とうもろこし 電子 レンジ で 何 分。 とうもろこしを電子レンジで茹でるには何分くらい?ラップは?皮ごとできるの?

とうもろこし電子レンジで皮ごとチンできる?ラップまく?2本できる?

とうもろこし 電子 レンジ で 何 分

とうもろこしを電子レンジで茹でるのは簡単!何分? とうもろこしを電子レンジで茹でるのはすごく簡単です。 時間も合わせてご紹介しますね。 とうもろこし1本の場合 冷蔵庫から出したてのとうもろこしを使いました。 まずは皮をむきますが、 むきすぎないようにしています。 ラップとして機能してほしいので、全部むかないようにします。 皮で全体が隠れるようにしておきましょう。 ヒゲは可能な限りむしっておきましょう。 電子レンジのターンテーブルに直接置きます。 そして 500wの電子レンジで5分。 これだけです。 やけどしないようにミトンを使ったり、トングを使ったりして取り出します。 皮をむいて残ったヒゲも取り除きましょう。 これだけで完成です。 とうもろこし2本の場合 冷蔵庫から出したてのとうもろこし2本を茹でるときは、時間だけ変えてあげればOKです。 皮をある程度むき、ヒゲを取ります。 500wの電子レンジで6分。 これでいいです。 5分30秒も試してみましたが、こちらはちょっと固い感じが残りました。 野菜感も残っていましたから、結果的に時間が短かったと思いますね。 電子レンジでとうもろこしを茹でるのはこんなに簡単。 皮をむいてヒゲを取り除く。 そして、規定の時間レンジするだけ。 お湯を沸かす手間もないですし、後片付けもほとんど必要ないです。 ものすごく楽です。 この方法を知ってから、 ほぼ電子レンジでしかしていませんよ。 それほど楽でおいしく仕上がります! 広告 トウモロコシをお湯で茹でるときのゆで時間や塩加減。 とうもろこしはお湯で茹でることもあります。 私も昔はずっとそうでしたね。 ですが、今では電子レンジでするばかりであまり鍋を使うことはないですね。 以前茹でていた方法をご紹介します。 冷蔵庫から出したてのとうもろこしを使います。 とうもろこしの皮をむきます。 むきすぎないようにしましょう。 すべてむくのではなく、最後の1枚は残します。 ラップのように実をカバーできるくらい残しておきましょう。 ヒゲは可能な限り取り除いておきます。 沸騰したお湯にとうもろこしを投入。 4分30秒で完成です。 このとき、トウモロコシが浮いてこないように、お皿などで押さえておきましょう。 茹で上がったらすぐにお湯から引き上げて皮をむきます。 残ったヒゲも取り除いておきます。 電子レンジで茹でる場合と比較して手間がかかります。 お湯を沸かす手間、鍋を洗う手間、重しとして使うお皿を洗う手間。 手間がかかるので、レンジが嫌いじゃなければ、電子レンジがおすすめです。 レンジ・鍋、両方で同時に茹でて味を比較した感想。 いくら電子レンジで茹でるのが簡単と言っても、おいしくなければ意味がありません。 例え手間がかかってもおいしい方法で調理したいですね。 ということで、2本のとうもろこしを茹でてみました。 1本は電子レンジで、もう1本は鍋で。 味を比較した結果は。。。 電子レンジ!電子レンジの方が圧倒的においしく感じました。 「おいしさ」というのは個人個人の好みが大きいので、一概には言えません。 ですが、私は電子レンジの方が好みです。 お湯で茹でると栄養分などが流れ出る、ってよく聞きませんか?他の野菜などもそうですが、とうもろこしにもそれが言えるのかもしれません。 詳しい理由は分からないです。 ですが、私は電子レンジが好みです。 茹でる手間もかからずおいしい。 なので、電子レンジで茹でる方法ばかり使うようになりました。

