トヨタ コロナ 車。 トヨタ社長が語ったコロナで変わる車のあり方

【生産、新車、販売に大打撃!】 新型コロナウイルス 自動車メーカーへの影響は?

トヨタ コロナ 車

東京地区では全店統合のトヨタモビリティ東京が発足してから1年が経った トヨタは2020年5月8日から全国規模で、全系列店全トヨタ車併売をスタートさせる。 すでに東京地区では2019年4月にメーカー資本店を統合し「トヨタモビリティ東京」を発足させ、全店全車併売制を先行実施している。 ここで注意しなければいけないのは、トヨタモビリティ東京と、全国規模の全系列店全トヨタ車併売は基本的に異なるということ。 地場資本の多い全国では、各系列店が一部を除いてほとんど統合せず、従来販社はそのまま継続し、全トヨタ車併売となるのだ。 東京地区のメーカー資本店は、4系列販社が統合したので、同じ車種同士を競合させて安く買うことができなくなった。 現在の東京地区では、同一車種ならどの店に行っても値引き額は決まっていて同じなのだ。 ひとつの店舗で購入交渉をして、それを他の店舗に持ち込みさらなる値引きの上乗せを要求しても、コンピュータのオンラインで情報が一元化しているので、他店と商談中であることがわかってしまう。 原則として最初に交渉を開始した店舗にユーザーとの交渉優先権があり、他店舗は商談ができない仕組みになっているのである。 ただし、一部には西東京カローラやトヨタネッツ東都といった地場資本販社が存在し、両社とトヨタモビリティ東京との店舗だけは競合が引き続き可能になっている。 全店扱いから1年経ったので、その状況をトヨタモビリティ東京(元トヨペット店)の営業マンに聞いてみると、 「トヨタ系列店同士の競合がなくなったので商売はしやすくなりましたが、正直、これまで扱っていた車種が倍以上に増えて54車種の商品内容を覚えるのが大変です。 それにライズやヤリス、RAV4などの人気車種に集中しがちで、こうした売りやすい車種に偏るので、人気車、不人気車の格差が広がっている気がします。 その一方で、既存のお客様からは、これまで扱ってなかったクルマをいちいち他のディーラーを紹介してもらって買うことがなくなって貴方から買えるので嬉しい、ということもおっしゃってくださいました」。 全店扱いは販売店にとってどんなメリット、デメリットがある? 5月以降、順次全国の販売店はトヨタモビリティ東京と同じCIに統一されていくことになる 前述したが、5月から始まる全国の全車種全店扱いは、東京地区と同様と思われるが実際にはかなり異なる。 東京地区以外の全国の販売店の大部分の地域は地場資本店で占められる。 2~3の有力資本販社がトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店を設立し、それぞれ別会社を設置している。 ただし、地場資本でも神奈川地区のように統合して「トヨタモビリティ神奈川」を発足させるケースもあるので、中長期的に見れば、今後地場資本店地域でもこうした統合販社が設立される可能性もある。 系列店が継続する地域は、販社にとってメリットとデメリットが混在する。 メリットはこれまで扱えなかった車種が売れるようになるので、販売の効率が良くなり各販社は収益が上がる。 統合前だと扱っていない車種をユーザーが買いたいと希望する場合は最寄りの取り扱い販売店に紹介するだけで、販売実績には反映できなかったが、今回からトヨタ車であればすべてを直接売れるようになる。 デメリットは何か? これまでの専売車を独占的に売ることができなくなり、旨味がなくなるのが大きい。 加えて異なる系列店との同じ車種の販売競争が激化し、値引き幅が拡大し、中長期的には各取り扱う車種の収益がダウンするようになる可能性が強い。 競争に負けるようだと最終的には当該店舗の存続が難しくなることにつながるのだ。 