オレンジ デイズ。 「オレンジデイズ」の胸キュンシーン 今の大学生も憧れる?

「オレンジデイズ」のドラマ見放題動画(1話~11話<最終回>)配信サイト一覧

オレンジ デイズ

タップできる目次• 「オレンジデイズ」の動画配信状況 ドラマの配信が多いサービスに絞ってリサーチした結果がコチラです。 詳細は各公式サイトで確認してみてくださいね。 上記のとおりで「オレンジデイズ」を全話無料で見れるのはとと とです。 どれを選べばいいか分からないという方は、 無料期間が1番長いを選べばOKです。 また無料で見る前に、動画配信サービスについて「もっと詳しく知りたいよ」という方はコチラからどうぞ。 「オレンジデイズ」のキャスト一覧 わりと事実かもですが「このドラマが見たい!」と思うかどうかって キャスト次第ですよね。 キャストの一覧を記載しておくので、興味がある方がいるか探してみてください。 役名|芸名の順で記載していますので、 芸名のほうだけざくっと見てもらえばOKです。 結城 櫂| 妻夫木聡• 萩尾 沙絵| 柴咲コウ• 相田 翔平| 成宮寛貴• 小沢 茜| 白石美帆• 矢嶋啓太| 瑛太• 髙木 真帆| 小西真奈美• 佐伯 そよ子| 山田優• 桐島 あゆみ| 上野樹里• 堺田教授| 小日向文世• 萩尾 ゆり子| 風吹ジュン• 藤井 ハルキ| 沢村一樹• アリサ| 佐藤江梨子• 柿崎透| 永井大• 役名無し| 田中圭 今となっては「オレンジデイズ」のキャストで知らない人はほぼいないですよね。 実はたった1話のみですが「田中圭さん」が出演されていました。 お宝すぎです。。 あらすじは以下のとおり。 北川悦吏子脚本、妻夫木聡&柴咲コウ共演のラブストーリー。 大学4年生・結城櫂と聴覚を失った萩尾沙絵の恋愛を、彼らを取り巻く友人たちとの交流を交えながら、若者の姿を繊細なタッチで描いていく。 共演は成宮寛貴、白石美帆、瑛太、小西真奈美、山田優、上野樹里ほか。 本作では手話が大きなファクターとなる。 櫂は社会福祉心理学専攻のため手話は習得済み。 沙絵はとても美しい顔だが、とても下品な手話を喋るというキャラクター。 白石美帆、風吹ジュン、小西真奈美も手話ができるという設定のため、妻夫木・柴咲をはじめとする5人は手話のレッスンを根気強く重ね、クランクインに臨んだ。 さらに柴咲はバイオリン、沙絵の母親役を演じる風吹はピアノのレッスンも受け劇中で腕前を披露している。 出典元:公式HP 柴咲コウさんは耳が聞こえない役を演じています。 なかなかのレアものです。 10数年振りに、オレンジデイズを観ました。 柴咲コウ・妻夫木くんはじめ役者さんみんなよいのですが、成宮くんです。 超イケメンの女たらしなのに実はすごい純粋で家族思い…というギャップのダブル役満みたいな男子を演じていて、よすぎて感動しました。 — ゆりお gotoyuri510 今回は、最近、ドラマ『オレンジデイズ』を見終えた齋藤冬優花さんに感想を聞いてみた。 -ドラマを見終えられて、ご自身に得るものや変化はありましたか。 齋藤「手話で相手に何かを伝える事の素晴らしさに気づいて、今、少しずつですが、手話を勉強してるんです。 」 — なりなりふ〜 yaginoke0222 昨日、夜、急に見たくなって見始めたドラマ。 完全に寝不足です。 「オレンジデイズ」 懐かしいよーーー!!! 最高。 — 永岡卓也 TakuyaNagaoka オレンジデイズもう一回見ようかなぁ。。。 ドラマで初めて泣きそうになったから、もう一回見たら泣くな。 — photo. s photo1618 表現はさまざまですが、みなさん「心が動いて」いますよね。 そして柴咲コウさんに注目していた方も大勢います。 オレンジデイズ観てるとさ、 そりゃ付き合うわ。 「オレンジデイズ」の見どころ 「オレンジデイズ」の見どころは以下の3つです。 うらやましいな• これが大学生活のMAXだな• 自分の大学生活をどこまで近づけられるかな 「お手本」を見つけて、僕の大学生活はイージー化しました。 何でもそうですが「無」から生み出すことは難しいですよね。 ですがお手本があるだけで、一気に進みやすくなったりします。 もし現役の大学生で「オレンジデイズ」に辿り着いた方がいたら、お手本にしてみると良きかもです。 今からでも遅くないですよ。 今からでも遅くない。 オレンジデイズを見てくれ。 後悔はさせない。 必要なものは以下のとおり。 実力 このドラマでもそうですが、話せなくても「手話で伝える姿勢」や「ヴァイオリンの実力」で周囲の人を惹きつけています。 僕の嫁さんは特別支援学校におり耳が不自由な子供達と触れ合っていますが、嫁さんも子供達も毎日を幸せに生きています。 大切なことは「自分の人生を諦めないこと」。 このドラマはそれを伝えてくれる素晴らしい作品です。 「オレンジデイズ」の主題歌 オレンジデイズの主題歌は、Mr. Childrenの「Sign」です。 Say! JUMPらぶ💗 ZrR5A1bS9o8MYRW 気分を上げたい方はライブverもどうぞ。 こんな欲求を満たせるかも 「オレンジデイズ」を見るとこんな欲求を満たせるかもです。

