平成 の 天皇 誕生 日。 天皇の退位等に関する皇室典範特例法について

天皇陛下きょう退位 平成、30年余りで幕 :日本経済新聞

平成 の 天皇 誕生 日

の主要祭儀一覧 ・ 祭() 例祭(先帝以前三代の例祭) (天長節祭) 春季・春季 ・ 例祭(先后の例祭) ・ 例祭(先帝以前三代の例祭) 秋季皇霊祭・秋季神殿祭 御神楽 例祭(先帝以前三代の例祭) 節折・大祓 : :第2 : : :日 : : : : :第3月曜日 : :第3月曜日 :日 :第2月曜日 : : その他 - - 天皇誕生日は、制定の(祝日法、23年法律第178号)第2条によれば、「天皇の誕生日を祝う。 」ことを趣旨としている。 天皇誕生日は、慣例により日本の(ナショナル・デー)とされる。 昭和23年()までは、 天長節(てんちょうせつ)と呼ばれていた(の誕生日が、祝日法施行が7月20日であるため)。 天皇誕生日の日付は、昭和63年()までは昭和天皇(第124代天皇)の誕生日である「4月29日」、元年()から平成30年()までは(第125代天皇、)の誕生日であるであった。 天皇誕生日に際しては以下の行事を行う。 の住居である内のでは、祝賀の儀、宴会の儀、茶会の儀、が行われる。 を始め、各地のでは天長祭が行なわれる。 では、基地・一般港湾等に停泊しているにおいてが行われる。 外国駐在の日本等のではとしてレセプションが行われる(当日ではない)。 一方で、 皇后誕生日(こうごうたんじょうび)は (ちきゅうせつ)と呼ばれるが(後述、天長地久から対比となっている)、前から国民の祝日にはなっていない。 他の国家における誕生日と同様、在位中の天皇の誕生日に合わせて移動する(国家では初代ないしの誕生日だけが祝日指定になっている事が多い)。 歴史 [ ] 古代・中世 [ ] 天長節の名は古く、は皇帝の誕生日を天長節と祝った事に由来する。 中国暦17年(元年、)に「千秋節」と改められたが、19年後の7年(元年、)に「天長節」と改められた。 「天長」はの「天長地久」より採られている。 日本では時代の6年()()に天長節の儀が執り行なわれ、臣下は天皇の好物のを献上して宴を賜った。 十月十三日是朕生日毎至此辰威慶兼集宜令諸寺僧尼毎年是日転経行道海内諸国竝宜断屠内外百官賜酺宴一日仍名此日為天長節庶使廻斯功徳虔奉先慈以此慶情普被天下 と勅が下された)、と宝亀10年()の記録にも見られるなどは既に執り行なわれており、の記録として『』に記述がある。 近代・現代 [ ] 元年()に太政官布告で「九月二十二日ハ聖上ノ御誕辰相当ニ付毎年此辰ヲ以テ群臣ニ酺宴ヲ賜ヒ天長節御執行相成天下ノ刑戮被差停候偏ニ衆庶ト御慶福ヲ共ニ被遊候思召ニ候間於庶民モ一同嘉節ヲ奉祝候様被仰出候事」と布達され、()に天長節を国家の祝日として祝した。 明治2年()は各国公使をへ呼び寄せて酒饌を賜い、明治3年()は諸官員、非職員、などが拝賀し、は禁中で、以下は各官省で酺宴(ほえん)を賜い、諸軍艦でが撃たれた。 天長節の儀礼が整ったのは明治5年()で、同年の天長節の勅語で 茲ニ朕カ誕辰ニ方リ群臣ヲ会同シ酺宴ヲ張リ舞楽ヲ奏セシム汝群臣朕カ偕ニ楽シムノ意ヲ体シ其ノ能ク歓ヲ尽セヨ と宣した。 ついで奏任官以上の総代としてが、華族総代として従一位がそれぞれ奉答した。 明治6年()の採用後はへ変更し、の太政官布告で国家の祝日と規定された。 後年、即位した天皇の誕生日にあわせて 天長節(てんちょうせつ)が定められた。 23年()までは、、など太政官布告や勅令で具体的な日付が規定された。 戦前は(現在の、)・(現在の、)・(現在の、)ともにの一つとして、盛大に奉祝された。 に崩御・践祚となった明治45年・元年()は、11月3日(明治天皇誕生日)に予定していた天長節を(大正天皇誕生日)へ変更する、新たな休日法(休日ニ関スル件)の施行がになり、天長節のない年となった。 大正天皇の誕生日は盛暑期で各種式典の斎行が困難であることから、翌年以降は2か月後の を天長節祝日として本来の誕生日を避けた。 休日としても大正2年()に休日ニ関スル件が改正され、天長節祝日が制定された。 8月31日は行事を催さないが休日であり、天皇誕生日による休日が年2回となった。 後の昭和23年(1948年)は祝日法が制定され、昭和24年()以降は 天皇誕生日(てんのうたんじょうび)として国民の祝日と定められて現在に至る。 祝日法制定に先立って行われた「希望する祝日」の政府のは、「新年の元日」に次いで「天皇陛下のお生まれになった日」が第2位であった。 ・に及びの規定により、退位してとなった明仁からへが行われた平成31年 ・元年()は、今上天皇誕生日 - 譲位日 - 上皇誕生日の時系列になるため、1912年以来2回目、現行の祝日法では初めての天皇誕生日のない年となった。 (令和2年)、徳仁の即位後初の天皇誕生日の皇居での一般参賀は、の影響により、中止された。 