へび つかい 座 いつ。 へびつかい座(13星座目)とは?へびつかい座の神話や性格について

へびつかい座の見つけ方 位置(方角・高度)などひと月ごとの動き

へび つかい 座 いつ

その知的探求心と勉強熱心なところに、男性は夢中になるでしょう。 論理的に思考を組み立てるので、議論が好きな男性と意見が合うことも多いのです。 無理そうなことでも、他の女性があきらめてしまっていたとしても、とりあえずがんばります。 その健気な様子はインパクト大。 男性の脳裏にいつまでも焼き付いていて、夢中にさせるのです。 高嶺の花だから…とだいたいの男性は一歩引き気味ではありますが、男性を憧れさせ夢中にさせる、マドンナ要素を持っているのです。 自分の好みでない男性や、自分と合わないと思われる男性には、さくっと冷たい態度であしらいます。 そこにゾクゾクして夢中になる男性は実は多く、「クールでいい」とさまざまなタイプの男性が寄って来るのです。 いかにもモテそうに見えます。 男性は「彼氏いるんだろうな」と勝手に誤解しつつも、へびつかい座からは目が離せず、いつしか夢中になってチャンスをうかがうのです。 仕事や人間関係で疲れた男性は、ついかに座の母性に甘えたくなってしまいがち。 いつも優しく迎えてくれるので、何度も甘えてしまい、いつの間にか夢中になっているでしょう。 自分のアピールポイントを全面に押し出しています。 見かけも強気ですが、行動も強気で迷いがありません。 「頼りになるし、かっこいい」と、夢中になる男性も多いのです。 でも誰かを好きになったら、その男性に一点集中でフェロモンを注ぎ過ぎてしまい、重いと思われがちです。 しかし、気になる男性の一番近くにさり気なくいるようにして、男性の潜在意識に入り込んでいます。 彼自身も気づかないうちに、夢中になってしまっているでしょう。 「この子、ひとりじゃなんにもできないんじゃ…俺がついてないとダメなんじゃ?」と、男性の「女性を守りたい欲」がかき立てられ、夢中にさせてしまうでしょう。 甘えすぎると、ウンザリさせることもあります。 そこに魅了されたが最後、男性はこじ開けたくて仕方なくなるでしょう。 開けた先に何があるのか…一生、夢中になっておとめ座を追いかけ続けるのです。 ナニモノにもとらわれない自由な態度に、男性は夢中になり憧れます。 いて座と一緒に世界に羽ばたきたいと思う男性は多いのですが、実際実行に移せる人は少ないのです。 男性は、会うたびにイメージチェンジしているふたご座にドキドキしっぱなし。 「次はいつ会えるだろう」と、夢中になってしまいます。 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の

13星座占い

へび つかい 座 いつ

・古代ギリシア人は核となる経典を持たなかった ・経典の役割を無数の神話が担うことになった ・現実の過去として神話を語り、出自を神話によって主張した アスクレピオスを始祖とする医師の一族・父方の先祖だというヒポクラテス ・口伝だったので同じ物語に幾つもの異なるバージョンが存在した ・地域色も強くかった ・それぞれの共同体は独自の物語を作り出し広めた アスクレピオスの神話について母親の出自が違うバージョンが土地土地で作られていた という前提があり、神話にも複数の説があります。 話によっては別の神の物語だったものがアスクレピオスの話として吸収されていったものもあります。 この項目ではアスクレピオスが星となった姿、へびつかい座の神話について紹介します。 へびつかい座は紀元後83年頃 — 168年頃に生きたと考えられるプトレマイオス トレミー が作成した星表に記載されている古い星座です。 アスクレピオスの信仰が広まった後のことなので母親の名はコロニスとされています。 アテナイに来る前は、信仰が移動した先のご当地の女性を母親とする説が幾つか出ていたらしい。 アスクレピオスの生前 「へびつかい座の神話」 アスクレピオスの生前の「神話」は実のところ「へびつかい座」の逸話がメインにして唯一なのでは?という印象です。 日本でよく知られているバージョンのへびつかい座の神話はこんな感じです。 ギリシャ神話では、医師アスクレーピオスの姿であるとされる。 アポローンが、 うそつきのカラス(からす座)の告げ口を本気にし、誤って自らの恋人コローニスを射殺した。 