高橋 大輔 アイス ダンス 相手。 高橋大輔アイスダンスのコーチや振付は誰?村元哉中の元パートナーや成績は?

高橋大輔の相手村元「シングル経験は他にない強み」

高橋 大輔 アイス ダンス 相手

日本スケート連盟は26日、フィギュアスケートの2010年バンクーバー五輪男子シングルス銅メダルで、昨シーズンから現役復帰した高橋大輔(33、関大KFSC)がアイスダンスに転向することを発表した。 2018年平昌五輪アイスダンス代表で15位だった村元哉中(26)とカップルを組み、2020年1月から米国に本拠地を移し、アイスダンスの指導者として超一流のマリーナ・ズエワ氏をヘッドコーチに招きトレーニングをスタートさせ、競技会出場を目指す。 高橋のシングルの競技会出場はシード権を得ている12月の全日本選手権が最後になる。 村元のツイッターなどによると、平昌五輪に出場した際に組んでいたクリス・リードとのカップルを解消し、相手を探していた村元が、今年1月に高橋に打診したのが発端。 2人は、7月に行われたアイスショーの「氷艶hyoen2019 -月光かりの如く-」で共演している仲でもあり、トライアウトを重ねながら今回の決断に至ったという。 全日本3連覇している村元は、日本スケート連盟のホームページに「この度、高橋大輔選手と新しい挑戦が出来ることを大変嬉しく思います。 一歩一歩力強く進んでいきたいと思います。 今後とも応援の程、よろしくお願い致します」とコメントした。 一方の高橋は、「2020年から村元哉中選手とカップルを組み競技会に向けて新しい挑戦が始まります。 更なる高みを目指し頑張ります。 まずは全日本選手権での男子シングルの最後の演技に向けベストを目指していきます。 今後とも応援の程、よろしくお願い致します」とのコメントを寄せ、この日、テレビ番組に出演した際には、村元とのカップルでアイスダンスで2022年の北京五輪出場を狙う考えであることを明らかにした。 フィギュア関係者には、大きな驚きと衝撃を与えた異例の転向で、その成否については、「未知数」と捉える声も少なくない。 「氷上の社交ダンス」とも言われるアイスダンスは、男女のカップルで、音楽に合わせ、ステップやリフトなどで得点を競うもので、ショートダンスとフリーダンスの2種目が行われ、男女が別々にスピンを行うソロスピン、1回転半を超えるジャンプ、男女が離れて演技することなどが禁止されている。 使用されるシューズも、ジャンプがないためフィギュアシングルとはまったく違うブレードの短いものが使用され、競技中に必要とされる、エッジの角度なども大きく異なるため、「これまで出場していたシングルとは、同じアイススケートだが、野球とクリケットくらい違う競技だ」と言われている。 ただ高度なジャンプやスピンなどがないため、競技寿命は長く、33歳となる高橋の年齢からくるハンディは軽減される。 また五輪に関しては、出場選手の国籍が条件とされており、世界で通用するカップルが、少ないなど選手層が薄いのが日本の現状。 関係者の一人は、「アイスダンスはスピード感のあるステップワークがカギだから高橋選手のスタイルは合っているのかもしれない。 しかも、ダンスや舞台などに興味を抱き、表現力に定評のあった高橋選手だから芸術性を争うアイスダンスに適応できる可能性を感じる。 ズエワ氏は、アイスダンスでは第一人者の指導者。 トレーニングの効果も期待できる。 現時点での成否はもちろん未知数ではあるが、可能性のある挑戦」という感想を口にしていた。 元五輪メダリストの異例の転向には、海外メディアも注目しており、オリンピック・チャンネルは、「高橋が村元と新たにフィギュアスケートチームを結成、日本のアイススケートのスター選手たちが北京の2022年冬季五輪の2年前にして『トップに立つこと』を目指す」との見出しを取って報じている。 記事は、2014年に引退した高橋が、昨年競技に復帰して全日本で宇野昌磨に次いで2位に入っていること、村元が、アイスダンスのスペシャリストで、クリス・リードを前パートナーに2018年の四大陸選手権で銅メダル、2017年のアジア大会で銀メダルを獲得し、2018年の平昌五輪にも出場していることを紹介している。 いずれにしろシングルのトップ選手がアイスダンスに挑戦するのは、超異例の挑戦。 高橋は昨シーズン現役復帰を果たして大きな話題を呼んだが、今回の転向は、これまで注目度が薄かったアイスダンスにスポットライトを当てることになり、日本のアイススケート界にとっても意義の大きい挑戦になりそうだ。

次の

高橋大輔アイスダンスのコーチや振付は誰?村元哉中の元パートナーや成績は?