旧トヨタ店、トヨペット店は店構えが大きく、収益の上がる商売ができるようになっているが、旧カローラ店やネッツ店は小規模店が多いので、統廃合の対象になりやすく、戦々恐々と感じている販売店も多い。 とはいえ、専売車種を販売してきた強みがあり、それをどう生かしていくのかがポイントとなる。 ・異なる系列店との同じ車種の販売競争が激化し、値引き幅が拡大。 中長期的には収益が悪化し、収益の悪い販売店の存在が厳しくなり、統廃合につながる。 ユーザーのメリット、デメリットとは? カローラ店の看板(左)は右の看板に変わった(東京地区) その一方で、全店統合はユーザーにどんなメリットがあるのだろうか? 実は、ユーザーにとってはメリットが大部分で、デメリットはあまりない。 トヨタの各系列店のどこへ行っても全トヨタ車を買えるので、値引き競争をさせて可能な限り安く買うことができる。 実際、首都圏の販売店(東京地区を除く)では、全店扱い前の4月中旬にもかかわらず、RAV4、ノア/ヴォクシー/エスクァイア、アクア、アリオン/プレミオの値引額が拡大している。 もちろん、根底には新型コロナウイルス感染拡大による販売不振が影響しているが、早くも全店扱いを前に値引きが拡大し、全店扱いが始まる5月以降も値引きは拡大していくことが予想される。 RAV4は5月の全店扱いを前に大盤振る舞いで30万円突破は確実。 ノア3兄弟は4月27日に一部改良するので、従来モデルを狙えば35万円引き以上が可能。 アクアは、ヤリスHVが発売になってから販売不振状態にあり、25万円引きは可能となっている。 プレミオは35万円、アリオンは30万円引きが狙える。 ・今まで付き合いのあった販売店、営業マンから全車種を買える。 ・どこのディーラーへ行ってもメンテナンスサービスが受けられる。 ・直接のデメリットではないが、ヴォクシー/ノア/エスクァイア、アルファード/ヴェルファイア、ルーミー/タンクなどの姉妹車はどちらかに一本化されるため選択肢が少なくなる。 全店扱いに向けて準備を進める各販売店に状況を聞いた アルファードとヴェルファイアの両方を取り扱うトヨタモビリティ東京のショールーム 全トヨタ系列店の全トヨタ車併売をスタートさせるにあたって、各販社の各店舗は2020年4月に入り、新規扱い車種のカタログを揃え、4月下旬から見積書の作成ができるように準備を進めている。 正式な新体制での販売開始は5月8日であるが、実質的には4月下旬からスタートする予定だ。 そこで全店扱い前の4月中旬、首都圏(東京地区を除く)のトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の営業マンに現在の状況を聞いてみた。 気になるのは全店統合に伴い、プレミオ/アリオンを統合すると予想されるが、現段階では今後どうするかは明らかになっていない。 しばらくこのまま継続し、売れ行きの推移を見ながらどうすべきかを決めていくことになりそうだ。 アリオンはあまり売れていないが、他の3車種、クラウン、ランドクルーザー、ランドクルーザープラドは高額で収益も良いのでほかの3系列店にとっては魅力的なモデルといえる。 トヨタ店の営業マンは、 「クラウン、ランドクルーザー、ランドクルーザープラドのお客さんは長年の愛顧をいただいているので、他の販売店へ流れることはないと考えています。 ただし、気を引き締めて既存のユーザーさんと接しています。 また重量級の車種のリフト(車検、定期点検用機器)を持っていない販売店も多いので、メンテナンス面でも不安を感じていません」とコメント。 新型ハリアーは4月13日の発表、6月17日の発売だが、トヨペット店だけでなく他の販売店でもタブレットによる販売マニュアルやポスターなどが提示され、プレキャンペーンをスタートさせている。 