アカデミー 野田。 アクシブアカデミー野田阪神校が12月新規開校!

野田校

アカデミー 野田

NODAレーシングアカデミー 学校長 野田英樹 萩原 誠司 美作市長 片山 義規 株式会社岡山国際サーキット 代表取締役社長 この度、美作市において本校開校について快くお引き受けいただきましたこと大変嬉しく感謝申し上げます。 この開校には、美作市で優れたコースを備える岡山国際サーキットの片山義規代表取締役社長をはじめ、関係者の皆様方の多大なるご尽力ご協力により実現いたしましたこと重ねて御礼申し上げます。 プロ・レーシングドライバーの育成のみならず、美作市の地域の方々との交流や地域活性化のお役に立ちたいと存じます。 この度、特定非営利活動法人 青少年少女モータースポーツ振興会が運営する「NODAレーシングアカデミー」が美作市に開校され、大変喜ばしく、心から歓迎いたします。 美作市は、温泉や美しい自然と景観に恵まれた里山でありながら、一方では、サッカー・ラグビー場や宮本武蔵武道館などを有するスポーツの町でもあります。 市内、英田(あいだ)地域にあります「岡山国際サーキット」も国内外から年間50-60万人が観戦・参戦に訪れる国際級サーキットであり、自転車レースやマラソンなど一般の方が参加できるイベントも開催されています。 美作市に開校を決められた野田英樹校長には、感謝申し上げます。 大きな夢を持って国際的なプロ・レーシングドライバーを目指す子供たちと、それを支えるプロの講師陣を抱える「NODAレーシングアカデミー」を、市を挙げて応援してまいりたいと存じます。 また、開校に際しまして多大なご協力を賜りました株式会社岡山国際サーキットの片山義規代表取締役社長にも謝意を申し上げます。 「NODAレーシングアカデミー」の開校により、御校と岡山国際サーキット、そして、美作市が相互に交流し地域活性に繋がることを期待するとともに、美作市が取り組む重点施策として位置づけ、全面的にサポートしてまいります。 「NODAレーシングアカデミー」校長、野田英樹氏のモータースポーツに対する熱い思いに応え、萩原誠司美作市長はじめ多くの地元の皆様のご理解・ご協力により、美作市から世界に向けてモータースポーツの育成活動を発信できることを嬉しく思います。 若き才能あふれるレーシングドライバー育成のフィールドとして、この自然豊かな美作の地で、モータースポーツを通じて健全な心身を育み、多くの若者がモータースポーツの最前線に羽ばたいてゆくことを期待しております。

