生理痛 和らげる 姿勢。 重い辛い生理痛を緩和する姿勢やストレッチ、グッズなどを紹介します|生理痛緩和コラム|リングルアイビー

ツライ生理痛を少しでも和らげたい!効果的なストレッチの方法4つ

生理痛 和らげる 姿勢

姿勢や寝方がなぜ生理痛と関係しているの? 姿勢や寝方を工夫すると、生理痛を和らげることができます。 では、なぜ姿勢や寝方と生理痛が関係しているのでしょうか。 それぞれの理由について見ていきましょう。 そのため、 血流を良くすることによって、プロスタグランジンが体内に停滞することを防ぎ、生理痛の緩和に繋がるのです。 プロスタグランジンの働きや生理痛の原因について把握しておくことで、他の解消法に繋げることもできます。 つまり、 血流を良くするような姿勢や寝方をとることによって生理痛の緩和が出来るということなのです。 人間は無意識のうちに体の一部に力が入ってしまっていたり、逆に、体幹を支える筋肉が弱くなることで姿勢が崩れてしまいます。 そのため、知らず知らずのうちに血流が滞ってしまう人はたくさんいるのです。 生理痛をひどくする姿勢とは? 血流を良くすることで生理痛を緩和することが出来ますが、逆に言えば血流が悪くなると生理痛が悪化してしまいます。 では、どのような姿勢が血流を悪くしてしまうのでしょうか。 これから紹介する姿勢をあなたが普段とっていないかチェックしましょう。 猫背は、胸やお腹側は筋肉が緩んでいて、逆に背中側の筋肉が緊張している状態になります。 筋肉が緊張すると、筋肉のポンプ作用が上手く働かずに血流が滞ってしまいます。 猫背の原因は以下のものがあげられます。 しかし、足を組んで座るということは、骨盤をゆがませる原因になってしまいます。 骨盤がゆがむと血流が悪くなってしまい、プロスタグランジンが骨盤内に停滞してしまう原因になってしまいます。 無意識に足を組んでしまっていないかチェックしてみましょう。 片足に体重をかけて立っていると、体全体が左右異なる筋肉の使い方をしてしまいます。 そのため、血液がバランス良く流れません。 長期にわたり片足に体重をかけた生活をしていると、骨盤のゆがみによる腰痛や頭痛を引き起こすリスクもあります。 姿勢や寝方によって血流が良くなったり滞ったりすることが、痛みの強さに関係していきます。 それでは、具体的に生理痛を和らげる姿勢や寝方をそれぞれ見ていきましょう。 耳と肩と骨盤が一直線になるような姿勢を普段から心がけましょう。 分かってはいてもなかなか猫背の改善は難しいですよね。 体幹の筋肉が弱いと姿勢を正すのも難しくなってしまいます。 そんな時は、体幹を鍛えることが出来るヨガなどがおすすめです。 また、大胸筋の緊張が原因で肩が前に出てしまう人もいます。 そのような場合は、鎖骨の5cmほど下のあたりの筋肉を軽く押して軟らかくしてあげましょう。 そもそも足を組んだ方が楽に座れるという方は、体がゆがんでいる可能性もあります。 普段から背筋を伸ばして過ごす事を意識しましょう。 足を組むことをやめることで血流が良くなります。 生理痛が緩和されるだけでなく、下半身の冷えやむくみの改善にも繋がります。 また、椅子に深く座って背筋を伸ばしましょう。 浅く座った状態で背もたれにもたれると、体のゆがみにより血流を悪くしてしまいます。 そのため、左右の足に同じバランスで体重をかけるようにしましょう。 まずは、ふとした時に自分の姿勢を意識し、自分の立ち方の癖を見つけましょう。 バランス良く立つことを意識することで、血流が改善されて生理痛も緩和されていくでしょう。 胸が体重で圧迫されることによって、横隔膜が下がり腹式呼吸がしやすくなります。 楽に呼吸が出来るようになるため、 血液の中に酸素を多く取り込むことが出来ることで血流が良くなります。 また、自然に呼吸ができると自律神経が整い、リラックス効果もあります。 うつ伏せで寝る際は、顔は左右楽な方に向けて寝ましょう。 また経血が前側に流れて漏れてしまわないように大きめのナプキンを使用するなど工夫しましょう。 膝を曲げることで、腹部の筋肉の緊張が和らぎ、お腹周りの血流が良くなります。 横向きで体をまるめて寝ることをおすすめします。 生理痛がつらい時は、抱き枕を使いリラックスして横になりましょう。 リラックスすることによって副交感神経が優位になり、血流が促進されます。 まとめ 生理痛の緩和には、呼吸を楽にさせるうつぶせ寝や膝を曲げた寝方などがあります。 生理痛がつらい日は体を温めながらリッラクスして寝たいものですよね。 姿勢を正すよう意識することで血流が良くなり、生理痛が緩和されていきますが、生理痛があるときにいきなり姿勢を正すのは余計につらいです。 普段から正しい姿勢を意識するようにしましょう。