トヨペット店の営業マンは、 「ハリアーはこれまで3代に渡って販売し膨大な既納ユーザーがいらっしゃいます。 こうした人たちが代替え母体になっていますので、他の販売店への流失は少ないと予想しています。 ハイエースは専売店ならではのノウハウを持っていますし、特にメンテナンス面でも有利なので既納ユーザーが乗り替える時にも他の販売店に取られるという不安は感じていません。 アルファードに関しても、いずれヴェルファイアと統合し、アルファード1本になると聞いていますので優位に感じています。 むしろ、人気車のヤリスやカローラ、ライズ、RAV4の台数をいかに増やせるか、勉強する毎日です」と明るい表情だった。 他3系列店はカローラを扱うことになり、大きな期待を寄せている。 特にカローラスポーツ、カローラツーリングへの要望が多い。 カローラ店の営業マンは、 「カローラは長年に渡って販売してきたので、代替え母体は他の販売店の専売モデルよりも膨大なのでそんなに心配はしていませんが、やはり全店扱いになると、新規ユーザーが分散されますので、他の販売店へ流れることは間違いないでしょう。 ノアもヴォクシーとエスクァイアが廃止され、ノアに統合すると聞いていますので、元ノア専売店となる当販売店は優位になると思います。 実際、ノア(カローラ店)が欲しいお客様がいらっしゃると、ヴォクシー(ネッツ店)やエスクァイア(トヨタ店、トヨペット店)と比べたいというお客様も多いので、同時に見積もりがとれるというのはユーザーメリットは大きいと思います」と歓迎のコメントを寄せる。 ヴェルファイア、ヴォクシーはそれぞれアルファード、ノア/エスクァイアの兄弟車であり、いずれアルファードとノアに統合される。 アルファード/ヴェルファイアの統合は2021年末、ノア/ヴォクシー/エスクァイアの統合は2021年夏頃になる見込み。 専売モデルを失うネッツ店にとっては不安がいっぱいであり、従来の自社ユーザーをいかに抱え込むかにかかってるので、営業マンは危機感を持っているのではないだろうか。 ネッツ店の営業マンは、 「これまでヤリスは歴代ヴィッツとともに独占的に売ってきましたので、他の販売店が売るようになると、販売店同士で比較され、余計に乱売になるのはないと危惧しています。 ヴェルファイア、ヴォクシーともに今後はアルファード、ノアに統合されてなくなるので厳しい状況になると予想しています。 これまでの既納ユーザーを大事にしていき、車種が統合された際には、アルファード、ノアをお薦めしたいと思います」と不安を隠せない様子。 新型コロナウイルスの影響は? 平日、ショールームへの来店人数は以前より10分の1以下に減ったという 新型コロナウイルス感染拡大で、販売の現場はかなり厳しい状況にある。 営業時間の短縮をはじめ、訪問販売、チラシ、ダイレクトメールなどの自粛でセールス効率が極めて悪化している。 トヨタモビリティ東京の営業マンは、 「新型ハリアーやライズの電話での問い合わせはとても多いですが、新型コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言が発令された4月初旬以降、実際に見に来られるお客様は10分の1以下に減っています。 車検満了による買い替えや新規のお客様も含め、ショールームへの来店は5月の連休明けと考えているお客様が多いですね。 4月の販売は極めて厳しい状況で5割、6割減になるのでないでしょうか」。 全国のトヨタ販売店のほとんどは、4月中の営業時間がこれまで朝10時開店、19時閉店までだったのが、10時半開店または11時開店、閉店は15時または16時と時短営業を続けている。 また、4月28~5月6日までゴールデンウィーク休業としているところがほとんだ。 訪問販売はほぼゼロ、新聞の折り込みチラシもゼロに近い状況となっている。 したがってセールス効率はこれまでと比べて3割以上悪化しているという。

