クラミジア ストレス。 クラミジア感染の原因で男性と女性の場合!性交渉以外のものも

性器クラミジア感染症とは

クラミジア ストレス

こんにちは、現役看護師のミカです。 今回は、『クラミジアの女性の症状はかゆみや臭い?膀胱炎のような出血もある?』というタイトルでお送りします。 クラミジアというのは性感染症のひとつですが、感染したことがないとあまり聞き慣れない病気だと思います。 クラミジアの感染は男性も女性も感染する病気です。 性行為によって感染するので、性的活動の活発な若年層に多いのですが、中でも女性のほうが男性より多いと言われています。 最近では、初めて性行為 初体験 をする年齢が低くなってきているので、それに伴って、クラミジアの患者も低年齢化となっています。 今回は、クラミジアの女性の症状について次のような内容で説明していきます。 クラミジアの女性の症状の種類まとめ! まず クラミジアの症状から説明します。 クラミジアの女性の症状は• 淡い黄色っぽいおりものが増える• 性交の際の痛み• 生理以外の出血 などがあります。 そして、特に多くの人が気にしている次のような内容について説明していきます。 かゆみや臭い• 膀胱炎• 喉の炎症 まず最初に、かゆみや臭いについて説明していきます。 クラミジアの女性の症状:かゆみや臭い クラミジアの女性の症状として、 性器のかゆみや臭いなどは特にありません。 実は、クラミジアに感染した女性の場合、約半数の方に何も症状が出ないんです。 女性患者の約半数の人が無症状だということです。 ですので、受診するに至らず、よって治療もされず、 自覚がないまま、パートナーの男性にうつしていることが多いので注意が必要です。 稀に、クラミジアの症状として出血がある場合もあるのですが、次にそのあたりに関して紹介していきます。 クラミジアが原因で起こる出血には、次の2通りがあります。 クラミジアが原因で、膀胱炎が起こり血尿が出る• クラミジアが原因で、卵管が炎症を起こして出血がある まず最初に、膀胱炎による血尿について説明します。 クラミジアに感染している時でも、その細菌が尿道から膀胱に感染して、膀胱炎を起こすことがあります。 膀胱炎を起こすと、血尿や頻尿、排尿時の痛みなどが出てきます。 クラミジアが原因で、卵管が炎症を起こして出血することもあるのですが、膀胱炎の症状である膀胱からの出血は全く別のものです。 下の画像のように、膀胱と子宮系は全く違う臓器なので、クラミジアに感染すると、それぞれの臓器から出血する可能性があるということです。 膀胱炎の場合には、クラミジアの細菌に感染すれば、膀胱の粘膜が炎症を起こして出血し、血尿が出ます。 一方、クラミジアが原因で、卵巣が炎症を起こして出る出血は、後に説明していますが卵管からの出血です。 では、その卵管からの不正出血(生理時以外の出血)はどうして起こるのかについて説明していきましょう。 クラミジアの女性の症状:出血 クラミジアは、クラミジア・トラコマティスという細菌によって感染します。 まずクラミジアは女性の身体に中に入ると、子宮の入り口の子宮頸管に感染して、そこで炎症を起こして、子宮頸管炎となります。 そして、その奥の卵管という部分に感染が拡がってしまうと、卵管の内側にある細胞が破壊されます。 その細胞は、受精卵を子宮に運んでくれる役割があるので、それを破壊されれば、卵管で妊娠してしまう「子宮外妊娠」の可能性が出てきます。 また、卵管が炎症を起こすと、卵管内部が狭くなり、精子や受精卵が通過できなくなって、不妊症の原因となることがあるのです。 まさに、この時に、卵管で炎症を起こすと、その際炎症部分から出血してしまい、おりものに混じって血液が出ることがあります。 しかし、この時には下腹部痛などの痛みはほとんどなく、出血が少しずつダラダラと出ることが多いです。 そして、感染した細菌の数が多いと、卵管からお腹の中に感染してしまいます。 すると、腹膜(腹部のほとんどの臓器を覆っている膜)や肝臓といった子宮の周りの臓器にクラミジア感染が拡がります。 その際に下腹部痛が出てくるのです。 この下腹部痛と、卵管の炎症の際の出血が同時に出ることで、膀胱炎のような下腹部痛を伴った血尿と間違いやすくなってしまことがあります。 でも、膀胱炎の時に起こる下腹部痛は我慢できる範囲の痛みですが、クラミジア感染で起こる腹痛は徐々に強い我慢できない痛みになってきます。 ひどくなれば、救急搬送されるほどの痛みです。 女性が感染すると、男性よりも深刻な経過となる可能性が高いわけです。 それは、膣から子宮を通って、卵管から腹膜へという道が全て繋がっていて、どんどん奥に細菌が拡がっていきやすいからです。 卵管で炎症を起こして、一度、卵管が狭くなってしまうと、もう元に戻ることはないと言われています。 クラミジアが原因で起こる不妊症は、女性にとってはとてもつらい現実です。 次に、クラミジアの口腔内感染に関して説明していきたいと思います。 クラミジアの女性の症状:喉の写真画像 このクラミジアの喉への感染は、主にオーラルセックスによって感染します。 女性が、男性の性器に、口を使って接触した場合に、男性の性器から女性の咽頭に感染して起こります。 又は、その逆の可能性もあり、女性の咽頭に存在する細菌が、男性の性器に感染することもあるのです。 この際の症状として• 喉の赤み• 喉の痛み• 喉の腫れ• 熱が出る などがあります。 このように、喉の奥が赤く腫れて炎症を起こします。 のどちんこの両側の扁桃腺(へんとうせん)まで感染します。 以上が、クラミジアに感染した際の女性の主な症状になります。 次は、女性の陰部にクラミジアが感染している状態で妊娠した場合について説明します。 クラミジアの症状がある女性が妊娠した場合はどうなるの? クラミジアに感染しているのを気づかず妊娠していた場合、妊婦さんが産婦人科で受ける妊婦健診で発覚する場合が多いです。 そして、この場合、子供が産道を通るときに、クラミジアに感染してしまって、子供が結膜炎(けつまくえん・まぶたの裏や白眼の部分の炎症)や肺炎を起こす可能性があると言われています。 将来、子供を出産する意思のある女性の場合、その年代、その環境になったら、症状がなくても受診して検査してもらったほうが安心だと思います。 この記事のまとめ クラミジアの女性の症状をもう一度まとめてみましょう。 淡い黄色っぽいおりものが増える• 性交の際の痛み• 生理以外の出血• 膀胱炎 性器のかゆみや臭いなどは特に感じません。 クラミジアという性感染症は、知らない間に感染して、無症状のまま時が過ぎ、腹膜に感染が及んで症状が出て初めて気づくといったパターンもあります。 徐々に若い世代に感染患者さんが増えてきていますので、女性の場合は安心せずに、特に出産を希望する場合にはきちんと検査をうけることをおすすめします。 最後までお読み頂いてありがとうございました。

