ネー ザル エアウェイ。 鼻腔から吸引しにくい場合に、吸引チューブを挿入したままにする理由とは?|ハテナース

エアウエイを用いた気道確保の対策【経鼻エアウエイ・経口エアウエイ】

ネー ザル エアウェイ

ネーザルハイフローとは ネーザルハイフローとは、ネーザル(鼻)カニューラを使用した高流量酸素投与システムです。 見た目はこんな感じ。 画像引用: なんだが大がかりな酸素投与に見えますが、ネーザルハイフローは多量の酸素を投与して呼吸器の粘膜が傷つかないように、人工呼吸器用の加温加湿器がを経由して酸素を投与する優れものなんです。 一般的な普通の酸素投与では、3L以上の酸素投与をすると、患者は違和感を感じ始めます。 流量が高くなればなるほど、呼吸気道粘膜の乾燥が著明になり、粘膜損傷や痰の増量など悪影響をきたすときもあります。 普通に鼻カニューレで酸素を投与したときの吸入酸素濃度は、20~40%程度が限界らしく、患者の呼吸状態によっては吸入酸素濃度が変化する問題があります。 ネーザルハイフローの効果まとめ• 高流量の酸素ガスを流すため呼気(つまりCO2)の再吸入がない。 高流量の酸素を流すので、気道中に残っている呼気を洗い出して、死腔(気道のうち血液とガス交換を行わない部分)を減らす効果がある。 高流量の酸素を流すため、普通の酸素マスクや経鼻酸素みたいに、酸素以外の部屋の空気を吸わない。 流す酸素濃度とほぼ同等の吸入酸素濃度(FiO2)に設定できるため、患者は設定した酸素量そのままを吸引できる。 (酸素濃度は20~100%まで設定可能)• 鼻に着用するため、会話や食事が可能。 患者のQOLの維持ができる。 高流量の酸素を流すため、口を閉じて吸入すると 軽度のPEEP(呼気終末陽圧 )効果がある。 酸素ブレンダーは、100%酸素と圧縮空気を混ぜて、 FiO2(fraction of inspiratory oxygen、吸入中酸素濃度)を 21~100%の範囲でコントロールしている。 加温加湿器 画像引用: 鼻腔の乾燥を防ぐ、加温加湿器です。 温度設定も可能です。 精製水(蒸留水)をルートでつないで、湿度を保ちます。 ネーザルハイフローが適応する患者とは ネーザルハイフローはI型呼吸不全に適応 ネーザルハイフローを必要とする患者の特徴は、非常に酸素化が悪く、普通の酸素投与では十分でないため、高流量の酸素投与が必要である患者です。 高濃度の酸素を供給する治療であり、PaO 2のみが低下するようなI型呼吸不全が適応となります。 1型のPaCO2が45以下ということはCO2がちゃんと吐き出されているということを意味しており、一方で、2型の45以上ではCO2が吐き出されずに体内に蓄積されているということになる。 原因としては、換気血液比不均等、拡散障害、右左シャントの増大など。 具体的疾患として間質性肺炎、肺水腫、ARDS、無気肺、肺血栓塞栓症など。 検査: A-aDO2(肺胞動脈血酸素分圧較差)は開大する。 新鮮な空気が肺胞には入ってくるが、ガス交換ができてないので末梢血には行き届かないからである。 治療は低酸素血症であるので、酸素投与で良い。 原因としては呼吸運動が低下してる場合や肺胞に入ってくる空気の量が根本的に足りない状態(肺胞低換気)。 具体的な疾患としては重症筋無力症やギランバレー症候群といった神経疾患や、異物や気道分泌物による気道閉塞、また脳血管障害や薬剤による呼吸中枢の抑制などがある。 検査: AaDO2は開大しない。 そもそも空気が入ってこないので、肺胞でも末梢の動脈血でも共にPaO2が低下しするので、較差は生じない。 治療:酸素投与では効果がなく、原則として人工換気療法を行う。 時に耳の上あたりに剥離ができたり、鼻の下に発赤ができたりすることがあるので、バンドがきつくなりすぎていないか、皮膚トラブルがおきていいないか観察が必要ですし、ガーゼやドレッシング剤を用いて皮膚トラブルを事前に予防してあげることも重要です。 前述でも述べた通り、ネーザルハイフローはしっかり頭部と鼻に固定されるので、長期にわたり着用することで、バンドとカニューレ周囲に圧迫による痛みや皮膚トラブルなどが起こりがちなのです。 そうならないように、固定に対する苦痛が伴っていないか、観察するとともに、安定したSPO2が保てているか呼吸状態のモニタリング観察は必要です。