次の

コロナ(トヨタ)の中古車

トヨタ コロナ 車

トヨタ コロナの歴代モデル解説!マイカーブームを牽引した日本の代表的なセダンの系譜 トヨタ コロナは、1957(昭和32)年~2001年(平成13)年まで44年、モデル11代の歴史を持つ小型乗用車です。 ボディタイプはセダンが基本で、タクシーにも採用されました。 時代に応じて、ハードトップやリフトバックなどのスタイルも取り入れ、商用車モデルのバンも存在しています。 コロナはサラリーマンの所得がどんどんあがり、高速道路が整備されたことで訪れた60年代のマイカーブームに爆発的にヒットし、国内販売台数1位を記録したこともあります。 その後も大衆車、ファミリーセダンとして安定した人気を博したコロナは、実は海外で初めて販売されたトヨタ車です。 コロナなくして、トヨタの、日本の自動車の歴史は語れません。 コロナ歴代モデルの11代特徴、44年の歴史を後継や競合車種、現代の中古車市場での人気モデルを解説します。 コロナの歴代車種一覧!1957年から2001年までの昭和の名車を振り返る 昭和期の名車として人気のコロナ。 日産のダットサン ブルーバードと大規模な販売競争を繰り広げた際にはお互いの頭文字をとって「BC戦争」とも呼ばれました。 トヨペット コロナ T10型(1957~1960)初代…タクシー業界から販売を急かされつなぎ販売 トヨペット コロナ T10型 トヨペット コロナ T10型 正式名はトヨペット コロナ。 コロナは初代だけが丸く、ダルマコロナの愛称がある。 1955年に販売されたクラウンからの流用部分も多いが、トヨタ初のモノコック構造な点は意欲的。 後のマイナーチェンジで5人乗りが可能になった。 販売前にボディの一部分を新聞紙に掲載するなど斬新な広告手法をとった。 デザイン性は高く評価されたが、タクシー業界から耐久性や強度不足を指摘され、販売は先細りに。 自家用車を所有する人が増加する日本において、日産ダットサン・ブルーバードと「BC戦争」と呼ばれる販売競争を繰り広げ、販売台数1位をついに獲得!日本初の高速・名神高速道路での耐久試験も話題に。 トヨペット コロナ RT50型は庶民にも手が届くスポーツカーとして人気に。 トヨペット コロナ RT50型は日本車では初めてのハードトップモデルとなる コロナ(T40)系)をベースに作った「トヨタ・1600GT」というスポーツカーはトヨタ・2000GTの弟として親しまれている。 2000GTがトヨタが開発したスーパースポーツカーなのに対し、1600GTは大衆向けのスポーツクーペ。 「コロG」という可愛い愛称で親しまれた。 4代目からはボディサイズが一回り大きくなる。 愛称はブラボーコロナだが、初代コロナマーク2やカローラの登場により、人気に陰りが見え始めた。 前期型は『太陽にほえろ』に登場し、殿下コロナの愛称もある。 2ドアセダンは消滅し、セダンより車高が25mm低い5ドアのリフトバックを新設、角形4灯ヘッドライトを採用など当時流行していたスタイルやデザインを採用している。 コロナ 2000・GT 諸元表 車両型式 E-RT132-TEMOF 全長 4,445mm 全幅 1,655mm 全高 1,405mm ホイールベース 2,525mm 車両重量 1,120kg 乗車定員 5名 エンジン型式 18R-GEU エンジン種類 直列4気筒 総排気量 1968cc 最高出力 135PS 全ボディタイプ 4ドアセダン 2ドアハードトップ 5ドアリフトバック 5ドアバン コロナ T140型(1982~1998)7代目…ファミリカーからスポーティーに本格イメチェン! トヨタ コロナ T140型 前期型 トヨタ コロナ T140型 前期型 トヨタ コロナ T140型 後期型 リフトバックの採用は見送ったものの、プラットフォームはカリーナやセリカと共通のため、車高が低く、スポーティーになったT140型。 イメチェン背景には、人気を盛り返していた日産ブルーバード910型への対抗意識がある。 ツインカムターボ搭載モデルGT-TとGT-TRが人気。 コロナ初のFF式であり、ユーザーの心理的抵抗を考えて併売となった。 スポーティーなT140に対し、T150系はあくまでファミリカーの地位を守る役割もあり、5ドアハッチバックを基本モデルとした。 