次の

【獣医師監修】猫クラミジアの症状・原因・治療法は?使用する薬や検査方法は?

クラミジア ストレス

クラミジア感染の原因とは? クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスという細菌に感染することで発症する病気で、この細菌は人の体の中でしか生存できないという特徴があります。 そして、クラミジアの基本的な感染経路は「粘膜同士の直接接触以外ない」という特徴もあり、次のような行為が感染原因とされています。 ・ クラミジア感染者とのセックス ・ クラミジア感染者とのアナルセックス ・ クラミジア感染者とのオーラルセックス ・ クラミジアが付着した手や指で、性器やまぶたなどの粘膜に触れる このほか、クラミジアは喉にも感染することがあるので、感染者とのディープキスなど粘膜同士が接触することでも感染することがあるそうです。 それから、性行為でクラミジアに感染する場合は、例え1回の性行為でも感染に至ることがあり、原因や感染経路は男女ともに上記の通りになりますが、男性の場合は尿道に感染し、女性は膣の内側や子宮頸管など体の内部に感染するという違いがあります。 感染率は? クラミジアに関して男女の違いには、その感染率もあり、女性の患者数は男性の2倍以上にも上るそうです。 そして、感染者の割合では、20代の女性が患者全体の6割を占め、15~19歳の患者数も非常に多いので、厚生省でも不妊へつながる恐れを回避するためにも、クラミジア検査の受診を積極的に呼びかけているそうです。 性交渉以外の感染もある?原因不明は?潜伏期間も 身に覚えがなく、原因不明の状態でクラミジアに感染することがあるようですが、これは厳密に言えば原因不明ではなく、元々体内にずっとクラミジア菌が残っていて、パートナーに移してしまい、それがまた戻ってきたという場合もあるそうです。 さらに、抗体検査を行っても潜伏期間中である場合は、結果が偽陰性になってしまうため感染していなかったと判断して、知らないうちに感染を広げてしまうことがあるのです。 ただし、条件としては前述の通り「粘膜同士の直接接触以外ない」というのがありますので、ストレスなどに起因してクラミジアに感染することはありません。 ただ、妊娠中にクラミジアに感染していると流産や早産のリスクが高まる上に、子宮頸管炎などの症状を起こすこともあります。 さらに、妊娠後期にクラミジアに感染していると胎児感染のリスクがあるのですが、これは出産時に赤ちゃんが産道を通り抜ける際に、クラミジアに感染してしまう恐れがあるからだとされています。 そのため、妊娠をすると初期にクラミジア検査を勧められるので、できるだけ早く受診して治療を行うようにしましょう。 不妊との関係は? 女性の場合は男性と違って、尿道ではなく子宮頸管や膣の内部に感染するため、そこからさらに卵管の方まで菌が侵入し、炎症を起こすことがあります。 そして、炎症によって臓器や組織同士がくっつく「癒着」ということが起こり、卵管が変形したり塞がったり、排卵後の卵子を取り込めなくなったりといったように、不妊の原因へとつながってしまうのです。 しかも、女性の不妊の原因で一番に多いものが卵管の問題とされていますが、その8割はクラミジア感染によるものだという学説もあるそうで、非常にクラミジアと不妊は密接な関係にあることが分かります。 そして、子宮外妊娠の原因にもなりますし、クラミジアに限らず、性感染症に感染していると、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染の確率を高め子宮頸がんのリスクも5倍近くになるとされているので、十分な注意が必要になりますね。 スポンサーリンク 男性の場合、クラミジアが原因でどんな病気にかかる? 女性の場合は不妊との関係などについてリスクが高いことをお伝えしましたが、男性の場合はクラミジアが原因で起こる病気は比較的軽度で済むようです。 そして、比較的初期から現れるのは尿道炎で、クラミジアの菌が尿道から精管、精巣上体へと進むと精巣上体炎を引き起こし、陰嚢(いんのう)が腫れたり熱を持つなどの症状が現れ、徐々に足の付け根や下腹部に痛みを感じるようになるそうです。 それから、男性の場合も両方の陰嚢で炎症が起きると、不妊症に繋がる恐れもあるので十分注意しましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、クラミジア感染の原因で男性と女性の場合、また、性交渉以外のものについても詳しくお伝えしました。 クラミジア感染は、原因の細菌に粘膜同士の直接接触によって感染し、その経路としては性交渉以外にも感染者の細菌がついた手が目などの粘膜に触れることでも感染し、男性よりも女性の方が倍多く、20代女性の感染率は女性患者全体の6割も占めるとのことでした。 そして、感染から3週間ほどで発症するのですが、半数以上の患者に自覚症状がないため、知らないうちに感染することもあり、原因不明と感じるのはこのせいなのでした。 さらに女性の場合は、妊娠中に感染すると不妊や将来的な重篤な病気の原因となったり、胎児へも悪影響を及ぼすことが多いので、早めに検査を行い安全を守るようにしましょう。