アポローンは、コローニスのお腹にいたアスクレーピオスを取り上げると、彼を賢者ケイローンに預けた。 ケイローンに医術を授けられ名医となったアスクレーピオスは、蛇が薬草を死んだ仲間の蛇に与えて蘇らせるのを見て、死者を蘇らせる術を知った。 ヒュギーヌスは、へびつかい座が蛇を持っているのはこのためであるとする。 死者をも蘇らせるアスクレーピオスは冥神ハーデースの不興を買い、ハーデースに頼まれた大神ゼウスはアスクレーピオスを雷撃で撃ち殺した。 これを知ったアポローンは激怒し、雷撃の矢を鍛えた3人のキュクロープスを殺した。 ゼウスはアポローンの怒りをなだめるため、アスクレーピオスを天に上げて星座とした。 なお、この日本語wikiの「神話」の項目の出典元として英語のURLが出されているが、そちらを翻訳すると「うそつきのカラス」などという単語は全く出てこないというwikiクオリティが炸裂していてだめだった。 からす座の項目も同様。 機械翻訳ですが、話は大まかにわかると思います。 アスクレピオスはアポロとコロニスの息子でした(彼の母親はアルシノエだと言う人もいますが)。 物語は、コロニスがアポロに妊娠していた間に、人間であるイスキスと寝ることで、アポロを2回過ごしたということです。 カラスはアポロに歓迎されないニュースをもたらしましたが、予想されていた報奨の代わりに、それまで白雪姫だったカラスはアポロに呪われて黒になりました。 で、このURLの参照元が多分この本 カラスが「 嘘 」を報告したのは日本ローカルのエピソード? 話を戻して。 へびつかい座の神話に出てくる「嘘をついたカラス」について、興味深い考察を述べていらっしゃる 様 のツイートをお借りして紹介します。 ネット上でギリシア神話を解説する日本語ページを見ると結構な割合で「コロニスの浮気は烏の嘘 勘違い 」説を見るので広く普及しているようだ。 不思議なことに英語で「烏の嘘 勘違い 」説を挙げているページを今のところ探し出せていない。 日本でこれほどメジャーな説なら何かが根拠になっているはず。 ネット上でギリシア神話を解説する日本語ページを見ると結構な割合で「コロニスの浮気は烏の嘘 勘違い 」説を見るので広く普及しているようだ。 不思議なことに英語で「烏の嘘 勘違い 」説を挙げているページを今のところ探し出せていない。 日本でこれほどメジャーな説なら何かが根拠になっているはず。 — olleyolley olleyolley3 見張りのカラスが「アスクレピオスの母親が浮気をしているという 嘘」を告げ口したという話ですが、外国語の説明では見つけられていないとのこと。 外国ではコロニスがアポロンから心を移した事が事実とされている 見に行くとたしかに外国のwikiでは基本的に「コロニスは 浮気した」とされています。 英語wiki「アスクレピオス」 機械翻訳より抜粋 彼の母親は、 アポロに不誠実であるためにアルテミスに殺され コロニスの裏切りについて知った アスクレピオス生誕時の話が複数紹介されていますが、どちらのバージョンでも「母親は浮気をしていた」となっています。 その一方で、アポロンの助けで息子が無事生まれたバージョンもありました。 アスクレピオスはアポロの神殿で生まれ、ラケシスは助産婦として働き、アポロはコロニスの痛みを和らげました こちらの出典についてもさんが触れていたのでご紹介します。 この讃歌ではアイグレはアポロンの神殿で出産し、アポロンと運命の三女神が出産の痛みを和らげたとあるので、アポロンは立会い出産している。 また母の不貞も父による射殺への言及もない。 この讃歌の中では親子3人は仲睦まじい家族の設定なんだな……としみじみする。 — olleyolley olleyolley3 話を外国でのアスクレピオスの神話紹介に戻します。 ギリシア語wiki 機械翻訳 アポロはje深い神であり、カラスが 彼の恋人が死すべき者と結婚しようとしていることを明らかにしたとき、特に不快でした。 こちらもカラスの嘘の記述はありません。 FGOのサーヴァントの設定 上記を踏まえた上でFGOの設定を再度確認してみると、カラスの嘘という話は異説として併記されているだけなのがわかります。 FGOのサーヴァントの解説 アスクレピオス より 鴉が彼女の不貞を告げた (鴉の嘘であったともされる) FGOの設定も、 カラスが嘘を付いたエピソードは括弧付きの但し書きになっています。 