エイペック ス サーバー 変更。 サーバーの認証モードの変更

エックスサーバーでSSL化するのは超簡単! 無料で設定できるよ!

エイペック ス サーバー 変更

Outlook2016でアカウント設定が変更できない場合の対処方法です。 サーバー移行に伴い、メールの設定変更をしようとしたところ、Outlookのアカウント設定画面が仕様変更されていて驚いた。 めっちゃわかりにくいし、ナニコレ的な感じで変更できるまでに多くの時間を使いました。 調べたところ、どうもMicrosoft Outlook 2016 バージョン1806以降から仕様変更された模様。 うーん、別に変更しなくていいのにー、なぜだー。 せっかくなのでOutlookでアカウント設定を変更する方法を整理しておきました。 備忘録的に書いておきますので、Outlookのアカウント設定変更に困っている方は読んでみてください。 ここでは Outlook2016でアカウント設定を変更する方法 を紹介します。 Sponsored Links Outlook2016は修復からアカウント設定を変更できる 実は「アカウントの設定」-「変更」ではなく「修復」から設定変更ができます。 なんか納得できないけどね、修復って。 「詳細オプション」をクリックして「自分で自分のアカウントを手動で修復」にチェックを入れ、「修復」ボタンを押下します。 受信メール側の詳細設定が画面が表示されます。 「送信メール」をクリックすれば、送信メール側の詳細設定が画面が表示されます。 「次へ」ボタンを押せば修復は完了します。 テストメールが受信できていることを確認しましょう。 コントロールパネルからもアカウント設定を変更できる コントロールパネルからも設定を変更できます。 Windows10の場合、左下のWindowsボタン横のCortanaに「con」と入力すると、一番上に「コントロールパネルの表示がされますのでクリックします。 右上の「ユーザーアカウント」をクリックします。 右下の「Mail Microsoft Outlook 2016 32ビット 」をクリックします。 右上の「電子メールアカウント」をクリックします。 アカウント設定画面が開くので、ここでは「変更」をクリックします。 Sponsored Links.

次の

エックスサーバーでSSL化するのは超簡単! 無料で設定できるよ!

