新年の挨拶。 ビジネスの基本は新年の挨拶から!そのまま使えるテンプレート&例文まとめ|ferret

新年会の挨拶の注意点とコツ【例文つき】

新年の挨拶

新しい年となり、仕事が始まると訪問先や電話先、そしてビジネスメールのやり取りなどで新年の挨拶を行う機会が多くなります。 その際、年始の挨拶とは、いつからいつまでのことか、件名や内容はどのように記載すればいいのか、迷う方もいるのではないでしょうか。 新年の挨拶は年末の挨拶に比べ、積極的に行いやすく先方も好意的であることが多いです。 また、新年の挨拶こそ、あまり取引のない顧客に対してもアポイントが取れる良い機会でもあります。 礼節をわきまえつつ営業を行うことで新しい可能性が生まれやすい、新年の挨拶。 年に1度のこの機会、ぜひうまく活用したいものです。 今回は、取引先や顧客に送る年始の挨拶メールのマナーやその例文を紹介します。 しっかりとおさえて、飛躍の年をスタートさせましょう。 年末の挨拶については以下の記事を参考にしてみてください。 新年の挨拶はいつからいつまで? 新年の挨拶「明けましておめでとうございます」を伝える期限は、明確には決められていません。 一般的に松の内までに新年の挨拶をするべきといわれています。 松の内とは、門松などのお飾りを飾っておく期間のことです。 門松は、年神様という毎年正月になるとやってくる豊作や幸せをもたらすといわれる神様が迷わないように目印として飾られているお飾りです。 門松などの飾りを外す「松の内」の終わりは、関東では1月7日、関西では1月15日といわれています。 地域により異なるため年始の挨拶がいつまでかは明確に決められていないのです。 しかし一般的に、地域の慣例があるならばそれに従った方が良いとされています。 もし使っていいのかわからず迷うようならば、「明けましておめでとうございます」の変わりに「本年もよろしくお願いいたします」というフレーズを取り入れることで、違和感のない挨拶ができるでしょう。 参考: 新年の挨拶メール例文を紹介 取引先に送る新年の挨拶メールとは、どのようなものなのでしょうか。 大体のフォーマットが決まっているので、例文として紹介します。 ぜひ、参考にしてください。 昨年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。 誠に恐縮ではございますが、メールにて年始の挨拶とさせていただきます。 本年もどうぞよろしくお願い致します。 年も改まり、社員一同これまで以上の努力をもって ご要望にお応えしてまいります。 本年も変わらぬご愛顧のほど何卒お願い申し上げます 2019年元旦 ************** 署名 ************** 参考: 例文3(社内向けメール) 皆さん、新年あけましておめでとうございます。 今年は企業の真価が問われる年となります。 正念場だと心得て、精一杯努力する所存です。 ぜひ全員の心を一つにし、飛躍の年としましょう。 今年もよろしくお願いします。 旧年中は格別のご高配を賜り、深く感謝申し上げます。 これもひとえに、〇〇〇〇様をはじめ多くの皆様のご愛顧の賜物と感謝しております。 本年も旧年同様、一層のサービス向上を目指す所存です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 尚、新年は1月0日より皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。 1通1通丁寧に送ることが前提の、新年の挨拶メールは大変かもしれません。 だからこそ送る相手を思い浮かべながら丁寧に送り、今後のビジネスに繋げていきましょう。 年末の挨拶の文例も見てみる.

次の

新年の挨拶のスピーチ2020!社長が使える実際の例文やポイントを紹介|あれどうする?