カラスが嘘をついたことを括弧書きなのを考えると、FGO設定では「コロニスが不貞を働いていた」説をとっていると思われます 推測 日本国内の本でも「ギリシア神話」の本だと、コロニスの浮気の件でカラスが嘘をついたという話は触れられていません。 こちらの本でもアポロンの項目でコロニスについて触れていて、「変身物語 ローマ時代になって書かれた神話本 」と、「ピュティア戦勝歌 前462年 」などから要約した、アポロンがコロニスの不貞を知った場面を2通り紹介しています。 このどちらでも「嘘」をつくカラスは出ません。 カラスはコロニスについての報告で嘘をついた? 「カラスが嘘をついた」という 日本で? 出回っている説について。 先にもツイートをお借りしたさんは、「からす座の神話と混ざった話がプラネタリウムで紹介されて広まったのでは?」という推測をされています。 — olleyolley olleyolley3 からす座の神話 次に、嘘つきカラスが出てくる「からす座の神話」をご紹介します。 大抵へびつかい座とセットで紹介 または同様の内容が記載 されています。 日本の「へびつかい座」「からす座の神話」を紹介するwebページ からす座の神話 カラスはついアポロンに 「コローニアスはもう他の男に心をうつした」とうそを言ってしました。 うそをついた銀のカラスを黒い姿に変え、見せしめのために空にさらしたのでした。 アポロンはある時、銀のカラスに鉢をわたして 水汲みにやらせました。 銀のカラスは水汲みに行くのですが、途中で無花果の実を見つけ、その木の下で無花果が熟すのを待っていました。 そして実を食べると水蛇(ヒュドラー)をつかんで帰ると 「このへびがいたので、遅くなりました。 」と嘘をつきました。 そのため、カラスは、鉢と水蛇と一緒に星に変えられ、いつまでも咽をかわかしていると伝えられています。 この記事にはタイムスタンプが付いていませんが、HPの運営時期を見るに最古で1998年時点の記事のようです。 この記事では、コロニスの見張りでも、水汲みのお使いでも、カラスはどちらでも嘘をついたことになっています。 調べきれていませんが、星の神話ではこの説を採用している事が多い印象です なお、同HPのへびつかい座の項目では別の説を紹介しています 当記事の最後の方で紹介します。 次は外国で公開されている星座の神話を紹介します。 へびつかい座英語wiki 機械翻訳 より、へびつかい座とからす座の神話を紹介している部分はこうなっています。 Corvusは、アポロと彼の恋人であるCoronis the Lapithの神話に関連しています。 コロニスはアポロに不忠実でした。 彼がこの情報を真っ白なカラスから学んだとき、彼はその羽を怒りで黒くした。 Corvusに関連するもう一つの伝説は、カラスがアポロのために 水を汲みに行く途中で止まり、イチジクを食べることです。 アポロに真実を語る代わりに、彼は嘘をついて、ヘビ、ヒドラが水から彼を遠ざけ、証拠としてヘビを彼の爪に保持していると言った。 アポロ、これは嘘だと気付き、カラスを投げた(Corvus)、カップ(Crater)、そしてヘビ(Hydra)が空に向かっています。 彼はさらに、現実の生活でも、カップが手の届かないところにある天国でも、永遠にのどが渇くようにすることで、気まずい鳥を罰しました。 へびつかい座 英語 子供向けwikiより 機械翻訳 カラスは美しい銀色または雪に覆われた白い羽を持っていて、人間と話すことができました。 カラスは神アポロにとって非常に特別な鳥でした。 アポロの恋人コロニスが妊娠したとき、アポロはワタリガラスに彼女を見守るように言いました。 コロニスはアポロへの関心を徐々に失い、人間に引き付けられました。 カラスはひそかに彼女をスパイしていた。 彼はコロニスに新しい恋人がいるとアポロに言った。 アポロは非常に怒っていたので、忠実なワタリガラスの羽を黒に変え、鳥の話す能力を奪いました。 コロニスはアポロの双子の妹アルテミスに殺されました。 コロニスとアポロの子供が住んでいました。 その後、彼はアスクレピオスになり、薬と癒しの神になりました。 別の物語では、アポロは彼のカラスを送り、クレーターと呼ばれる神の杯に水を入れました。 カラスは、いくつかのイチジクが熟してそれらを食べるのを待っていました。 