次の

野田阪神校

アカデミー 野田

野田阪神校はこちら <住所> 〒553-0007 大阪市福島区大開1-1-1 桂文ビル6階 <最寄駅> 大阪メトロ千日前線 野田阪神駅 徒歩1分 JR東西線 海老江駅 徒歩2分 阪神本線 野田駅 徒歩2分 <近隣エリア> 大阪市 福島区、北区、中央区、西区、西淀川区、港区、此花区 合格実績と口コミの一部 2019年度名古屋大学合格! アクシブアカデミーの口コミ(Googleの口コミより) 大学受験に向けてこんな悩みを抱えていませんか? ・どうしても行きたい大学があるが偏差値が全然上がらない ・勉強方法がわからず、どうしたらいいかわからない ・大学受験の制度が複雑すぎてわからない ・逆転合格の個別カリキュラムが欲しい ・参考書はでは解けるけど、模試や過去問では途端にできなくなる ・1から受験勉強を教えてほしい ・どうしても短期間で逆転合格したい こんな悩みは解決できます! 偏差値が志望校のレベルに届いていなくても、逆転合格する方法はあります。 効率的に勉強できる方法を学び、学習の質と量を高めることで逆転合格は実現できます。 現状届いていなくて悩んだり、諦めてしまうという人もいるかもしれませんが、そんな必要は全くありません。 大学受験の仕組みを理解し、偏差値が低くても、志望校のレベルに届いていなくても合格する方法はあります。 アクシブで逆転合格を実現している方法を説明させていただきます。 大学受験は戦略がなければ失敗します! よく保護者様から 「模試でA判定でないと合格できないんですよね?」 「模試で判定が悪ければあきらめるしかないですよね?」 「大手予備校のHPに載っている偏差値を上回らないと合格できませんよね?」 のようなことをお聞きします。 これは大きな勘違いです。 大手予備校さんが出している判定や大学の偏差値はその偏差値では受からないという意味ではありません。 受験して合格した人の模試の偏差値の平均がその大学・学部の偏差値として算出されているにすぎないのです。 その平均を超えていれば合格する可能性は高くなりますので、A判定やB判定は合格率が高くなりますが、平均が偏差値60ということはそれより上の人もいれば、下の人もいるということになりますので、偏差値が60に届いていなくても合格する可能性は十分にあるということです。 また、大学入試は模試とは全く違います。 大学によって出題傾向、よく出題される分野、問題の出し方・聞かれ方、難易度、問題量など傾向はまるで違います。 模試では満遍なくその生徒の学力を計るのですが大学によって求める能力が違うためそれぞれの大学に合わせた対策をすることが非常に大切になってきます。 これは高校受験とは全く違う考え方となりますので、ぜひ、注意してもらいたいと思います。 さらに、配点や科目数も大学によってまちまちです。 国公立大学でもセンター試験(2021年の試験から大学入学共通テスト)5教科7科目が必要で、2次試験が文系なのに数学が必須の大学もあれば、センター試験、2次試験も3科目しか必要ない国公立大学もあります。 同じ大学・学部を文系3科目でも、理系3科目でも受験することができるなどもあります。 このように大学受験は制度も複雑で、やるべきことは個人個人で全く違うものになります。 そのため、アクシブでは大学受験は戦略が最も大切と考え、生徒一人一人に合わせた受験戦略を立てます。 行きたい大学に向けた受験戦略を明確にして、どの科目のどの範囲に最も力を入れるかなどを戦略的に効率よく勉強することが逆転合格では最も重要です。 受験戦略を決めたとしても、何をどれだけしなければならないのかを知る必要があります。 受験戦略だけではゴールがわかってもプロセスがわからないという状況です。 アクシブアカデミーではそのプロセスを可視化し、生徒一人一人に年間カリキュラムを作成するだけでなく、1日単位で何の勉強をしなければならないかを明確にしていきます。 教室長や講師が受験戦略に基づき、ゴールまでにどの参考書をどれだけやるのか、映像授業をどのように見るのかなどを明確にした「年間計画表」を作成し、何をどれだけやらなければならないかを可視化します。 1年間のやることが明確になると、大変と感じることはもちろんありますが一つ一つ進んでいけばいいと考えられるようになり前向きに勉強できるようになってきます。 それを毎月の教室長による「進路面談」により状況を確認したり、志望校が変わってないかなどを面談で把握していきます。 アクシブアカデミーは毎月この進路面談を実施することで他の塾・予備校よりも圧倒的に生徒の把握ができ、受験生を迷わせずに進めさせることができるようになっています。 また、受験学年の夏以降になると一般入試だけではなく、指定校推薦・公募推薦・AO入試など推薦入試についても話をしていきます。 受験が近くなるにつれて進路面談の回数は増えるケースが多く、受験生の不安を常に解消させることを意識しています。 それを実現するのが、アクシブアカデミーの特徴的なサービスである「戦略面談」です。 戦略面談は毎週行われ、1週間の勉強スケジュールを明確にすることを第一の目的にしています。 年間計画を1日単位まで落とし込み今何をすべきかを全て戦略面談で伝えています。 大学受験の科目指導は非常に難易度が高く、1:2や1:3の個別指導では十分な指導ができないと考えています。 1:1で個別授業を行うことで下記のようなメリットがあります。 ・1:1だからこそ生徒との対話が増える ・生徒からのティーチングを行い、講師がチェックすることにより理解度をチェックできる ・インプットは事前に行い、授業ではアウトプットを重視できる ・1:1だから大学別の個別対策がしっかりできる このようなメリットは1:1でしかできませんので、アクシブアカデミーでは1:1にこだわった個別授業を行なっています。 