オムツ 増税。 楽天半額スーパーセールで増税前に買うべきベビー(赤ちゃん)用品5選

消費税が10%に上がる前に介護対策を! 増税の影響のある介護サービスと自分でできる準備や対策 | マネーの達人

オムツ 増税

生理用品が軽減税率対象外なのはなぜ?理由は? 今年から実施される「軽減税率」に対する怒りの声が挙がっている理由は、 生理用品や赤ちゃんのオムツ、介護用オムツ、トイレットペーパーといった生活に欠かすことのできない 「 生活必需品 」が軒並み対象外となっていることでしょう。 特に生理用品については、女性から強い批判の意見が出ているわけです。 軽減税率に生理用品とオムツ入らないってさ、 子育ても介護も自分はやらないからオムツなんか他人事だし、女は毎月好きで血を垂れ流してると思ってるようなジジイしかこの国の上にいないのがいけないんだなってのがよく分かるね— 元鈴木さん Motosuzukisan では なぜ「生活必需品」である 生理用品や オムツが軽減税率の対象外なのか? 理由はわかりやすくいうととてもシンプルです。 日本では「飲食料品」と「新聞」しか軽減税率が認められない とはいえ理屈で生理用品やオムツが対象外であると説明されても「納得がいかない…」と思う方もいることでしょう。 それはなぜかというと 「 新聞」が軽減税率の対象となっているのに、生理用品などはなぜ対象外なの!?という気持ちになるからですね。 なぜ「新聞」が軽減税率の対象になっているかというと、日本の軽減税率の導入にあたっては、世界ですでに実施されている「軽減税率」のシステムが参考にされているからです。 海外では新聞への軽減税率適用が一般的であることから、日本でも同様に新聞が軽減税率の対象となったわけです。 実際にヨーロッパでは20%前後の消費税が一般的ですが、新聞には軽減税率10%が適用されていたり、ベルギーやデンマーク、イギリス、ノルウェーは 非課税の0%になっています。 さらに新聞だけでなく書籍や雑誌も「軽減税率」の対象となっている国が多く、 「活字文化は単なる消費材ではなく『思索のための食料』という考え方」に基づいているようです。 もっともこれは欧米の文化を尊重する社会や議論の結果ですから、日本でそういった議論なしに「海外でも新聞は軽減税率の対象だから」という理由で唐突に実施されてしまうあたりが批判の対象となって当然でしょう。 海外では生理用品は軽減税率対象の国が増えている ちなみに海外では 生理用品を軽減税率の対象とする国が近年増えています。 ヨーロッパでは2007年以降、生理用品にかかる消費税を最低額に修正することが議決され、多くのEU諸国で適用されています。 例えばフランスでは生理用品の税率の引き下げを求めるデモが実施され、 従来の20%から5. 5%に引き下げられた経緯があります。 イギリスやアイルランド、スペイン、オランダでも同様に、 インターネット上などで生理用品の税率の引き下げを求める署名が集められ、その結果減税された経緯があります。 スコットランドでは生理用品の減税がなされるまでの間、学校や大学などで女子学生に 無料で生理用ナプキンやタンポンが提供されていたという事例があるほど。 やはり海外では女性の権利や生理用品と課税の関係について意識が進んでいますね。 多くはデモや署名を通じて女性たちが声を上げた結果であり、フランスでは生理用品の税率が20%から5. 5%に引き下げられた事例があります。

