バイバイ ヴァンプ。 バイバイ、ヴァンプ!|上映スケジュール

バイバイ、ヴァンプ!の批判シーンや原作は?公開中止になる?

バイバイ ヴァンプ

「ただ性的マイノリティの方を傷付けるだけの映画」 「青春ヴァンパイア・ホラー」をうたう同作は、2月14日に公開。 監督は、ドラマ『特命係長只野仁』『結婚できない男』などを手がけた植田尚氏だ。 吸血鬼に噛まれると「同性愛者」になってしまうという設定で、「愛・自由」のために主人公たちが戦うストーリー。 予告編では、噛まれた後とみられる同性の高校生同士が、人目も気にせず教室で激しいスキンシップをとるシーンもある。 映画レビューの投稿サイトをみると、 「ご贔屓の俳優さん目当で行きましたが吐き気を覚える展開に初めて映画館で席を立ちました。 この時代に、一体どんな価値観で作られたのでしょう」 「映画観ました。 自分はゲイでもバイ(セクシュアル)でもなく性的マイノリティの当事者ではありません。 ただ内容があまりにもクソすぎる。 つまらないというか、ただ性的マイノリティの方を傷付けるだけの映画」 など、鑑賞者からの酷評が目立つ。 署名サイト「change. org」では、 「同性愛を悪のように仕立て上げ、敵視し差別対象とする表現が見受けられます。 また、同性愛に対しての偏見や憎悪を含む表現、演出が使用されており、同性愛者やトランスジェンダーなど多様な性への配慮が欠けており、視聴者に間違った印象を与えかねません」 として、再編集などを求める抗議が起きた。 17日昼時点で約6200筆集まっている。 「同性愛を差別する作品ではありません」 製作委員会は17日までに、「バイバイ、ヴァンプ!をご覧頂いたく皆さまへ」(以下、原文ママ)と題した声明を公式サイトに掲載した。 「この映画には一部、同性愛の方々に対し不快な思いを抱かせる表現が含まれているかもしれません」としつつ、「同性愛を差別する作品ではありません」と差別的な意図は否定。 続けて、「愛とは自由であり、人それぞれの愛が尊重されるものであるというテーマのもと、製作されました。 それは綺麗事だけではなく、愛を貫くためには乗り越えなくてはいけない壁もあります。 しかし、それを乗り越えた時に人はもっと強くなり、そして自分らしく、異性も同性も隔てることのない『人としての愛』を見つけることが出来ると信じています」と作品に込めた思いを述べ、 「この作品は、そのテーマをエンターテインメントな作風で描いているため、一部の方に誤解や混乱を招いた事をお詫び申し上げます。 何どぞご理解頂けますことをお願い申し上げます」 と理解を求めた。

