ハルジオン 小説。 YOASOBI、新曲「ハルジオン」を5/11に配信リリース+本日より原作小説公開

YOASOBI『ハルジオン』歌詞の意味と原作の小説は??失恋から明るくも切ない未来へ向かう楽曲!!

ハルジオン 小説

コラボ企画から生まれた楽曲 第3章となるこの楽曲はサントリーから発売される新世代エナジードリンク「 ZONe Ver. 0」とのコラボ企画のために書き下ろされました。 そのコラボ企画とは「IMMERSIVE SONG PROJECT」。 ZONeのコンセプトである IMMERSIVE 没入 をテーマにした新たな楽曲を人気アーティスト達が製作する企画で第1弾となる今回はYOASOBI、キズナアイ、花譜の3組が参加しています。 Amazon限定でコラボ限定パッケージ 6缶パック のが5月12日から販売開始しました。 限定パッケージを専用サイトからスマホで見るとスペシャルAR 拡張現実 コンテンツが楽しめます。 ハルジオンの原作小説とは 楽曲の原作は「」 橋爪駿輝 著 という短編小説。 こちらも企画のために書き下ろされた作品です。 あらすじ 「卒業しても、俺らはなんも変わんないよ。 」 美大を卒業して離ればなれになったあなたとわたし。 理想と現実のギャップに打ちひしがれ、バックれた会社からの電話も鳴らなくなった頃に突然来たある連絡をきっかけに、わたしは再びカンバスの前に立つ...。 美しすぎた過去とも、ままならない現実とも向き合って、再び歩き出そうとする姿を繊細かつエネルギッシュに描いた現代のクリエイター・ノベル。 著者の橋爪駿輝はすでに2冊の小説が単行本化している期待の新人作家です。 彼のデビュー作「スクロール」は映画化も決定しています。 他にも「楽しかったよね」という作品も出てるので気になった人はチェックしてみてください。 ハルジオンとは ハルジオン 春紫菀 とは花の名前です。 楽曲のタイトルに使われることも多いですね。 バンプ、乃木坂、UVERなど。 花言葉は「追想の愛」 その由来は ハルジオンの茎は中が空洞になっていて蕾 つぼみ は重いので下を向いています。 その姿が楽しかった過去の恋愛を思い出して、うなだれているかのように見えることからだそうです。 追想とは過去を思い出してしのぶこと。 それを踏まえてMVを見ると感慨深いものがあります。 今回の動画では第2章まであった右上の数字がなくなりましたね。 結局あれはなんだったのか・・・謎です。 今後製作予定のYOASOBIの楽曲の原作が決定 今年初めに開催された「夜遊びコンテストvol. こちらはYOASOBIの新曲原作を募集したコンテストで大賞の2作品が発表されました 「」と「」です。 すでに両作品とも公開されているので、読んでみてください。 「たぶん」 しなの 著 あらすじ 突然の足音で目が覚めた。 その正体はいったい... 「世界の終わりと、さよならのうた」 水上下波 著 あらすじ 何故か知らないけど、明日世界が滅ぶらしい。 現在制作中のようですが、次にリリースされるかはまだ未定です。 それでも今後、楽曲化されリリースされるのは間違いないのでどんな楽曲が生まれるのか今から楽しみに待ちましょう。

