ご ご ナマ 料理。 鉄腕DASHでナマダ料理を紹介された相浜亭ではらいっぺい食べてきた

グルメ・料理|ナマ・イキVOICE|KTS 鹿児島テレビ放送株式会社

ご ご ナマ 料理

基本的に食べ方アイテムの非常に少ない食材です。 石川県の郷土料理としても知られていますが、日本料理に「茶ぶり海鼠(ナマコ)」というものがあります。 まず、ザルにナマコと丸みのある小石を数個入れ、20秒ほど振るいます。 小石を入れる事でナマコを磨き、ヌメリを取る事が出来ます。 次にナマコの両端を包丁でそぎ落とします。 ナマコの両端は口の部分と肛門の部分なので、非常に固い部分です。 (どちらが口で、どちらがお尻かは私は解りませんが…) 次に割り箸などを使用し、ナマコの中身を掃除し、細かく切り刻みます。 この時に出てくるのが「コノワタ」と呼ばれる珍味で、非常に高級な酒肴とされるものです。 ですから「コノワタ」はまとめてとっておき、酒の肴にしましょう。 次に鍋にお湯を沸かし、ペーパータオルなどに包んだ番茶を入れ、番茶を煎じます。 煎じた番茶の鍋に、ナマコをざるに入れ、5秒~10秒くらい湯通します。 すぐに冷たい水に付けて冷やす事で、臭みが取れ、身がふっくらとふくらみ、柔らかくなります。 あとは三杯酢などに漬ける事で美味しいナマコ酢の出来上がりです。 生とは違うふるふるとした食感は、好みが分かれるかもしれませんが、なかなかの味覚です。 お試しください。 あと「茶ぶり海鼠」は、酢のものではなく、生姜+たまり醤油でもおいしいです。 Q 乾燥ナマコを手に入れました。 ですが、イマイチ戻し方が分からず困っています。 一度適当にトライしてみました。 20センチぐらいのものなんですが、もともと背中(?)に割れ目が あったため、そのまま縦半分に切り、8ミリぐらいのスライスにして 水に入れ、4日程経ったのですが、まだ非常に硬いです。 10分ぐらい油でいためてみたり、 さらにそれを20分ぐらい煮立ててみたり、 食べてみるとゴリゴリです。 食べれなくはないですが、とても時間がかかりました。 やわらかいと美味しい気はしてます。 で、少しネットで調べてみたんですが、サイズにもよるとか、 一度お湯で煮立てて冷ましていくとか、1時間煮るとかで、分からず困っています。 写真を見ても見た目も違います。 よくネットで見かけるのは黒くて、もっと小さいもののようです。 写真を添付しますので、どなたかアドバイスをお願いします。 A ベストアンサー 写真は赤なまこのようです。 基本的には一緒です。 まずは水から煮ます。 沸騰寸前になったらしたら火を止め、 自然に冷まします。 翌日に水を取り替える。 (煮込むとなまこは溶けます) そして、毎日水を取り替えてください。 さらに、2日か3日に一回、水から煮て沸騰寸前で火を止め冷まします。 (水は新しく汲み直してください) で、上の作業を繰り返します。 4日~7日くらい(大きさによる)で、 なまこに切れ目を入れ、掃除をします これは毎日続ける。 で、これを2~3週間続けます。 目安は弾力があり十分水を吸った状態です。 場合によっては1ヶ月くらいはかかります。 4日じゃぜんぜん戻りません。 小さいもので乾燥の度合いが低いものだと7日くらいで戻ります。 それと油は厳禁です、戻す過程で油に触れないよう気をつけてください、 油でも溶けます。 調理器具の油は全て綺麗に落としておく。 Q 国際線の航空券のキャンセル料についてです。 プーケットに行く予定で、キャセイパシフィックのサイトから2枚予約をして、 昨日、クレジットカードでの支払いを済ませましたが、急遽、主人に仕事が入ってしまい、 泣く泣く航空券のキャンセルしました。 昨日、わかっていればと、悔やまれます。 キャンセル料は、一人につき2万円で、二人で4万円です。 手作業での事務処理ならいざしらず、 今や、ネット処理の時代ですよね。 どうして、そこまでキャンセル料がかかるのか、 どうも腑に落ちません。 もやもやしています。 国際線のチケットキャンセルで、同じような思いをした方いらっしゃいますか? また、どうしてキャンセル料がこんなに高いのか、納得のいく理由があれば教えて 頂けないでしょうか? A ベストアンサー キャンセル料について誤解している人が多いので、しっかりした情報を得ることが必要です。 キャンセル料は基本的に次の金額とされています。 (消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効) 第九条 次の各号に掲げる消費者契約の条項は、当該各号に定める部分について、無効とする。 一 当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるもの 当該超える部分 簡単にいうと ・キャンセルされたことによる生ずる損害の損失補填を超える場合は無効 ・キャンセルする際に発生する事務手数料以上の金額は違法 ということです。 罰金・ペナルティというのはあってはならないのです。 キャンセルによる損害、というのは「キャンセルされなければ得られた利益」ということです。 たとえば当日のキャンセルであれば、なかなか代わりに乗ってくれる人を見つけるのは難しいですから、100%のキャンセル料がかかっても合理的な金額ということになります。 しかし、これが何ヶ月も前であれば、質問者様がキャンセルしても別の人が席を購入する可能性も高くなりますから、もし乗る予定だった飛行機が満席になれば、キャンセルによる損害は発生していない(キャンセル料を取ったら2重取り)ということになります。 ですから、2万円という金額(航空券の1/3ぐらいの金額)が妥当かどうかは、手数料を含めて時期的な問題を勘案する必要があります。 一応、航空会社側の都合を書いておきますと「乗る予定だった飛行機が満席だからと言って損失が出ていないとはいえない」という部分はあります。 航空会社は公共交通機関という使命もありますので、満席になるのが難しい路線や満席になるのが難しい時間帯もいろいろな飛行機を飛ばしています。 そのため、キャンセルも「全体の利益を勘案しての損失」となれば、一旦予約したものについてキャンセル料が発声するのは妥当である、ともいえるのです。 質問者様の内容には利用時期が書いてないので、このあたりの事情がまったく分からないのですが、一度、航空会社側に、キャンセル料の内訳を聞いてみるのもいいと思います。 今年の8月に消費者問題に精通している弁護士が航空券キャンセル料が高すぎるとして訴訟を起こしています。 bengo4. 納得ができないなら、具体的な積算方法を航空会社に聞いてみること、消費者相談センターに聞いてみること、などをお勧めします。 キャンセル料について誤解している人が多いので、しっかりした情報を得ることが必要です。 キャンセル料は基本的に次の金額とされています。 (消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効) 第九条 次の各号に掲げる消費者契約の条項は、当該各号に定める部分について、無効とする。 一 当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解...