新年の挨拶

「新年の挨拶」押さえるべきポイント 「新年の挨拶の言葉」の基本 新年の挨拶は、新年を祝い、旧年中お世話になったことに感謝し、今年一年のお付き合いを願う言葉や今年の抱負を述べるのが基本です。 直接の挨拶やスピーチ、メールや年賀状で書く挨拶ともに基本の内容は同じです。 また、相手がビジネスの取引先であったり、上司や同僚などでも基本的な内容は同じですが、相手に適した言葉づかいや慣用句を用いるようにします。 「年賀状」は松の内までに届くように出す 年賀状は1月7日まで(関西は1月15日までのところもある)の松の内までに届くように出します。 松の内を過ぎてしまったら「寒中見舞い」を出します。 「寒中見舞い」の書き方はで紹介しています。 「メール」は松の内までに出す メールで新年の挨拶を送る場合も松の内までに送ります。 「新年の挨拶」文例(例文) 新年の挨拶を、年賀状とメールの文例で紹介します。 年賀状の文例 一般的な文例 あけましておめでとうございます 皆様には、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 旧年中は大変お世話になりまして、まことにありがとうございました。 本年もよろしくお付き合いいただけますよう、お願い申し上げます。 〇〇年一月一日 ビジネス(取引先)文例 謹賀新年 昨年中は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 本年も皆様のご要望にお応えし、いっそう社業に精励いたす決意です。 なにとぞ変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 〇年元旦 ビジネス(お客様)文例 あけましておめでとうございます 旧年中は格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございました。 当店は本年も、皆様により一層ご満足いただけるサロンをめざします。 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 なお、新年は〇日より営業いたしております。 皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。 旧年中はひとかたならぬお世話になりまして、誠にありがとうございました。 本年も御社のご発展に寄与できますよう、業務に精励いたす所存でございます。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 (メール署名) 上司へ送る文例 上司への新年の挨拶は直接行うのが基本ですが、直接会えない場合はメールを送ることがあります。 また、近年は年賀状を出さずに年始の休暇中にメールを送ることもあります。 件名:新年のご挨拶 〇〇部長 新年あけましておめでとうございます。 昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。 おかげさまで家族一同、元気に新年を迎えることができました。 新たな年を迎え、気持ちを引き締めて業務に臨む所存です。 今年も引き続き、変わらぬご指導ご鞭撻をいただければ幸いです。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 (メール署名) 「新年の挨拶」に使える慣用句を紹介 新年の挨拶に使える慣用句を紹介します。 先に紹介した文例にアレンジして使ってみてください。 漢語調の「新年の挨拶」• 謹賀新年• もちろん親しい人へ使うのは問題ありません。 口語調の「新年の挨拶」• 謹んで新春のおよろこびを申し上げます• 謹んで年頭のご挨拶を申し上げます• あけましておめでとうございます• 新春の御祝詞(ごしゅくし)を申し上げます 健康と幸福を喜ぶ言葉• 幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 年頭にあたり、皆様のご健康とご多幸をお喜び申し上げます。 〇〇様にはお健やかに新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 旧年中お世話になったお礼の言葉• 旧年中は大変お世話になりまして、ありがとうございました。 旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。 昨年中は格別のお引き立てを賜り、まことにありがとうございます。 旧年中はひとかたならぬご愛顧(ご高配)を賜り、厚くお礼申し上げます。 旧年中は格別のご厚誼にあずかり、心からお礼申し上げます。 今年のお付き合いを願う言葉・結びの言葉• 本年も変わらぬご交誼のほど、お願い申し上げます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 本年もよろしくお付き合いいただけますようお願い申し上げます。 本年もご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。 本年もご期待にかなうよう努力する所存です。 なにとぞ倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 新しき年、皆様のご要望により一層お応えできるようさらに精励してまいります。 本年もご厚誼のほどお願い申し上げます。 本年もお引き立てのほど宜しくお願い申し上げます。 「喪中」の場合の新年の挨拶の仕方 喪中の人へは「年始状」または「寒中見舞い」を出す 相手が喪中で新年の挨拶状を出せない場合は「年始状」または「寒中見舞い」を出します。 「年始状」は最初の挨拶文を「新年のご挨拶を申し上げます」「謹んで年頭のご挨拶を申し上げます」などとします。 祝う言葉は避けます。 寒中見舞いは「寒中お見舞い申し上げます」という挨拶文で始め、「寒の入り」(毎年1月6日頃)から「立春」(毎年2月4日頃)までの間に届けます。 自分が喪中の場合は「喪中はがき」を出しておく 自分が喪中に服している場合は、12月上旬までに喪中欠礼のはがきを出しておきます。 喪中の連絡が間に合わずに年賀状を頂いてしまった場合は、年賀状を出せない理由を添えた返事を「寒中見舞い」として出すこともできます。 まとめ 「新年の挨拶」は、まず新春を祝う言葉を述べ、続いて相手の健康と幸福を祈り、旧年中のお礼や、今年のお付き合いを願う言葉を述べるのが基本です。 本記事で紹介した、相手や状況にふさわしい慣用句を選ぶとともに、具体的なエピソードも簡潔に盛り込むことで心のこもった挨拶を行うことができます。