次の

ツボ押しや体操で生理痛と上手につきあう|頭痛・生理痛・肩こり痛など、さまざまな痛みに「ロキソニンSシリーズ」|第一三共ヘルスケア

生理痛 和らげる 姿勢

生理痛がつらいという人は、1日の行動を今一度振り返ってみましょう。 もしかしたら、なにげない行動が生理痛を悪化させているかもしれません。 まず始めに、体が冷えていたり、腹部が締め付けられている服装をしたりしていなかったかをチェックしてみてください。 重い生理痛は冷えや血行不良が原因となる場合が多いといわれています。 生理痛がつらくて寝込む場合は、保温効果の高い寝具やパジャマを用意して温かい環境で眠ることがなによりも大切です。 また、夜遅くまでの飲食や寝る直前のスマホやパソコンなどは、自律神経が正常に働かずにホルモンバランスを乱してしまうおそれがあります。 ホルモンバランスの乱れは重い生理痛のきっかけになる場合もありますので、生理時には規則的な生活と十分な休息を取るようにして、自律神経の正常化を目指すようにしましょう。 生理痛で寝込む前にちょっとひと工夫を 生理痛がつらくて寝込んでしまう前に、さらにひと工夫してみましょう。 血行不良や冷えが原因で起こる重い生理痛の場合は、寝る前の入浴でぬるめのお風呂にゆっくりとつかると血行が良くなり、精神的にも落ち着きやすくなります。 その後、湯たんぽなどでさらに腹部や腰を温めながら寝ると痛みが和らぐ場合もあります。 生理痛が腰にくる人の場合は、クッションや丸めたタオルなどを用意して腰部に当てながら寝てみるなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。 また、体の中から体を冷やさないようにすることも大切です。 生理痛が重いと感じる人は、飲食はなるべくなら温かいものを食べるように心がけましょう。 夏場は冷えたドリンクをゴクゴクと飲みたいところですが、生理の始まる少し前の時期から冷たい飲み物は避け、なるべく温かい飲み物を取るようにしましょう。 生理痛が和らぐ具体的な寝方とは? 人は痛みがあるときによく「うずくまる」という姿勢をとることがあります。 この体を丸める姿勢が腹部を温め、痛みを緩和させる効果があるといわれています。 胎児も母体の中で丸くなって育ちますが、この姿勢が人間にとって特に楽に感じる姿勢なのかもしれません。 また、うずくまるほど体を丸めなくても、横向きになって膝を軽く曲げて寝るだけでも生理痛の痛みが緩和するという人もいます。 いずれにしても「うずくまる」「横向きで膝を曲げて寝る」という形がいいようです。 一方、うつぶせで寝ると痛みが楽になるという人もいます。 うつぶせ寝が良い理由は、背部にある血管や神経への圧迫が軽減されるため、腰部の血行が良くなるからだといわれています。 逆に腹部が押さえつけられる感じが嫌でうつぶせ寝は好まないという人もいますので、自分なりの楽な姿勢の寝方を色々と試しながら見つけてみましょう。 まとめ.

次の

ツライ生理痛を少しでも和らげたい!効果的なストレッチの方法4つ

生理痛 和らげる 姿勢

生理痛が重いという人は、普段の姿勢の悪さが原因かもしれません。 猫背ぎみの場合は腹部の血流が悪くなっている可能性があるので、なるべく背筋を伸ばした正しい姿勢をキープするように意識しましょう。 また、足を組んでイスに座ったり、床に横座りをしたりするクセのある方は注意が必要です。 そのような姿勢を繰り返すと骨盤にゆがみが生じ、卵巣や子宮が圧迫されて血液循環が滞り、重い生理痛の原因になってしまうこともあります。 骨盤のゆがみが気になる人は「骨盤矯正ストレッチ」を試してみましょう。 仰向けの姿勢で寝たまま、手の平を上にして腰の下に両手を入れます。 その状態で両足を曲げてゆっくりと上げ、15秒キープします。 さらに首を起こして5秒キープします。 ゆっくりと元の位置に戻すまでが1セットです。 これを1日3セット行います。 生理痛を緩和させる楽な姿勢をご紹介! 生理痛がつらいという時は、少しでも緩和させるための楽な姿勢をとり、つらい時期を乗り越えましょう。 まずは、横になることができる場所がある場合は、ソファーの上で横になるだけでも随分と楽になります。 生理痛が腰に来る人は、仰向けで寝るよりも、うつ伏せ寝の方が、腰が軽くなる場合もあります。 また、お腹への適度な圧迫感がよいという人もうつ伏せ寝を試してみましょう。 お腹の痛みがとにかくつらいという人は、胎児のように横向きで体を曲げるようにして寝ると痛みが軽くなる場合があります。 生理痛のつらさや痛いと感じる場所は人それぞれですので、自分に合った楽な姿勢をとってみましょう。 また、あまり動かない立ち仕事やデスクワークのときに生理痛がつらくなった場合、体全体の血流が悪くなっている可能性がありますので、適度なタイミングで背伸びや屈伸運動をして血流改善に努めてみましょう。 快適グッズ使用で効果アップ!楽な姿勢で生理痛を乗り切る! 座ってくつろげるような場所にクッションや枕があった場合は、それらを使用してゆったりとした気分で生理痛を乗り切りましょう。 腰が重いまたは痛いという人はクッションや枕を腰に当てて、それに寄りかかるようにして体をゆだねると楽になってくる可能性があります。 他にもクッションや枕を抱えるようにして丸くなって体を預けるようにして横になるのもいいかもしれません。 このとき、きついスカートやパンツ、ガードルなど腹部を圧迫するようなものは、脱ぐかボタンなどをはずして血流改善に努めましょう。 他にも生理痛を緩和させる効果的なアイテムはたくさんあります。 アロマディフューザーを使って好きな香りを部屋全体に満たすことで、体ばかりでなく、心も落ち着いて楽に過ごすことができるようになります。 また、好きな香水をコットンに湿らせて、枕元に置いておくのもいいかもしれません。 もし体が冷えるようであれば、湯たんぽやカイロ、腹巻などを使って、腹部や腰を温めるようにしてみてはいかがでしょうか。 このように体が気持ちいいと感じるものは何でも利用して試してみましょう。 「これがいい!」という発見があるかもしれません。 まとめ.

次の