エヴァキリン にゃんこ。 【にゃんこ大戦争】全キャラDPS最強ランキング早見表

【にゃんこ大戦争】第10の使徒、襲来 最強の拒絶タイプ 上級 無課金 攻略解説

エヴァキリン にゃんこ

編成(名前は左から右の順番)• 1ページ目:ネコカベ、美脚ネコ、ネコキリン、ネコドラゴン、ネコダラボッチ• 2ページ目:なし• にゃんコンボ:なし• にゃんこ砲:ノーマル• アイテム:なし• 壁役:ネコカベ• メインアタッカー:ネコドラゴン• ザコ敵処理役:美脚ネコ、ネコダラボッチ• 複数のザコ敵が同時に出てきても対処できるように、範囲攻撃をしつつ壁役にもなれる「ネコダラボッチ」がいると、より安定感が増すだろう。 また、サキエルのノックバックを食らっても攻撃を当てられるような、足の速いキャラクターがいると攻略しやすい。 おすすめは、基本キャラクター最速の「ネコキリン」だ。

次の

【にゃんこ大戦争】第10の使徒、襲来 最強の拒絶タイプ 上級 無課金 攻略解説

エヴァキリン にゃんこ

コラボステージ『第10の使徒、襲来』で第3進化の権利を取得できます。 …ところでカヲルって誰しょうか。 初めて見ました。 30 ちびカヲル第3 体力 KB 9,690 3 攻撃力 4,335 攻撃発生 2. 00s 攻撃間隔 1. 80s 攻撃頻度 5. 57s DPS 779 射程 250(単体。 第3進化により、やや攻撃頻度が下がる代わりに射程が伸びるようです。 レジェンド序盤はとにかく黒い敵が重いので、対黒超ダメージは重宝しそう。 ただ、攻撃発生 (攻撃モーションが始まってから相手にダメージを与えるまでの時間)の遅さが痛いです。 特に序盤で厄介なブラッゴリやシャドウボクサーはすぐに迫ってくるので、先手を打たれかねません。 とりあえずちびシンジを合わせて使徒キラー強化の凶悪コンボが発動するので、コンボ要因として活用したいところ。 自身も使徒キラーなので使徒に対しては超強化されますが、移動が遅いので近づけなかったり使徒でない取り巻きにやられたり。 なんかメガネの方は見覚えがあります…なんかボス的なおじさんですよね? …と思っていたら、 いました。 30 ゲンドウ&冬月 体力 KB 1万200 2 攻撃力 510 攻撃発生 1. 30s 攻撃間隔 0. 00s 攻撃頻度 2. 同レベルのカベより高く、ゴムと同等の体力。 ただ少し残念なのは2点。 まずKBが2回であること。 もう1点が攻撃間隔0のキャラであること。 覚醒ムートに代表されるような、次の攻撃開始までその場にとどまるタイプということです。 アタッカーなら余計な前進を防ぐメリットとなりますが、積極的に前に出て欲しい壁キャラとしてはデメリット。 前述のように体力自体は高めなので序盤の壁キャラとして貴重ではありますが、壁役としては短所2つが痛い。 ガチャ3キャラにも無いのは残念。 20 Lv. 23s 1. 23s 攻撃間隔 1. 00s 1. 00s 攻撃頻度 3. 80s 3. 53s 21. コストと耐久ではこちらが優れますが、射程・再生産の早さではUFOが勝ります。 ガチャをせずに手に入る貴重な使徒キラーですが、あまりステータスが高くないので活躍できるステージは結構限られます。 取り巻きに瞬殺されたり、使徒の攻撃も耐えるだけで全く近づけなかったり… 第8回にゃんこ大放送でもチラッと言及がありましたが、でドロップレア「ちびまどか」とキャンペーン配布EX「ちびほむら」を合わせて魔女キラー強化の凶悪コンボが発生したように、ちびシンジとちびカヲルの組み合わせで使徒キラー強化の凶悪コンボが発動するものと思われます。 実際、カヲル配布後ににゃんコンボを確認することができました。 凶悪コンボにより味方の使徒を大幅に強化することができます。 もちろん自身も 使徒に対しては超強化されます。 第10の使徒の攻撃(15万)を1発耐えるという化けっぷり。 ただ移動速度が遅いせいで結局近づけず、また使徒の攻撃を耐えても取り巻きの攻撃ですぐ沈みます。 高難度ステージではコンボ要因にしかならなそう。 なかなかシュールな見た目。 これはひどいにゃんこ大戦争らしいデザインですね! 進化すると「ネコキリン2号機」となり、ヘルメットが入れ替わります。 30 キリン初号機 体力 KB 7,650 5 攻撃力 220 攻撃発生 0. 20s 攻撃間隔 0. 00s 攻撃頻度 0. 同レベルのネコキリンより若干体力が劣る代わりに、射程がやや長くやや速いです。 使徒キラー特性がないのは残念。 