次の

バイバイ、ヴァンプ|キャストとあらすじネタバレは?評価感想と炎上内容も説明

バイバイ ヴァンプ

でも書いた話なので、もうそれ読んだわ~という方がいたら申し訳ないのだが、まあ後世でも似たようなことが起きて誰かがインターネット記事を発掘するだろうという気持ちがあるのであえてエントリにする。 映画「バイバイ、ヴァンプ!」が燃えている。 本記事において重要なことであるのだが、この映画の 脚本の問題である同性愛の取り扱い方については私は専門外であり、なおかつ当事者・専門家による言及が数多くwebにおいてなされているため、本記事では恐縮ながら割愛する。 「バイバイ、ヴァンプ!」の炎上を知ったときに感じた気持ち、それは私にとって一種の懐かしみであった。 この映画のキャスト欄を見ればわかるが、どうみても雑な感じでアイドル・を寄せ集めた雰囲気がになっている。 ブログを昔から読んでくださっている方は知っていると思うが、私は5年間にわたって主に2人ほどのを推していた。 最初の推しに関しては丸3年間くらいにわたり現場にはほぼ全通していて、キネカ大森でやる規模の映画の舞台挨拶にもホールAでやる規模の舞台挨拶にも行っていた。 二番目の推しに関しても、どういうわけか不明だが謎の映画にやたらと出ていた。 (元推しの名前を出さないのは、本記事で扱う主題が、今世間でボコボコに叩かれている案件なので、飛び火したらめんどうだな~と思っているからで、過去エントリを見ればすぐわかることなので、深い意味はない) そして私はのオタクをしていた期間、(友達に前売り券を押し付けられる等の事案も含めると)コンスタントに年数本は必ず「バイバイ、ヴァンプ!」のような、「 アイドルやをかき集めた謎の映画」を見る羽目になっていた。 別に見たくて見ていたのではない。 その理由は、 推しがなぜかそのような映画に出るから、このただ一点である。 冒頭貼ったCDB氏のブログでも言及されているのだが、ボイメンも. もちゃんと動員のある人気グループだし、他に出演しているも舞台に出ていたりして、ちゃんとオタクはいると思われる。 それなのに なぜか謎の映画に出るのだ。 理由はわからない。 ただその映画はめちゃくちゃつまらなかった。 ただ、今回の炎上において、上で意見をいろいろと見ていたところ、キャストに対しても「差別に加担している」などの批判をする様子が見受けられた。 それはちょっと違うんじゃないかというのは、自分のブログなので声を大にして言いたい。 真実がわからないので断言することはできないが、キャスト自身が 出たくて出ているとは限らないのである。 脚本が上がってきた後に、「これはちょっと……」と出演者が思ったとしてもすでに引き返せない可能性があるのだ。 芸能界が 意味不明なハラスメントと圧力にまみれた 魔境であるということは、(元)さんがいつまでたってもテレビに出られない件とか、元ジャニーズ退職組に関するの注意報道とかで皆さんよくわかっているのではないだろうか。 (元)さんも映画「東京喰種」に関して、本当は人肉を食べる役はやりたくなかったけど断ると事務所に干されるので葛藤してたと言ってたし。 推しが大手事務所に入っていてもそのような意味不明なハラスメント・圧力から逃れられないとなると、あなたの推しもいつ、脚本がトンチンカンな謎映画に出演して、炎上の矢面に立たされるかわからないということになる。 さて冒頭のCDB氏のブログに話を戻すが、CDB氏は映画館に全然女性ファンがいなかったことを挙げて、「ファンの勝利」と書いている。 しかし、このようなアイドル・かき集め謎映画において、通常上映がガラガラなのはきわめてよくある事象のように私は思う。 よって別に「バイバイ、ヴァンプ!」に限ったことではないような気がするのだ。 私は偏屈者なのでの謎映画をわざわざ通常上映で観に行くこともあるが、基本的にはガラガラで、信じられないくらい人が入っていない。 そしてこのような謎映画は一般的な映画ファンにもほとんど鑑賞されていない。 シネマート新宿とかの上映表を毎週チェックしているようなマニアでないと映画タイトルさえも知らないだろうし、もちろん内容も観られていない。 宣伝もほとんど(というか全く)しないので、キャストのファン以外は観に来ない。 だから「バイバイ、ヴァンプ!」はこの手の謎映画の中では珍しくかなりのを上げることに成功(?)したとは言える。 ではこういう映画は何で儲けるかというと、 オタクに無限に舞台挨拶を見せたり、 オタクに無限にDVDを買わせたりする。 