ワンナン 半 グレ。 『ザ・ノンフィクション』元受刑者への支援は“甘え”なのか?「半グレをつくった男 ~償いの日々…そして結婚~」(2019/09/24 16:27)|サイゾーウーマン

怒羅権の馬場義明(大東義明)とは?木村兄弟の弟とタイマンの経験も?

ワンナン 半 グレ

スポンサーリンク こんにちは、リエコです。 本日放送の『ザ・ノンフィクション』では、半グレ集団「怒羅権」(ドラゴン)の創設メンバー・ 汪楠(ワンナン)さんを取り上げ、世間の注目を集めています。 怒羅権は中国残留孤児2世・3世が中心になって作ったグループです。 明確な設立日はありませんが、怒羅権という名前がついたのは1988年頃。 ワンナンさんは、窃盗や詐欺、ドラッグ、殺人などとありとあらゆる犯罪を犯した集団の内幕であり、13年服役していた元犯罪者です。 窃盗に関しては、これまで10億円もの大金を盗んだプロ。 ワンナンさんは、国籍もなければ職に就くこともできません。 そんなワンナンさんがついに結婚をするのです。 そこで今回は「 半グレ集団、初代ドラゴンメンバーのワンナンが結婚!嫁は中国人の経営者」と題しまして、半グレ集団、初代ドラゴンメンバー・ワンナンのこれまでの経緯や現在、結婚した嫁や今後について追ってみました。 それではさっそく本題に入っていきましょう。 ウェイトレスとして働いていた母とともに、13歳のときに東京・葛西のアパートで生活をスタートさせます。 ワンナンさんはあるインタビューで「普通、人って誰かを殴るときにためらうじゃないですか。 でも俺らは、何度も喧嘩を繰り返しているうちに、その感覚が麻痺してしまった。 相手が死ぬかもしれないとわかっていても、一切躊躇はなかった。 それだけです」と過去を振り返っています。 半グレ集団「関東連合」と並び、「怒羅権」の名前は広く知られていますが、その成り立ちは謎です。 ワンナンさんは、来日して1週間後、近くの葛西中学に通い始めました。 当時、葛西には「常盤寮」という残留孤児の受け入れ施設があり、葛西中学にはそこの子たちなど60人ほどの残留孤児ジュニアがいたそうです。 しかし、みんな日本語はほとんど話せず、当時は不良全盛時代で、相当イジメられましたワンナンさんたち。 「中国人」をバカにされ、殴られ続ける日々に、やがて自衛のために固まって行動するようになったそうです。 そして、反抗心の強さから怒羅権が作りあげられます。 創設メンバーは12人で、リーダーはいなかったそうです。 暴走族全盛時代の当時、盗んだ単車を無免許で乗り回し、暴走族として喧嘩を繰り返しているうちに、犯罪集団へと大きく変貌を遂げました。 89年、「浦安事件」と呼ばれる乱闘では、50人を相手に刃物を振り回して大暴れした後、メンバーが相手の一人を刺し殺してしまったのです。 自分たちは、正当防衛のつもりでも刺したメンバーは殺人で逮捕されました。 これをきっかけに、警察に対して襲撃をくり返したのです。 さらに、怒りの矛先はヤクザにまで発展し、抗争では何人も仲間が死にました。 90年頃の全盛期には、メンバーが800人ほど。 そして、「府中怒羅権」を作ったのはワンナンさんなのです。 少年刑務所出所後は、違法ポーカー店の仕切りをやり、25歳頃に組から破門され、怒羅権の仲間と事務所荒らしを始めました。 犯罪で総額10億円以上稼いだのです。 00年に逮捕されたワンナンさんは、13年間服役。 服役中は、読書に没頭したワンナンさん、出所後の現在は受刑者に本を送るNPOで活動しています。 ワンナンが結婚!新妻は剛腕経営者で46歳の中国人 だった人が…今は! こんな表情に変わり!一生懸命やっている…良いと思う…被害者が居る事も本人は理解していて一生反省だと思ってますと話してた…このまま頑張って欲しいね。 何でも本人次第なんだよね本当… — ラオウ(裸王 bZmtOIY9Tv8TVem ワンナンさん ご結婚されて、戸籍できたの?こういう方がいる事、知らなかったです。 日本語の語学支援が早い段階でできていたら違った?いや、人種差別だから無くならない?なぜ人種差別が起こるの? — Coral Coral19011970 2人の出会いは、電車の中でワンナンさんが一目惚れしたといいます。 国籍の無いワンナンさんは正式な結婚はできません。 ですが、今回結婚に踏み切ったのは、妻の要望があったからです。 妻は、多数の従業員を抱えるスナックの経営者。 間もなく、バーを開店する予定ですが、そこでワンナンさんに舵を取ってもらうそうです。 妻は中国人ですが、家族も日本で生活しています。 事業に成功した優秀な兄弟を持っていますが、当然今回の結婚には大反対をされました。 ですが、ようやく理解を得て、街の小さな教会で行った結婚式に参列してくれたのです。 妻は、ワンナンさんのボランティア活動にも理解と協力を示してくれています。 ワンナンさんの勘というか、人やモノを識別というのか見る目は一流であるとつくづく思います。 まとめ 今回は「半グレ集団、初代ドラゴンメンバーのワンナンが結婚!嫁は中国人の経営者」と題しまして、半グレ集団、初代ドラゴンメンバー・ワンナンのこれまでの経緯や現在、結婚した嫁や今後について追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。 ベイブリッジから人を突き落とし、ヤクザの腕を日本刀で切り落としたり…。 私たちからはかけ離れ過ぎた人生を歩んできたワンナンさん。 「人生はやり直せる」かつて、半グレを作った男だからこそ言い切れるのではないでしょうか。 ですが、世間はそう甘くないようです。 放送後は非難の声が目立っています。 それでは、ここまでにさせていただきます。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の