次の

「オレンジデイズ」の胸キュンシーン 今の大学生も憧れる?

オレンジ デイズ

妻夫木聡と柴咲コウ主演で2004年に放送されたドラマ『オレンジデイズ』。 大学4年生の結城櫂 妻夫木聡 と、病気で聴覚を失ってしまった萩尾沙絵 柴咲コウ 、2人のラブストーリーを軸に、彼らが通う明青学院大学の友人たちとの交流を描いた青春群像劇です。 この作品は手話が重要な要素となるため、出演者は手話のレッスンを重ねて撮影に臨んだといいます。 心優しい櫂とはっきりモノを言う沙絵の、等身大のラブストーリーが好評を博し、二人を取り巻く個性豊かな友人たちも物語をカラフルに彩りました。 放送終了から15年経っても、動画配信などで追っかけ視聴するファンもいるほど、いまだ視聴熱冷めやらない『オレンジデイズ』。 ここではネタバレありで最終回までの各話あらすじを振り返り、出演キャストの役どころや現在の活躍を紹介していきます。 しかし4年生の4月、いまだ就職の内定は一つも決まっていませんでした。 大学院生でゼミの先輩である年上の彼女・真帆 小西真奈美 は、そんな櫂を励ましてくれます。 就職面接を受けて大学に戻った櫂は、そこでバイオリンを弾いている女子学生と目が合い、終わるまで演奏を聴いていました。 すると、その学生は櫂にお代を求めるように手を差し出してきたのです。 それが、櫂と萩尾沙絵 柴咲コウ の最初の出逢いでした。 一方、親友の啓太 瑛太 が遠目から見て一目惚れしたのも沙絵で、女性に慣れている翔平 成宮寛貴 に頼んで沙絵と遊園地デートの約束を取り付けます。 ところが沙絵の耳が聞こえないと知りデートを躊躇した啓太は、手話のできる櫂を代役に立てることに。 耳の不自由な沙絵をサポートしてほしいと、社会福祉心理学科の堺田教授 小日向文世 に頼まれた真帆。 しかし沙絵は、自分を障害者としてしか見ない真帆に頑なな態度を取ってしまいます。 困惑した真帆から協力を頼まれた櫂は、学食で親友の茜 白石美帆 といる沙絵を見つけて話しかけます。 そして茜から、彼女が将来を嘱望されたバイオリニストであったことや留学先で病気になって聴覚を失ったことなどを聞いた櫂は、愛用のバイオリンさえ売ってしまうほど、沙絵が心に傷を負っていることを知ります。 沙絵のバイオリンを取り戻そうと、翔平と啓太に協力を頼んで奔走し、売った相手を見つけます。 自分のバイオリンを3日間かけて取り戻してくれた翔平と啓太に、いつになく素直にお礼を言う沙絵。 さらに茜も含めて3人を食事に誘います。 ある日啓太がオレンジ色のノートを差し出し、5人の仲間の間で連絡事項や自分の気持ちを書いていこうと提案。 そして、このオレンジノートを共有する仲間で「オレンジの会」を結成することになるのです。 櫂と出会ったことで、閉じていた心の扉を少しずつ開いていた沙絵。 櫂もまた沙絵に影響を受け、自分の進路を真剣に考え始めます。 その一方で、沙絵と櫂の関係を前向きに捉えられなくなっていた真帆。 大学時代のゼミ仲間である佐野 柏原崇 の存在も次第に大きくなってきていました。 実は啓太が茜にアピールするつもりで始めたオレンジノート。 最初の1ページ目を書いたのは茜でした。 しかしそれを誰よりも早く読んでいたのが、会ってはケンカばかりしている翔平。 お互いに意識しているのは明らかでした。 ネタバレを見る 櫂のことを声を出して呼び止めた沙絵。 久しぶりに二人で話をしましたがぎこちなく、沙絵はハルキと結婚することを櫂に伝えます。 櫂と真帆がヨリを戻したと勘違いしていた沙絵でしたが、真帆から直接、櫂とは何もないことを教えられます。 櫂の元に向かう沙絵。 誤解であれば、自分のことを追いかけて欲しかったと言う沙絵に、櫂は、いつも思い通りに動くわけじゃない、ロボットじゃないんだと言います。 卒業式の日、オレンジの会のノートに書かれた沙絵のメッセージを見た櫂は、沙絵が大学に来ていることを確信し、沙絵を探します。 沙絵を見つける櫂。 沙絵は櫂に、日本で一人暮らしを始めたことを伝えます。 ドイツには戻らないと言う沙絵に櫂は、もう一度ここから始めないか?と問いかけ、沙絵は櫂の元に駆け寄り、櫂を抱きしめるのでした。 幸せな結末を迎えた『オレンジデイズ』ですが、脚本家の北川悦吏子は自身のブログで「幻のシーン」として、ドラマのその後を語っています。 沙絵の耳は完全に聞こえなくなったわけではなく、汚い音ながらもガサガサという音を拾っています。 櫂には、「私の世界は、汚い。 あなたとは違う。 あなたの住んでいる世界は美しい。 私は、汚い音の世界の中で生きているのよ」と言う沙絵。 しかしそんな沙絵の言葉に続いて、櫂はこう答えます。 「そうかもしれない。 でも、そんな君の、そんな沙絵の、その瞳は、僕がこの世界で見た物の中で、一番、美しい。 その物言う瞳は、一番に美しい」と。 そして櫂が沙絵と初めて会った時に弾いていたバイオリンの音色を、「僕がこの世で聞いた中で、一番、美しい音だ」と続けるのです。 それを聞いた沙絵は、1話のデートで蹴ったように櫂を蹴ってサッサと行ってしまう…そんな二人の微笑ましい日常が、幻のシーンとして記されていました。

