白雪姫 殺人 事件 ネタバレ。 白ゆき姫殺人事件 犯人ネタバレ&結末の真相まとめ 嘘つきは誰?!犯人の本当の殺害動機とは?

白ゆき姫殺人事件のレビュー・感想・評価

白雪姫 殺人 事件 ネタバレ

今日の読書感想はこちらです。 「白ゆき姫殺人事件」湊かなえ 映画化された有名な作品です。 映画は見ていないですが、小説はおもしろかったです。 以下ネタバレあります。 構成が凝ってます 文庫版を読みましたが、ストーリーの構成が変わっていて、かなり凝っています。 まず、ストーリーですが、美人で評判のいいOLが殺されます。 そして、その犯人として同期のOLが社内で噂されます。 その噂を聞いた週刊誌の記者がその内容をネットにあげたり、記事にしたりすることで世間にも知れ渡るようになり、同期のOLが犯人と確定したように世間で扱われるようになります。 はたして、本当に犯人なのか・・という話です。 まず、小説の構成ですが、人の言葉のみで展開していきます。 会社の子であったり、犯人とされたOLの友達だったり、または友達からの手紙だったりなどで、「わたしは・・」といった一人称の文章になっています。 会話や状況説明などは一切出てきません。 基本的に、記者目線での話で進んでいきます。 インタービューした内容や出版社に来た手紙などで進んでいき、最後に犯人扱いされたOLの手記でラストを迎えます。 同期OLを悪く言う人、良く言う人が交互に出てくる感じで、実際このOLはどんな子なのかがわからなくなってきます。 ひとつの動作をとっても人によって捉え方がバラバラなので、いい子なのか悪い子なのか全くわからないです。 このOLが本当に犯人なのかどうか、実際はどういう子なのか、あの時の行動はなんだったのかなど、すごく気になる点が多いので、最後の同期OLの手記はのめり込んで読みました。 ラストは想像していない意外な展開でした。 Twitterのようなもので拡散 この小説の構成でもうひとつおもしろいのが、後半に資料としてどのように同期OLが犯人として扱われるようになったのかが別にまとめてあるところです。 資料には、Twitterのタイムライン(小説では「マンマロー」と呼ばれています)や週刊誌の記事、新聞記事、ブログなどが載っています。 前半は人の言葉だけですが、段落ごとに「資料XXXページ参照」と紹介されており、事件の真相はこちらを読まないとわからないです。 ただ、その都度後半の資料を見るのもいいとは思いますが、わたしは最後にまとめて読むほうをおすすめします。 意外な結末なので、その真相をもう一度後編の資料を見ながら追っていくと、この小説の面白さがあとからじんわりくると思います。 「この子が言っていたことはこうやって記事になってたのか~」とか思います。 特に、Twitterのタイムラインの展開はおもしろいです。 実際「こんなつぶやきしたらこういうツイート返ってきそうだな」てのが多くて、読んでいて引き込まれました。 人に対するヒガミ この小説の根本になるのは、女性間のライバル心、ヒガミがあります。 あと人よりきれいになりたい、いいものを着ていたいなど、比較されても負けたくないという思いからいろいろなことが起きてきます。 (「いろいろなこと」はネタバレなので触れないでおきます) 映画では「犯人扱いされるOLの名前や住所がネットで拡散していき、彼女が犯人であることが確定したように扱われる」という点がクローズアップされているように思いますが(実際映画は見ていませんが(笑))、小説では女性どうしの感情のぶつかり合いが大きなテーマだと感じました。 例えば、犯人扱いのOLの笑顔は、嫌いな人から見れば「気色悪い」「暗い」と表現され、仲の良い友達からは「癒される」「屈託がなくかわいい」と表現されます。 社内という限られた範囲内での人付き合いの本質を付いているような小説でした。 女性に限らず男性のわたしでも、「そういうふうに言ってしまうことあるよな~」と思いました。 「意外なラスト」と「凝った構成」でとてもおもしろいミステリーでした。