半グレ集団・怒羅権(ドラゴン)創設メンバーが「罪を懺悔する」(FRIDAY)

ワンナン 半 グレ

こんにちは。 坊主です。 今回は、汪楠(ワン・ナン)氏を取り上げます。 現在でこそ穏やかな表情を浮かべている彼ですが、実は、半グレ集団「怒羅権」(ドラゴン)の創設メンバーです。 そんな彼の話題が「ザ・ノンフィクション」で取り上げられ、世間の注目を集めています。 半グレ集団——暴力団には所属せず、犯罪を繰り返す集団。 現在は、受刑者や出所者を支援する活動を行なっている。 それは汪楠の過去の罪への償いでもあるのだ。 非道の限りを尽くした末に逮捕され、 13年を刑務所で過ごした汪楠を救ったのは、 1冊の本をめぐる裁判官の言葉と塀の外から届く手紙。 汪楠は過去の罪を悔い、更生を誓う。 出所した汪楠は、 全国の受刑者に本を送る活動を始め、 出所者の「第二の人生」を支援する活動を続けている。 (2019年9月22日放送) 上記の通り、現在のワン・ナン氏は全国の受刑者に本を贈る支援活動を行っています。 一体、ワン・ナン氏とはどんな人物なのでしょうか? 生い立ちや両親について ワン氏の生い立ちがこちらです。 日中国交正常化の1972年、 吉林省長春市に生まれた。 母はバスガイド、 父は地元の病院の副院長も勤めた外科医。 教育熱心な家庭で、 父は毎朝家の壁に掛けた黒板に「お題」を書き、 その日のうちに詩を作るよう息子に指導した。 小学校でも成績は常にトップだったが、 親の 離婚で状況が一変した。 父はのちに残留孤児の 日本人女性と再婚、 その父に誘い出されて86年、 姉と共に神戸行きの船に乗った。 1986年に姉と共に来日したワン氏、父と再婚相手の女性を含む家族7人で暮らしていたと言います。 しかし、当時の彼は日本語を話すことができず、周囲の人間と馴染めずにいました。 ある時は「中国に帰れ」と罵声を浴びたり、いじめを受けたこともあったそうです。 その過程で彼は自身と同じ境遇の残留孤児たちで徒党を組み、これが後に「怒羅権」へと姿を変えて行ったのです。 日本語学級で学ぶ残留孤児二世らでグループを結成、 同じ境遇の二世らがいじめられると仕返しに行き、一躍ヒーローとなる。 このグループはのちに「怒羅権」と名を変え、 準指定暴力団にまで成長した。

次の

【ザノンフィクション】半グレ集団ドラゴン汪楠は先に被害者を救え!