近代・現代史上での歴代天皇の天長節・天皇誕生日 [ ] 歴代天皇の天長節・天皇誕生日 時期 在位天皇 誕生日 法定の祝日 根拠法 4年() - 6年() () 旧暦9月22日(天長節) 明治6年太政官布告第258号による改正前の明治元年布告第679号 明治6年(1873年) - 11月3日(天長節) 明治6年太政官布告第258号 明治6年(1873年)10月14日 - 明治45年() (大正元年勅令第19号)による廃止前の明治6年第344号 明治45年(1912年)7月30日 - 元年(1912年) 大正元年(1912年)9月4日 - 大正2年() 8月31日(天長節) 大正元年勅令第十九号中改正ノ件(大正2年勅令第259号)による改正前の(大正元年勅令第19号) 大正2年(1913年)7月16日 - 大正15年() 8月31日(天長節) (天長節祝日) 大正元年勅令第十九号休日ニ関スル件改正ノ件(昭和2年勅令第25号)による全部改正前の休日ニ関スル件(大正元年勅令第19号) 大正15年(1926年)12月25日 - 2年() 昭和2年(1927年)3月4日 - 昭和23年() 4月29日(天長節) (昭和23年法律第178号)附則第2項による廃止前の休日ニ関スル件(昭和2年勅令第25号) 昭和23年(1948年)7月20日 - 昭和64年() 4月29日(天皇誕生日) 国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成元年法律第5号)による改正前の国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号) 昭和64年(1989年)1月7日 - 元年(1989年) 平成元年(1989年)2月17日 - 平成31年(2019年) 12月23日(天皇誕生日) 附則第10条(平成29年法律第63号)による改正前の国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号) 元年(2019年) - 2月23日(天皇誕生日) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号) 天皇誕生日(天長節)による休日は、昭和23年(1948年)7月19日以前は、などのやで、昭和23年(1948年)7月20日以降はで日が規定される。 天皇誕生日はで自動的に移動・変更されず、法を改正して新たに天皇誕生日を規定する法令が施行される必要がある。 平成31年/令和元年(2019年)のように新帝誕生日(2月23日) - 譲位日(4月30日・5月1日) - 先帝誕生日(12月23日)の時系列になる場合は、必然的に天皇誕生日による休日がない年となり、他にも、明治45年/大正元年(1912年)のように先帝崩御日(7月30日) - 新帝誕生日(8月31日) - 新法施行(9月4日) - 先帝誕生日(11月3日)の時系列になる場合でも、天皇誕生日による休日がない年となる。 一世一元の制制定以降の4代天皇の崩御または退位後の誕生日の扱い [ ] 休日ニ関スル件、国民の祝日に関する法律ともに天皇の誕生日は先帝(譲位)・新帝に伴い移動する。 休日ニ関スル件は天長節に代わり先帝崩御日がとなっていた。 国民の祝日に関する法律は原則として先帝誕生日は休日にならず、先帝祭に相当する休日も設けていない。 明治時代以降、先帝誕生日が休日になった事例が2回ある。 明治天皇の誕生日:11月3日 明治天皇の誕生日は崩御後に平日とされたが、崩御から15年後の2年()にとして休日とされた。 休日ニ関スル件時代に、国民のへのを受けて設けられた唯一の休日である。 以前は、下で旧陸海軍の大元帥とされた天皇によるが行われ、第一階ないし第三階第二十七の者ならびに勲一等および、、ならびに大日本帝国駐剳各国、らが宮中に召されてでが催され、天皇が親臨してを賜り、、大使、公使の首席が奉答の辞を述べて聖寿の無疆を祝した。 は明治節に関係なく、大日本帝国憲法の改正手続を経て昭和21年()11月3日にが公布されて、国民の祝日「 」となった。 当時の首相は憲法制定を、当初は公布で()施行としたが、間に合わずに(明治節)公布で施行とし、意図的にそれまでのに日程を合わせた。 大正天皇の誕生日:8月31日 大正天皇の誕生日である と、その 誕生日(天長節)が盛暑期であることを理由とした10月31日の天長節祝日は、(昭和2年)以後に明治天皇や昭和天皇のように再び休日とされなかった。 大正期限定の天長節祝日は、のちの休日増加の端緒となり、昭和期は明治節を制定して休日減少を回避した。 昭和天皇の誕生日:4月29日 昭和天皇の誕生日であるは、元年()の崩御直後に改正で「 」として国民の祝日とされた。 平成19年()からは「 」と名称が変更され、現在に至る。 なお、同時に「みどりの日」はに変更された。 上皇明仁の誕生日:12月23日 平成時代(1989年1月8日 - 2019年4月30日)において祝日であった第125代天皇明仁の誕生日たるは、 退位後の元年()より祝日ではなくなった。 これは 上皇明仁の誕生日を祝日にすることが、当代の天皇徳仁との間で「二重権威」を生じさせるとの懸念を払拭するため、の附則で定められたものである。 歌 [ ] ウィキソースに の原文があります。 「天長節」(作詞 、作曲 ):26年()「祝日大祭日唱歌」として制定された。 脚注 [ ] [].