彼はヒドラと呼ばれる水蛇とカップの水を持って非常に遅く戻ってきました。 愚かなカラスは、水蛇のために遅れたと言った。 アポロはだまされませんでした。 彼はカラスを水蛇とコップと一緒に空に置いた。 蛇は喉の渇いたカラスがコップの水に到達するのを止めます。 カラスは、手の届かないところに水を見ることができます。 英語のwikiでは、 からす座の神話 水くみのお使い では、 カラスが嘘をついたのは間違いないようです。 一方 へびつかい座の神話 コロニスの見張り では、 見張り 護衛 を言いつけられていたのでコロニスが浮気をしていたことを告げています。 嘘はついていません。 上記の通り、外国でははっきりと別の話になっていますが、日本の多くの星の神話紹介だと、コロニスを見張っていた真面目なカラスの話 へびつかい座 と、水くみを命じられた嘘つきカラスの話 からす座 、2つの星座をセットで紹介する際に混同されています。 日本の古い本にさかのぼってみた 昭和~明治 かなり長くなったため別記事に分割しました。 自力で遡れた最古の本はこれでした。 」の記述あり。 この時期には他にも天文の本が出ているのでそちらも参照できればもっと色々分かると思うのですが、古い本のため流石に難しいので今回はここまでにします。 へびつかい座の神話で「カラスが嘘を報告した」 まとめ 「日本ではへびつかい座の神話として『カラスの早とちり』『カラスの嘘』『無実の罪』という説が広まった」理由について。 起点が大正時代までさかのぼり、予想以上に古くはっきりしないのであくまで推測ですが。 ・ カラスが意図的に「嘘」をついたという説は、「カラスが早とちりをして意図せず嘘になってしまった」という異説があるへびつかい座と、「意図的に嘘をついた」からす座の神話が 混ざった誤解? あくまで推測 ・現在では「コロニスについての報告で嘘をついたカラス」は異説として紹介に留めている事も多い ・ 「早まった鴉の告げ口で コロニスは 無実の罪を受けた」という説については 「エピダウロスの仕人たちの言い伝え」として、呉茂一「」で紹介されている ・「誤解」説は 外国のwebだと記述が見つかりづらいため、 認知度が低いマイナーな説っぽい? 対して日本での認知度は高い ・日本で「 コロニスの見張りのカラスは嘘をつく性質だった」という話でアスクレピオスの生誕神話を紹介している本は 大正まで遡る それ以前は不明 実際のところはもっとたくさん当時の書籍などを調べないと分かりませんが、自分の手の届く範囲ではこういう推測になりました。 大正の頃の星の神話の本は現在の主流とは異なる神話を紹介していたので、星の神話についてまた読み返してみたいと思いました。 アスクレピオスの逸話 へびつかい座の神話になっている誕生・蘇生薬~死亡、以外の逸話はあまり多くないですが、諸説をご紹介します。 生前 嘘つきカラスの話の説でご紹介した星座の話のHP。 へびつかい座の項目ではこのようなエピソードを紹介していました。 蛇使い座と蛇座の神話。 コローニアスが、アポロンとの子をお腹に宿している時に、イスキュスと不義を働いたため、または結婚したため、アポロンは怒ってコローニアスを殺し、火葬されている母親の胎内から取り出したと言う説。 もう一つは、コローニアスは大盗賊だった父とともに、ペロポーソスに来ましたが、そこでアポロンに犯され赤ん坊を宿したため、コローニアスはエピダウロスと言う所で赤ん坊を産み捨てました。 捨てられた子は、一頭の牝山羊が乳を与え、一頭の犬が番をし守っていた所、犬の飼い主が子供を発見、頭に後光が走っていたため拾い上げた事となっています。 説話に因っては、アスクレピオスの母親は、レウキッポスの娘アルシノエーであるとしています。 その後アスクレピオスは、アポロンによって、ペリオーン山の洞穴に住むケンタウロス、ケイロンに預けられ、医術を授かりました。 彼はのちに名医となり、アテナより、死者をも蘇らせるゴルゴン、メデューサの血をもらい、死者を蘇生させる名医となりました。 アスクレピオスは、カバネウス・リュクールゴス・ミノス王の子グラウコス等を蘇らせ、最後にアルテミスの願いによりヒッポリュトスを蘇生させました。 ゼウスは天地の常道をアスピレクオスが覆す事を恐れ、雷撃を投じて殺し空にあげて星座としたそうです。 後代になってアスクレピオスは、ヘラクレスとカリュドーンの猪狩りやアロゴ探検隊に加わったとされましたが、本来は関係してないそうです。 