次の

YOASOBI、新曲「ハルジオン」リリース ジャケット&橋爪駿輝による原作小説公開

ハルジオン 小説

ボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガーソングライターのikura(幾田りら)による2人組の音楽ユニット。 2020年5月11日にデジタルダウンロード限定で発売されたのと同時にミュージックビデオが公開された、第3段目となる楽曲が『ハルジオン』です。 また2020年4月20日、サントリーのエナジードリンクブランド『ZONe』とのコラボ企画「IMMERSIVE SONG PROJECT」のために書き下ろした楽曲でもあります。 「ZONe Ver. 0」とは5月12日より発売が予定されている超没入エナジードリンクで、 V Singer、絵師、eスポーツなど最先端テクノロジーとSNS時代から生まれた新しい音楽、アート、ゲームをつくるクリエイターとファンをサポートするエナジードリンクとなっています。 『ハルジオン』の意味は? タイトルになっている『ハルジオン』はキク科の花の名前です。 漢字では 春紫苑と書き、春に咲くシオン(花)という意味でこの名前になったと言われています。 小説を読んだ人にはなんとなく主人公が待ち受けている結末ととてもマッチしていることがわかったと思います。 YOASOBI『ハルジオン』の原作となった小説は?? 「ハルジオン」は、YOASOBIとしては初となるプロの小説家とのコラボレーションとなっており、 注目を集める話題の新人作家・橋爪駿輝による書き下ろし短編「それでも、ハッピーエンド」が原作となっています。 小説家・橋爪駿輝は『スクロール』、『楽しかったよね』の著書もしている注目の新人作家です。 楽曲は女性目線なのですが、小説では最後に男性視点のあとがきが付け加えられています。 このあとがきは村上龍さんの小説『限りなく透明に近いブルー』に影響を受けたようです。 さらには橋爪駿輝さんの新作「さよならですべて歌える」では、 『ハルジオン』の元となった小説「それでも、ハッピーエンド」と裏表のような設定になっているそうです。 YOASOBI『ハルジオン』の歌詞の意味ついて それではYOASOBI『ハルジオン』の歌詞の意味を小説の内容も踏まえてお伝えしていきたいと思います。 YOASOBI『ハルジオン』歌詞 過ぎてゆく時間の中 あなたを思い出す 物憂げに眺める画面に映った二人 笑っていた 『ハルジオン』は女性目線での失恋をテーマとした楽曲となっています。 その主人公の女性が失恋に打ちひしがれながらも前を向こうと必死になっている様子が描き出されています。 失恋した人全てに共感できる楽曲なのではないでしょうか。 自分の失恋と重ねるととても切なくなりますが淡い思いを思い出す感覚になります。 歌い出し部分からもうすでに彼とは別れているのでしょう。 失恋した後の彼と付き合っていた時の幸せだった思い出が描かれています。 スマホをみながら昔の楽しかったころの写真をみている姿思い浮かびます。 知りたくないほど 知りすぎてくこと ただ過ぎる日々に呑み込まれたの それでもただもう一度だけ会いたくて この部分は小説をみていなければいろんな解釈ができると思いますが、 今回は小説に沿った解釈をしていきたいと思います。 小説では主人公の彼女の方から彼に別れを告げています。 彼のことを知りたくなくても付き合っていけばいくほどいいところだけではなく悪いところも知ってしまいます。 彼のことを知り過ぎてしまったがゆえにちょっとした言葉や態度だけで彼が自分に対してどう思っているのかを悟ってしまい不安から解放されるために別れを告げてしまいます。 しかし「もう一度会いたい」という歌詞から、 彼への愛情が全くなくなったわけではないのがわかります。 あなたの言葉に頷き信じた私を 一人置き去りに時間は過ぎる 見えていたはずの 未来も指の隙間をすり抜けた 戻れない日々の欠片とあなたの気配を 今でも探してしまうよ まだあの日の二人に手を伸ばしてる 付き合った当初「卒業しても、俺らはなんも変わんないよ」といってくれて、それを信じた主人公。 過去の方が変わらず、今はどんどん変わっていってしまう。 当時感じていた未来への希望も虚しく過ぎていってしまう。 昔のことは変わらないけれども、あの時の彼との気持ちのすれ違いがあったのではないか? と僅かな望みにすがりついている。 それは彼がいなくなってしまい1人になった今でも変わらない。 2番へ続きます。 境界線は自分で引いた 「現実は」って見ないフリをしていた そんな私じゃ 見えない見えない 境界線の向こうに咲いた 鮮烈な花達も 本当は見えてたのに 2番Aメロ部分でも1番のAメロと同様に彼と別れてしまった後悔と向き合っています。 「現実は」というのは彼と向き合わなかった自分。 それだったら彼との将来も見えるはずもありません。 今では主人公は彼がいなくなってモノクロの世界に落ちていってしまっているのですが、 当時思い描いていた彼との素敵な未来が対照的に描かれています。 本当はそんな素敵な未来がくる結末があったこともわかっていたのに。 知らず知らずの内に 擦り減らした心の扉に鍵をかけたの そこにはただ美しさの無い 私だけが残されていた 青過ぎる空に目の奥が染みた あの日の景色に取りに帰るの あなたが好きだと言ってくれた私を 小説内では忙し過ぎる会社に勤めた結果、自分自身に余裕がなくなってしまって心の扉に鍵をかけてしまいます。 それは美しさのない自分でした。 自分を認めてあげられないことで自分自身を追い詰めてしまったということです。 青過ぎる空というのは青春時代に謳歌したこと、 そしてその自分を好きだといってくれた自分自身を取り戻すために前を向き始めます。 誰にも見せずに この手で隠した想いが 今も私の中で生きている 目を閉じてみれば 今も鮮やかに蘇る景色と 戻れない日々の欠片が 映し出したのは 蕾のまま閉じ込めた未来 もう一度描き出す 自分の中に隠し続けた彼に伝えられなかった思いは今でも忘れずにいる。 今でも鮮明に思い出せる彼との思い出。 しかし過ぎてしまった過去は戻ってこない。 それは自分自身が選択した未来でもあります。 「もう一度描き出す」という歌詞と小説の内容を掛け合わせると、 過去の自分を払拭するかのように真っ白なキャンバスに主人公の思いを描いていきます。 蕾のまま閉じ込めてしまった幸せな未来を開花させるために過去から前に向うと頑張ろうとしています。 あの日のあなたの言葉と 美しい時間と 二人で過ごしたあの景色が 忘れてた想いと 失くしたはずの未来を繋いでいく 戻れない日々の続きを歩いていくんだ これからも、あなたがいなくても あの日の二人に手を振れば 確かに動き出した 未来へ 引用:YOASOBI ハルジオン より 汗まみれになりながらも夜通しで必死で描いたキャンバスに過去の思いを全てぶつけます。 本当は自分の弱いところ、ダメなところを全て受け止めて欲しかった。 しかし自分がそのことを認めていない。 キャンバスの中に描いた2人はハッピーエンドを迎えています。 主人公は辛かった過去もそれは今ある自分の延長線上だということを理解します。 過去の自分が招いた無くしたはずの未来。 蕾のままだったからこそ今咲いた花がある。 それはそれで今はハッピーエンド。 ミュージックビデオの最後はハルジオンの花が散っていく中、 駆ける主人公が映し出されています。 後悔と葛藤しさよならを告げた結果、未来を向くことができたのです。 YOASOBI『ハルジオン』の世間の反応はどうなってる?? こんな時間だけど、YOASOBIの『ハルジオン』を聞きながらZONeを飲み、学校の課題をします — Louis ルイ Louis12675734 最近話題のYOASOBIさん 夜に駆けるを歌えるために聴きまくってるのはもちろんなんだが その次のシングルのあの夢をなぞってが刺さりすぎてやばい。 まじで良すぎる。 んでもってハルジオンもやばい。 幾田りらちゃんのバラード聞きてぇな。 爆速で200万再生も超え、YOASOBIがバズりまくりというニュースにもなっています。 YOASOBIの3枚目の楽曲『ハルジオン』の歌詞の意味と原作小説、世間の反応についてお伝えしていきました。 今回は今までのミュージックビデオに映し出されていた謎の数字はありませんでした。 意図してなかったのかもしれません。 失恋をした経験がある人にはとても共感ができる歌詞だったのではないでしょうか。 ぜひ原作となった小説も読んでいただきたいです。 小説を読んだ後にもう一度『ハルジオン』を聞くとより感動すると思います。 YOASOBIの楽曲についてこちらの記事もどうぞ.