次の

ロシア「子供産んだら1000万やるぞ」 日本「オムツに増税!w 若者に増税!w」

オムツ 増税

軽減税率対象商品はまとめ買いしなくてOK 消費税は生活に必要な商品・サービスにもかかってくるもの。 所得が多い人も少ない人も一律にかかる税金であるため、消費税が上がると特に低所得者にはダイレクトに影響があります。 軽減税率対象となるのは以下の通りです。 定期購読している新聞• 食料品・飲料品 お酒や外食を除く 食料品でも外食は贅沢品として考えられるためか、10%の税率になります。 中でも、イートインも持ち帰りもできる食料品については要注意。 少し難しいのですが、お惣菜やパンを店内のイートインコーナーで飲食する場合は「外食」となり消費税10%、通常どおり自宅に持ち帰る場合は「飲食物」となり、消費税8%となることを押さえておきましょう。 このように、今回の増税タイミングでは同じ商品でも食べる場所により税率が異なるものもあります。 同様にファーストフードも持ち帰りなら8%、店内で食べるなら10%となる予定です。 増税前に買うべきものリスト スーパーで買う食材や飲料品の消費税が8%の据え置きなら、増税前には何を買っておけばいいのでしょうか? 特に買っておくべきものを紹介します。 100円ショップなどでのリピート買いグッズ 不要なものまで買う必要はありませんが、我が家はよくマフィンを作るので100円ショップの紙カップを常時ストックしています。 その他、ガスグリル用のアルミ敷物や台所で使用するスポンジ、お弁当のおかずカップ、お祝いや香典袋など、各家庭でリピート買いしているものがあるのではないでしょうか。 使用期限のないグッズは少し買い置きしておきましょう。 乗車券・定期券 乗車券・定期券は9月30日までに買えば、期限が10月以降まででも消費税増税前の金額で購入できます。 10月以降に予定している旅行の乗車券や、今後も使うであろう定期券は、9月末までの購入がおすすめです。 ブランド品 自分へのご褒美やプレゼントでブランド品の購入を検討しているのなら、増税前に買いましょう。 高級ブランドはセールをほとんどしないので、2%の差は大きくなります。 必要な日用品 必ず使用する日用品は、今のうちに購入してストックしておくのがおすすめです。 購入検討品については以下を参考ください。 コンタクトレンズやレンズ洗浄液 必ず使ううえ価格も高めなので、まとめ買いしておいても良いでしょう。 子ども用紙オムツ まとめ買いをするなら、子どもの成長に合わせたサイズを選ぶようにしましょう。 マスク 消費税増税後すぐに冬はやってきます。 インフルエンザ予防のために、マスクも買い置きするとよいでしょう。 電池・懐中電灯 いざという時に在庫がないと困るものです。 腐るものではないので多めにストックしておきましょう。 単3、単4は以外と使いみちが多いので買っておくことが多いのですが、懐中電灯を使用する際に必要な、単1も忘れずに。 懐中電灯は防災を兼ねてお部屋に一つずつ用意しておきましょう。 常備薬 薬は単価が高いので常備しておきたい品の一つ。 在庫が少なくなっていたら増税前に買っておきましょう。 胃薬や風邪薬、下痢止め、酔い止め、熱冷ましシート、目薬、普段から飲んでるサプリなどが例です。 防虫剤 増税後すぐに衣替えシーズンになり必要になります。 単価も高いので早めに購入しておきましょう。 夏の蚊よけ防虫剤も単価が高いので来シーズン用に買っておいてもよいでしょう。 「いつか買おう」と思っているもの いざという時に必要なアイテムや、あったら便利だなと思うもののまだ買えていないものは、この機会に検討しましょう。 防災用品 防災用品は災害の多い我が国でぜひ準備しておきたいアイテムです。 揃えていなければこの機会に検討しましょう。 カセットコンロ、コンロ用ガスボンベ、ガスボンベストーブ カセットコンロ用のボンベで、ストーブになるもの は冬に災害があったときの必需品です。 その他、防寒シートや缶詰類、カイロなどもご検討ください。 DIYグッズ あったらいいなと迷っているDIYグッズがあれば検討しましょう。 我が家で意外と重宝しているのが電動ドライバーです。 これがあれば、3段ボックスなどもあっという間に完成。 その他、とんかちやニッパー、のこぎりなどもおすすめ。 アウトドアグッズ 単価が高いアウトドアグッズも、増税前に揃えておきたいものです。 電化製品 扇風機や電子レンジ、トースター、ポット、ホットプレート、ドライヤーなど定番の電化製品で買い替えが必要なものがあれば、増税前に購入しておくとよいでしょう。 定番のものはセールや価格変動が少ないからです。 いっぽう大型の白物家電は発売日により大幅に価格変動があるので、本当に必要なら購入しておく程度でOKです。 ただし増税による2%の差はわずかです。 電気店のポイント還元や「価格. com」などの比較サイトを活用すればカバーできる差でもあります。 慌てて購入するのは避けましょう。 自費のインプラント・歯科矯正 健康保険対象外の歯科治療を検討しているのであれば、増税前が良いでしょう。 割引されることは少なく、単価が高いので増税2%の影響は大きいです。 美容室・エステ カット代も家族全員分となると増税の影響は大きくなります。 増税前の「最後のあがき」になりますが、今からカットのサイクルを調整して、ぎりぎり9月末頃美容室に行きましょう。 化粧品 高級な化粧品ブランドではほぼセールをしません。 愛用している化粧品があれば、増税前に買っておきたいものです。 ただし、増税のタイミングでその化粧品自体が必要かも再検討を。 お手頃なブランドに変えるなど商品自体を見直すことで、美容費を節約することができます。 リッチな外食 結婚記念日や誕生日など少しリッチな外食をする予定があれば、スケジュールを前倒しして増税前にいくのもアリでしょう。 あまりにも時期が離れてしまうのであれば、せっかくのお祝い気分も台無しになるので、2%の差にこだわりすぎないでくださいね。 お酒類 お酒が好きなご家庭なら、消費税が10%となるお酒類の代金負担が大きくなりますね。 我が家も玄関収納にビールとワインを常備しているお酒好き家庭。 ある程度購入して増税に臨みたいと思います。 ここまで増税前に買うべきものを紹介しましたが、どれも「小さな抵抗」にすぎません。 また、増税後9カ月間はキャッシュレス決済で買い物した場合、ポイント還元になるという施策もあります 参照:。 あわてて必要のないものを買うのではなく、必要なものを必要なだけ購入し、無駄使いをしなければ増税2%もカバーできるはずです。 決まった税制を嘆いていても何も変わりません。 自分でできることから探してみましょう。