コロナ 1800・GX諸元表 車両型式 E-ST150-TLMNL 全長 4,330mm 全幅 1,670mm 全高 1,395mm ホイールベース 2,515mm 車両重量 990kg 乗車定員 5名 エンジン型式 1S-iLU エンジン種類 水冷直列4気筒OHC 総排気量 1832cc 最高出力 105PS 全ボディタイプ 4ドアセダン 5ドアリフトバック コロナ T170型(1987~1992)9代目…「SF」というサブネームを付けFF式が基本に! トヨタ コロナ T170型 後期型 FF式が基本となり、5ドアハッチバックには「SF(センセーショナル・フィーリング)」というサブネームを付けた。 1988年からはセダンに4WDモデルも追加。 コロナ人気は下火だったが、累計1000万台を達成し、記念車コロナスーパールーミーを販売。 コロナ スーパールーミー(1990)限定車…ファミリカーコロナをリムジンに仕立てた謎車 トヨタ コロナ スーパールーミー T170型をベースに作ったトヨペット店コロナ累計1000万台を記念して作った限定車。 見た目はコロナなのにホイールベースを210mmも延長して作った5ナンバーの謎リムジン。 500台限定だったのに、今も中古市場で安い。 バブルカーらしい迷車。 コロナ T190型(1992~1996)10代目~完成形にほぼ近づきスポーツグレードは廃止 トヨタ コロナ T190型 前期型 トヨタ コロナ T190型 後期型 ホイールベースを延長し、室内空間は広く、低床で乗り降りしやすく改善。 トランクはクラス最大容量。 4WD仕様あり。 モデル末期だけあってファミリカーとしての用途はほぼ満たし、完成形に近づいたコロナ。 一方でGTなどのスポーツグレードは消滅した。 コロナ 2000(3S)・EXサルーンG 諸元表 車両型式 E-ST191-AEPGK 全長 4,520mm 全幅 1,695mm 全高 1,410mm ホイールベース 2,580mm 車両重量 1,210kg 乗車定員 5名 エンジン型式 3S-FE エンジン種類 直列4気筒DOHC 16バルブ 総排気量 1,998cc 最高出力 140PS 全ボディタイプ 4ドアセダン 5ドアリフトバック コロナ T210型(1996~2001)11代目~44年の歴史に幕を下ろし、今後は「プレミオ」に託す トヨタ コロナプレミオ T210型 前期型 トヨタ コロナプレミオ T210型 後期型 「コロナ プレミオ」とサブネームが与えられている。 これ以降、プレミオとして独立するので、コロナの名前がついた最後の車。 4ドアセダンのみで、安全装備を充実。 40年記念の特別仕様車を販売し、2001年に44年の歴史に一度ピリオドを打つ。 コロナ 2000(3S)・EXサルーンG 諸元表 車両型式 E-ST210-AEPGK 全長 4,520mm 全幅 1,695mm 全高 1,410mm ホイールベース 2,580mm 車両重量 1,210kg 乗車定員 5名 エンジン型式 3S-FE エンジン種類 直列4気筒DOHC 16バルブ 総排気量 1,998cc 最高出力 140PS 全ボディタイプ 4ドアセダン 歴代コロナのなかで中古市場で人気のモデルやグレードは? コロナはトヨタの伝統であり、「懐かしい!」と感じるファンも多い人気車種です。 外車クラシックカーのように高額な値が付くことは少ないものの、中古車市場では比較的安定して需要があるクルマです。 特に上級モデルのDX(デラックス)モデルは値が付きやすいです。 また、それ以前のトヨタ初の本格開発だったT20型は希少性が高く、クラシックカーとして人気です。 それ以降は、5代目の最上級モデル2000GT。 OKモニターといった当時としては最先端の設備、現代では昭和らしいレトロなインテリアにファンが多くいます。 馬力も高く、中期コロナらしいホイールキャップのないデザインが魅力です。 7代目コロナ140型GT-TとGT-TRツインカムターボ搭載モデルも人気があります。 今も受け継がれる歴代コロナの系譜…コロナなしにトヨタ車は語れない! 1957年に初登場したコロナ。 昭和期の多くのモデルには、 ダルマコロナ、アローラインコロナ、ブラボーコロナ、安全コロナ、殿下コロナなど多くの愛称が付けられたことからも、いかに人々に愛された親しみやすい自動車だったかが伺えます。 現在は実質的な後継マークXが現行車種となっています。 コロナの後継プレミオは、セダン人気の下落に伴い苦戦していますが、それでも企業や官公庁などに安定して納車は続けています。 コロナはトヨタはもちろん、日本の自動車業界全体にとって、欠かすことのできなかった愛すべき名車といえるでしょう。