ワンナン 半 グレ

スポンサーリンク こんにちは、リエコです。 本日放送の『ザ・ノンフィクション』では、半グレ集団「怒羅権」(ドラゴン)の創設メンバー・ 汪楠(ワンナン)さんを取り上げ、世間の注目を集めています。 怒羅権は中国残留孤児2世・3世が中心になって作ったグループです。 明確な設立日はありませんが、怒羅権という名前がついたのは1988年頃。 ワンナンさんは、窃盗や詐欺、ドラッグ、殺人などとありとあらゆる犯罪を犯した集団の内幕であり、13年服役していた元犯罪者です。 窃盗に関しては、これまで10億円もの大金を盗んだプロ。 ワンナンさんは、国籍もなければ職に就くこともできません。 そんなワンナンさんがついに結婚をするのです。 そこで今回は「 半グレ集団、初代ドラゴンメンバーのワンナンが結婚!嫁は中国人の経営者」と題しまして、半グレ集団、初代ドラゴンメンバー・ワンナンのこれまでの経緯や現在、結婚した嫁や今後について追ってみました。 それではさっそく本題に入っていきましょう。 ウェイトレスとして働いていた母とともに、13歳のときに東京・葛西のアパートで生活をスタートさせます。 ワンナンさんはあるインタビューで「普通、人って誰かを殴るときにためらうじゃないですか。 でも俺らは、何度も喧嘩を繰り返しているうちに、その感覚が麻痺してしまった。 相手が死ぬかもしれないとわかっていても、一切躊躇はなかった。 それだけです」と過去を振り返っています。 半グレ集団「関東連合」と並び、「怒羅権」の名前は広く知られていますが、その成り立ちは謎です。 ワンナンさんは、来日して1週間後、近くの葛西中学に通い始めました。 当時、葛西には「常盤寮」という残留孤児の受け入れ施設があり、葛西中学にはそこの子たちなど60人ほどの残留孤児ジュニアがいたそうです。 しかし、みんな日本語はほとんど話せず、当時は不良全盛時代で、相当イジメられましたワンナンさんたち。 「中国人」をバカにされ、殴られ続ける日々に、やがて自衛のために固まって行動するようになったそうです。 そして、反抗心の強さから怒羅権が作りあげられます。 創設メンバーは12人で、リーダーはいなかったそうです。 暴走族全盛時代の当時、盗んだ単車を無免許で乗り回し、暴走族として喧嘩を繰り返しているうちに、犯罪集団へと大きく変貌を遂げました。 89年、「浦安事件」と呼ばれる乱闘では、50人を相手に刃物を振り回して大暴れした後、メンバーが相手の一人を刺し殺してしまったのです。 自分たちは、正当防衛のつもりでも刺したメンバーは殺人で逮捕されました。 これをきっかけに、警察に対して襲撃をくり返したのです。 さらに、怒りの矛先はヤクザにまで発展し、抗争では何人も仲間が死にました。 90年頃の全盛期には、メンバーが800人ほど。 そして、「府中怒羅権」を作ったのはワンナンさんなのです。 少年刑務所出所後は、違法ポーカー店の仕切りをやり、25歳頃に組から破門され、怒羅権の仲間と事務所荒らしを始めました。 犯罪で総額10億円以上稼いだのです。 00年に逮捕されたワンナンさんは、13年間服役。 服役中は、読書に没頭したワンナンさん、出所後の現在は受刑者に本を送るNPOで活動しています。 ワンナンが結婚!新妻は剛腕経営者で46歳の中国人 だった人が…今は! こんな表情に変わり!一生懸命やっている…良いと思う…被害者が居る事も本人は理解していて一生反省だと思ってますと話してた…このまま頑張って欲しいね。 何でも本人次第なんだよね本当… — ラオウ(裸王 bZmtOIY9Tv8TVem ワンナンさん ご結婚されて、戸籍できたの?こういう方がいる事、知らなかったです。 日本語の語学支援が早い段階でできていたら違った?いや、人種差別だから無くならない?なぜ人種差別が起こるの? — Coral Coral19011970 2人の出会いは、電車の中でワンナンさんが一目惚れしたといいます。 国籍の無いワンナンさんは正式な結婚はできません。 ですが、今回結婚に踏み切ったのは、妻の要望があったからです。 妻は、多数の従業員を抱えるスナックの経営者。 間もなく、バーを開店する予定ですが、そこでワンナンさんに舵を取ってもらうそうです。 妻は中国人ですが、家族も日本で生活しています。 事業に成功した優秀な兄弟を持っていますが、当然今回の結婚には大反対をされました。 ですが、ようやく理解を得て、街の小さな教会で行った結婚式に参列してくれたのです。 妻は、ワンナンさんのボランティア活動にも理解と協力を示してくれています。 ワンナンさんの勘というか、人やモノを識別というのか見る目は一流であるとつくづく思います。 まとめ 今回は「半グレ集団、初代ドラゴンメンバーのワンナンが結婚!嫁は中国人の経営者」と題しまして、半グレ集団、初代ドラゴンメンバー・ワンナンのこれまでの経緯や現在、結婚した嫁や今後について追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。 ベイブリッジから人を突き落とし、ヤクザの腕を日本刀で切り落としたり…。 私たちからはかけ離れ過ぎた人生を歩んできたワンナンさん。 「人生はやり直せる」かつて、半グレを作った男だからこそ言い切れるのではないでしょうか。 ですが、世間はそう甘くないようです。 放送後は非難の声が目立っています。 それでは、ここまでにさせていただきます。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の