次の

ビジネスメール「挨拶」の書き方!状況別や季節の挨拶文も紹介

新年の挨拶

(3)背景なども使える ふだんの味気ないメールに一工夫しても良いでしょう。 例えば、干支の絵柄のモチーフや、季節感のある画像の背景をメールに取り込む、など。 ) (4)署名(sign)の機能を活用し、文末には差出し人の連絡先やメールアドレスを明記する。 年末年始バージョンとして、いつもの署名部分を少し工夫して作ってみてはいかがでしょうか? 署名の部分の例) 機種依存文字は使わないほうが無難です(3. 参照) 3. 機種に依存する文字は使わない (1)機種依存文字は使わないようにする。 機種依存文字は、一部の文字が文字化けします。 こうした文字は使わないようにします。 使わない方が良いでしょう。 また、例えばNTTドコモ、au、ソフトバンクといった、会社が異なる携帯電話の間でメールをやり取りする場合、全く同じ絵文字でなく、それに該当する絵に自動的に変換されます。 もう少しわかりやすくいうと、例えば笑顔のマークを送信した場合、NTTドコモ、au、ソフトバンクのそれぞれの携帯電話から送信されたメールで表示される笑顔の絵文字は、会社ごとに少しずつ顔つきが異なるということです。 例えば太陽のマークの絵文字場合、会社によって太陽に顔が書かれていたり、輪郭(縁取り)があったりします。 なお、携帯電話どうしであっても、相手が使っている機種や、契約している会社ごとに、対応可能な絵文字が異なります。 もし、対応する絵文字がない場合には、やはり文字化けしてしまいます。 相手の機種や契約会社が不明の場合は、凝った絵文字は使用しない方が無難です。 その他 上記以外に、メールの特性として下記を頭に入れて使いましょう。 (1) 予期しないトラブルによって、先方に届かないこともある 最近はトラブルがずいぶん減りましたが、落雷や停電、プロバイダーのトラブル、サーバーのトラブル、通信回線のトラブルなどにより、メールが相手方に届かないこともあります。 携帯メールの場合は、大晦日は通信が集中するため、「通信制限」がかかることがあります。 ちょうど深夜0時をはさむ時間帯は特に、こちらが送信してから先方が受信するまでに、いつもよりも時間がかかる可能性があることを頭に入れておいて下さい。 (2) セキュリティー面では、万全でない 情報が100%安全にやりとりできるとは思わないで使って下さい。 機密情報のやりとりには不向きです。 (3)ウイルス対策を行う ウイルスに感染しているパソコンからメールを送信すると、先方にもウイルスが感染してしまう可能性があります。 お互いの安全のために、適宜ウイルス対策を行いましょう。 (4)同じメールを複数の宛先に送信するとき 宛先を入力するときには、CCと、BCCの使い分けに気をつけましょう。 事務局にも時々CCのメールが誤って届く時があります。 ビジネスメールのマナーについては、こちらのページでご説明しています。 社外の人あてに送信することを想定し、少し堅い文章にしています。 自由にアレンジしてお使い下さい(無料でお使いいただけます)。 (ただし、メールでの挨拶状はあくまでも略式です。 社外の相手に使う場合には 相手との間柄を良く考えてご利用下さい。 特に絵文字やフェイスマークの使用には注意が必要です) 文章が長くなり過ぎないように、適当な長さのところで改行を入れると読みやすくなります。 (1)部署名+氏名のとき 営業部 山田一郎様 (2)部署名+肩書き+氏名のとき 営業部 部長 山田一郎様 (3)会社名+部署名+肩書き+氏名のとき 散布琉広告株式会社 営業部 部長 山田一郎様 などとなります。 横に長くなってしまう時には、会社名の後などの区切りの良いところで改行してください。

次の