30 ネコレイ 体力 KB 9,775 3 攻撃力 3,825 攻撃発生 0. 93s 攻撃間隔 0. 97s 攻撃頻度 2. 単体攻撃なのが惜しいところですが、レアキャラとしてはかなりの高火力です。 常設レアのラーメン道と比べてどうかってところはありますが、射程&単発攻撃力の差で差別化。 第6の使徒戦では天使を迎撃して戦線維持することが求められるので、引き当てることができれば戦力になりそう。 30 ネコアスカ 体力 KB 1万200 3 攻撃力 4,420 攻撃発生 2. 20s 攻撃間隔 0. 00s 攻撃頻度 3. 常設レアのマキシマムファイターを比べてどうかってところはありますが、レイと同じく射程&単発攻撃力で差別化。 『発進!エヴァンゲリオン』「特務機関NERV」ステージは赤い敵が多めなので、まずはそこで活躍いただきたいところ。 レジェンドで対イノシャシにも力を発揮してくれそうです。 30 ネコマリ 体力 KB 9,180 3 攻撃力 4,080 攻撃発生 1. 17s 攻撃間隔 0. 00s 攻撃頻度 3. 今度は浮いてる敵が対象。 常設レアのカメラマンが競合相手。 ネコマリは打たれ強い&超ダメージということで、めっぽう強いのカメラマンより対浮いてる敵の実質ステータスがかなり高いのが魅力。 ネコマリLv. 30の実質体力はカメラマンLv. 47、実質攻撃力はLv. 51に相当します。 ただしカメラマンの方が射程が長く、コスト&再生産に優れ、範囲攻撃。 生き残り能力があり、めっぽう強い特性はコンボによる強化がやりやすい。 マリはレイ&アスカと比べて常設キャラと似通っており、影が薄くなりそう。 いずれも「使徒キラー」属性が付与されています。 「ちび」と言われるとEXかと思ってしまうのですが、激レアでした。 まどマギコラボやFateコラボだと人間キャラクターも超激レアでしたが、激レア扱い。 さすがに超激レアが多すぎるからということでしょうか。 それぞれの特性ですが、レア3種と同じ対象で内容が変わっています。 そして何かしらの無効特性も獲得。 30 ちびレイ 体力 KB 2万4650 3 攻撃力 1万6830 攻撃発生 1. 50s 攻撃間隔 2. 10s 攻撃頻度 5. 体力・攻撃力的にもなかなか強いので、引けたらそれなりにありがたい戦力となりそう。 攻撃力低下無効がついていますが、第9の使徒に対して有効ですね。 第9の使徒ステージでは天使に対する能力を発揮できないのが残念ですが。 30 ちびアスカ 体力 KB 2万6520 2 攻撃力 1万3260 攻撃発生 1. 30s 攻撃間隔 1. 77s 攻撃頻度 4. 鈍化無効&KB数の少なさを武器に、教授への接近戦で力を発揮していただきたいところ。 30 ちびマリ 体力 KB 2万5160 4 攻撃力 1万1220 攻撃発生 1. 20s 攻撃間隔 1. 50s 攻撃頻度 4. 射程差が大きくこちらは明らかに中距離アタッカーなので、壁兼アタッカーとなることの多いカメラマンとは役割が違います。 でも射程がカメラマン(250)以上ちびマリ(325)未満の浮いてる敵はコラボ敵が大半。 射程を伸ばして従来射程勝ちしている敵への安定感を上げた代わりに生産性の落ちたカメラマン、という感じでしょうか。 停止無効がついているので、その点でも用途を見出したいところ。 まさかの「使徒キラー」属性が付与されていないキャラがいるようです。 30 零号機 体力 KB 12万7500 2 攻撃力 4万6750 攻撃発生 1. 70s 攻撃間隔 4. 03s 攻撃頻度 9. その耐久面はソドムやカイ、ガメレオンと比べるとそこそこって感じ。 ソドムにはやや勝りますが、射程差が大きい。 問題(?)なのはネコマシン・滅とネコタコつぼに続く波動打消し能力持ちであること。 しかも射程が350と、ほとんどの波動キャラに射程勝ちしてしまいます。 安定して場に残り波動を打ち消し続けてくれるポテンシャルがあります。 1つ目の波動は射程467. 5なので、きちんと1つ目の波動も打ち消してくれて前衛も安心。 この兵器を投入すれば仙人も為す術無し。 これは強い… 耐久系とはいえ打たれ強いの対象特性以外の長射程キャラがいるとさすがに長持ちはしない&再生産がやたら長いという限界はあります。 とはいえ今までにない強力なキャラであることは間違いなく、ホントにこんなキャラを出しちゃっていいの…?と心配になってしまいます。 30 初号機 体力 KB 7万8200 4 攻撃力 1万5640 攻撃発生 1. 