左腰痛み 内臓。 左腰からおしりにかけての痛み・・・いったいこれは何?

左腰の痛みは内臓疾患が原因?

左腰痛み 内臓

骨や筋肉が原因の場合 <1.身体のゆがみ> 身体の左右のバランスが崩れ、片側だけに痛みが出ることがしばしばあります。 ・バッグをいつも同じ肩に掛ける ・同じ方の足を組むことが多い など日常の生活の中でゆがみが生じて、左右の腰骨の高さが変わってしまったり、筋肉の付き方のバランスが悪くなり、片側だけに痛みが生じるのです。 右側の腰が痛いときは、左の骨盤よりも、右の骨盤が上がっている可能性があります。 身体のゆがみは、クセを改善することで、自分で治せることがあります。 バッグは左右均等に持ち、足を組むのはやめましょう。 また、身体のバランスを整えるストレッチや筋トレなどを継続して行うことも効果があります。 <2.筋肉の炎症> 激しく運動をしたり、ひねってしまったことで、筋肉に負担がかかり、炎症を起こすと痛みが起こります。 多くが一時的なものなので、安静にしていれば自然と治ることがほとんどです。 もし、何週間しても痛みが軽減しない場合は、別の病気の可能性がありますので、病院を受診することをおすすめします。 スポンサードリンク <3.椎間板ヘルニア> 椎間板は、24個の腰椎の間にある、クッションの役割をしているものです。 椎間板の中心には髄核(ずいかく)があり、髄核を包み込むように繊維輪軟骨があります。 この髄核がクッションの役割をし、繊維輪軟骨が髄核を保護している構造です。 また、ヘルニアとは、突出した状態のことを指します。 したがって、「椎間板ヘルニア」とは、椎間板が変形し、突出してしまう状態をいいます。 この突出する方向によって、圧迫される神経の場所が異なり、右側に突出した場合、右側の腰が痛む原因となります。 椎間板ヘルニアの特徴には、 腰を前かがみにすると痛みが増す、足に痺れを感じる、ことがあります。 このほか、神経に関連する病状としては、 ・脊柱管狭窄症 ・坐骨神経痛 などがあり、椎間板ヘルニアと同じく、刺激される神経の場所によって、痛みが出る場所が変わってきます。 内臓疾患が原因の場合 <1.急性虫垂炎> いわゆる 盲腸で、虫垂に何らかの原因で細菌が感染し炎症を起こす病気です。 放っておくと、虫垂が壊死し 腹膜炎になって、最悪の場合死に至ります。 特徴的なおなかの右側の痛みに加え、非常に稀なケースですが、右側の腰が痛むことがあります。 急性虫垂炎の場合、腹痛・腰痛のほかに、発熱や嘔吐などの症状が起こります。 早めに発見することができれば、虫垂を切り取る手術をせずに、薬で散らすことができます。 <2.腎盂腎炎(じんうじんえん)> 腎盂(じんう)や腎杯(じんぱい)といった腎臓の組織が細菌に感染して炎症を起こす病気です。 腎臓は左右に1つずつあり、 炎症を起こした方の腰や背中が痛みます。 急性と慢性があり、急性は適切な治療(抗生物質の服用)をすれば比較的簡単に治りますが、再発することも多く、何度も再発を繰り返したり、長期間放置すると慢性化し、腎臓の機能が徐々に弱って腎不全になることがあります。 <3.遊走腎(ゆうそうじん)> あまり聞きなれない病気かもしれませんが、寝ている姿勢のときの腎臓の高さに比べ、立っている姿勢のときの腎臓の位置が10㎝ほど下垂してしまう病気です。 肝臓との位置関係から、腰の右側に痛みがあらわれることが多くあります。 痛みの特徴としては、身体を起こしていると痛みがあらわれ、横になってしばらくすると痛みが治まります。 腎臓が動いてしまうため、腰痛のほか、 血尿やタンパク尿もよくみられる症状です。 遊走腎は重い病気ではなく、腎不全などになることもないため、基本的には経過観察で保存的治療となりますが、極稀に腎臓を固定する手術が行われることがあります。 腹壁筋が弱く、痩せ形で体脂肪が少ない人がなりやすいといわれています。 腹筋や背筋を鍛えたり、コルセットを着用して内臓下垂を防ぐことで、多少の予防はできますが、根本的な解決にはならず、腎臓周辺の脂肪増加させ、腎臓を支えることが大切です。 ・尿路結石 ・膀胱炎 ・前立腺肥大症 ・胃潰瘍、十二指腸潰瘍 ・子宮筋腫 ・卵巣膿腫 なども右側の腰が痛くなる原因として考えられます。 腰痛の原因が内臓系の病気による場合、 常に痛みを伴うのが特徴となります。 立って動いている時でも、横になっていても、痛みは和らいだりしません。 まとめ 右側の腰が痛む原因は、単なる疲労や腰痛だけでなく、内臓疾患からも起こり得ることがわかりました。 腰の痛みは、ほとんどの場合は筋肉や神経による痛みです。 しかし、激しい運動をしたり、重いものを持ち上げるなどの作業していないのに、右側の腰が痛む場合は、内臓疾患かもしれません。 一週間以上経っても、痛みが治まらない、むしろ痛みが強くなったりした場合は病院へ行き診察を受けましょう。 右側の腰が痛む時は、まずは 整形外科を受診しましょう。 関連記事としてこちらもご参考下さい。