次の

自動車向けのゴム製品メーカーが“コロナ倒産”…トヨタの工場操業停止等で売上半減 全国で3社目

トヨタ コロナ 車

目指したのは「もっといいクルマづくり」 「走る楽しさと、世界最高レベルの低燃費、先進の安心安全技術を備えたコンパクトカーの域を超える、新世代コンパクトカー」として、2020年2月10日に発売されたトヨタ新型「ヤリス」。 新型コロナウイルスの感染拡大が社会問題となる直前の2月に販売が開始されたこともあり、発売後1か月間での受注台数は約3万7000台と、月販目標台数(7800台)を大幅に上回る快調な滑り出しとなりました。 さらに、日本自動車販売連合会(以降 自販連)が発表した乗用車ブランド通称名別順位2020年では、3月の販売台数は1万3164台、4月は1万119台、5月は1万388台と、コロナ禍でも大幅に販売台数を落とすことなく好調です。 そんなヤリスの魅力は、いったいどこにあるのでしょうか。 1999年、トヨタはコンパクトカーの世界標準を作ることを目標に、トヨタの持てる技術の総力を結集して開発した初代「ヴィッツ」(海外名:ヤリス)を発売。 広々とした室内空間と、優れた基本性能をミニマムサイズで実現するために、プラットフォーム、エンジン、トランスミッション、サスペンションなど、主要コンポーネントすべてが新設計されました。 そして、今回発売された4代目となる新型で、車名を国内名のヴィッツから海外名のヤリスに統一。 次の時代に求められるコンパクトカーの新たな価値を追求し、開発されました。 新型ヤリスには、今後トヨタの先進国向けコンパクトカーのベースとなるTNGAプラットフォーム(GA-B)が初採用されたほか、エンジン、ハイブリッドシステム、トランスミッション、サスペンションなど、すべてをゼロベースから作り上げられています。 開発を担当したチーフエンジニア 末沢泰謙氏は発売当初、次のようにコメントしています。 「初代誕生から20年の節目の年、ヤリスならではのコンパクトであることの強みを活かしつつも、プラットフォームやパワートレーン等、すべてを刷新し、お客様の既成概念をはるかに超えるクラスレスな新世代コンパクトカーを作り上げました。 また、多くの方が乗るコンパクトカーだからこそ、走る楽しさはもちろん、世界最高レベルの低燃費と安心安全技術を、このヤリスから搭載しました」 この言葉通り、新型ヤリスがユーザーから好評を得ている点は、今にも走り出しそうなアクティブで躍動感のあるデザインや、ハイブリッド車の力強くシームレスな走りと、コンパクトカークラスで世界トップレベルのWLTCモード36. 0km/Lという低燃費、トヨタ初となる高度駐車支援システム「Toyota Teammate[Advanced Park(パノラミックビューモニター機能付)]」や交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新の「Toyota Safety Sense」などの先進安全技術だといいます。 そして、受注台数のうちハイブリッド車の内訳は約45%。 ほぼ同時期の2月14日に発売されたホンダ新型「フィット」の自販連による3月の販売台数は1万4845台。 発売直後はヤリスを多少上回る販売台数を誇っていたにも関わらず、その後コロナ禍の影響を受け、4月は8977台、5月は7235台と、減少傾向です。 価格帯にも大きな差はないにもかかわらず、コロナ禍で両車が明暗を分けた理由はどこにあるでしょう。 それは、2020年9月頃の販売が予定されている新型「GRヤリス」が牽引する「WRCで競争力あるクルマ」というイメージが、そのベースとなる新型ヤリスにも色濃く付いており、他社のコンパクトカーにはない、走破性と耐久性の高いコンパクトカーという印象も、「お得感」という意味でのコストパフォーマンスの高さを向上させていることが考えられます。 新型コロナウイルスの感染拡大がおさまりつつあるなかで、ヤリスはこの好調を継続することができるのでしょうか。 クルマでの遠出が解禁される今後こそ、コンパクトカーそれぞれ個々の真の価値が問われることになるはずです。

次の