生徒の理解力や記憶力を高めるためには、集団授業のように聞くだけの授業ではいけません。 受動的に聞くだけの授業では効果は限定的となってしまいます。 アクシブアカデミーは1:1の個別授業でアウトプットを重視し、アクティブラーニングをできるような対話形式の個別授業を意識しています。 そうすることで、受動的な今までの授業よりも大幅な効果が期待できます。 授業のときだけに塾・予備校に通っても成績は伸びづらいです。 毎日塾に来て勉強することを習慣化すれば確実に合格に近づいて来ます。 高校生・高卒生が自習をするために仕切られた自習室を設け、毎日塾に来れる環境を作っています。 塾・予備校は環境も一つの価値だと考えていますので、毎日通ってもらうことをおすすめします。 生徒たちが少しでも逆転合格できるように日々システムを進化していくと他塾とはたくさんの違いが出てきました。 その生徒のためのシステムが評価されて、 逆転合格できる塾・予備校No1 勉強時間が伸びる塾・予備校No1 効率よく勉強できる塾・予備校No1 の3冠に選ばれました! 我々が最も目指しているのは、大学受験を本気でがんばろうと決めた生徒に対して最高のサービスを提供して逆転合格してもらうことです。 どうやったら逆転合格できるのかを日々考えて、試行錯誤の連続で今の状況になっています。 これからも色々と変わるかもしれませんが、いつまでも意識の真ん中には生徒が逆転合格できるのかどうかを意識してシステムを改善していきたいと思っています。 アクシブは他の塾・予備校との違いが多いです アクシブは大手予備校、映像予備校、個別指導塾などと大きな違いがあります。 多くの塾・予備校とは違うアプローチで成績アップ、逆転合格を実現していますが我々としてはそれが最も良い指導方法だと考えてやってきました。 最も大きな違いと感じるのは多くの塾・予備校は「授業」に対して費用をもらっていますが、我々は「授業」だけでなく、「スケジュールを立てる」「学習進捗を管理する」「受験戦略・進路指導を行う」など他塾が軽視しがちなところを本気で向かい合ってサービスとして提供しています。 授業だけ実施して成果が上がるのはほんの一部の生徒だけです。 勉強のやり方や習慣化の方法など色々なことを個別で伝えていき、スケジュールを立てるなど最初でできないことは講師と一緒になってできるようになっていくことで確実に成果がでてきます。 アクシブは偏差値40台からの逆転合格を実現するためのシステムを作り込んでいますので、ぜひそのシステムを教室で体感してもらえればと思います。 今年の受験生は浪人できない? 現在の高2より下の世代が受ける2021年1月に行われる大学入学共通テストは2020年1月に行われるセンター試験とは少し変わった試験となっています。 数学や国語に記述が入り、英語はリスニングの比重が大きくなります。 2020年1月のセンター試験の対策と2021年1月の大学入学共通テストでは対策方法が変わってしまう部分も多くなるので同じ対策をすればよかった浪人生よりは違う対策が必要になってきます。 また、私大入試に関してもその流れを受け傾向が変わる可能性もあります。 ただ、アクシブではその辺りもしっかり分析し対応していきますので、今年中に逆転合格して合格することも、来年上位を目指すこともどちらも良い選択だと思っています。 ただ、受験をする前から浪人を前提として受験勉強を進めるのは絶対に間違っています。 もし、浪人をしてもよいと考えているのであれば、第一志望校の対策に可能な限り時間を使い、少しでも志望校の合格率をあげるべきでしょう。 逆転合格できる生徒はこのような割り切りをして、成功しているケースが多いです。 浪人できないということは全くないが、浪人を前提として受験に立ち向かうのは絶対NGなので、逆転合格できるようにしっかり戦略を持って受験を戦っていきましょう! 高1高2生は少しでも早い受験勉強スタートをおすすめします! 上記で書いたように大学入試の制度が変わります。 2021年1月よりあとに受験を控えている生徒は少しでも早く受験勉強をスタートしてほしいと思っています。 高2の1月からスタートしたとしてもたった1年しか受験勉強できる期間がありません。 1年あれば多くの生徒が志望校に逆転合格できる可能性はありますが、やはり1ヶ月でも2ヶ月でも受験勉強スタートする方が志望校に合格する可能性は上がります。 やはり勉強時間・量は大切です。 高1高2生は受験をまだまだ軽視しがちですが、自分と志望校の差がすごく開いているケースがほとんどです。 そのために、少しでも早いスタートをして今のうちから差を詰めていきましょう。 また、高1高2生は全国的には受験勉強を本格的にしている数は少ないです。 そのため、高2で受験勉強をスタートすると模試の偏差値はびっくりするぐらい上がっていきます。 高3になるとほとんどが受験勉強を始めるためになかなか差は縮まりません。 ただ、高1高2ではみんなやっていないのでたくさんのライバルを追い抜かし、受験を有利に進めます。 受験は競争ですので、できるだけ早くスタートすることが最も成功への近道です。 成功を掴みたい方はまずはお問い合わせをお願いします。 毎週の学習内容は毎週の面談で生徒のスケジュールを把握しながら講師が立てていきます。 その予定ができているかどうかを教室長や講師などがチェックすることで、順調に進んでいるかを把握していきます。 順調に進んでない場合やチェックテストが思うように点数を取れていなければ前に進むのをやめ、理解できるように復習を行うなど個別対応を実施しています。 