次の

明仁

平成 の 天皇 誕生 日

2019年4月30日、平成天皇(明仁さま)が退位され、今上天皇陛下(徳仁さま)が即位された。 およそ200年ぶりとなる譲位が行われ、元号が平成から令和へと変わったのは記憶に新しい。 元号は変わったものの「現在の天皇陛下の誕生日は祝日になるのか」「上皇さまの誕生日(旧天皇誕生日の12月23日)は祝日になるのか」について、気になっている方も多いだろう。 そこで本記事では、2020年からの天皇誕生日と上皇誕生日の扱いについてと、歴代の天皇誕生日は祝日になっているのかを解説する。 天皇誕生日とは 天皇の誕生を祝う日として知られる天皇誕生日は、かつて「天長節(てんちょうせつ)」とも呼ばれ、1873年(明治6年)に日本の祝日として制定された。 その後、1948年(昭和23年)に「天皇誕生日」と改称され、現上皇さまが即位されていた2018年までは12月23日が祝日だった。 今生天皇の誕生日はいつ? 今生天皇(第126代天皇)の誕生日は、2月23日。 1960年(昭和35年)生まれで、現在は59歳、2020年の同日に60歳を迎えられる。 (2020年2月7日現在) 「天皇の退位等に関する皇室典範特例法 附則第10条」により、国民の祝日に関する法律が一部改正され、2020年からは2月23日が天皇誕生日として祝日となった。 さらに、2020年は2月23日が日曜日にあたるため、翌24日が振替休日で三連休となる。 平成天皇(上皇)の誕生日は祝日になるの? 現在は、天皇陛下と上皇が存在する状態にあり「二重権威」を懸念する声から、12月23日の「上皇誕生日」は祝日としないという流れになっているようだ。 今後は事情が変わる可能性もあるが、少なくとも上皇陛下がご存命中は祝日にはならない見込みだという。 そのため、2018年まで祝日であった12月23日は、2019年に続き2020年も平日となる。 歴代天皇の誕生日は祝日になっている? では、歴代の天皇の誕生日は今も祝日として残っているのだろうか。 最後に、明治、大正、昭和、それぞれの天皇の誕生日を見ていこう。 昭和天皇の誕生日は「昭和の日(旧:みどりの日)」 昭和天皇の誕生日は4月29日。 この日は、ゴールデンウィーク期間の祝日「昭和の日」と知られており、2007年に制定されたものだ。 2006年までは「みどりの日」として親しまれていたが、改正祝日法により「昭和の日」と改称された。 大正天皇の誕生日は祝日になっていない!? 大正天皇の誕生日は8月31日。 現在この日は祝日と制定されていないが、1926年(大正15年)の12月25日に大正天皇が崩御し、翌年1927年(昭和2年)から1947年(昭和22年)までの20年間は同日が「大正天皇祭」として休日になっていた。 この「大正天皇祭」が休日であったことから、日本でもクリスマスの文化が広まったという説がある。 明治天皇の誕生日はいつ?祝日? 明治天皇の誕生日は11月3日。 この日は「文化の日」として知られ、日本の祝日に制定されている。 1912年7月30日に明治天皇が崩御された後、「明治天皇の功績を後世に」との国民の声から、15年を経た1927年に「明治節」という祝日に制定された。 その後、第二次世界大戦後にGHQから明治節は廃止とされるものの、1948年から「文化の日」として再び日本の祝日となった。 文/oki.

