パチンコ ファン 感謝 デー 景品。 パチンコファン感謝デーはホールに対するカツアゲ

パチンコファン感謝デーのくじ引き時間の予想は?1日に何回抽選するの?

パチンコ ファン 感謝 デー 景品

そもそもパチンコ・パチスロファン感謝デーとは? 定期的に開催される、「景品が当たるかもクジ引き」です。 パチンコ・パチスロをする人は1度は経験したことがあるのでは? 大義名分としては、日ごろのお客様のご愛顧に感謝して、豪華景品をクジ引きの結果によって持って帰ってくださいね。 というものなのですが、これが案外そういう意図ではないのです。 むしろ、お客のことなど考えていないと言っても過言ではありません。 ファン感謝デーはどこが運営しているの? 基本的には「全日遊連」というホール団体です。 正式名称は「全日本遊技事業協同組合連合会」と言います。 で、この全日遊連というのはパチンコ屋の組合のことで、結構その圧力は強いものがあります。 当然、警察などの様な強制的かつ法的な力はありませんが、どんな団体でもよくある「上からのパワーによる押さえつけ」はここにもあります。 その最たる例として挙げられるのが、この「パチンコ・パチスロファン感謝デー」なのです。 ちなみに、全日遊連主催ではなく、各都道府県のホール団体主催のものもあります。 ファン感謝デーはイベントじゃないの? イベントです。 警察や関係各所がうるさく取り締まっているイベント以外に他なりません。 ただ、出玉どうこうで射幸心を著しく煽るわけではないし、誰かの大事な収入源なので黙認です。 現状テレビCMまでやっても怒られないのはこの「パチンコ・パチスロファン感謝デー」だけ。 スロ・パチとか並ばせ屋山本とかは名指しで警察が注意してるのにね。 民間のはダメなんですよ、だって誰かにお金が入ってこないから。 パチンコ・パチスロファン感謝デーはカツアゲ さてさて、ここまででザックリとファン感謝デーについて分かっていただけたかと。 で、なんでこれが「カツアゲ」なのか。 それについてここからは説明していきますよ。 景品は全てホールの買取 これに全てが集約されています。 ホールは団体の圧力によって、やりたくもないイベントに強制参加させられ、通常の卸価格よりも高い値段で景品を買わされます。 要するに 全日遊連主催のファン感謝デーで掛かる費用は、 全て「ホール側の負担」なのです。 別にやりたくないイベントに数十万~数百万単位の出費を余儀なくされます。 だって圧力が凄いからね。 そうして行うイベントで、わざわざホールが出玉を出すと思いますか? ちなみに1回テレビが当たったけど、ラクマで速攻売りました。 そして同じような出品がわんさかあって笑いました。 どんだけユーザーのこと考えて商品用意してねーんだよって話。 誰のポッケに入っているの? ここからは完全なる私の妄想としてお楽しみください。 単純に考えて各種団体職員のボーナス、あるいはその上に居る奴らの小遣いになっているというのが基本です。 1店舗が負担する金額は1回でなんやかんや平均30万としましょう。 もうちょっと掛かる気もしますけどね、あくまでも仮です。 で、現在ホールの数を9000店舗と仮定します。 すると、単純計算で「27億」の金が入ります。 一応、景品を買っているのでその金額を引いて半分と考えても13億以上。 それだけの金がホールから全日遊連、引いてはその上に分配されるわけです。 一番上の方は、毎年ハロウィンジャンボの1等が当たっている感覚でしょうか。 ちなみに、全日遊連は「内閣総理大臣認可の国家公安委員会・警察庁管轄」です。 いわゆる天下り団体の1つ(保通協と一緒)です。 う~ん、一体誰にどんな風にお金が動いているのかな? ホームページには色々と書いてあるけど、それにしても収入が多いよね。 僕は良く分からないけどさ。 まとめ 例えば30万の予算があれば、ジャグラーを全台4,5,6に出来ます。 当然、台数にもよりますけどね。 ホールとしてはこんなイベントはしたくないのが本音です。 なのでホールを攻めることはヤメてましょう。 ちなみに、クジ引きの当たりハズレはホールで調整できます。 誰に引かせるかまでは無理ですが、当たりを入れるタイミングや、当たりを入れた箱をどの島に持って行くかなどは自由自在です。 なぜなら、当たり券とハズレ券は別で送られてくるから。 私もやりましたからね、いつ当たり入れようかな~と考えましたよ。 繰り返しですが、別にどんな団体でもある話なので良い悪いの話ではありません。 ただ、その実情を何となく知っていただければと思っただけです。 このパチンコ・パチスロファン感謝デーについて書こうと思ったのは、ワンゲームのテツさんの動画を見て思い出したからです。 以下の動画の最初の方でファン感謝デーの話に言及していて、途中で濁しています。 濁している部分を、今のあなたならなぜ濁したか分かるのでは?.