50s 攻撃間隔 0. 00s 攻撃頻度 4. ゾンビキラーはもちろんバリアブレイカーも持つ優遇ぶり。 長射程で巨匠にも射程勝ちできるのが嬉しいですね。 攻撃力上昇能力を持つため、素の火力はやや控えめです。 能力が発動すれば射程460としてはかなりの攻撃性能になりますが。 なお攻撃間隔0らしいですが移動速度が遅くもっさりしているので、覚ムートや真田ほど恩恵を実感しなそう。 攻撃後に移動を始めるのが遅い&素の移動速度が遅いということで戦線から置いて行かれそうな印象ですが、さっさと前にいってしまわない点は対ゾンビだとありがたいのかもしれません。 30 2号機 体力 KB 6万6300 3 攻撃力 3万7400 攻撃発生 2. 53s 攻撃間隔 2. 87s 攻撃頻度 8. と聞くと最近コラボのあったパワプロのが思い浮かびます。 こちらの方がより大型な感じですね。 さすが超巨大兵器。 さすがにガネーシャには劣りますが… KB3回はそう多くないですし、比較的内側に攻撃できるとはいえ潜り込まれると脆そうな印象。 攻撃発生が長めということもありますし、敵の接近を許さないように注意したい。 30 ネコシンジ 体力 KB 9万6900 2 攻撃力 3万8250 攻撃発生 2. 00s 攻撃間隔 2. 33s 攻撃頻度 6. 2波動(射程532. 特性の対象が異なり停止能力が無く、他で特に差があるのは単発攻撃力と攻撃頻度。 ベビーカーズは攻撃頻度が低いため1発の空振りがかなりの痛手ですが、ネコシンジはやや攻撃頻度が上がっているのでその痛手を軽減。 攻撃頻度が上がった分単発攻撃力が下がっているので、波動で敵を一掃できる爽快感はやや低下。 攻撃発生が遅いのは同じなので、空振りが発生するリスクそのものは変わらず。 そういえばメタルのふっとばしってあまりいないので、そこはありがたいですね。 「ムーン」の名にあやかってか、ウルトラソウルズのカオスムーンによく似ています。 30 ムーン 体力 KB 4万2500 4 攻撃力 4万2500 攻撃発生 3. 23s 攻撃間隔 3. 00s 攻撃頻度 9. 全体的に僅かながら小型化させた感じ。 攻撃発生の遅さも同等であること、カオスムーンより射程が5短くなっていることが痛い。 455が450になってしまったのは痛い。 超激レアは波動打消しの零号機狙いで回したいです。 あと欲しいのといったら初号機かなあ…(適当) レア&激レアもできるだけ揃えたいですが、常設レア&激レアに紛れての排出なのでどのくらい手に入るか不安。 そのうち11連超激レア確定がくるはずなので、本データ・サブともにそこで回します。 …というわけで3月24日、待ち望んだ11連超激レア確定が来たので回しました。 なんと数日前から初回割引キャンペーンも始まるという優遇っぷり。 超激レア2体が確定するので、とりあえず被らないで欲しい。 レア&激レアをどのくらい手に入れられるか…とりあえずちびマリが可愛いので欲しい とか思っていると、 まさかの激レア0。 そして超激レアは3体手に入って被りも無いものの、零号機を獲得できず。 物欲センサーというか、22連すれば零号機なんて余裕だろうと思っていました、、、 そして当たったのがシンジとオペレーターズっていう点も微妙。 使徒キラーじゃないじゃんっていう。 対使徒戦で使えないのはもちろん通常でも扱いづらいキャラだと思っているので、個人的にこの22連は敗北。 かろうじて弐号機は当たったのが救いです。 こちらは微妙に足りず11連のみ。 貯まったらもう11連するかも。 こちらは波動無効がいないので、零号機は是非とも欲しい。 欲しかったのに… 確定枠は初号機。 零号機は当たらず。 こちらはコラボステージに詰まっているので、ちゃんと使徒キラーが当たってくれたのは嬉しいです。 なお、 なぜかこちらは激レアをコンプ。 なんならちびマリが被りました。 被った分のちびマリを本データに分け与えたい… とりあえず、本データとサブデータ合わせて零号機以外は全て獲得しました。 肝心の零号機が手に入っていないので、サブのネコカンが1500に到達したら再挑戦したいところです。 クリアできてないコラボステージの分だけでかなり近づくからいけるんじゃないかな… そして初号機と使徒キラーのおかげでコラボステージをいくらかクリアでき、その報酬で1500ネコカンに到達。 今度こそと最後の11連。 サブにゃんこで11連もう1回。 サブにゃんことしてはnewですが本データで引いたし、気分的には被り。