次の

白ゆき姫殺人事件のレビュー・感想・評価

白雪姫 殺人 事件 ネタバレ

ネタバレ あらすじ 白ゆき姫殺人事件 長野県 国定公園のしぐれ谷で化粧品会社に勤務する三木典子の焼死体が発見されます。 美人で有名だった典子が働く化粧品会社は白ゆき石鹸が流行っていたことからツイッターでは「白ゆき姫殺人事件」と話題になりました。 ツイッターでつぶやくのが日課のテレビ曲映像制作契約社員の赤星雄治は大学の同級生、狩野理沙子から電話があり被害者の典子が狩野の教育係だっため警察から聴取を受けた事を聞かされます。 犯人は地味な社員である城野美姫だという噂があると聞きいつも怒られている赤星はチャンスだと思い取材を始めます。 化粧品会社関係に取材 事件のあった夜は間山先輩の送別会が開かれており風邪気味の典子が帰った後すぐに後を追った美姫が目撃されていました。 それだけでなく夜中に東京駅に向かって走る姿も目撃されておりそれから母親が危篤だという理由で会社にも来ていませんでした。 美姫は上司の篠山のために弁当を作って渡していたが典子と付き合っていることを理由に断られたことが分かります。 典子の私物が度々無くなる事件が多発しており篠山を取られたことに頭にきた美姫が嫌がらせを始めそれがエスカレートして殺したのだろう推測します。 番組では赤星が取材したニュースが流れ大好評となり今までグルメ担当だったのに報道もいけるんじゃないかと褒められ有頂天となりキャバクラで騒ぎます。 しかしイニシャルSと報道されたことでネットでは美姫の名前と顔が出てしまい、大学の同級生から番組宛に手紙が届き殺人を犯すような人ではないことと万が一殺してしまったら責任を感じて自殺してしまう人だと書かれていました。 赤星は取材した情報を大好きなツイッターに流しており上司から厳しく怒られ、今まで称賛してくれていたフォロワー達も自分が名乗らないのは卑怯だと否定の嵐になります。 小、中、高の同級生に取材 高校の卒業文集には犯罪しそうな人ランキング2位に名前がありました。 男子学生がサッカーボール変わりに蹴った雑巾が美姫の頭に乗り「許さない」と発言したあと男子学生が車に轢かれる事件があり「呪い」だと噂が広まりました。 小学の同級生、谷村夕子は永沢の街一番の美人と言われ有名だったが、ある日あかねが夕子の字がタコと読めると馬鹿にしてから虐めが始まりました。 それでも美姫だけは友達のままでいてくれて、ある日「呪いの儀式」を行うため美姫と夕子は人形を切って釘を刺し燃やすが明神様が燃えてしまい火事となってしまった。 夕子と美姫の家は見えるところにあり虐められた日は必ず夜になるとローソクを点けその前に本を出したり引っ込めたりして美姫はメッセージ 私だけは味方でここにいる を送っていた。 火事になった事件のこともあり互いの両親が遊ばせないようにしてから会ってはいませんでした。 報道では赤星の取材をもとに容疑者Sさんが殺人を犯したのは過去にある暗い闇が原因ではないかとニュースになります。 また美姫の両親は会社をサボったことを謝罪しただけだったが殺人を認め謝罪したように流れました。 結末 ツイッターや報道番組を見て美姫は自分が誰なのか分からなくなります。 入社挨拶で「お城に住む姫の城野美姫さんには名前で負けてますが仕事では負けません」と典子に発言されました。 オシャレな間山先輩の服をすぐ真似したりお茶すら入れられない典子は美貌なため客に出す時だけ頼まれる人でした。 上司の城山に恋をしてお弁当を作るようになり、そして抱かれるが典子に誘惑され彼を横取りされました。 典子の本性を分かっていたのにショックを受けるが大好きな芹沢ブラザーズのメロディーを聴いて立ち直ります。 城山に振られても平気でいる事にイラついたのか典子は芹沢ブラザーズのコンサートのチケットが一枚あるからあげると近寄ってきたが当日の朝にやっぱり私が行くからと突き放されます。 さすがにショックを受けていると狩野が近寄ってきました。 風邪気味の典子に狩野は睡眠薬作用が強い風邪薬を渡し間山の送別会でお酒をどんどん進めました。 典子が帰る時に車で送っていくと声をかけた美姫は寝てしまった典子のカバンから芹沢ブラザーズのチケットを奪い車を狩野に任せて駅まで走りました。 出待ちしていた時にファン達に押され一番前にいた美姫が雅哉を突き飛ばしてしまい階段から落ちてしまいました。 怖くなった美姫は逃げるようにホテルに戻り泣きながらベッドに倒れました。 母親が危篤だと嘘をついて休暇を取るがネットを立ち上げると雅哉を突き飛ばした女性を責める言葉であふれ、それだけでなく何故か「白ゆき姫殺人事件」の犯人が自分となっていました。 眠った典子をそのままにした美姫は責任を感じロープを首に巻いて自殺しようとした時、白ゆき姫殺人事件の犯人が逮捕されたとニュースが流れました。 犯人は狩野理沙子 狩野も美姫と同じように典子から裏で嫌な思いをされて表向きには良い顔をされていました。 度々起こっていた盗難事件は日頃のストレスを解消するためだったがそれが典子にばれてしまい会社で暴露されるのを恐れ美姫を唆して殺す計画を立てました。 美姫がいなくなった後、車を国定公園のしぐれ谷まで走らせ滅多刺しにして灯油をかけて焼き殺し、大学の同級生だった赤星に連絡して捜査の目をそらすため美姫を犯罪者のように誘導したのです。 無関係者を容疑者扱いして報道した番組は謝罪に追われます。 美姫は祖母が亡くなったので実家に戻ると夕子の家からメッセージ「小学生の時にやっていたロウソクの火」が送られているのに気付き涙を流しながらメッセージを返します。 ネットでは無関係者を殺人者と間違えて取材した赤星を攻め立て名前や住所、顔写真が拡散されていました。 契約も打ち切られた赤星は美姫の両親に謝罪 受け入れられなかった した帰り美姫が運転する車に轢かれそうになります。 自分が誰か分からないと訴えると美姫は「良いことありますよ、きっと」と言い走り去りました。 赤星は最後まで美姫に気付かずフラフラと歩き出しました。