次の

性病の種類と症状

クラミジア ストレス

そして、不正出血があったことから性病を疑いました。 20代の頃に一度だけクラミジアに感染したことがあるのですが、症状がなんとなく似ていたことも疑いを持った理由の1つです。 ちなみにその当時お付き合いをしている彼がいましたが、私は彼以外とは身体の関係をもっていませんでした。 そうなると感染経路はやはり彼、、になりますよね? 彼は実際はどうなのかはわかりませんが、浮気はしていなかったと思います。 というか信じたい笑 初めにしたことは、ネットで性病についての検索です。 徹底的に 嫌な症状が出始めてから、まず最初に行ったことはネットで性病に関して調べました。 見れば見るほど自身の症状と似通っていますし、不安は増すばかり。 そして、 「検索しているだけではなにもならない!」と思い、思い切って産婦人科を訪ねることにしました。 不正出血もあったため、そちらのほうで相談しやすかったこともあります。 病院で性病の件を伝えるのはとても勇気がいりました。 ただ、先生は淡々と受け答えしてくれましたので、その点では話しやすかったと思います。 症状を説明し、内診、そのあとに検査もしていただきました。 病院での検査結果は、、、やはりクラミジア 後日改めて検査結果を聞きに行くと、「HIVの可能性はないこと」そして「クラミジアに感染していること」がわかりました。 ある程度覚悟はしていましたが、やはり相当落ち込んだのを記憶しています。 ただ、比較的初期の段階だったようで、約1週間膣剤を入れて様子を見ることになりました。 感染経路に関して、先生から聞いた意外な回答 先生からは、もちろん感染の心当たりも聞かれましたので、私は彼以外からは考えられない状況を伝えました。 彼氏の検査も必ずするように、と言われましたが、もう1つ先生から聞いた話が少し驚いたので今でも記憶に残っています。 主に以下のような内容だったかと思います。 「感染経路はパートナーとは限らず、疲れていたりして免疫が落ちているときに、ばい菌が入ってしまうことも意外と多い」と言うことです。 これって性行為以外でもクラミジアに感染してしまうということでしょうか?? 当時は感染した!という事実で頭が真っ白になっていましたし、この件について先生に追求はしなかったのですが、今思うと、「どういう意味だったんだろ?」っていう感じです。 それがもし本当なら当時の彼氏には悪いことをしたかなって。 結局それ以降は(クラミジアのことを伝えることなく)体の関係を持つこともなく別れてしまったので。。 クラミジアに感染するのは2回目でしたが、違和感の症状が出てから検査結果が出るまでの間はとにかく不安でたまりませんでした。 ですが、早くに病院を受診したことですぐに安心することができ、結果的に精神的にもよかったと思っています。 sousoさんにたずねた8個の質問 【質問1】今回の性病を疑ったきっかけは?(初期症状は?).

次の