アスクレピオスはギリシャ全土で名医としてまつられその祠には蛇がたくさん飼われ、また犬も同様に飼われていたそうで、多くの奇蹟が碑文等で伝わっているそうです。 この記事の最初に紹介した「それぞれの共同体は独自の物語を作り出し広めた」 アスクレピオスの神話について母親の出自が違うバージョンが土地土地で作られていた の異説について触れています。 アスクレピオスの生誕説ご当地バージョンがいろいろあるという話。 この記事の母親についての諸説は「」のアスクレピオスの項目がソースかと思われます。 「ゴルゴーンの血」もこの本。 その他のアスクレピオスの生前の逸話については上記の記事にも挙げられていますが。 すると右の手とか脇腹からの血云々の話と繋がらなくなるため、元々はどの本にどういう経緯で渡されたと書いてあったのか確認したい 神になり祀られた後の話 ・エピダウロスの医療神域にて「こういう夢を見た」「こういう出来事があった」「その結果病気が治った」という逸話 ・当時の創作、ギリシャ喜劇「福の神」に登場。 霊験あらたかな治癒神として他の神の病気を治す ・前291 ローマの大疫病。 疫病に苦しむローマに分社を作る事になった時に蛇が船に乗り込みローマへと渡ったという逸話 この蛇がアスクレピオス本人と考えられている その他、蛇の姿で顕現した神としては、アンフィアラオス、アスクレピオス、ヒュギエイア、グリュコーン等があげられる。 このうち、医療の神として有名なアスクレピオスは、治癒に関する祭祀や聖域の建設のため、アテナイ、コース、ペルガモン、ローマ等の諸都市を蛇の姿で巡ったと伝えられている。 オウィディウスの「変身物語」第15巻622以下には、華麗な大蛇に転身したアスクレピオスが、ローマで起こった疫病を鎮静するために、使節団に随行されながらエピダウロスからローマへと運ばれて行く様子が、壮麗で優美に表現されている。 ギリシャおよびローマ医学の概観 青空文庫 使節がエピダウロスに送られ、アスクレピオスに助けを求めた。 使節はアスクレピオスの神像を持ち帰ったが、彼らの船がテヴェレ川(イ:Tevere、英:Tiber)を遡行しているときに、航海中に隠れていたヘビが船から滑り出て、アスクレピオス自身がローマ市民を助けに来たと信じていた人々が歓迎している土手に上陸した。 オウィディウス(Ovidius:英語名 Ovid、ローマ詩人、43BC-c. 17AD)はこの神について次のように詠っている。 「私は私の神殿を出発して来た。 このヘビは野心的な動きをしている 私の杖は円を描いてヘビにすべての道を示している。 彼の形は大きくなり堂々とするだろうと思う、 そして神があるべきように変化し、ローマを助けるだろう。 」 オウィディウス「変身物語」xv こういったエピソードが有名です。 あとは直接本人の話ではないですが、イーリアス他のトロイア戦争関係の物語で息子たちの話が綴られています。 「アスクレピオスの息子のマカオン」という説明で記されています 弟ポダレイリオスが、兄が死んだ後に嘆く言葉から、トロイア戦争時点でアスクレピオスは既に死んでいるのが分かる。 調べきれていないのでまだまだ漏れがあると思われますが、アスクレピオスの主だったエピソードは挙げられたと思います。 アスクレピオスは神話自体は少ないのですが、複数のバージョンが有るので調べてみると奥深いです。 呉茂一さんの「」のアスクレピオスの説明では ・アルゴー船に乗っている ・乗船時に治療行為をした話に触れている ・息子たちの活躍に触れている など、色々な説について取り上げています。

次の

へびつかい座(13星座目)とは?へびつかい座の神話や性格について

へび つかい 座 いつ