次の

内臓の病気による腰痛、緊急を要する腰痛、よくある腰痛について

左腰痛み 内臓

原因を特定できる腰痛のうち、腰痛全体の約10%を占めるのが、やなど腰の神経の障害により起こるものです。 また全体の約2%は、内臓の病気による腰痛だと考えられます。 内臓からの神経の多くが腰に伸びているため、、、、慢性の十二指腸潰瘍、などで腰痛が起こることがあります。 腰痛を起こす重い脊椎の病気には、、がんの骨への転移、背骨の圧迫骨折などがあり、腰痛全体の約1%の患者さんがいると考えられています。 腰痛全体の85%を占める 非特異的腰痛の多くは、腰の椎間関節や筋肉などに原因があるといわれていますが、原因を特定するには、腰のある箇所の神経をまひさせて痛みが取れるかどうかを確認する検査を何か所も行う必要があるため、原因の特定までは行わず、痛みをとる治療が優先されます。 【 腰痛 危険度チェック】 (1)じっとしていても痛む (2)背中が曲がってきた (3)お尻や脚が痛む・しびれる (4)脚のしびれにより長く歩けない (5)体を動かしたときだけ 腰だけ痛む 「腰痛 危険度チェック」表の(1)~(5)のうち、(1)の「じっとしていても痛む」に当てはまる場合、 重い脊椎の病気や内臓の病気の可能性が考えられるため、危険度は大です。 (2)の「背中が曲がってきた」に当てはまる場合、が起きている可能性があります。 骨粗しょう症は、骨の中がスカスカになる病気で、閉経後の女性に多く起こります。 50歳過ぎから背中が曲がってきたら要注意です。 (3)の「お尻や脚が痛む、あるいはしびれる」、(4)の「脚のしびれにより長く歩けない」いずれか1つでも当てはまる場合、 や など、腰の神経の障害が原因で症状が起こっている可能性があります。 これらの病気は進行することがあるため要注意です。 (1)~(4)の項目に1つでも当てはまる場合は、一度医療機関を受診することがすすめられます。 (5)の「体を動かしたときだけ腰だけ痛む」のみ当てはまる場合、腰の椎間関節や筋肉などが原因の腰痛である可能性が高く、その場合、当面の危険はありません。 ほとんどの腰痛は1か月以内に痛みがなくなる心配のないものです。 ただし、 症状が悪化した場合や、3か月以上症状が続くの場合は、整形外科を受診することがすすめられます。

次の

腰の痛みが右側の時は内臓が悪い?

左腰痛み 内臓

左腰の痛みの原因は• 内臓疾患(泌尿器系も含む)• 骨や筋肉、椎間板など• 風邪、自律神経失調症など 「やっぱり左の腰が痛いのは内臓の病気も考えられるんだ」とお思いかもしれませんが、思い当たる節がある場合はもちろん注意が必要です。 内臓自体は『沈黙の臓器』と言われるものが多いので、もし左腰の痛みの原因が内臓疾患であった場合は、急性の疾患か症状がそれなりに進行している病気かもしれません。 ・・・と、あまり脅しが入る文章になるのも良くありませんので、心配な方はまずをご覧ください。 もし内臓疾患が原因で『体の左側』の腰や背中に痛みが出る場合は、以下の臓器が原因になりやすいようです。 左側の肩や肩甲骨まわり(もしくは腹部)... 心臓、胃、脾臓• 左右の背中から腰上部の痛み(もしくは腹痛)... 膵臓、腎臓• 左右、中央の腰全域(もしくは腹部)の痛み... 小腸、大腸• 腰の下の方の痛み(もしくは腹痛)... 膀胱、子宮、前立腺 これらの臓器は体の左側にあるので、どうしても左腰の痛みに関連しやすいと言われています。 しかし、坐骨神経痛の症状が心筋梗塞の前触れだった方もいたので、『何かいつもの腰痛と違うな』と違和感を感じたら、病気を疑ってみる事も大切です。 左の腰が痛い場合もそうですが、内臓疾患も『どこまで症状を改善できるか』は早期発見が第一です。 こちらのページと関連した項目はでも説明していますので、そちらも合わせてご覧ください。

次の