天皇 即位 国民 祭典。 天皇陛下御即位の国民祭典、芦田愛菜の「御祝いの言葉」全文

天皇陛下御即位の国民祭典、芦田愛菜の「御祝いの言葉」全文

天皇 即位 国民 祭典

11月9日、「天皇陛下ご即位をお祝いする国民祭典」が皇居前広場などで行われ、17時10分から始まった「第2部」の祝賀式典では古屋圭司・奉祝国会議員連盟幹事長の開会宣言とファンファーレに続き、女優の芦田愛菜が御祝いのメッセージを述べた。 ここではその「御祝いの言葉」の全文を紹介する。 * * * 謹んで申し上げます。 天皇陛下ご即位にあたり心よりお祝いを申し上げます。 またこのような記念すべき国民祭典にお招きにあずかりお祝いと感謝を申し述べる機会をいただき、緊張しておりますが大変光栄に存じます。 即位礼正殿の儀での陛下のお言葉を拝聴し、日本そして世界の平和に対する陛下の御心に胸を打たれました。 陛下は松尾芭蕉の「奥の細道」をお読みになったことがきっかけで水にご関心を持たれ、長きにわたってご研究をなさっているとお聞きしました。 そして、水を通して世界のさまざまな問題をとらえ、そのことが平和につながるとのお考えをお持ちであると知るに至りました。 私も大好きな読書を通じ、知識を得ること、そしてその知識を踏まえて、行動に移す、その事が大切であるのではないかと考えるようになりました。 陛下の御心を受け、どんな事でも思い立ったことは迷わず実行できるようになりたい、そう思っております。 新元号「令和」は、万葉集からの出典だったという事を知り、昔の日本の書物から新しい時代の元号が作られるということは、なんて素敵なことなんだろうと深く感動しております。 古くからわが国に伝わる文化を大切にしつつ、新しい日本へと躍進していく、そんな時代になっていくことを切に願っております。 最後になりますが、いつまでも両陛下がお健やかであられますようお祈り申し上げ、御祝いの言葉といたします。 令和元年 十一月九日 芦田愛菜 【プロフィール】あしだ・まな/2004年6月23日生まれ、兵庫県出身。 5歳で出演したドラマ『Mother』(日本テレビ系/2010年)で脚光を浴び、『大河ドラマ 江〜姫たちの戦国〜』(NHK/2011年)に出演、『マルモのおきて』(フジテレビ系/2011年)で連続ドラマ初主演し注目される。 数々の映画、ドラマ、CMなどに出演。 年間100冊以上の本を読む読書家として知られ、とっておきの約100冊を紹介した近著『まなの本棚』も話題に。

