パワプロアンドロメダ適正。 【ドラガリ】アンドロメダの評価とスキル【ドラガリアロスト】|ゲームエイト

【パワプロ】アンドロメダ学園の野手デッキ編成【パワプロアプリ】

パワプロアンドロメダ適正

投手キャラ 野手キャラ 彼女・相棒・サポートキャラ アンドロメダ学園に適正のあるキャラの特徴 適正のあるキャラの特徴 重要度 項目 S ・基礎ボーナス2種持ち ・得意練習2種 ・得意練習率UP持ち ・練習性能が高い A ・シナリオ固有キャラ ・初期評価が高い ・イベントでの回復量が多い ・大量の基礎ボーナス持ち B ・イベントで敏捷ptを稼げる 投手時 ・所持コツが優秀 ・やる気効果UP持ち 上記の項目で適正ランクを評価。 当てはまる項目が多ければアンドロメダ学園で強い選手を作りやすいキャラとなり、ランクが高くなる。 Sランク項目解説 基礎ボーナス2種持ち VR空間生成中はカオス以外各キャラの基礎ボーナスが増幅される。 そのため、基礎ボーナス2種持ちは 2種のVR空間で大量経験点入手に貢献する。 得意練習2種持ち VR空間中は通常時よりもタッグが強力になる。 得意練習2種持ちは単練キャラよりもタッグが発生しやすいため、VR空間の恩恵を受けやすい。 得意練習率UP持ち 得意練習2種持ちと同様の理由。 練習性能が高い VR空間中にどれだけ大量経験点を稼げるかが育成の鍵を握るため、 タッグボーナス・練習効果UPの値が高ければ高いほどプラス評価。 Aランク項目解説 シナリオ固有キャラ シナリオ固有キャラをデッキに入れることでシナリオ金特が1つ増え、初期オーバーフローゲージも1人あたり70増える。 ガチ育成をするならシナリオ固有キャラを1人は入れておきたい。 初期評価が高い 初期評価が高いとその分タッグ発生が早くなる。 イベントでの回復量が多い イベントでの回復量が多いことで総練習回数が増える。 VR中の練習は1発1発がかなり強力なため、練習回数が増えるメリットは大きい。 大量の基礎ボーナス持ち 大量の基礎ボーナスを持っていることで対象のVR空間を生成した際に大量経験点を入手可能。 基礎ボナ2種持ちと比べると経験点バランスが崩れる可能性は高いが、 VRで1種の経験点を特化して稼げるのは強力。 Bランク項目解説 イベントで敏捷ptを稼げる 投手時 投手時はシナリオ金特のとで 敏捷ptを約50pt消費する。 練習やVRで大量に敏捷ptを稼げるわけではないため、イベントで敏捷ptを稼げるキャラはプラス評価。 所持コツが優秀 コツの入手機会が全体的に少ないため。 特にシナリオ金特の下位コツや必要経験点が多い特殊能力を所持しているキャラは強力。 やる気効果UP持ち カオス空間はやる気効果UPを増幅させるため。 しかし、カオス空間は生成が難しく頻繁に生成できるわけではないので優先度は低め。

次の

【ドラガリ】アンドロメダの評価とスキル【ドラガリアロスト】|ゲームエイト

パワプロアンドロメダ適正

フリードのシステムは積荷による経験値UPですね。 積荷の説明ですがそれぞれの役割を書くと長くなるのでざっと色で覚えて下さい。 イベキャラをうまい感じにまとめたらそれなりに強キャラは出来ると思います。 フリート固有キャラをデッキに組むと初めから積荷2つ、その他のイベキャラは評価がピンクになれば積荷が2つになります。 出港先の高校のもう一つ先の高校の積荷ボーナスをレーダーを使い先読みしながら積荷を積んでいくとボーナスの経験点が高くなります。 フリートの攻略で頑張って欲しい点は 1、泡瀬を出来るだけ早めに彼女にする事(遅くとも12月に入るまで) 2、積荷ボーナスは2番目以降に多く積んだ積荷の経験点が入ります。 例えば筋力欲しいなら緑の積荷を2番目に多く積み、緑以外の積荷のどれかを1番多く積む。 1番多く積んだ積荷の色に関する練習レベルが上がり、積荷の多さが2番目以降の物から経験点が入ります。 3、出港先の高校は覇道、北雪、エビル、円卓あたりは行って欲しいですね。 これも組んでるデッキで変わってくるので一概には言えませんが…最後の瞬鋭やくろがねは技術や走力(変化球)が足りない時、最後に行くのがおすすめです。 長文になりました。 もしわからない点があれば返信くればまた教えます。 自分自身無課金勢とかサクセス苦手とかあり、フリートの自己ベストは12300点前後です。 (高いのか低いのか分かりません) 頑張って下さい.

次の

パワプロ アプリ アンドロメダ

パワプロアンドロメダ適正

実際の野球と同じ,野手の守る位置。 投手(ピッチャー),捕手(),一塁手(ファースト),二塁手(セカンド),三塁手(サード),遊撃手(),外野手(ライト,センター,レフト)からなる。 メインポジションと最大2つまでのション()が表示される。 隠しパラメータとしてポジションごとの守備値が設定されており,この守備値が低ければ,やにダウンの補正がかかる。 メインポジションが最も守備値が高く設定され,ションはそれに準じた値が設定される。 から,と同じく表示されるようになり,隠しパラメータではなくなった。 ちなみに、メインでもでもないポジションは低い値が設定されている。 そのため,でないポジションでも誰でも守る事はできるが,動きが鈍りも増える(捕手の場合は投手の消費も増える)。 また,逆にションとして表示されていなくても守備値が高く設定され,事実上の3つ以上の隠しを持つ選手も存在する。 外野のがレフト、ライト、センターに分かれている。 でライトを持っていない外野手がライトを守った場合、上記の守備値はより低くなる。 なお、オーダー時に選手にカーソルを合わせてSELECTを押すと、ポジションごとの守備値をA〜Gで見ることができる。 Amazon メニュー• カテゴリで探す• 登場作品で探す シリーズ• シリーズ• シリーズ• サイトメニュー•

次の