次の

パチンコファン感謝デーくじの当選の仕組み

パチンコ ファン 感謝 デー 景品

そもそもパチンコ・パチスロファン感謝デーとは? 定期的に開催される、「景品が当たるかもクジ引き」です。 パチンコ・パチスロをする人は1度は経験したことがあるのでは? 大義名分としては、日ごろのお客様のご愛顧に感謝して、豪華景品をクジ引きの結果によって持って帰ってくださいね。 というものなのですが、これが案外そういう意図ではないのです。 むしろ、お客のことなど考えていないと言っても過言ではありません。 ファン感謝デーはどこが運営しているの? 基本的には「全日遊連」というホール団体です。 正式名称は「全日本遊技事業協同組合連合会」と言います。 で、この全日遊連というのはパチンコ屋の組合のことで、結構その圧力は強いものがあります。 当然、警察などの様な強制的かつ法的な力はありませんが、どんな団体でもよくある「上からのパワーによる押さえつけ」はここにもあります。 その最たる例として挙げられるのが、この「パチンコ・パチスロファン感謝デー」なのです。 ちなみに、全日遊連主催ではなく、各都道府県のホール団体主催のものもあります。 ファン感謝デーはイベントじゃないの? イベントです。 警察や関係各所がうるさく取り締まっているイベント以外に他なりません。 ただ、出玉どうこうで射幸心を著しく煽るわけではないし、誰かの大事な収入源なので黙認です。 現状テレビCMまでやっても怒られないのはこの「パチンコ・パチスロファン感謝デー」だけ。 スロ・パチとか並ばせ屋山本とかは名指しで警察が注意してるのにね。 民間のはダメなんですよ、だって誰かにお金が入ってこないから。 パチンコ・パチスロファン感謝デーはカツアゲ さてさて、ここまででザックリとファン感謝デーについて分かっていただけたかと。 で、なんでこれが「カツアゲ」なのか。 それについてここからは説明していきますよ。 景品は全てホールの買取 これに全てが集約されています。 ホールは団体の圧力によって、やりたくもないイベントに強制参加させられ、通常の卸価格よりも高い値段で景品を買わされます。 要するに 全日遊連主催のファン感謝デーで掛かる費用は、 全て「ホール側の負担」なのです。 別にやりたくないイベントに数十万~数百万単位の出費を余儀なくされます。 だって圧力が凄いからね。 そうして行うイベントで、わざわざホールが出玉を出すと思いますか? ちなみに1回テレビが当たったけど、ラクマで速攻売りました。 そして同じような出品がわんさかあって笑いました。 どんだけユーザーのこと考えて商品用意してねーんだよって話。 誰のポッケに入っているの? ここからは完全なる私の妄想としてお楽しみください。 単純に考えて各種団体職員のボーナス、あるいはその上に居る奴らの小遣いになっているというのが基本です。 1店舗が負担する金額は1回でなんやかんや平均30万としましょう。 もうちょっと掛かる気もしますけどね、あくまでも仮です。 で、現在ホールの数を9000店舗と仮定します。 すると、単純計算で「27億」の金が入ります。 一応、景品を買っているのでその金額を引いて半分と考えても13億以上。 それだけの金がホールから全日遊連、引いてはその上に分配されるわけです。 一番上の方は、毎年ハロウィンジャンボの1等が当たっている感覚でしょうか。 ちなみに、全日遊連は「内閣総理大臣認可の国家公安委員会・警察庁管轄」です。 いわゆる天下り団体の1つ(保通協と一緒)です。 う~ん、一体誰にどんな風にお金が動いているのかな? ホームページには色々と書いてあるけど、それにしても収入が多いよね。 僕は良く分からないけどさ。 まとめ 例えば30万の予算があれば、ジャグラーを全台4,5,6に出来ます。 当然、台数にもよりますけどね。 ホールとしてはこんなイベントはしたくないのが本音です。 なのでホールを攻めることはヤメてましょう。 ちなみに、クジ引きの当たりハズレはホールで調整できます。 誰に引かせるかまでは無理ですが、当たりを入れるタイミングや、当たりを入れた箱をどの島に持って行くかなどは自由自在です。 なぜなら、当たり券とハズレ券は別で送られてくるから。 私もやりましたからね、いつ当たり入れようかな~と考えましたよ。 繰り返しですが、別にどんな団体でもある話なので良い悪いの話ではありません。 ただ、その実情を何となく知っていただければと思っただけです。 このパチンコ・パチスロファン感謝デーについて書こうと思ったのは、ワンゲームのテツさんの動画を見て思い出したからです。 以下の動画の最初の方でファン感謝デーの話に言及していて、途中で濁しています。 濁している部分を、今のあなたならなぜ濁したか分かるのでは?.