高橋 大輔 アイス ダンス 相手

2019年9月26日に 高橋大輔選手がアイスダンスに転向することを発表しました! シングルからペアではなくアイスダンスに転向するということもあり、何が違うのか分かりませんよね。 どちらも男女2人で競技されるのは一緒。 大きな違いはというと、ペアはアクロバティックな演技(持ち上げたり放り投げたり)が特徴、反対にアイスダンスはアクロバティックな演技はありません。 ありません、というより競技規則により禁止されています。 基本的に男女が離れて演技することは禁止• 1回転半を超えるジャンプは禁止• ソロスピン(男女が別々でスピンを行う)は禁止• パートナーを肩より上に持ち上げるリフトは禁止• 制限時間を超えるリフトは禁止• 女性が男性を持ち上げるリフトはOK ペアはアイスダンスの禁止事項がOKということになります。 biglobe. html) 最初の述べた『アイスダンスとペアの違い』によると、高橋大輔選手のフィギアスケートがどう変わるのかよくわかりますね。 bunshun. シングルの競技には必ずしなければない必須項目があります。 アクセルジャンプ(2、3回転)• ステップからのジャンプ(3~4回転)• ジャンプコンビネーション(男女によって違うが4回転からの3回転、3回転からの3回転など)• スピン(一定の場所で回転) 必須項目の一部ですが、フィギアスケートでテレビでもよく聞く用語ですね。 必須項目から高橋大輔選手はこれまでやってきた演技が分かります。 sponichi. html) アイスダンスのぺアのお相手は村元 哉中選手。 名前:村元 哉中(むらもと かな)• 生年月日:1993年3月3日• 出身地:庫県明石市• 身長:162cm• 体重:48㎏ 村元哉中選手がスケートを始めたのは5歳。 元々はシングルで競技していましたが、2014年にアイスダンスに転向しました。 2014年~野口博一選手、2015年~クリスリード選手とアイスダンスのペアを組んでいました。 2015年~2017年に行われた全日本選手権では3連覇しています。 2018年に行われた 世界選手権では日本で歴代最高の11位を記録しました。 sankei. bunshun. 人と組む必要性を感じた」とのこと。 フィギアスケートの選手の引退は数あるスポーツの中ではかなり早い方で、シングルだと25歳前後が平均的な引退年齢だそうです。 多くの選手が20代半ばで引退します。 フィギアスケートは見ている分には優雅な印象ですが、実際に競技している選手はかなり過酷です。 chunichi. html) 高橋大輔選手は1986年3月16日に生まれ、現在33歳。 既に大ベテランの年齢である高橋大輔選手は、相当な負担がかかっていると考えられます。 高橋大輔選手は既に33歳。 どこまで続けられるのかわかりませんが、アイスダンスに転向したことでこのままシングルで続けるよりも長く続けられるのは間違いなさそうです。 auone. topics. シングルからアイスダンスに転向し、また違った高橋大輔選手が見られますね。 アイスダンスに転向しても高橋大輔選手の特徴を活かし、村元哉中選手と是非頑張ってほしいです!.

次の

高橋大輔、アイスダンス転向で2年後の北京五輪へ新たな旅立ち|【SPAIA】スパイア

高橋 大輔 アイス ダンス 相手

で一時代を築いたのアイスダンス転向が話題を呼んでいる。 パートナーは、平昌五輪のアイスダンス代表となった村元哉中。 昨夏、五輪出場時のパートナーでもあったクリス・リードとのペアを解消し、「新パートナーが誰になるのか?」と注目されていたが、フィギュアの高橋とは誰も予想できなかった。 「引退した2014年、冗談で『アイスダイスを趣味でやりたい』と言っていたんです。 共通のスケート仲間が村元との仲介を果たしました」(関係者) 日本はスケート大国に発展したが、テレビ中継はフィギュア一辺倒。 高橋&村元の新コンビであれば、今後、ダンスの中継も十分にあり得るだろう。 「村元は妖艶なダンスと、肌の色に近い衣装で周囲をビックリさせたこともありました」(体育協会詰め記者) しかし、高橋との新コンビでは別の意味でもビックリさせてくれそうだ。 まず、このコンビには結成の時点から弱点を抱えていた。 高橋の身長は165センチ。 村元は162センチ。 身長がほぼ同じでは「リスト」が成立しないかもしれないのだ。 ちなみに、リストとは、男性が女性を持ち上げ、片手でバランスを取る演技。 7秒以内のショートと12秒以内のコンビネーションの2つを成立させなければならない。 アイスダイスの強い日本人ペアが誕生しないのは「男性=長身」という必須条件をクリアできないからで、女性選手は外国人選手とペアを組むことなる。 「高橋は国際スケート連盟が認定した33種類のダンス基礎を習得しなければなりません。 自身とほぼ同じ身長の村元を持ち上げるための筋トレも欠かせません」(前出・体協詰め記者).

次の