大学受験は学習習慣を身につけ、スケジュール通りに進められるようになることが非常に大切ですので、勉強時間の確保の方法や効率的な勉強方法などもひとりひとりに合わせて提案していきます。 アクシブアカデミーは授業だけ提供して「あとは自分次第だから頑張りなさい」というような無責任なことは言いません。 確実に勉強を実施できるように生徒と一緒に進んでいきます! アクシブアカデミーは習熟度を可視化することが合格するために重要と考えています。 そのため、チェックテストを使い、参考書・教材ごとに習熟を日々確認します。 アクシブアカデミーの勉強法は、その日に学習した内容を復習してからチェックテストを実施し、8割が取れない場合にはもう一度復習します。 章や単元単位まで学習を進めると、その単位で復習を行い、パートテストを実施します。 ここで8割取れない場合は次の単元に進みません。 このパートテストを合格し、同様に学習を進め、参考書が終わると、復習してから修了テストを実施します。 この修了テストで合格して次の参考書に進みます。 このようにテストを実施していくことで、1つの教材を曖昧にせず、知識を習得していくことができます。 一般的な個別指導塾の個別授業は、毎週同じ曜日に授業を行うことが多いと思います。 しかし、アクシブアカデミーではそれは非効率だと考えています。 受験生の苦手分野や全く理解できていない分野などは、個別指導を一気に2〜3コマ受け、一度に理解してしまう方がその後効率よく勉強できます。 また、一度教えてもらい、理解してすぐに参考書などに取り組むと、独学で進めるよりも圧倒的に効率よく定着することができます。 週1回でゆっくり個別授業を行なっていては時間が限られている大学受験で逆転合格は遠ざかります。 完全1:1の個別授業で柔軟な指導を行なっているアクシブアカデミーだからこそ、短期間での逆転合格が実現できると考えています。 大学受験生は勉強する環境を作れるかどうかが重要になります。 そのため、アクシブアカデミーでは毎日通える高校生専用自習室を完備しています。 自宅で勉強できないという生徒は多いですが、アクシブアカデミーの自習室にくると初日から3時間、5時間と勉強できる生徒が続出します。 アクシブアカデミーでは、戦略を練り、質を向上させるだけでなく、勉強時間を最大化させることが受験において重要と位置づけています。 戦略面談で明確になった勉強内容を、勉強に100%集中できる環境で、実行することで、最大の効果を発揮できると考えています。 大手個別指導塾では伸びなかった 大手の個別指導塾に通っていましたが成績が思うように伸びず、その塾の先生から直接お母様の判断で退塾を考えていただいてと催促されました。 その塾は退塾することを考え、ネットで『受験相談』というワードで検索したところアクシブがあるということを知りました。 ホームページを見てここはいいんじゃないかと思い問い合わせして、入塾させました。 受験に前向きに立ち向かえた 受験を成功させたいという気持ちはあるものの、その目標に向かって努力する力、管理する能力が高くない息子が学習管理を実施してくれるアクシブのおかげで受験に前向きに立ち向かうことができた点が本当によかったと思っています。 親も相談できる環境で助かりました! 息子自身も先生と密に接することができて、安心することができたと同時に、親も先生に、細かいことまで相談できる環境があったり、勉強の進捗を聞くことができるのは他塾とは大きく違いました。 勉強方法が全く違いました! また、以前いだいていた受験生の勉強イメージとはかけ離れた勉強法でしたが、結果的にはいい結果が得られたので大満足です!前の塾との違いとして受験戦略を立ててくれるという点が大きかったと思います。 勉強をやりたい気持ちがあるがなかなか実行できないというお子様にはオススメできる学習塾です。 入学時期・入学時の成績を教えて下さい アクシブ入学時期:2017年 9月 プラン:大逆転合格プラン 入学時の成績: 英語50 国語46〜50 社会42 志望校はE判定(10月末) 当時の勉強時間:夏休みは1日4時間程度。 やる気がなかった。 アクシブの制度や環境はどうでしたか?自習室環境や塾のシステムなど 分からないところは質問対応が迅速でとても快適でした。 勉強に関することだけでなく、大学に入ってからのことや将来について真剣に考えたりしてくれるところが素晴らしいと思いました。 自習室は机が大きいので何不自由なく勉強できます。 昼寝も… アクシブはここがいい!というところを教えてください! 自分だけでなくて先生や親と共に受験しているような気持ちになり、それに伴って責任感が増して精神的に成長することができました!!今のところなんの不満もなくてただただ感謝しかありません!!ほんとうにありがとうございました!!とにかく1番のテキストは革命を起こす英文法(鈴木優志先生)でした!! 後輩に向けて受験の先輩としてアドバイスをお願いします! アクシブの先生を信じてください!!ブレずに自分と先生を信じて頑張れば見返りは必ずあるはずです!!自己流で勉強してみたとしてもあまり結果はついてこないことを経験しました。 もしの結果に一喜一憂していない勉強頑張ってください!! と来年の卒業生にも書いてほしいです!! アクシブアカデミーの代表鈴木は全国の学習塾企業様向けに大学受験生の指導の仕方について数多くの講演を行っています。 アクシブアカデミーで培った指導方法は全国の学習塾企業様に広がっています! 塾・予備校ランキング3冠達成!逆転合格できる塾・予備校No1に選ばれました!.