とにかく無限にイベントを打って収益を上げようとするし、その姿勢をオタク相手にも隠さないのだ。 ボイメンファンは言及しているが、「バイバイ、ヴァンプ!」も1年前くらいから謎の上映会等をやっていたようである。 なぜオタクが通常上映にいないのかという疑問はここで解決される。 イベントで映画を観ているので、別にわざわざ映画館に行くほど内容が面白くなかったら、もう二度と観ないからである。 なので私はこのような謎の映画に出くわすと、「やっぱり 製作発表イベントと 完成披露上映会と 初日イベントと 大ヒット御礼イベント(大ヒットの可否は問わない)と DVD発売イベントをやるのかな~」などとゲスい勘繰りをしてしまう。 舞台挨拶を1日に都内で何箇所もまわったりするのだが、 その舞台挨拶を全部見るためには映画は1秒も見られないみたいなタイムテーブルになっていたりするので、映画の本編を一切見ずに全てのイベントを完走するオタクもいる。 なので、インターネットの皆さんに告げたいのは、オタクが「舞台挨拶楽しかった~!」と言っていても、信じられないことに 映画を見ていない場合も多々あるので、むやみに批判してはならない、ということだ。 (単純に推しが目の前にいる事象が楽しいだけなので、映画本編のクソさはあまり関係ない) しかも今回の事案に関しては、無邪気に「映画楽しかった~」と喜んでいるオタクに対して「なぜ声を上げないのか」「なにも思わないのか」等の批判がされている。 しかし、これはかなり個人的な意見なので、そんなことない!と怒られたら、そうですかとしか返せないのだが、このような謎映画の関係者は高確率で をしている。 そして批判的なことを書いたオタクのアカウントに、 なぜだか神風特攻のごとく直リプ・引用RTで言い返してくるのである。 実例も挙げることができるが、「バイバイ、ヴァンプ!」と並列にして語るのはさすがに……という感じなのでここでは書かない。 愚痴垢と呼ばれるオタクの鬱憤を晴らすアカウントが検索避けのために伏せ字を使っているのには、このようなアレな関係者の凸から身を守る・例え不満を書いているのが見つかってもリアルのオタク活動にまでは支障が出ないようにする、という意味合いもある。 (最近ではあまりにも愚痴垢の存在が広まりすぎたため、意味がなくなりつつあるが) そして、私が「バイバイ、ヴァンプ!」の騒動を見て「あるあるこういう謎映画……」という気持ちになってしまったもう一つの要因、それは 偉い人として ヤバめな大人が絡んでいるからだ。 ゴッドプロデューサーKAZUKIを語る — 雄 WORLDJAPAN 改名してGODという名前になったらしいが、プロデューサー欄に名を連ねているこの「ゴッドプロデューサーKAZUKI」なる人物、に一度も会ったことがないのにの暴露本を書くというを成し遂げたかなりヤバめな中年男性である。 あれ?体壊して入院していたはずの大勝ミサさんが製作総指揮? うちに90万未払い続けて逃げ回ってるのに次回映画? 前作の製作委員会にいた会社もいるねー。 新作作るお金あるんなら、未払い払ってよー。 — 田巻源太 tamagen もうひとりのプロデューサー・大勝ミサも、よくわからないが未払いを訴えられている。 推しがこの映画に出演すると判明した時点で「もう撮ったものはしょうがないのでイベントからは逃げろ」という を事務所に送りつけてもよいレベル。 まあ正直、過去に見た謎映画の関係者の中で ゴッドプロデューサーを超えるヤバい大人は、流石にいなかった。 言い換えれば、 ゴッドプロデューサーを引き当ててしまった「バイバイ、ヴァンプ!」出演キャストのオタクは相当に不運であるともいえる。 しかし、 ゴッドプロデューサーまではいかないものの、不穏な言動をする映画監督のおじさんやプロデューサーのおじさんなどを私は数々の謎映画のイベントで観測してきた。 普通に暮らしていれば一切関わることはないが、業界には不明な権力とコネを持っている(らしい?)おじさんが作品に関する決定権を握っている世界、それが小規模謎映画なのである。 長々と書いたが、そういうわけで私のCDB氏のブログに対するアンサーは、「ただのイケメンオタクとしては、普段から謎の映画を見たくて見ているわけでもないので、通常上映になんか行かないし、その行かないという行動に深い意味はない」となる。 いかがでしょうか? もちろん私もオタクをしていて出会った映画作品の中にも、生涯大切に見たいと思えるくらい大好きなものがあるので、一概には言えないが……。 plus14.

