資料送付 案内。 資料送付の案内文例

書類送付のご案内の書き方・例文・返信方法|個人/お客様/送付状

資料送付 案内

手紙は、基本の構成を意識して作成する• 使用する紙質やデザインにもこだわる 資料送付の際には「手紙(一筆箋、添え状)」を添えて印象UP 資料送付の際に、一筆箋や添え状などの手紙が同封されていた経験がある方もいらっしゃるでしょう。 これらの手紙は一般的に 「送付状」とは異なります。 資料送付の案内状としての役割を持つ「送付状」と違い、手紙は一言添えるような役割を行いますが、 ビジネス文書の形式で作成する書類です。 相手に対する 気遣いを表すものなので、丁寧に作成することが求められます。 手紙(添え状、一筆箋)の書き方の5つのポイント 手紙に何を執筆するべきなのか悩み、手が止まっている人もいるのではないでしょうか。 先ほども紹介したように、手紙はビジネス文書の形式で作成します。 書き方には、5つのポイントがあり、ひとつひとつのポイントを意識して書くことで、まとまりのある手紙を書くことができますよ。 さっそくそれぞれのポイントを詳しく確認していきましょう。 ポイント1.手紙(添え状、一筆箋)には「大まかな構成」がある 手紙を書く際の1つ目のポイントは、 大まかな構成を意識することです。 通常のビジネス文書とは異なり、 自由度が高い点が手紙(添え状、一筆箋)の魅力です。 「頭語、結語」「時候の挨拶」などは必要ないため、書きやすいことも特徴です。 手紙・一筆箋は、大まかな構成を守るとスッキリして見えます。 下記の構成を最低限守った上で手紙(添え状、一筆箋)を書いてみましょう。 宛名:相手の会社名、フルネームを書く。 簡単な挨拶:(例)この度は資料のご請求をいただき、誠にありがとうございます。 本文:(例)早速ですが、〇〇の資料をお送りいたします。 ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ご不明な点がございましたら、いつでもお問い合わせくださいませ。 結び:(例)弊社のサービスがお役に立てますと幸いに存じます。 飛び込み営業をした企業に資料を送付する場合であれば、手紙(添え状、一筆箋)には以下のような言葉でお礼とお詫びの気持ちを伝えると丁寧です。 先日伺った際にお話していた〇〇に非常に効果的であるため、きっと貴社に役立つかと存じます。 ポイント4.手紙、一筆箋で営業の駆け引きをするなら「本文」に盛り込む 手紙、一筆箋で営業の駆け引きをするなら「本文」で行いましょう。 営業先も、強く勧められると引いてしまう可能性もあるので要注意。 メリットを並べ立てるだけでは、現実味がなくなってしまいます。 「押したり引いたり」「少し本音を出す」などといった駆け引きを、手紙(添え状、一筆箋)に自然に盛り込むことが新規獲得の可能性に繋がります。 ポイント5.結びの書き方 営業の駆け引きを行った後は、「いつでもご連絡ください」のような一言で手紙、一筆箋をまとめましょう。 1.宛名、送り主の名前はフルネームで記入する• 2.社外の人に送る一筆箋は、無地の縦書きなどのシンプルで上品なものを選ぶ• 3.季節を感じさせるワンポイントのイラストなどが入っているのもOK• 4.「ブルーブラックの万年筆」or「ゲル状インクのペン」で書く• 5.資料に添える場合は「資料と一緒にクリアファイルに入れる」or「資料にクリップする」 手紙を手書きする以上、 文字は丁寧に書きましょう。 文字のキレイ、下手よりも丁寧に書くことが重要です。 また、 文字の大きさにも気を配るようにしてください。 自分の名前が、相手の名前より大きな字にならないように注意しましょう。 また、手紙(添え状、一筆箋)を書くだけではなく、きちんと 送付状をつけてください。 もしも送付状の代わりに手紙や一筆箋を使う場合、「どんな資料を何点同封したか」「誰の、どの連絡先(電話番号、メールアドレス)に問い合わせをすればいいのか」など、送付状に必要な項目も忘れずに明記しましょう。 資料送付の際には真心が伝わる手紙(添え状、一筆箋)をつけよう.