次の

パチンコファン感謝デーはホールに対するカツアゲ

パチンコ ファン 感謝 デー 景品

パチンコファン感謝デーで当選するには!?クジの仕組みを暴露! 定期的に開催される パチンコファン感謝デー。 地域によっては、似たような名称で同じような小規模イベントをやっていたりもします。 いずれにしても、ファン感謝デー系のイベントには、「クジ」による抽選が存在し、当選すればテレビや自転車などの豪華景品が当たる抽選会が行なわれます。 まずね、 景品抽選会を開催ってだけなので、ホールにおいてはまぁ出玉は期待できないのは内緒。 「豪華景品を用意したからみなさんは回収台を打って抽選会開始まで時間をつぶしてね」というホールの意図も内緒。 「景品を用意した費用なんて、景品に釣られて来店したお客さんの落とす金で回収できる」なんて口が裂けても言えない。 ここでは、一般のお客さんは知らない 当選の仕組みなど、抽選の裏側について暴露していきます。 そうすれば自然とクジに当選しやすいパチンコ店というものが分かってきます。 スポンサーリンク• 当選の仕組み まず大前提として、用意された景品はお客さんにプレゼントする目的ですので、 どんな豪華景品でも当選する可能性は間違いなくあります。 例えば抽選会の日程が2日間として、1日あたり2回の抽選会が行われるとすると、2日間で計4回の抽選会があることになります。 では、 豪華景品が1回目で当たり尽くしてしまうかもしれないから4回目は不利か?というと、そんなことは全くありません! 街のお祭りのクジとか、買い物すると挑戦できるガラガラクジの抽選がマトモであれば、豪華景品は最初の方に当たり尽くしてしまう可能性はあります。 しかしパチンコ店では違います。 マトモな抽選ではないのですwww せっかく客寄せできるイベントなのに、最終回の抽選会に景品がないのであれば全く盛り上がらなくなってしまいますから、それを防ぐにはマトモな抽選ではいられませんwww パチンコ店は、抽選会が計4回であれば4回に分けて バランス良く当選させる2つのカラクリを駆使するのです。 したがって、 3回目までに景品がなくなってしまうなんてことは通常のホールであれば、ありえません。 スポンサーリンク 抽選の裏側 バランス良く当選させるためのカラクリの1つとして、 抽選クジは「当たりクジ」と「外れクジ」が区別されて組合などから納品されます。 当たりクジは景品の数だけ納品され 当然ね 、外れクジはビックリするくらい大量に納品されます。 ガラガラクジであれば外れは白い玉、1等は金の玉など色分けしていて一目瞭然ですが、パチンコファン感謝デーにおける抽選クジに関しては見た目は同じですが、納品された際に当たりクジは別の箱に入っていたりするのでホールとしては当たり外れを区別できるのです。 バランス良く当選させるためのもう1つのカラクリですが、抽選クジがホールに届いた段階でホールは当選クジを抽選会4回の4等分にすることが出来ます。 そして 1回目の抽選会開始でクジを配布する際、当たりクジを全部投入するのではなく、およそ4等分された枚数だけ投入するようにし、それを2回目3回目も繰り返せば、4回の抽選会でバランス良く景品をばらまくことができるのです。 裏側ではこんなカラクリがなされているのです。 