ダイパ じめんタイプ。 じめん

【ポケモンGO】ヒードラン対策ポケモン!「じめん」タイプを揃えて色違いゲット!【伝説レイドバトル】|ポケらく

ダイパ じめんタイプ

こちらは未実装のポケモンの情報です。 登場時のCPやステータスと異なる場合があります。 0の値を掲載しています。 ポケモン 最大CP タイプ 評価点 387 1051 くさ 388 1757 くさ 389 2785 くさ じめん 390 803 ほのお 391 1395 ほのお かくとう 392 2429 ほのお かくとう 393 934 みず 394 1526 みず 395 2702 みず はがね 396 594 ノーマル ひこう 397 1153 ノーマル ひこう 398 2637 ノーマル ひこう 399 632 ノーマル 400 1659 ノーマル みず 401 328 むし 402 1501 むし 403 740 でんき 404 1305 でんき 405 2630 でんき 406 755 くさ どく 407 2743 くさ どく 408 1661 いわ 409 3133 いわ 410 724 いわ はがね 411 1381 いわ はがね 412 403 むし 413 1593 むし くさ 414 1629 むし ひこう 415 390 むし ひこう 416 1799 むし ひこう 417 1094 でんき 418 932 みず 419 2279 みず 420 817 くさ 421 1859 くさ 422 1053 みず 423 2233 みず じめん 424 2186 ノーマル 425 1134 ゴースト ひこう 426 2353 ゴースト ひこう 427 1120 ノーマル 428 1858 ノーマル 429 2430 ゴースト 430 2529 あく ひこう 431 811 ノーマル 432 1772 ノーマル 433 849 エスパー 434 1033 どく あく 435 2230 どく あく 436 527 はがね エスパー 437 1997 はがね エスパー 438 1196 いわ 439 855 エスパー フェアリー 440 395 ノーマル 441 1629 ノーマル ひこう 442 1777 ゴースト あく 443 974 ドラゴン じめん 444 1703 ドラゴン じめん 445 3769 ドラゴン じめん 446 1947 ノーマル 447 821 かくとう 448 2425 かくとう はがね 449 1283 じめん 450 3045 じめん 451 876 どく むし 452 2277 どく あく 453 810 どく かくとう 454 2277 どく かくとう 455 1951 くさ 456 840 みず 457 1648 みず 458 1140 みず ひこう 459 1039 くさ こおり 460 2213 くさ こおり 461 2775 あく こおり 462 2953 でんき はがね 463 2325 ノーマル 464 3813 じめん いわ 465 3065 くさ 466 2862 でんき 467 2937 ほのお 468 3126 フェアリー ひこう 469 2832 むし ひこう 470 2808 くさ 471 2825 こおり 472 2565 じめん ひこう 473 3242 こおり じめん 474 3028 ノーマル 475 2922 エスパー かくとう 476 1836 いわ はがね 477 2017 ゴースト 478 1831 こおり ゴースト 479 1741 でんき みず 480 2282 エスパー 481 2785 エスパー 482 2903 エスパー 483 4587 はがね ドラゴン 484 4494 みず ドラゴン 485 3470 ほのお はがね 486 4884 ノーマル 487 4255 ゴースト ドラゴン 488 2737 エスパー 489 1917 みず 490 3046 みず 491 3355 あく 492 3046 くさ ひこう 493 4532 ノーマル シンオウ地方の基本情報 ダイヤモンド・パールの舞台 シンオウ地方は2006年9月に発売された「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」の舞台です。 カントー・ジョウト・ホウエンに次ぐ4つ目の地方になります。 マップのモデルは北海道なので、自然豊かで様々な場所で雪が見られます。 新たに107種類のポケモンが登場! 第四世代のポケモンとして新たに107種類のポケモンが登場します。 第三世代までの386種類と合わせると、カントーからシンオウ地方の図鑑は493種類になります。 シンオウ地方注目のポケモン! ガブリアス シンオウ地方の通常入手で最強のポケモン。 ドラゴン・じめんの2つのタイプを持ちます。 原作では攻撃力とすばやさを兼ね備え、耐久力もあるため、登場した全てのシリーズでトップクラスの人気を誇ります。 ポケモンGOでも第四世代が追加された時に一番人気になるでしょう。 ドサイドン 初代から登場しているサイホーンの進化系です。 カントー地方でトップクラスのCPを持つサイドンがさらに強化されるので、じめん・いわタイプの頂点に君臨する可能性があります。 弱点は多いですが、有利に戦えるタイプも多いので相手を選べるアタッカー側で活躍が期待できます。 初代からアメを集めることができるため、追加後にはすぐに育成できる点もうれしいですね。 ポリゴンZ 激レアのポリゴンの最終進化系です。 アメを集めるのが大変ですが、第四世代までと準備期間はかなり長いので、地道に集めておけば登場時には進化が可能になるかと思います。 ポリゴン2の時点でCPがそこそこ高く、ポリゴンZへの進化で化ける可能性があります。 ノーマルタイプしか持たないので、弱点はかくとうタイプのみです。 そのため覚える技次第でバトルでの活躍が期待できます。 トゲキッス べビィポケモンであるトゲピーの最終進化系です。 トゲピー自体タマゴでしか入手できないので、アメ集めには運が絡みます。 こちらも準備期間は長いので、登場までにアメを確保しておきましょう。 第三世代• 伝説のポケモン• おすすめ攻略情報• レイドバトル攻略• ジムバトル攻略• ランキング• データベース• 各世代別ポケモン図鑑• タイプ別ポケモン一覧• タイプ別わざ一覧• 初心者向け攻略情報• 掲示板•