次の

とうもろこし、電子レンジで何分?ラップ不要 風味UPの方法

とうもろこし 電子 レンジ で 何 分

スポンサーリンク とうもろこしの茹で方 レンジでラップで巻いた時は? 皮付きのまま茹でるのはちょっと抵抗がある場合は、ラップで巻いてレンジをかけても大丈夫です。 ラップをする時は、必ず1本づつきっちり巻いてくださいね。 とうもろこしの皮は全部剥いてしまってもいいのですが、出来れば最後の一枚は皮を残してラップをした方が風味があり美味しいですよ。 こちらも、 500W~600Wで、4分~5分レンジをかけます。 途中で一度裏返すとムラなく茹で上がります。 とうもろこしの元の方が生の時よりも、少し柔らかくなってきたらOKです。 粒がシワシワにならないように、ラップをしたまま冷まします。 とうもろこしのゆで方 レンジでも美味しくできる? トウモロコシをレンジでチンするって、なんか手抜きみたいでちょっと抵抗があったんですよね。 私は、手抜きして美味しいハズがないって思っていたんです。 ところが、時間がないときに試しにレンジで茹でてみたら、これが甘くて美味しいんですよ。 もう、ビックリ! お湯を沸かす手間も、大きなお鍋を用意しなくていいから、本当に楽チンですよ。 とうもろこしはレンジで茹でるとお湯に栄養がとけでることもなく、甘みもお湯で茹でるときよりも甘くなります。 だまされたと思って、試してみてね。 とうもろこしの皮はお店で剥かないで とうもろこしの皮ってゴミになるから、お店で皮を剥いてしまうことってありませんか? とうもろこしは、皮を剥くとどんどん鮮度が失われてしまいます。 また、買って来たとうもろこしは、すぐに茹でることが美味しく食べるポイントです。 皮ごとレンジでチンするだけなら、買ってきてすぐに出来ますよね。 とうもろこしを買ってきたら、「レンジでチン!」是非試してみてくださいね。

次の

とうもろこしはレンジ調理がベスト!皮ごとや皮なしラップのゆで方を解説

とうもろこし 電子 レンジ で 何 分

とうもろこしは、普通サイズなら500Wの電子レンジで2分、裏返して2分、 大きめサイズなら、最初3分、裏返して2分でOK! 超簡単です。 とうもろこし、ラップは不要 とうもろこしの皮があれば、ラップは要りません。 とうもろこしを買ってくるとき、ゴミになるから皮を全部捨ててしまうという方もいるでしょうが、しっかりと実を覆う程度の皮を残して持って帰りましょう。 とうもろこしの皮で包んで蒸すので、とうもろこし本来の香りもギュッと閉じ込めて風味もアップします。 こんな風に、数枚の皮でぴっちり包まれた状態で、皮の上から良く洗います。 その濡れたままの状態で、耐熱のお皿に乗せ、ラップをかけずにレンジに入れ、加熱していきます。 ちなみに、電子レンジは少量のものを手早く加熱するのが得意なので、1本ずつ加熱すると失敗もなく上手にできます。 さて、今回はゴロンと大き目なので、500Wで3分加熱。 ちょっと皮がシナッとなりました。 今度は、お皿に接していた面が上になるように、くるりと回転させて、再び500Wで2分加熱します。 仕上がりは色と香りで判断 仕上がりは、色の変化と、漂う甘い香りでわかります。 これが最初の3分加熱後の写真。 まだ生っぽいような、薄い黄色ですね。 小ぶりのものなら時間を短めにしてみましょう。 たいだい合計5分程度の加熱が終わったら、レンジから取り出し、色をチェックしてみてOkなら、皮がついた、そのままの状態で冷まします。 1度、ひっくり返すだけ、2~3本なら楽々、レンジで茹でるととっても楽です。 ただし、5本以上にもなれば、大きな鍋で茹でるのが簡単で早いかも。 かな~り大きな鍋でないと入りませんけど。 茹であがったとうもろこしは、皮がついたままポリ袋などに入れて保管すれば、翌日まで美味しく頂けます。 ただ、出来立てが一番美味しいので、なるべく早めに食べるのがおすすめです。 とうもろこしがシワシワにならない方法ってあるの? とうもろこしが茹であがったらシワシワだった、なんてことありますよね。 これって見た目も悪いし、食感も悪くなってせっかくのとうもろこしが台無しです。 加熱しすぎるのもこのシワシワの原因のひとつ。 また、冷ます段階で、水分が蒸発してしまうのも、シワシワの原因になります。 レンジから取り出して冷ますときに、必ず皮を付けたままで、というのは、このシワシワを防ぐためでもあるのです。 皮がついたままレンジに入れて、その皮付きの状態で冷ますことで、とうもろこしの水分が蒸発せずにふっくらとなります。 とうもろこしの皮は少々多い分には問題ないので、なるべくしっかりと実を包んだままの状態でレンジにかけて、できるだけ皮に包まれた状態をキープしましょう。 あまりに皮の枚数が少ないと、加熱したときに、ヨレッとなって、実が露出してしまいます。 新鮮なものは、皮もしっかりと実にはりついていて、はがれにくいものです。 電子レンジでのとうもろこしの調理、 途中上下を返したりと、ほんのちょっとだけ手間はかかりますが、水にさらすこともないため、水っぽくならず、甘味が強く、とっても風味豊かなおいしいとうもろこしが食べられますよ^^ これからどんどんおいしいとうもろこしが出回る時期ですので、よかったら試してみてくださいね~^^.

次の