つまり、 用意する抽選券の数は、稼働人数より少し多めの数です。 稼働の少ない店であれば稼働人数分で十分ですが、お客さんが多い店であれば「ホールコンで調べられる稼働数」と「実際にホールにいるお客さんの数」に食い違いがあり、稼働数だけで抽選券の数を用意すると足りなくなる可能性があるからです。 逆に考えると、「この回」で当てさせたい景品の数というのが決まっているので、当たり券を含む抽選券の数を稼働数ピッタリにしておいて、最後のほうで抽選券が足りなくなりそうならコッソリ外れ券を追加することで全お客さんに抽選させる、なんてことも普通です。 つまりこの場合、 最後のほうの順番でクジを引く場合、外れの確率が異常に高いということになります。 仮に 既に当たり券が出尽くした後から外れクジを追加した場合、抽選箱の中は外れクジのみなのですから。 以上がパチンコファン感謝デーにおける当選の仕組みの基本です。 抽選の裏側 例外 ここからは各パチンコ店によって違いがある部分です。 ホールは当たりクジと外れクジの判別ができるのだから、 少し工夫すれば狙った島やお客さんに景品を当選させることも出来ます。 事前に抽選箱の中に当たりクジを投入するのではなく、抽選箱の中は外れクジだけにしておいて、狙った島やお客さんに配布する直前に当たりクジを投入すれば良いのです。 また、僕の勤めたパチンコ店の中には、抽選箱の概念すら無く、スタッフが「どうぞ」と手渡しで抽選クジを配布するスタイルをやっている店もありました。 トランプのババ抜きみたいなスタイルですらなく、お客さんは引くクジを選ぶこともできないという斬新なスタイルですwww 抽選箱スタイルだと箱の中でごっちゃになってしまう当たりクジも、手渡しなら間違いなく狙ったお客さんに当選させることが出来ます。 逆に、態度の悪いお客さんや普段は見かけないお客さんには外れクジを渡せます。 …これ、 もはや「抽選」とは言えないよね。 抽選に当たりやすいホール ホールは用意した景品を当選させる気マンマンです。 中にはお客さんに当選させず、スタッフに分け与えるホールもある…かもしれませんが、基本的にはお客さんに当てさせるつもりでいると思って下さい。 もし景品の数がどのパチンコ店でも共通の場合、抽選に当たりやすいパチンコ店…それは、 お客さんの少ないパチンコ店です。 考え方は至って簡単です。 マックスタイプと遊パチ、どちらが当たりやすいか?という質問と同じレベルなんです。 抽選箱の中は外れクジばかりなんです。 しかし 当たりクジも入っているんです。 200枚のクジが入った抽選箱と、40枚のクジが入った抽選箱、当たりクジの枚数が同じなら当たりやすいのは…40枚のクジ箱ですよね。 もう一度言いますが、「基本的にホールは用意した景品を全てお客さんに当てさせようとします」。 だったら 外れクジの数が少ない方が、ライバルが少ない方が当たりやすいのは当然ですよね。 したがって、 抽選イベントで当てたい場合は、普段は入りづらいような稼働の少ないホールが狙い目になります きちんと抽選会を開催するのか確認を忘れずに。 繁盛店なら景品の数が多い場合もあるかもしれませんが、分子や分母などの確率をふまえた上でも、 お客さんが少なければ少ないほど当たりやすいという傾向だけはつかんでおきましょう! その他のポイントとして、 手渡しでクジを配布するホールは出来レースの可能性が高いため、避けた方が良いでしょう。 