次の

【ポケモンGO】シンオウ地方(ダイヤモンド・パール)のポケモンの評価一覧

ダイパ じめんタイプ

じぶんの HPが すくないほど わざの いりょくは さがる。 ハイドロカノン 150 90 5 特殊 単体 みずの たいほうを あいてに はっしゃして こうげきする。 つぎの ターンは うごけなく なる。 ハイドロポンプ 120 80 5 特殊 単体 たいりょうの みずを はげしい いきおいで あいてに はっしゃして こうげきする。 だくりゅう 95 85 10 特殊 相手2体 にごった みずを あいてに はっしゃして こうげきする。 めいちゅうりつを さげることが ある。 なみのり 95 100 15 特殊 全体 おおきな なみで まわりに いるものを すべて こうげきする。 みずの うえも およいで すすめる。 アクアテール 90 90 10 物理 単体 はげしく あれくるう あらなみの ように おおきな しっぽを ふって こうげきする。 ハンマー 90 85 10 物理 単体 おおきな ハサミを あいてに たたきつけて こうげきする。 きゅうしょに あたる かくりつが たかい。 ダイビング 80 100 10 物理 単体 1ターンめで ふかく もぐり 2ターンめ うきあがって あいてを こうげきする。 たきのぼり 80 100 15 物理 単体 すごい いきおいで あいてに つっこみ こうげきする。 ながれおちる たきも およいで のぼれる。 ほう 65 85 10 特殊 単体 あいての かおなどに すみを ふきかけて こうげきする。 めいちゅうりつを さげることが ある。 しおみず 65 100 10 特殊 単体 あいてが HPの はんぶん くらい きずを おっていると わざの いりょくが 2ばいに なる。 バブルこうせん 65 100 20 特殊 単体 あわを いきおいよく あいてに はっしゃして こうげきする。 すばやさを さげる ことが ある。 みずのはどう 60 100 20 特殊 単体 みずの しんどうを あいてに あたえて こうげきする。 あいてを こんらん させることが ある。 アクアジェット 40 100 20 物理 単体 めにも とまらない ものすごい はやさで あいてに つっこむ。 かならず せんせい こうげき できる。 みずでっぽう 40 100 25 特殊 単体 みずを いきおいよく あいてに はっしゃして こうげきする。 からではさむ 35 75 10 物理 単体 とても がんじょうな ぶあつい からに 2-5ターンの あいだ あいてを はさんで こうげきする。 あわ 20 100 30 特殊 相手2体 むすうの あわを あいてに ふきかけて こうげきする。 あいての すばやさを さげることが ある。 うずしお 15 70 15 特殊 単体 はげしく うずをまく みずのなかに 2-5ターンの あいだ あいてを とじこめて こうげきする。 アクアリング 0 0 20 変化 自分 からだの まわりを みずで つくった ベールで おおう。 まいターン HPを かいふくする。 あまごい 0 0 5 変化 全体 5ターンの あいだ あめを ふらせて の わざの いりょくを あげる。 からにこもる 0 0 40 変化 自分 からに もぐりこんで みをまもり じぶんの ぼうぎょを あげる。 みずあそび 0 0 15 変化 全体 みずを かぶって びしょびしょに なる。 じぶんが いるあいだ の わざを よわめる。