次の

【にゃんこ大戦争】エヴァンゲリオンコラボのレア・激レア当たりは?

エヴァキリン にゃんこ

大まかにはコラボキャラの進化、コラボステージの周回、コラボステージのクリアに区分することができます。 「対象の使徒を…で確認」っていう言い方、なんか好きです。 初級「特別非常事態宣言発令中」、 中級「特務機関NERV」、 上級「逃げちゃダメだ」の3ステージ構成。 ここで出現するのは第4の使徒。 最終ステージでも難易度上級なので、サブ(全キャラLv. 20)の方でもなんとか戦えます。 とりあえず サブデータの最終ステージ攻略について書いておきます。 戦術は自城ギリギリで粘る長期戦。 取り巻きがいない時は使徒の攻撃に合わせてキリンを潜り込ませます。 ゴリさんは酔拳にゃんこでワンパン可能。 2体来るときがあるので、そのときは特に頑張る。 という感じで迎撃。 少しミスると使徒にお城を攻撃されるので、その時はにゃんこ砲で押しのけます。 看板娘が出てくるほどの激戦。 疲れた… 使徒キラーが欲しいです、はい。 初級「二子山第2要塞」、 中級「陽電子砲狙撃」、 上級「目標に高エネルギー反応」、 超上級「別れ際にさよならなんて」、 激ムズ「笑えばいいと思うよ」の5ステージ構成。 採点報酬のほか、クリア回数によるミッション報酬(前掲)もあります。 ただ難易度が激ムズまであるうえに消費統率力が多く、始めたばかりの初心者にはややハードルが高い。 回数をこなすならとりあえず初級を周回ですね。 ここで出現するのは第6の使徒。 攻撃頻度はそう高くないもののかなりの長射程。 内側にも対応可能な遠方攻撃キャラで、攻撃範囲がかなり広いです。 高難度ステージになると攻撃力もかなり高く、味方が一掃されます。 とはいえ本データだと高耐久キャラで問題なく戦線を維持できるので、普通に全ての採点報酬を回収可能。 まだ全キャラLv. 20に留めているサブデータで苦戦。 使徒に対しては使徒キラーのちびシンジや生き残りのあるネコ初号機が便利ですが、そもそも天使に押されるのでそれだけではとても戦線を維持できませんでした。 激ムズですし、やっぱり基本キャラを第3進化させるくらいの強化は欲しいか… ちなみに 別れ際にさよならなんてですが、ドラゴンとキリンがいれば十分勝てます。 ドラゴンで序盤のゴリさんやボス戦のクマ先生へ攻撃。 使徒の攻撃に合わせて2体生産するくらいがちょうど良い。 サブにゃんこのアイテム無しベストスコアは今の所5615点。 7000点は遠い… 11連超激レア確定キャンペーン期間に入り、。 カヲル&シンジの使徒キラーコンボを発動し、初号機で第6の使徒をワンパンします。 偶数日は昼夜、奇数日は朝夕が基本となります。 ゲリラの時間になったら、司令官っぽいおじさんが出てきました。 「アスカが乗ってるんだよ!」の初級と激ムズで2ステージの構成。 長い射程と遠方攻撃による広い攻撃範囲&攻撃力低下の妨害能力が厄介。 ただ第6の使徒は内側まで攻撃可能でしたが、こちら第9の使徒はある程度近づくと攻撃が当たりません。 高耐久のキャラや高い移動速度の短射程キャラで潜り込めればやりたい放題です。 覚醒ムートも潜り込めば攻撃を受けないようなので、覚醒ムートを持っている層は敵の前衛(パオン)を処理したのちに覚醒ムートを突っ込ませれば第9の使徒を倒すまで殴り放題。 なおサブの方はヤシマ作戦同様、激ムズで大敗。 最初のパオンすら倒せず…これはどうしようもない。 パオンを倒したところで早く第9の使徒を突破できないと、しばらくして出てくるシャドウボクサーにボコられそう。 後日配布のちびカヲルが対黒超ダメージではありますが、攻撃力低下の妨害がある状況でシャドウボクサーを迎撃するのは初心者層にはキツイ。 このように使徒以外の取り巻き迎撃もかなりつらいので、使徒キラーがいるからどうという話ではないですね。 