Contents• 13星座占い(13せいざうらない)とは? 13星座占いとは、西洋占星術を簡略化した占いの一種です。 星座占いといえば、今まで12星座占いとなっていましたが、その12星座へびつかい座をくわえた発展系の占いです。 これは、占星術上の十二宮が生まれたいきさつにはこだわらない占い方です。 現代天文学に基づき、実際の黄道上にある13個の星座を用いることで、新機軸を狙ったものになります。 13星座占いはいつから? 13星座占いとはいつからあるのでしょうか? 13星座占いという言葉が言われ始めたのは、1995年のことです。 20年以上前のことなのですね。 天文学者のジャクリーン・ミットン Jacqueline Mitton が、イギリスの新聞「デイリー・テレグラフ」のジョーク記事の投稿からのきっけけです。 今までの天文学の星座区分では黄道上には12星座以外にへびつかい座もあることを指摘し、占星術に取り入れてみてはと揶揄したことによります。 そしてそのジャクリーン・ミットンのへびつかい座論をとりいれ、同じ年の1995年に占星学者のウォルター・バーグ Walter Berg がは13星座占いに関する本を多数出版しました。 そのことに関してジャクリーン・ミットンは、 占星術上の伝統的な『サイン』と、天文学者たちが実際に観測して利用している天球上の星座と太陽とが重なる位置は、約二千年前は一致していが、 しかし、現在の黄道には十三の星座がある。 太陽の軌道は以前から「へびつかい座」を通過していたのに、伝統的な占星術の研究者からはなぜか無視されて続けられた。 この十三番目の星座は伝統的な占星術の枠組みを大きく変えるだろうと寄稿もしています。 そういったことから、13星座占いといったものがでてきたようです。 しかし、まだまだ日本でもメジャーではないですね。 13星座占い誕生日からの早見一覧表 13星座占いの星座も誕生日からで占います。 早見表でご自身の星座を調べてみてくださいね。 明るい性格を活かして、人の輪の中にもすんなり入っていくことのできる社交家な方です。 また、人を引っ張っていける実行力も持ち合わせたリーダー的存在にもなれるのでいつも人の中心にいる花形的存在です。 しかし、半面、自分が不利な立場に追い込まれたとき。 急にもろい部分やすすいのでどんなときにでも落ちついて判断する力を養っておきましょう。 しかし、表に見える以上に中ではいつも熱い情熱ももっています。 ですので目標をどんどんクリアしていくことができます。 安定を望みますので守りに入りがちですので相手がいる場合は、相手の主張も受け入れる謙虚さは忘れずにいましょう。 誰かに頼られると思いがけない力を発揮するかもしれません。 頭が良くて明るく、頭の回転が速く裏が読めるという独特の才能もあります。 話もおもしろいのでいつも人気者です。 しかし、どこか心の奥底に超ネガティブな自分がいたりする二面性もあります。 そのあたりが誰とでも心を通いあわすことができることにも通じるのですが、自分の特技に自信をもつことで才能が開花することでしょう。 また、とにかく器用ですので何か困ったことがあっても臨機応変に要領よく切り抜けることができます。 感情が豊かで喜怒哀楽が素直に出てくる人ですので周囲からも素直な人と評価されています。 とにかく、情がとても深いので困っている人なども放っておけない正義感も持ち合わせています。 ただ、情に流されやすく気分にムラがで怒ると手が付けられないくらい感情的になることも・・・。 頼ってくれたり甘えてくれる人に惹かれるといった面もあります。 その反面さびしがりやでセンチメンタルなところがあります。 もちろんその二面性があなたの魅力です。 純粋で屈託のない無邪気なところもあります。 活動的で明るく、みんなのリーダー的存在。 王者の性格でプライドが高く、不器用でな面が臨機応変さに欠けるので、突然のことには対応できず、テンパることも・・・。 目的意識がしっかりともち、自分を上手く表現する事で、道を切り開いていける才能の持ち主です。 清廉潔白で純粋、理性的で細やかな気遣いができる方です。 高潔な意思と完璧主義者の性格から他人の欠点が許せずに攻撃的になってしまうこともあります。 また、清潔好きでもあります。 きちんとしたといったことはいいのですがあまり、その自分の完璧さ、清潔さを他人にも強制しないように気を付けましょう。 周囲の雑音に邪魔されない一人きりの空間や時間をもつことによって自身のバランスを取りやすいです。 誰からも愛される人気者ですが、他人に本音を話さないところもあります。 優しさと冷淡さを併せ持つ世渡りはとても上手だといえます。 あなたはするどい美的感覚も、流行や美しいものには強くひかれます。 しかし、うちには秘めた闘志が隠れている情熱を内に秘め、一度決めたら目的に向かって努力を惜しまないところがあります。 どんな困難にもひるむことなく、持ち前のバイタリティで立ち向かっていきますので実現力も半端ないです。 