次の

オレンジデイズのロケ地!結城櫂のアパート オレンジを盗んだところ 明青学院大学の撮影場所はどこ?ドラマ撮影地をまとめ

オレンジ デイズ

妻夫木聡と柴咲コウ主演で2004年に放送されたドラマ『オレンジデイズ』。 大学4年生の結城櫂 妻夫木聡 と、病気で聴覚を失ってしまった萩尾沙絵 柴咲コウ 、2人のラブストーリーを軸に、彼らが通う明青学院大学の友人たちとの交流を描いた青春群像劇です。 この作品は手話が重要な要素となるため、出演者は手話のレッスンを重ねて撮影に臨んだといいます。 心優しい櫂とはっきりモノを言う沙絵の、等身大のラブストーリーが好評を博し、二人を取り巻く個性豊かな友人たちも物語をカラフルに彩りました。 放送終了から15年経っても、動画配信などで追っかけ視聴するファンもいるほど、いまだ視聴熱冷めやらない『オレンジデイズ』。 ここではネタバレありで最終回までの各話あらすじを振り返り、出演キャストの役どころや現在の活躍を紹介していきます。 しかし4年生の4月、いまだ就職の内定は一つも決まっていませんでした。 大学院生でゼミの先輩である年上の彼女・真帆 小西真奈美 は、そんな櫂を励ましてくれます。 就職面接を受けて大学に戻った櫂は、そこでバイオリンを弾いている女子学生と目が合い、終わるまで演奏を聴いていました。 すると、その学生は櫂にお代を求めるように手を差し出してきたのです。 それが、櫂と萩尾沙絵 柴咲コウ の最初の出逢いでした。 一方、親友の啓太 瑛太 が遠目から見て一目惚れしたのも沙絵で、女性に慣れている翔平 成宮寛貴 に頼んで沙絵と遊園地デートの約束を取り付けます。 ところが沙絵の耳が聞こえないと知りデートを躊躇した啓太は、手話のできる櫂を代役に立てることに。 耳の不自由な沙絵をサポートしてほしいと、社会福祉心理学科の堺田教授 小日向文世 に頼まれた真帆。 しかし沙絵は、自分を障害者としてしか見ない真帆に頑なな態度を取ってしまいます。 困惑した真帆から協力を頼まれた櫂は、学食で親友の茜 白石美帆 といる沙絵を見つけて話しかけます。 そして茜から、彼女が将来を嘱望されたバイオリニストであったことや留学先で病気になって聴覚を失ったことなどを聞いた櫂は、愛用のバイオリンさえ売ってしまうほど、沙絵が心に傷を負っていることを知ります。 沙絵のバイオリンを取り戻そうと、翔平と啓太に協力を頼んで奔走し、売った相手を見つけます。 自分のバイオリンを3日間かけて取り戻してくれた翔平と啓太に、いつになく素直にお礼を言う沙絵。 さらに茜も含めて3人を食事に誘います。 