次の

白ゆき姫殺人事件|動画フルを無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

白雪姫 殺人 事件 ネタバレ

「白ゆき姫殺人事件」湊かなえ(集英社) 美人OL三木典子がメッタ刺しにされたあげく焼死体で発見された事件をきっかけに、同僚の地味なOL城野美姫が犯人ではないか? と疑われるも事件後に失踪。 謎解きやトリックなどはなく、事件を取材される人達の不確かな証言・メディアの過熱報道・ネット上での誹謗中傷や個人情報の流出などを盛り込み、「情報」というもの曖昧さや人間の嫌な裏側を浮き彫りにした作品。 イヤミス女王が書いたこの作品は!? 地方の化粧品会社で年齢が近い女性社員が多いとなれば、そこには有象無象の嫉妬や意地悪、虚栄心が渦巻いてます。 そこへ東京から週刊誌の記者が取材に来たことで、同僚も友人も自己顕示が表れてきます。 でも女性はバレない程度に小出しにします、「目立ちたいわけではないんです」とまわりに思わせたいから。 そしてその心理を説明的に書くのではなく、取材からの会話とSNSの文章で表現しているところに、湊かなえさんならでは世界を感じる事ができるのです。 本文と関連資料という構成で新ルートを開拓! スタートとゴールを決めて書き始める湊さんは、小説を書くことを山登りに例えています。 山の頂上を小説の結末とするならば、そこへ至るルートはたくさんあります。 この小説は、本文約200ページに対して関連資料が約80ページほどあります。 本文のほとんどは、週刊誌フリー記者の赤星の取材記録のような形で綴られ、関連資料には登場人物が書き込んだSNSのログや週刊誌の報道記事が記載されています。 各章ごとに関連資料を読むことで、本文で語られた登場人物の証言とSNSで書かれていることが食い違っていて、読者は騙されたことに気づいていきます。 本文と関係資料、会話とSNS、という新しい表現方法を取り入れ、新ルートを開拓した湊さんのアイデアが光る作品です。 「私だけが知っていること」「ここだけの話」と言いつつも話される内容は、その人なりに解釈が加わり盛られた情報となっています。 嘘をついているわけではないので当人の罪の意識は薄く、ましてやそれが誰かから聞いた話となれば、元の原形と違った情報に変わってしまいます。 ネット上ではそういった盛られた情報だらけだという恐さも描いています。 誌面やネットで活字としての情報を見る時に、果たしてそれは真実なのか言いようない不安を憶えます。 本心だけで付き合える人間関係がいかに少なくて難しいか… ほとんどの女性がそんな経験をしているだけに、後味が良い小説とは言えませんが…やはり湊かなえ作品、その読後感が醍醐味なんです!! 監督・中村義洋、出演・井上真央、綾野剛。 原作者の湊さんは、映像化できないだろうという気持ちで小説を書いているそうですが、映画「白ゆき姫殺人事件」を見た感想は「心地よい敗北感」だったそうです。 ストーリーの核となる冒頭の三木典子の死体が綺麗でしたね〜。 綺麗過ぎて、その時点で男女問わず少なからず嫉妬まじりの視点で見てしまうことになります。 ツインピークスのローラ・パーマーではありませんが、綺麗過ぎる死体というのは、知りたい! 見たい! という気持ちをさらに掻き立てます。 つまり見ている私達も無責任な群衆の1人となってしまうのです。 こんな美人が惨殺されるなんてよほどの事情があったに違いないと。。 綾野剛がダメ男を、井上真央が地味OLを好演! 映画では赤星が映像ディレクターになっていますが、TV業界でいい加減にテキトーな仕事をしているというキャラクターを、綾野剛さんがまさにその薄くてチャラい雰囲気を出してくれています。 TV業界に限らず、いますよね、こーいうヤツ。 地味さ真面目さが人を少しイラっとさせてしまう、というところまで演じてくれているのです。 前谷は城野の無実を証明すべく赤星に抗議の手紙を書きます。 その行為がどれだけ人を傷つけたり、迷惑なことをしているのかわかっていないだけでなく、むしろ良いことをしていると思ってやっている、というところを強調しました。 そのこだわりは前谷の部屋のセット作りにも表れていて、あえて『本物ではなくウソっぽく』作られています。 童話の白雪姫では鏡は重要なアイテムです。 罪のない傍観者でいることが難しくなっている今、「白ゆき姫殺人事件」は小説も映画も「果たして自分はどうなのか? 」を映し出してくれる鏡的アイテムなのかも知れません。

次の