また、どんな順番で担当スタッフが抽選に回るかに注目し、最後のほうの順番での抽選は不利な可能性が高いことを意識しましょう。 最後に、影の薄いお客さん・稼働の高いホールであれば…抽選開始で最初のほうで順番が回ってきた場合、抽選を受けた後に別の島で再抽選を受けることだって可能です。 たまにしか開催しないイベントで舞い上がっている抽選担当スタッフは、「この人は抽選済み」などと一人一人のお客さんのことを覚えているほど冷静ではありません。 もちろんバレたら怒られますけどね。 ホールが1等を当てさせるタイミング ホールは当たりクジを把握していて、どの景品をいつ抽選にかけるかのバランスを決めることができる、というのはこれまで述べてきました。 そして、景品には豪華な1等賞、まぁまぁの2等賞、ほどほどな3等賞など、ランクが分かれているのはご存知でしょう。 そんな感じにランクの分かれた景品をバランス良く各抽選会で放出します。 そして、豪華な1等賞ほど当たりは1本だったり、数が少ないのも当然です。 では、豪華な1等賞をホールはいつ放出するか、考えてみましょう。 パターン1 例えば土日の2日間で1日あたり14時と19時の2回、計4回の抽選会があるとしましょう。 1等賞の数は1つだけです。 このとき、みなさんがホール側ならどこで1等を放出しますか? 土曜の14時(1回目)に1等を出しますか? 1回目からたった1つの1等賞を出したら、残りの3回の抽選会が盛り上がりませんよね? 日曜の19時(4回目)に1等を出しますか? 日曜の19時なんて、翌日仕事の人が多く、既にホールのお客さんの多くは帰宅しています。 最後まで1等を残しておく可能性はありますが、既にホール内は帰宅ムードが漂っているため、盛り上がりに欠けるでしょう。 なので、ホールが1等を出す可能性が高いのは、土曜の19時か日曜の14時、ということになります。 あなたが店長なら、ホールが大盛況のときに1等を出したくないですか? 特に、稼働が一番高いのは日曜の14時ですのでココが激アツです。 時間帯 1等の可能性 土曜14時 激低 土曜19時 アツイ 日曜14時 激アツ 日曜19時 低い パターン2 例えば、金土日の3日間で1日あたり14時と19時の2回、計6回の抽選会があるとしましょう。 1等賞の数は1つだけです。 この場合だとどこで1等が出そうでしょうか? 金曜は1回目も2回目も1等を出さないでしょう。 金曜に出したら残りの4回がシラけます。 日曜19時(6回目)も可能性は低いです。 大半のお客さんは帰宅済みです。 なので、ホールが1等を出す可能性が高いのは、土曜の14時か19時か日曜の14時、ということになります。 3回目・4回目・5回目のどれかというのは断定できません。 しかし、稼働や盛り上がりで考えると、これらのどこかで1等を出してくるでしょう。 時間帯 1等の可能性 金曜14時 激低 金曜19時 低い 土曜14時 アツイ 土曜19時 アツイ 日曜14時 アツイ 日曜19時 激低 このように、1等の大当たりを目指すのであれば、ホールの意図を読んで、どこで放出するか見定めると良いでしょう。 さらに、で述べたようなホール選びをすることで、当選確率はグッと高まるでしょう。 スポンサーリンク.

次の