ある日啓太がオレンジ色のノートを差し出し、5人の仲間の間で連絡事項や自分の気持ちを書いていこうと提案。 そして、このオレンジノートを共有する仲間で「オレンジの会」を結成することになるのです。 櫂と出会ったことで、閉じていた心の扉を少しずつ開いていた沙絵。 櫂もまた沙絵に影響を受け、自分の進路を真剣に考え始めます。 その一方で、沙絵と櫂の関係を前向きに捉えられなくなっていた真帆。 大学時代のゼミ仲間である佐野 柏原崇 の存在も次第に大きくなってきていました。 実は啓太が茜にアピールするつもりで始めたオレンジノート。 最初の1ページ目を書いたのは茜でした。 しかしそれを誰よりも早く読んでいたのが、会ってはケンカばかりしている翔平。 お互いに意識しているのは明らかでした。 ネタバレを見る 櫂のことを声を出して呼び止めた沙絵。 久しぶりに二人で話をしましたがぎこちなく、沙絵はハルキと結婚することを櫂に伝えます。 櫂と真帆がヨリを戻したと勘違いしていた沙絵でしたが、真帆から直接、櫂とは何もないことを教えられます。 櫂の元に向かう沙絵。 誤解であれば、自分のことを追いかけて欲しかったと言う沙絵に、櫂は、いつも思い通りに動くわけじゃない、ロボットじゃないんだと言います。 卒業式の日、オレンジの会のノートに書かれた沙絵のメッセージを見た櫂は、沙絵が大学に来ていることを確信し、沙絵を探します。 沙絵を見つける櫂。 沙絵は櫂に、日本で一人暮らしを始めたことを伝えます。 ドイツには戻らないと言う沙絵に櫂は、もう一度ここから始めないか?と問いかけ、沙絵は櫂の元に駆け寄り、櫂を抱きしめるのでした。 幸せな結末を迎えた『オレンジデイズ』ですが、脚本家の北川悦吏子は自身のブログで「幻のシーン」として、ドラマのその後を語っています。 沙絵の耳は完全に聞こえなくなったわけではなく、汚い音ながらもガサガサという音を拾っています。 櫂には、「私の世界は、汚い。 あなたとは違う。 あなたの住んでいる世界は美しい。 私は、汚い音の世界の中で生きているのよ」と言う沙絵。 しかしそんな沙絵の言葉に続いて、櫂はこう答えます。 「そうかもしれない。 でも、そんな君の、そんな沙絵の、その瞳は、僕がこの世界で見た物の中で、一番、美しい。 その物言う瞳は、一番に美しい」と。 そして櫂が沙絵と初めて会った時に弾いていたバイオリンの音色を、「僕がこの世で聞いた中で、一番、美しい音だ」と続けるのです。 それを聞いた沙絵は、1話のデートで蹴ったように櫂を蹴ってサッサと行ってしまう…そんな二人の微笑ましい日常が、幻のシーンとして記されていました。

次の