ノラ ニンジン。 ノラニンジンの不思議

ノラニンジン

ノラ ニンジン

セリ科植物 ノラニンジン ノラニンジン Daucus carota L. 生態: 草地、果樹園、道端などに生育する越年生または一年生草本。 西アジア〜南ヨーロッパ原産の帰化植物。 2016. 17 富良野市 高さ:30〜80cm 茎:茎は有毛で多くの縦筋がある。 葉:葉は2〜3回深く羽状に裂け、上方の葉ほど裂片の幅が狭くなる。 花序:複散形花序で、周辺部の花の花弁は大きさが不揃い。 苞:苞および小苞は糸状に細裂する。 花後に直立して花序を包む。 花:花弁は白色。 花期は春から夏。 果:果実は卵状長楕円形で木質の棘毛がある。 分布:西アジア〜南ヨーロッパ原産。 ノラニンジン分布図 分布図の内容については、新しい資料の収集等により修正することがあります。 葉身 葉柄の基部の様子 羽片の表側 羽片の裏側 複散形花序 小散形花序 複散形花序の裏側 小散形花序の裏側 未熟な花序 根茎の様子 2016. 17 富良野市 参考文献 清水建美(2003)日本の帰化植物.平凡社. 清水矩宏ほか(2001)日本帰化植物写真図鑑.全国農村教育協会. 滝田謙譲 2001 北海道植物図譜. 松下和江 2008 根室地方セリハンドブック.ニムオロ自然研究会.

次の

ノラニンジン(野良人参)【かぎけんWEB】

ノラ ニンジン

ノンジン(野良人参)はセリ科ニンジン属、ヨーロッパ原産で、北カでもポピュラーな植物である。 日本でもとしてあちこちで密生している。 ニンジンほど根は大きくならない。 英語名は Wild carrot。 元々はニンジンの原種なのかも知れないという説と、原種が畑を飛び越えて野生化したのではないかという説と、正反対の二説がある。 実際、ノンジンの花はニンジンの花によく似ている。 コザクラノボタン(小牡丹)は、ノボタン科セントラデニア属の常緑亜低木。 少し淡いピンクの小さな花がたくさん咲く。 開花時期は7月中旬だが、今年は既に咲き出した。 コザクラノボタンはメキシコ原産で、「ケントラデニア・ピンクパール」と呼ばれる。 二つの植物を並べる確たる理由などなく、互いにお近所さんのように花をつけていたからに過ぎない。 野良人参、小牡丹、それに私の一期一会の出会いといったところか。 ノンジン コザクラノボタン huukyou.

次の

セリ科植物 ノラニンジン

ノラ ニンジン

ノンジン(野良人参)はセリ科ニンジン属、ヨーロッパ原産で、北カでもポピュラーな植物である。 日本でもとしてあちこちで密生している。 ニンジンほど根は大きくならない。 英語名は Wild carrot。 元々はニンジンの原種なのかも知れないという説と、原種が畑を飛び越えて野生化したのではないかという説と、正反対の二説がある。 実際、ノンジンの花はニンジンの花によく似ている。 コザクラノボタン(小牡丹)は、ノボタン科セントラデニア属の常緑亜低木。 少し淡いピンクの小さな花がたくさん咲く。 開花時期は7月中旬だが、今年は既に咲き出した。 コザクラノボタンはメキシコ原産で、「ケントラデニア・ピンクパール」と呼ばれる。 二つの植物を並べる確たる理由などなく、互いにお近所さんのように花をつけていたからに過ぎない。 野良人参、小牡丹、それに私の一期一会の出会いといったところか。 ノンジン コザクラノボタン huukyou.

次の