次の

「国民祭典」 天皇陛下のおことば|平成から令和へ 新時代の幕開け|NHK NEWS WEB

天皇 即位 国民 祭典

第二部の祝賀式典は、オープニングとして、陸海空三自衛隊合同音楽隊の演奏、鬼太鼓座による「振れ太鼓」が披露され、古屋圭司・天皇陛下御即位奉祝国会議員連盟幹事長の開会宣言によりスタート。 周辺のオフィスビル群が、土曜日にもかかわらず本式典のためにライトアップで祝意を表するなか、会場には、三権の長、政党幹部(自民党、立憲民主党、公明党、国民民主党、日本維新の会)、国会議員、また経済界をはじめとする官民各界を代表する顔ぶれと、奉祝委員会役員団体からの招待者、約1万名の一般公募当選者合わせて3万名が集いました。 会場中に広がる提灯の灯火と日の丸に、二重橋(石橋)にお出ましになった天皇皇后両陛下は笑顔と提灯でお応えになりました。 天皇陛下お言葉 さきに、即位礼正殿の儀を行い、即位を内外に宣明しました。 そして、今日ここに集まられた皆さんからお祝いいただくことに感謝します。 即位から約半年、多くの方々から寄せられる気持ちをうれしく思いながら過ごしています。 また、この間、さまざまな機会に国民の皆さんと直接接し、皆さんの幸せを願う思いを私たち二人で新たにしてきました。 そのなかにあって、先月の台風19号をはじめ、最近の大雨などによる大きな被害に深く心を痛めています。 亡くなられた方々に哀悼の意を表しますとともに、ご遺族、被災された方々にお見舞いを申し上げます。 寒さがつのる中、避難を余儀なくされ、生活再建が容易でない方が数多くおられることを案じています。 復旧が進み、被災された方々が安心できる生活が一日も早く戻ることを心から願っています。 ここに改めて、国民の幸せを祈るとともに、わが国の一層の発展と世界の平和を願います。 今日は寒いなかにもかかわらず、このように大勢の皆さんが集まり、即位をお祝いいただくことに深く感謝いたします。 国民祭典 主催・後援・出演者 主催 天皇陛下御即位奉祝国会議員連盟、天皇陛下御即位奉祝委員会、公益財団法人日本文化興隆財団 後援 内閣府、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省、防衛省、東京都、千代田区 出演者 敬称略・順不同 第一部 衛藤 晟一、木原 稔、久保田 政一、石川 雅己、藤岡 弘、、桐生 祥秀、紀平 梨花、村上 茉愛、乾 友紀子、半井 小絵、江戸消防記念会、日枝神社、神田神社、赤坂氷川神社、浅草神社、渋谷氷川神社、江東天祖神社、居木神社、西五反田氷川神社、八丈神社、大国魂神社、恋ヶ窪熊野神社氏子会、小足立八幡神社、伊豆見神社、萬歳會、不二流惟神体道会、大鳥居、武蔵睦、相州睦、新宿ひぐらし、神輿Japan、上和太鼓、富岡八幡宮、千葉県神輿保存連盟、九十九睦会、川崎道祖神、東京共和睦、極神連合鯱睦連合、榊連、下妻囃子保存会、奉祝神輿会、緑乃會、元禄弥 警視庁音楽隊、全日本鼓笛バンド・フォームバトン連盟、東京消防庁音楽隊・カラーガーズ隊、奥州江刺百鹿大群舞、鳥取しゃんしゃん傘踊り、しばた台輪、よさこい鳴子踊り、稚児舞、東金ばやし、盛岡さんさ踊り、鹿島母ヶ浦面浮立、石岡のおまつり、秋田竿燈まつり、沖縄エイサー、能登のキリコ祭り「宇出津あばれ祭り」、輪島のキリコ祭り、久喜提燈祭り提灯山車、東京高円寺阿波おどり、佐波 優子 第二部 陸海空三自衛隊合同音楽隊、鬼太鼓座、古屋 圭司、芦田 愛菜、松本 白鸚、御手洗 冨士夫、山下 泰裕、阿部 詩、瀬戸 大也、マークエステル(作品協力)、九世 野村 万蔵・わざおぎ、三村 明夫、安倍 晋三、菅野 よう子、岡田 惠和、辻󠄀井 伸行、嵐、森谷 真理、伊吹 文明、谷原 章介、有働 由美子 国民祭典開催にあたりご協力を頂きました皆さまに、あらためて感謝申し上げます。 みずほ銀行 麹町支店 普通口座 1518251 口座名「天皇陛下御即位三十年奉祝委員会」• ゆうちょ銀行 記号番号 00170-5-588348 口座名「天皇陛下御即位奉祝委員会」 振込名義人は、お名前の前に「1109」とご入力ください(例:1109ヤマダハナコ) 組織名は令和元年5月1日に「天皇陛下御即位奉祝委員会」と改称しましたが、みずほ銀行の口座名は旧名となっております なお5口(1万円)以上ご寄附をいただいた方は、今夏発行予定の「奉祝事業記録集」にお名前(個人名または団体名)を掲載いたします(不要の場合はご寄附の際お知らせください).