次の

送付状 [送り状、添書、資料の送付、資料の案内]

資料送付 案内

カタログや資料送付を通知するメール例文の書き方のポイント• ・件名には【自社名】と「カタログ(資料)送付のご案内」と記載し、相手が件名のみで内容かすぐわかるようにします。 ・宛先の名称と担当者名、または宛名を書き、カタログ(資料)請求に対する感謝の言葉や挨拶文を記入します。 ・発送したカタログ(書類)がどのくらいで届くのか分かる場合には、到着までの日数を記載します。 ・最後に、不明点があれば気軽に問い合わせくださいとの文や、その他の連絡事項について記載します。 早速ではございますが、本日、資料の発送手配をさせていただきました。 資料の到着まで2日~5日ほどかかる見込みです。 お手元に届きましたら、内容をご確認いただき、ご検討のほどよろしくお願いいたします。 何かご不明な点がございましたら、お手数ではございますが、 以下の連絡先までお問い合わせくださいませ。 本日、カタログの発送手配をさせていただきましたので、資料の到着まで2日程度ほどかかる見込みです。 下記URLより配送状況に関しての追跡ができますので、ご確認をいただければと思います。 ご不明な点やご質問などございましたら、お手数ではございますが、 以下の連絡先までお問い合わせくださいませ。 何卒よろしくお願いいたします。 ・例文テンプレートの内容関しては、正確性、確実性を保証するものではありません。 今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。 ・当サイトの例文テンプレートデータをご利用いただく場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用をお願い申し上げます。 また、例文テンプレートデータ内容を十分ご確認いただきご利用をお願いいたします。 ・例文テンプレートデータに関してのトラブルは、当サイトでは一切の責任を負いかねます事ご了承願います。 ・当サイトの例文テンプレートの無断転用・転載を禁止します。 ・詳細に関してはこちらの、をご覧ください。

次の

書類送付の案内・メール送付方法・書類送付状の書き方と例文

資料送付 案内

相手先会社名・氏名 左上に送り先の相手先会社名と氏名を記載します。 これもビジネス文書において必ず左上です。 相手先から名刺を頂いた場合には、名刺を元に記載します。 株式会社などは(株)などと略すのは失礼にあたるのでやめましょう。 相手先会社名・氏名の後ろには「御中」や「様」をつけます。 会社名、部署名には「御中」、個人名には「様」をつけます。 この時「御中」と「様」の両方はつけないように注意しましょう。 書類作成者会社名・氏名 右上に(日付の下)に書類の作成者の会社名と氏名を記載します。 基本的には、会社名、住所、電話番号(FAX番号)、氏名の4点を記載します。 見積書や請求書であれば、会社の社印(角印)や担当者の印を押印しますが、送信状の場合は印鑑は押印しないのが通例です。 送信した書類について聞きたいことなどあるかもしれませんから、必ず電話番号とfax番号も記載しましょう。 1月 初春の候 新春の候 厳冬の候 7月 盛夏の候 仲夏の候 猛暑の候 2月 立春の候 早春の候 残寒の候 8月 残暑の候 晩夏の候 立秋の候 3月 春分の候 春陽の候 浅春の候 9月 初秋の候 新秋の候 秋冷の候 4月 春暖の候 陽春の候 仲春の候 10月 仲秋の候 秋涼の候 秋晴の候 5月 新緑の候 薫風の候 立夏の候 11月 晩秋の候 向寒の候 菊花の候 6月 小夏の候 入梅の候 梅雨の候 12月 師走の候 初冬の候 寒冷の候 6. 記、以上 記、以上は、書類の中で伝えるべき内容について箇条書きで記載するときの書き方です。 記を用いる時には、以上で締めます。 必ず「記」は文書の中央に位置し「以上」は文書の1番最後、右下に位置します。 以上は締めの言葉ですので、以上の下には文章を続けないようにしましょう。

次の