次の

天皇の退位等に関する皇室典範特例法について

平成 の 天皇 誕生 日

これは、天皇誕生日の歴史と、私、かけらとの思い出の、大きく2つに分かれますので、それぞれについて分かりやすく解説します。 紹介その1:天皇誕生日の歴史とは? 天皇誕生日の歴史は超古く、755年11月10日に、光仁天皇のお誕生日として、宮中では、初めてお祝いされました。 また、近現代においては、1873年に太陽暦を採用したことから、11月3日に明治天皇のお誕生日のお祝いをしました。 ・・・というわけで、1948年に第二次世界大戦後の、日本の「祝日法」が制定される前の世論調査では、 「新年に次いで、天皇陛下のお生まれになった日が第2位になった」 ほどに、天皇陛下は、国民から愛されている象徴となったんですね! 紹介その2:私と天皇誕生日の思い出! 私、かけらの中での、天皇誕生日の記憶は、比較的新しく、あれは忘れもしない、1989年12月の出来事でした。 その年は、昭和天皇が1月7日に崩御された、平成元年だったので、年末にもらったり、買ったりしたカレンダーには、まだ12月23日が祝日として、赤い数字では無かったんです。 なので、12月に入ってから、初めて祝日だと知ったので、 「あと1日だけ遅ければ、クリスマスイブの24日が、祝日になったのになー」 なんて、思ってしまった、私だったのでした! ・・・というわけで、12月23日は、師走の年末なので、バタバタしていて、あまり、祝日感が湧いて来ない、私だったのでした! 平成最後の天皇誕生日とは? これは、2017年12月8日に、以下の2つが閣議決定されました。 【1】 ・2019年4月30日に、平成(今上)天皇が退位される。 【2】 ・2019年5月1日に、皇太子さまが、天皇に即位されて、元号が新しく変わる。 ・・・というわけで、2018年12月23日は、平成最後の天皇誕生日になった、ということなんですね! 皇太子さまのお誕生日とは? これは、皇太子徳仁親王さまは、1960年2月23日生まれなので、2020年2月23日からは、新しい天皇誕生日として、お祝いされるのです。 スポンサーリンク ・・・というわけで、2019年の2月23日は、まだ新天皇として、即位されていないので、平日となるんですね! 2019年に天皇誕生日はあるの? これは、前述したように、まだ即位されていない、皇太子さまのお誕生日は、お祝い出来ませんし、かと言って、12月23日は上皇のお誕生日なので、これもお祝いすることは出来ないのです。 ・・・というわけで、2019年に天皇誕生日は無く、今のところ祝日が1日減ってしまう、可能性の方が大きいのです! 2019年の祝日はどうなるの? これは、その代わりと言っては、おかしいのですが、政府は2019年5月1に、皇太子さまが即位される日を祝日にする方向で、前向きに検討をしています。 あなたも、日本国民の一人として、2018年12月23日は、平成最後の天皇誕生日を、お祝いして下さいね!.

次の