エイペック ス サーバー 変更

Windows Live メールは複数の電子メールアカウントを管理できます。 電子メールアカウントを追加する方法、設定を変更する方法、削除する方法はそれぞれの項目をご覧ください。 電子メールアカウントを追加したり、設定を変更したりするときに、メールアドレスやパスワード、サーバーなどの情報が必要です。 メールアドレスやパスワード、サーバーなどの情報が記載された資料を、お手元にご用意ください。 メールアドレスやパスワード、サーバーなどの情報がご不明な場合は、メールアドレスの提供元にお問い合わせください。 なお、プロバイダーが niftyのときは、次のホームページでメールの設定情報が確認できます。 nifty. htm 次の場合に応じた項目を確認してください。 インターネットに接続していると、メールアドレスとメールパスワード、表示名を入力するだけで、電子メールアカウントを追加できる場合があります。 次の操作手順を行う前に、インターネットに接続されていることを確認してください。 Windows Live メール 2011には、「Windows Live メール」ボタン(青色のボタン)が表示されます。 「Windows Live メール」ボタンが表示されない場合は、Windows Live メール 2009です。 Windows Live メール 2011の場合 次の手順で、電子メールアカウントを追加します。 Windows Live メールを起動します。 「アカウント」タブの「電子メール」ボタンをクリックします。 「自分の電子メールアカウントを追加する」が表示されます。 「電子メールアドレス」欄に、メールアドレスを入力します。 「パスワード」欄に、メールパスワードを入力します。 「表示名」欄に、名前を入力します。 「表示名」欄に入力した名前は、メールを送信した相手に、差出人の名前として表示されます。 「次へ」ボタンをクリックします。 表示される画面によって、操作手順が異なります。 「電子メールアカウントが追加されました」と表示される場合 「完了」ボタンをクリックします。 以上で、電子メールアカウントの追加は完了です。 「サーバー設定を構成」と表示される場合 次の手順に進みます。 「受信サーバー情報」欄の「サーバーのアドレス」に、受信サーバー(POP)のアドレスを入力します。 「送信サーバー情報」欄の「サーバーのアドレス」に、送信サーバー(SMTP)のアドレスを入力します。 「ログオンユーザー名」欄に、メールアカウントが表示されていることを確認します。 「次へ」ボタンをクリックします。 「電子メールアカウントが追加されました」と表示されます。 「完了」ボタンをクリックします。 Windows Live メール 2009の場合 次の手順で、電子メールアカウントを追加します。 Windows Live メールを起動します。 キーボードの【Alt】キーを押します。 メニューバーが表示されます。 「アカウント」が表示されます。 「追加」ボタンをクリックします。 「アカウントの追加」が表示されます。 「電子メールアカウント」をクリックします。 「次へ」ボタンをクリックします。 「電子メールアカウントを追加する」が表示されます。 「電子メールアドレス」欄に、メールアドレスを入力します。 「パスワード」欄に、メールパスワードを入力します。 「表示名」欄に、名前を入力します。 「表示名」欄に入力した名前は、メールを送信した相手に、差出人の名前として表示されます。 「次へ」ボタンをクリックします。 表示される画面によって、操作手順が異なります。 「アカウントのセットアップに必要な情報の入力が完了しました。 」と表示される場合 「完了」ボタンをクリックし、に進みます。 今回、作成したアカウントを既定のアカウントにする場合は、「このアカウントを既定のメールアカウントに設定する」をクリックし、チェックを付けます。 「電子メールサーバーの情報について」と表示される場合 次の手順に進みます。 「受信サーバー」欄に、受信サーバー(POP)のアドレスを入力します。 「ログインID」欄に、メールアカウントが表示されていることを確認します。 「送信サーバー」欄に、送信サーバー(SMTP)のアドレスを入力します。 「次へ」ボタンをクリックします。 「完了」ボタンをクリックします。 今回、作成したアカウントを既定のアカウントにする場合は、「このアカウントを既定のメールアカウントに設定する」をクリックし、チェックを付けます。 設定を変更する場合 次の手順で、電子メールアカウントの設定を変更します。 お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。 Windows Live メールを起動します。 フォルダーウィンドウに表示されている電子メールアカウントを右クリックし、表示されるメニューから「プロパティ」をクリックします。 電子メールアカウントのプロパティが表示されます。 「全般」タブをクリックします。 必要に応じて、設定を変更します。 ここでは、次のことが設定できます。 メールアカウント フォルダーウィンドウに表示される電子メールアカウント名です。 名前 メールを送信した相手に、差出人として表示される名前です。 電子メールアドレス お使いのメールアドレスです。 返信アドレス 送信したメールメッセージに、相手が返信するときに、宛先として使用されるメールアドレスです。 送信したときのメールアドレスとは別のメールアドレスで、返信を受け取りたい場合に、メールアドレスを入力します。 メールの受信時および同期時にこのアカウントを含める このアカウントで、メールを受信したくない場合は、チェックを外します。 「会社」欄は、特に入力する必要はありません。 「サーバー」タブをクリックします。 必要に応じて、設定を変更します。 ここでは、次のことが設定できます。 受信メール(POP) 受信メール(POP)サーバーのアドレスです。 送信メール(SMTP) 送信メール(SMTP)サーバーのアドレスです。 ユーザー名 メールアカウントです。 パスワード メールパスワードです。 パスワードを保存する メールパスワードを入力してからメールを送受信したい場合は、チェックを外します。 「詳細設定」タブをクリックします。 必要に応じて、設定を変更します。 ここでは、次のことが設定できます。 送信メール(SMTP) 送信メールサーバーのポート番号です。 受信メール(POP) 受信メールサーバーのポート番号です。 サーバーのタイムアウト メールサーバーからの応答の待ち時間です。 次のサイズよりメッセージが大きい場合は分割する メールメッセージのサイズが大きすぎて、メールを送信できない場合は、チェックを付け、入力欄に値を入力します。 入力した値以上のメールメッセージを送信すると、そのメールメッセージは分割して送信されます。 サーバーにメッセージのコピーを置く メールメッセージを受信後も、メールサーバーにメールメッセージのコピーを残したい場合は、チェックを付けます。 必要に応じて、メールサーバーに保存する期間などを設定します。 設定が終わったら、「OK」ボタンをクリックします。 削除する場合 次の手順で、電子メールアカウントを削除します。 電子メールアカウントを削除すると、今まで受信したメールメッセージも削除されます。 いったん削除したメールメッセージは復元できません。 必要なメールメッセージは事前にバックアップしてください。 (新しいウィンドウで表示) お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。 Windows Live メールを起動します。 フォルダーウィンドウに表示されている電子メールアカウントを右クリックし、表示されるメニューから「アカウントの削除」をクリックします。 「アカウント'(アカウント名)'を削除しますか?」と表示されます。 「はい」ボタンをクリックします。

次の

フレシャスのよくある質問まとめ!損する前に押さえたい6つのポイント

エイペック ス サーバー 変更

Outlook2016でアカウント設定が変更できない場合の対処方法です。 サーバー移行に伴い、メールの設定変更をしようとしたところ、Outlookのアカウント設定画面が仕様変更されていて驚いた。 めっちゃわかりにくいし、ナニコレ的な感じで変更できるまでに多くの時間を使いました。 調べたところ、どうもMicrosoft Outlook 2016 バージョン1806以降から仕様変更された模様。 うーん、別に変更しなくていいのにー、なぜだー。 せっかくなのでOutlookでアカウント設定を変更する方法を整理しておきました。 備忘録的に書いておきますので、Outlookのアカウント設定変更に困っている方は読んでみてください。 ここでは Outlook2016でアカウント設定を変更する方法 を紹介します。 Sponsored Links Outlook2016は修復からアカウント設定を変更できる 実は「アカウントの設定」-「変更」ではなく「修復」から設定変更ができます。 なんか納得できないけどね、修復って。 「詳細オプション」をクリックして「自分で自分のアカウントを手動で修復」にチェックを入れ、「修復」ボタンを押下します。 受信メール側の詳細設定が画面が表示されます。 「送信メール」をクリックすれば、送信メール側の詳細設定が画面が表示されます。 「次へ」ボタンを押せば修復は完了します。 テストメールが受信できていることを確認しましょう。 コントロールパネルからもアカウント設定を変更できる コントロールパネルからも設定を変更できます。 Windows10の場合、左下のWindowsボタン横のCortanaに「con」と入力すると、一番上に「コントロールパネルの表示がされますのでクリックします。 右上の「ユーザーアカウント」をクリックします。 右下の「Mail Microsoft Outlook 2016 32ビット 」をクリックします。 右上の「電子メールアカウント」をクリックします。 アカウント設定画面が開くので、ここでは「変更」をクリックします。 Sponsored Links.

次の