しかし、その情熱や強さを外に出さないので、なかなか人に理解されないところがあるので、少し自分を出せるように気を付けたいですね。 じっくり付き合っていきたいタイプの人です。 ポジティブな性格、凄まじい実行力で、自分の理想に突き進みます。 多少の困難でくじけることもありません。 その反面、自分の価値観と合わないことには激しく反発します。 集団行動で他人に合わせるのはあまり得意ではありません。 善悪の厳しい基準をしっかりと持っています。 周りの人から理解されない場合もあるかもりれませんが、最終的には周囲の人々も必ず理解してくれます。 秘密な計画と大胆な行動力を兼ね備えたあなたはリーダーシップをとる機会もありますので、人間関係を大事にすることで成功につながりますよ。 思ったことはすぐに行動に移します。 まさに放れた矢のような方です。 ここぞというとき的確な判断を下すことのできる背景には強固な意志と勇気、そして自信があるのです。 周りからは「能天気なヤツ」とおもわれているかもしれませんが、その割に頭が切れて、しっかりとした信念を持っています。 自分が納得しない限り、考えを改めない頑固さも持っています。 冷静に人の忠告を聞けるかどうかがあなたの運を開くことなりますよ。 バイタリテイーと鋭い直感力で冒険的な人生を歩んでいく人も多いです。 ちょっとしたミスでひどく落ち込んでしまったり、リラックスが下手だったりしますので自分を許すことが大切ですね。 もっと自分自身に対して寛容になりましょう。 研究熱心で計画性もあり、ひとつのことを極めるのに努力を惜しまないですので好きな分野をはやく見つけることが成功のカギです 若いうちは苦労することが多いでかもですが、持ち前の忍耐力と持久力で乗り越えることができます。 それでい合理的に物事を考えるのでいつもクールです。 気分や感情に流されてしまうことの少ない人です。 人付き合いはよく、人を楽しませるのが大好きです。 人より一歩先をゆく才能を持っているので、この星座の人には著名な芸術家や天才が多くいます。 また、神秘的なもの、不思議なものに魅かれるロマンチスト。 運命や神の存在に深い興味をもっています。 好奇心旺盛なので、刺激を求めすぎて暴走することもあるのでたまにとんでもない行動をとることもあるようです。 おしゃべり上手で議論好きなあなたはグループの人気者でもあります。 意見の違う人とも意気投合できる柔軟さも持もあります。 相手の気持ちに寄り添えるがゆえに、困っている人を放っては置けないお人好しです。 誰かに物を頼まれると嫌とは言えないのですね。 無償の愛を周りにまき散らすが、精神的にもろい部分があり、誰かに必要とされることで心を安定させている一面もあります。 あなたの素直さは財産ですが一途になり過ぎると思わぬ不幸を招いてしまいますので注意が必要です。 もちろんその素直な性格に魅せられて沢山の人が集まってきます。 そういった人達の協力も成功に導くカギです。 スポンサードリンク 13星座占いの相性 では、13星座占いのでの相性を見ていきましょう。 いい相性となりやすい星座を一覧表でお伝えします。 ま と め いかがでしたか? 今回は、13星座占いとは何かと? いつからか?そんな占いができたのかとその13星座占いの誕生日の早見一覧表と性格や相性などをお伝えしました。 自分の誕生日から性格や運勢を占うといった方法は他にもあります。 生まれた日というのは、性格や運命にいろいろ関係することはありますね。 しかし、それも指針としてですのでそれにこだわることはないですね。 でもこの13星座占い、実はやってみると12星座の今まで言われてきた性格よりしっくりしてました。 個人差があると思うのですが、好きな人や家族などの相性などを見るときには自分に都合のいいほうの占い結果を使うようにしています。 こうやって占いをみるときって好奇心やちょっと迷ったりしているときが多いかなと思います。 そのとき目にしたものが自分に欲しかった言葉などがあったときにはそれをみることで希望が持てるといったこともあります。 そういう使い方でまたこの13星座占いも使っていけたらなって思います。 話のネタでも13星座だったら「何座?」といったことも話題にはもってこいですよ~。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の