次の

なぜ軽減税率対象外?生理用品やオムツなど…消費増税を考える

オムツ 増税

私の施設ではショートステイを運営していますが、一定の区域内であれば国の基準で決められた金額で統一されています。 しかし、 その区域を越えて送迎の依頼があった場合は、別途料金が必要になります。 実際はほとんどありませんが、この別途必要になった料金に対しては消費税が影響することになります。 ちなみに、私の施設でも検討中ですが、なるべく影響させたくない考えです。 訪問入浴の浴槽水 訪問入浴というサービスをご存知でしょうか? 寝たきりの利用者の自宅まで来るまで行き、その自宅内で簡易式の浴槽を運んでそこで入浴してもらうサービスです。 消費税がかかる部分は、浴槽内に入れる水(湯)なのです。 自宅の水道を利用して浴槽に水(湯)を貯めるため、その分が必要となるという訳です。 施設における「特別な食事」 特別養護老人ホームで提供される食事に関しては、消費税の影響はありません。 しかし、 利用者のなかには出前などを自費で頼む「特別な食事」というのが存在するのです。 私の施設ではお好み焼きの注文をする人がいます。 1個650円のものをいつも配達してもらっています。 これについても影響がでそうですね。 福祉用具貸与・購入 在宅介護をされている方々にとっては痛いですね。 これは、 介護保険の対象であっても「非課税となる介護保険にかかる資産の譲渡等」に該当しないからなのです。 各業者から出されているカタログやパンフレットで確認しましょう。 住宅改修 介護リフォームのことですね。 工事を依頼する業者に一旦全額支払って、後日9割(8・7割)が戻ってくる償還払いによって工事が行なわれます。 一旦金額を支払う段階で、業者は消費税込みの見積もりを出してきますので、その分は影響があるといえるでしょう。 オムツや尿取りパット 在宅介護をされている人にとって、最も良く利用する消耗品が使い捨てのオムツや尿取りパットではないでしょうか? ドラッグストアなのでチラシを見て、安売りをしているタイミングで購入する人もいるでしょう。 余談ですが私の勤める特別養護老人ホームでは、5から8%に上がるとき、増税前に施設内にストックできる限りのオムツを購入したのを覚えています。 増税前にできる介護準備 これで増税前にできること、できないことがご理解頂けたと思います。 さらに細かく言えば、お尻拭き(ウエットティシュ)や入れ歯洗浄剤、トイレットペーパー等も影響があります。 可能な範囲で準備をすすめるといいでしょう!(執筆者:陽田 裕也).

次の