次の

芦田愛菜、天皇陛下へ祝辞 約2分半“秀逸な言葉選び”堂々たる姿で御即位をお祝い

天皇 即位 国民 祭典

「Ray of Water」は「水に差し込むまばゆい光」をイメージした曲名という。 作詞はNHKの朝ドラ『ちゅらさん』や『ひよっこ』で知られる脚本家の岡田惠和さん。 作曲は『マクロス』シリーズや『創聖のアクエリオン』などで音楽を担当した菅野よう子さん。 第一楽章「海神」はオーケストラによる演奏、第二楽章「虹の子ども」は全盲のピアニスト・辻󠄀井伸行さんが演奏し、第三楽章「Journey to Harmony」は嵐の5人が歌った。 指揮は菅野さんが担った。 「Journey to Harmony」歌詞全文は以下の通り。 君が笑えば世界は輝く 誰かの幸せが今を照らす 僕らのよろこびよ君に届け はじめはどこかの岩かげにしたたり 落ちたひとしずくの水が平野流れ やがて研ぎ澄まされ 君をうるおし 鳥たちをはぐくみ 花たちとたわむれ あの大河だってはじめはひとしずく 僕らの幸せも大河にすればいい ごらんよ僕らは君のそばにいる 君が笑えば世界は輝く 誰かの幸せが今を照らす 僕らのよろこびよ君に届け 星明りにじんでふと立ち止まったら 雨の匂いのなかに虹のうたを聴こう かすかなそのうた まるでひとしずく 静かにつながって 確かにつながって 青い空の下 夢など語りあう 愛とか語りあう それが僕の願い ごらんよ光は君とともにいる 君が笑えば世界は輝く 誰かの幸せが時代を照らす 僕らのよろこびよ君に届け 君が笑えば世界は輝く 誰かの幸せが今を照らす 僕らのよろこびよ君に届け 大丈夫鳥は歌っている 大丈夫空は輝いてる 大丈夫水は流れている 大丈夫海は光っている 大丈夫君と笑ってゆく 大丈夫君と歩いてゆこう 20年前はYOSHIKIが、10年前はEXILEが 奉祝曲は、これまでも天皇陛下に関する祝い事などの際にたびたびつくられてきたものだ。 1990年の「即位の礼」では「平成の秋」、1993年に当時皇太子だった天皇陛下と雅子さまのご成婚時には「平成の春」というマーチがつくられた。 どちらも作曲を担ったのは、近衛文麿元首相のおいで、宮内庁楽部の指揮者も務めていた故・近衛秀健さんだ。 今回のようにアーティストが「奉祝曲」に前面に出てくるようになったのは、実は90年代後半になってからだ。 また、1999年(平成11年)の「天皇陛下の即位10年を祝う国民式典」では、ロックグループX JAPANのYOSHIKIさんが、自ら作曲した「Anniversary」をオーケストラとともに披露した。 また、2009年の「即位20年を祝う民間の式典」では、EXILEが奉祝曲を歌と踊りで披露し、「サングラスを取った」と話題を呼んだ。 この「太陽の花」は作詞を秋元康さん、作曲を岩代太郎さんが手掛けた。 さらに、2019年の即位30年を祝う祭典「感謝の集い」では、天皇皇后両陛下の御製「御旅」に、松任谷由実さんと、その夫で音楽プロデューサーの正隆さんが曲をつけた。 歌は由実さんと、フォークデュオゆずが披露した。 戦前は海外アーティストも では、戦前はどうだったのか。 たとえば上皇さまの生誕時(1939年)には、詩人の北原白秋が作詞し、「シャボン玉」で知られる中山晋平が作曲した童謡「皇太子様お生まれになった」がレコード化され、大ヒットしている。 また、その翌年の1940年には、国内外の音楽家によって大々的に奉祝曲がつくられた。 この年は「日本書紀」に記された神武天皇の即位から2600年目(皇紀2600年)にあたり、これを記念した式典(写真)や演奏会が各地で開かれたのだ。 当時は神武天皇の伝説をもとにした北原白秋の詩に、信時潔が曲をつけた「海道東征」のほか、ドイツのリヒャルト・シュトラウスら海外の音楽家も奉祝曲を作曲した。 日本政府はアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、ハンガリーの6カ国に依頼していたが、当時は泥沼化した日中戦争の真っ只中だった。 東京オリンピックや万国博覧会が中止になるなど、日本が国際的に孤立を深めていた時期とも重なっていた。 こうした時局の悪化から、アメリカは作曲を拒否している。 対米開戦はこの2年後のことだった。 なお、海外の音楽家が作曲した紀元2600年の奉祝曲はにもなっている(ボーナストラックに玉音放送付き)。

次の