次の

エアウェイについて

ネー ザル エアウェイ

ここでは成人の場合の吸引方法をまとめてあります。 一つの例として参考にしていただければと思います。 ひとり一人看護の方法は異なりますので、 詳細に関しては 担当医師や看護師などと よくご相談ください。 各医療機関や医師、看護師などにより、 治療方針や看護方針、手技、取り扱う医療 機器など異なる場合もあります。 一つの参考例としてご利用頂ければと思います。 意識レベルが低下している場合は、 舌根沈下を防止する為に、口腔や鼻腔 からエアウェイを挿入して、気道を確保 する場合もあります。 口腔用と鼻腔用があります。 口腔用のエアウェイには管状のものと、 両側に溝があるものとがあります。 カフが付いているチューブもあります。 咽頭反射などが残っている場合は、 口腔用よりも鼻腔用のエアウェイが刺激が少ないです。 気管内への吸引は、エアウェイを挿入 している場合は、エアウェイから、 挿入されていない場合は、直接口又は鼻 から吸引カテーテルを挿入して吸引することになります。 口腔及び鼻腔からの気管内吸引は、先に 口腔内(咽頭も含む)、鼻腔内を吸引した後になります。 舌根沈下について 舌根沈下とは、舌の根元が喉の奥に沈み こむことです。 意識レベルの低下や麻痺などで筋肉が 弛緩することにより舌根沈下がおきます 舌根沈下がおきると気道が塞がれてしまいます。 特に仰臥位(仰向けの姿勢)では完全に 塞がれるリスクが高くなるため、姿勢を 変えたり、下顎を挙上させたり、 エアウエイを挿入したりして気道を確保します。

次の

ジャイアンツコーズウェイとは

ネー ザル エアウェイ

経口エアウエイ 適応 高度意識障害で舌根沈下、気道狭窄が認められるとき。 サイズの合わせ方 口唇から下顎角でサイズを合わせる。 手順注意点 舌圧子や 喉頭鏡を使用して、最初からエアウエイ先端を舌根部に向けて挿入する場合がある。 注意点• 咽頭反射が残っている場合は 嘔吐を誘発する。 不適切な挿入で、舌を押し込み 気道閉塞を助長する事がある。 経鼻エアウエイ 適応 高度意識障害で舌根沈下など、気道狭窄または閉塞した傷病者。 サイズの合わせ方 鼻尖部から耳朶+2. 5cmか、 鼻尖部から下顎角でサイズを合わせる。 手順注意点 鼻中隔との接触を減らすために 右の鼻孔から挿入する。 ただし、抵抗がある場合には左の鼻孔から挿入する。 注意点• 鼻出血、顔面骨折、頭蓋底骨折が疑われるときは使用しない方が良い。 抗血小板薬、抗凝固薬を使用中は 出血を助長する可能性がある。 挿入時の痛みにより 血圧が上昇する可能性がある。 鼻出血に備えて 吸引の準備をする。 経口・経鼻エアウエイ共通の注意点 両方とも舌根部を持ち上げて気道の確保を補助する器材ですが、多くの場合は 用手気道確保が必要となる場合が多い。 過去問題 No1 気道確保の必要な意識障害傷病者において、経鼻エアウエイの使用が適切となる状況はどれか。 1つ選べ。 【第41回 B13】• 鼻出血がある。 嘔吐反射が強い。 頭蓋底骨折が疑われる。 抗凝固薬を内服している。 くも膜下出血が疑われる。 No2 経鼻(鼻咽頭)エアウエイの適正サイズを決めるための指標となる部位はどれか。 1つ選べ。 【第38回 B8】• 耳朶と下顎角• 耳朶と口唇• 鼻尖部と口唇• 鼻尖部と下顎角• 口唇と下顎角 解答・解説 No1【答え 2】 咽頭反射が問題となるのは経口エアウエイの場合です。 No2【答え 4】 経鼻エアウエイは 鼻尖部から合わせる必要があります。 経口エアウエイは 口唇から合わせる必要があります。 まとめ 経口・経鼻エアウエイの問題は、上記にもあるように必修問題で多く出題されております。 特に禁忌・挿入方法に関する問題が多く、状況設定問題、一般問題でも一部選択肢に出題されておりますので手順なども再度確認してみてください。

次の