認識し、大きな軌道を描いて周回するというものだ。 これらの発見は欧州のガイア宇宙船からのデータを分析したことで判明した。 もしかしたら宇宙には本当にタトゥイーンのような、我々とは違った環境で生命のある星が存在するのかもしれない。

次の