次の

「バイバイ、ヴァンプ!」に限った話ではない若手俳優系小規模謎映画の思い出

バイバイ ヴァンプ

署名キャンペーンの発起人は静岡県在住の高校2年生、今田恭太さん。 男性でも女性でもないXジェンダーという性を自認していて、恋愛対象は男性と女性。 映画のことは公開される前にSNSで知った。 「自分自身も差別とか、アイデンティティーの形成で悩んだことがあって、傷ついたこともありました。 その経験から思っていることは、人の無意識下における嫌悪や差別の根底には同性愛に対する間違った認識があるということです」 「それは生活習慣からであったり、親からかもしれないし、メディアからかもしれない」 「当事者として、そして一人の人間としても、間違った認識を生み出すかもれない映画が上映されることが怖くなり、私のように自分の性別のことで傷つく人が少しでも減って欲しいなと思って署名を立ち上げました」 今田さんは小学校のころ、「オカマ」「オネエ」と呼ばれたことがあった。 中学生の時には自身が男なのか女なのかと考えていた最中、「動物の生きる目的は子孫繁栄だ」と教わり、男性を好きになる自分は本当に生きていていいんだろうかと悩んだ。 身近にいた男の子が気になった時は、そのような感情を抱いたことが悲しくなり、混乱からパニックに陥る経験をしたという。 映画の差別的な表現を前に、自分の経験が重なった。 「映画で『ホモ』という、時に蔑視的な意図で発せられる言葉が使用されていました。 すごく人を傷つけかねない表現で、私自身すごく悲しくなりました」 「クラスの生徒がヴァンパイアに噛まれて、『あいつ俺のお尻狙っているかも』と同級生が言う場面がありました。 これは実際に起こっているフォビア(嫌悪)の映しです。 ゲイの当事者がカミングアウトをすると、『俺のこと好きなの?』とか『俺のお尻狙っているの?』と言われることがあります。 現状の悪い部分を映していると感じました」 「2020年というオリンピックイヤーで、LGBTQなど多様な性を認めようというムーブメントが起きています。 誰か一人でもこれを公開前におかしいと感じることができなかったのかと、憤りを感じました」 物語は、ヴァンパイアに噛まれることによって「同性愛に目覚める」という設定だが、その後の展開も間違った認識や潜在的な差別意識を助長しかねず、「根本的な問題を感じた」という。 「同性愛は快楽に溺れているだけで愛はないという表現であったり、(噛まれた生徒たちが)教室でキスをしたり服を脱ぐなど卑猥な表現を中心にした描写。 『同性愛には走るわけにはいかない』『(舞台の町が)同性愛の街になってしまう』『女好きから男好きになるの嫌じゃね?』という発言もありました」 「同性愛者を『望ましくない人たち』として表現していることに、根本的な問題があると考えています」 中止ではなく、配慮を 今田さんは署名キャンペーンを通して、現在上映中の『バイバイ、ヴァンプ』の公開停止と、製作委員会側から公開までの経緯の説明を求めている。 しかし、作品の存在や、出演者を否定するつもりはない。 問題は、物語の設定や、作品内で描かれる一部の表現にあるという。 「どんな映画でも、芸術的な価値というのはあると思います。 それは評価されるべきです。 けれど、ヴァンパイアに噛まれると同性愛者になってしまうという設定は必要だったのでしょうか?」 「例えば、再編集をして、人を傷つけるリスクが限りなく少ない形でこの映画をまた上映できるかもしれません」 署名キャンペーンの立ち上げから高校生であることを表明している今田さん。 自身の立場を発信することで、セクシュアリティやジェンダーといった、性の多様性の会話にも高校生の意見も含めてほしいと願っている。 「今という世界は、色々な年代が作っていると思います。 近年では若者を重要視するようにはなりましたが、まだ高校生の意見というのがあまり広く受け入れられていないように感じています」 「高校生も社会を知ろうとしていること、そして高校生にも当事者が存在しているということを知ってもらいたいと思っています」 「中高生はアイデンティティーが形成される時期です。 その性の多様性を保護するという意味で、高校生にも当事者がいる、そしてジェンダーに迷う当事者がいる可能があることを知ってもらいたいと思っています」 制作側「差別する作品ではない」 映画の製作側は批判に対し、公式ツイッターなどで「この映画には一部、同性愛の方々に対し不快な思いを抱かせる表現が含まれているかもしれませんが、同性愛を差別する作品ではありません」「愛とは自由であり、人それぞれの愛が尊重されるものであるというテーマのもと、製作されました」などと声明を。 製作・配給を担当したロハスプロダクションズの公式サイトは現在アクセス不可能となっている。 映画の植田尚監督が所属する制作プロダクションMMJの担当者はハフポストの取材に対し、「お答えできる立場にない」とした上で、「弊社社員・植田尚が監督した映画『バイバイ、ヴァンプ!』において一部の方に誤解や混乱を招いた事を心よりお詫び申し上げます」と回答した。

次の