次の

YOASOBI「ハルジオン」原作者・橋爪駿輝が語る、音楽と文学の融合「文章が別の形へ昇華されていくのはエキサイティング」|Real Sound|リアルサウンド ブック

ハルジオン 小説

恋人のことが忘れられず、昔撮ったスマホの写真を眺めているようです。 時間はとっくに進んでいて、元には戻れない。 でも、大好きだった恋人と過ごした日々の思い出を探しては、過去を思って胸を痛めているようです。 ここでは「過去の恋」に「没入」していることがわかりますね。 忘れた夢 続く2番では、少し様子が変わります。 まずは2番の歌い出しを見てみましょう。 その思いを隠し続けた結果、そこに残ったのは「美しくない私」だったようです。 後半部分で出てくる「あなた」は、1番で歌われていた過去の恋人のことでしょうか? 現在は隠してしまった何かに対する思いを、昔は隠すことなく過ごしていたよう。 そしてそんな自分のことを、彼は愛してくれていたようですね。 最後の2行から推測すると、おそらくこの主人公が隠した思いとは「夢」ではないでしょうか? 夢に向かって頑張っていたあの頃は、彼は私を好きだと言ってくれていた。 しかし夢を諦めた今、彼は私のもとを去り、そこには美しくない私だけが残ってしまった。 とても切ないですよね。 最初は夢に「没入」していたつもりが、徐々に彼へと「没入」していき、全て終わった今は過去の恋に「没入」してしまっている…。 思い出に没入し続けていたものの、どうやらその思い出が大切な思い、つまり「夢」を思い出させてくれたようです。 過去の自分たちに手を振って、未来へと進む様子が描かれています。 過去に浸ってばかりいては前へ進めませんが、時には思い出が大切なことに気づかせてくれたり、自分を強くしてくれたりするようです。 より詳細な物語が気になったという方は、ぜひ原作「それでも、ハッピーエンド」を読んでみてくださいね。

次の