次の

副業アカデミー【FX講座】野田しょうご先生の2冊目の書籍が発売!

アカデミー 野田

東京大学法学部卒業後、日本興業銀行入行。 マサチューセッツ工科大学(MIT)スローンスクールより経営学修士号(MBA)、ハーバード大学より経営学博士号(DBA)取得。 ハーバード大学ジョン・F・ケネディ行政大学院特別生、ロンドン大学ビジネススクール助教授、インシアード経営大学院(フランス、シンガポール)助教授を経て帰国。 財界トップ有志の支援を得て、2001年7月NPO法人アイ・エス・エル(ISL、Institute for Strategic Leadership)を創設。 MBAを超えた独自の全人格経営リーダーシップ教育を実践し、これまでに上場企業の経営トップ、地方企業の経営者、 社会起業家など1,600人を超える卒業生を輩出してきた。 2018年8月には、ISLでの18年間の実績を基礎に、新たにスペイン,インド、ブラジル、イスラエル等の教育機関をパートナーに迎え、グローバルビジネススクール至善館を東京・日本橋に開学。 米国型MBA教育のあり方を、ここ日本とアジアから再構築し、ヒューマニティに基軸を置く未来型の経営リーダーシップ教育の確立に挑戦している。 その他、2012年4月~2017年3月の5年間、公益社団法人経済同友会 東北未来創造イニシアティブ協働プロジェクトチーム委員長を務める。 稲盛財団イナモリ・フェロー(第二期)。 社会イノベーター公志園統括運営責任者。 経営学者時代は組織戦略論が専攻で、既存企業における戦略策定・資源配分・事業創造・戦略統合プロセスについての研究成果を、Academy of Management Journal, Strategic Management Journal, Harvard Business Reviewなどに発表。 インシアード経営大学院においては、最優秀教授賞を3年連続で受賞した経歴を持つ。 著書に「リーダーシップの旅」(金井壽宏共著 光文社新書)がある。 京都市出身、1959年生まれ。

次の