次の

グルメ・料理|ナマ・イキVOICE|KTS 鹿児島テレビ放送株式会社

ご ご ナマ 料理

先日おとずれたからほど近いところにある 相浜亭(あいはまてい)。 そのうち行ってみたいなーと思ってはいました。 そのうち行ってみようと思っていた相浜亭ですが、鉄腕ダッシュを見て俄然ヤル気が出てきまして、行って参りました。 ボリューム満点海鮮丼の相浜亭 当たり前だけど、テレビで見たのとおんなじ外観。 館山市の端っこに位置する相浜漁港に相浜亭はあります。 鉄腕ダッシュではナマダ(うつぼ)の刺し身、ナマダの鍋、ナマダの一夜干しが紹介されていました。 まあ、うつぼの料理が色々と紹介されてはいたのですが、うつぼは食べず、食べたのは その日丼、1500円。 生ホタテに煮てあるベビーホタテと小柱、青柳にミル貝、ビッグなサザエ、いくら、タコ、玉子焼きにかまぼこが酢飯の上にゴンっとのっかってます。 写真は丼だけですが、ひじき、切干大根、香の物の小鉢とお味噌汁もついてきます。 はらいっぺい定食1000円。 天ぷら(キス、イカ、芋、ピーマン、かき揚げ)、刺し身(ブリ、なめろう)ごまさばの味噌煮、まさにはらいっぺいになる定食。 なめろうがめっちゃうまかったです。 たまたま連れの知り合い(DASHに出ていた漁師さん)がいたので、サービスして頂きました。 あら煮ドーン! とにかくボリュームがありました。 お店の中は、漁業組合直営らしい漁港のめし処といった雰囲気たっぷり。 この日は雨がしとしと降る平日でしたが、けっこうお客さんがたくさんいました。 天気のいい週末は地元の人から、バイカー、観光客で特に混むみたいです。 次回はナマダ食べてみよっと。 相浜亭(あいはまてい) インフォメーション 相浜亭(あいはまてい) 住所 :〒294-0235 千葉県館山市相浜235 TEL :0470-28-2345 営業時間:10:00~17:00 定休日:水曜日 ぐるなび•

次の

グルメ・料理|ナマ・イキVOICE|KTS 鹿児島テレビ放送株式会社

ご ご ナマ 料理

先日おとずれたからほど近いところにある 相浜亭(あいはまてい)。 そのうち行ってみたいなーと思ってはいました。 そのうち行ってみようと思っていた相浜亭ですが、鉄腕ダッシュを見て俄然ヤル気が出てきまして、行って参りました。 ボリューム満点海鮮丼の相浜亭 当たり前だけど、テレビで見たのとおんなじ外観。 館山市の端っこに位置する相浜漁港に相浜亭はあります。 鉄腕ダッシュではナマダ(うつぼ)の刺し身、ナマダの鍋、ナマダの一夜干しが紹介されていました。 まあ、うつぼの料理が色々と紹介されてはいたのですが、うつぼは食べず、食べたのは その日丼、1500円。 生ホタテに煮てあるベビーホタテと小柱、青柳にミル貝、ビッグなサザエ、いくら、タコ、玉子焼きにかまぼこが酢飯の上にゴンっとのっかってます。 写真は丼だけですが、ひじき、切干大根、香の物の小鉢とお味噌汁もついてきます。 はらいっぺい定食1000円。 天ぷら(キス、イカ、芋、ピーマン、かき揚げ)、刺し身(ブリ、なめろう)ごまさばの味噌煮、まさにはらいっぺいになる定食。 なめろうがめっちゃうまかったです。 たまたま連れの知り合い(DASHに出ていた漁師さん)がいたので、サービスして頂きました。 あら煮ドーン! とにかくボリュームがありました。 お店の中は、漁業組合直営らしい漁港のめし処といった雰囲気たっぷり。 この日は雨がしとしと降る平日でしたが、けっこうお客さんがたくさんいました。 天気のいい週末は地元の人から、バイカー、観光客で特に混むみたいです。 次回はナマダ食べてみよっと。 相浜亭(あいはまてい) インフォメーション 相浜亭(あいはまてい) 住所 :〒294-0235 千葉県館山市相浜235 TEL :0470-28-2345 営業時間:10:00~17:00 定休日:水曜日 ぐるなび•

次の