偶然にもお手軽クリアな初級の方で限定キャラがドロップしてくれたので、あまり無理はしないことにします。 一応ちびカヲルを入手して対使徒の負担を軽減できるようになったら、再戦を挑もうかな… というわけでちびカヲル&を入手し再戦。 ジェンヌでウサ銀を倒してお金稼ぎ。 シャドウボクサーが来たら3枚壁&キリン初号機&カヲル&シンジで、全力で初号機を守りました。 偶数日は朝夕、奇数日は昼夜が基本となります。 「使徒キラー」なる特性もありますし、みたいな鬼畜ステージであることが予測されます。 挑戦するのは来週水曜日までおあずけ… そして当日を迎え、早速挑戦。 クリアでちびカヲルを第3進化させる権利を得られるのですが、肝心のちびカヲルはいつ貰えるんでしょう…? まどマギコラボでは常設ステージのドロップ報酬であるちびまどかの第3進化だったので、キャンペーン配布のちびほむらを入手できるのが後になっても特に不思議には思いませんでした。 でも今回はそうはいかず。 未だ手に入っていないキャラの第3進化権利を獲得してもなあ…って感じ。 ステージ特徴 第10の使徒「ゼルエル」が登場。 全妨害と波動、さらににゃんこ砲も無効。 ちなみにまどマギコラボのワルプルギスは体力240万(KB2)、攻撃4万で感知射程400(有効射程-2,000~1,500)。 ワルプルギスと比べるとKB回数が多いため押し返しやすく、有効射程が短いため味方への被害を抑えやすい。 クリティカルが無いのでメタルネコを活用できる点でも戦いやすいです。 上級ではゼルエル単体なので、ワルプルギスみたく敵の攻撃に合わせて足の速いキャラを潜り込ませれば負けません=そのうち勝てます。 ステータスは前述より低く設定されているので、粘る時間も比較的短め。 ところが必ずしもそうはいかないのが超極ムズ。 今回は取り巻きがいます。 約17秒毎に1枠ずつ増えていき、最大で9枠。 それぞれの枠はで敵が湧く間隔は不定。 取り巻きの種類ですが、9枠で5種類。 黒&天わんこに3枠、ゾンビわんこ&赤にょろ&ゴリさんに1枠ずつです。 移動の早い取り巻きがとにかく多く、ゼルエルの攻撃に晒されながらそれらを倒すのがかなりキツイ。 取り巻きが複数体重なることが多いので、可能なだけ範囲攻撃キャラを詰め込みたい。 …というわけでとりあえず超激レアを使わず奮闘。 コンボ:バイオハザード(研究力アップ【小】)、ほねほねボーン(同左) 前述の通り生き残り能力のキョンシーと生き残り且つ範囲攻撃の漂流記、そしてメタネコ。 さらに移動速度の速い半魚人と、ゼルエルの射程圏外に居座れるスーパーハッカー。 とりあえず超激レア以外の常設キャラであればいいやと、ガチャキャラを詰め込みました。 そしてこれらを出せる頻度を上げるため、研究力アップコンボを発動します。 戦術 スニャとネコボンを使いました。 ネコボンは必須とは言えないと思いますが、使徒キラー無しで戦う場合とにかく味方が短命で取り巻き処理要員が少ない&ゼルエルを押し戻す要因が欲しいので、スニャは欲しい。 全体として順番にこなす作業というのは無くて、各キャラを各方針のもとで生産していく感じです。 Hyper Mr. コラボ情報のほか、新企画もいくつか。 (コラボ情報のコーナーは番組後半、2時間経過するくらいから始まりました) 個人的にはキャラ名鑑が面白かったです。 若林Dの話でピクシーズ秘話として語られた、モチーフがいずれも動物であること&ボルトが「イワトビペンギン」モチーフであることは新鮮でした。 ポケモンとしか思ってなかったですが、よく考えたらポケモンも動物モチーフのものが多いですもんね。 新企画としてクイズコーナーがありましたが、と比べるとかなり簡単でしたね。 一応設問と答えを以下に。 絵がないとどうにもならない設問があるので、それはスクショを撮って貼っておきます。

次の