次の

【ポケモン剣盾】じめんタイプのポケモン一覧【ポケモンソードシールド】

ダイパ じめんタイプ

概要 地中などに棲むポケモンがこのタイプに分類される。 ゲームでは洞窟や砂漠のマップで入手することが多い。 のが手に入るストーリー終盤から頼もしさを増すタイプである。 一方、野生やトレーナーが繰り出すじめんタイプはやので弱点を突きやすいこともあって楽に対処しやすい。 ではタイプに分類される。 タイプにを持つものが多い。 ポケモンとしてのじめんタイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ・・タイプの技は、効果が抜群となる。 ・タイプの技は、効果が今一つとなる。 タイプのは、効果無しとなる。 関係する• でんきタイプのは効果がない。 その他のでんきタイプの(・)は効果がある。 タイプに変化したでんじはは無効化できない。 関係する状態(・・)• のダメージを受けない。 関係する• とくせいがのポケモンがを持つとじめんタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとじめんタイプになる。 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• (ガラルのすがた) じめんタイプの歴史 多くは、が高く、、、が低い。 じめんタイプの技は5つものタイプの弱点を突くことができ、に並び全タイプのなかで最も多くのタイプの弱点を突ける。 じしんは・ともに安定し、最も多く使われている物理技だろう。 このじしんをで使えるのはじめんタイプのポケモンの大きなメリットである。 その一方でタイプに攻撃を無効化され、やのような対策手段も存在する。 タイプの技を多く覚えるため、じめん技が通じないひこうタイプをいわ技で対策するといった技構成になることが多い。 防御面では他のタイプで対応しにくいやに耐性があるのを強みとする。 特にでんきを無効にできるおかげででしたりで引っ込まれたりすることも起こらない。 弱点は・・の3つであり、上述のでんきタイプはやでじめんタイプを迎え撃ってくることが多い。 とを筆頭に優秀なポケモンが粒揃いで、対戦環境を牽引するタイプといっても過言ではない。 では撒きからアタッカーまでこなす。 ではひこうタイプか特性ふゆう持ちを相方にしてじしんを撃つのが定番の戦術。 近年は味方を巻き込まない地面技も充実してきている。 というのも、じめんは、抜群と、当時の環境では不遇寄りであったためである。 そんな中、ダグトリオは高いとそれに伴うの高さ、ほぼ確定急所の、最後の手段となるによって、例外的にじめんとして使用された。 じめんは主にへの対策として使われた面がある。 環境ではフォーマットの都合上、、がリペアとして使用された。 第二世代 数々の仕様変更によって、、、、に任せた速攻戦略が崩壊。 攻撃技ととをバランス良く覚えさせないと大会では勝てなくなった。 サンダースを始めとするも速攻型というよりサポーターとしての側面が強くなり、そこでじめんはでんじは無効のタイプとしての個性が出始めた。 前世代でのほぼ下位互換であったがの獲得との上昇によって一躍トップメタ入りを果たした。 そのガラガラはでを手に入れて手の付けられない存在となった。 、、ガラガラはの三巨頭とも呼ばれるようになった。 新規では、が活躍した。 ハガネールはガラガラのでさえも受け止められる物理耐久が長所で、ヌオーは1の耐久型としての個性があった。 いずれもでんきタイプがじめん対策として覚えている()を等倍で受けられるという点も見逃せなかった。 この世代ではとじめんの技があれば、、を除く全ポケモンに対して等倍以上を取ることができ、いわゆる「無差別破壊コンビネーション」に近い等倍範囲であった。 第三世代 が実装され、が対戦における一番の主力技となった。 じしんは味方を巻き込む全体攻撃だったので、当時の仕様により威力が分散されなかった。 じしんの存在によってダブルバトルにおけるに枠としての意義が生まれたとも言える。 新規では、がポケモンリーグ2005で活躍した。 ラグラージはに総合力で勝るアタッカーとして、ネンドールはを中心としたサポーターとして、それぞれ重宝された。 後の世代で見劣り、不遇の代表格として名前を知られるようになるも登場しているが、当時は一線級のポケモンであった。 既存組ではがを獲得し、がを獲得。 第四世代 じしんにダブルバトルの威力分散が適用されるようになり、ダブルバトルにおけるじめんは弱体化。 ところがシングルバトルではが登場し、このガブリアスが第六世代まで環境の最前線を突っ走ることになる。 これによって同複合タイプのフライゴンがガブリアスの劣化扱いされるようになった。 によるの始動役として現在では有名なも登場しているが、の導入によってが解禁されると需要が下火になった。 他の新規では、、が登場している。 第五世代 、の登場によって、天候奪取ができるの価値が上昇。 カバルドンはやなどとコンビを組み、環境の主流ポケモンとなった。 ドリュウズはBW期にはアタッカーとして使われたが、BW2にが解禁されるとを持たせたかたやぶりアタッカーとしての味が出始めた。 はBW期にはけしんフォルムが使われ、BW2で追加されたれいじゅうフォルムはダブルバトルにおいて対策必須の存在となった。 既存のポケモンではの仕様変更で強化された、を手に入れた、がの使い手としての立場を確立した。 、、はの仕様変更で強化された。 隠れ特性によって強化を受けた既存組としては、を与えられて対面性能が増した、を獲得して耐久型として大幅強化されたが該当する。 技としてのじめんは、に唯一耐性を持つ、環境に多いに抜群のタイプとして、依然として高い需要を誇った。 第六世代 新規のじめんが系統とのみという事態。 しかもによるが5ターンで終了するように弱体化し、砂パの人気が終息。 これだけ聞くと弱体化したように見えるが、この世代に追加されたが苦手とする、に抜群を取れるばかりか、環境で依然として多いにも有利なため、勢いは衰えなかった。 ガブリアスは・Yとの上を取れる素早さから前世代に輪をかけて人気が上昇、シングルバトルでは使用率1位を不動のものとした。 第七世代 新ポケモンは単タイプの系統と複合の系統の2系統4種類。 前者は、後者はを専用特性としており、共に特性で耐久力を上げるポケモンとして知られる。 リージョンフォームでは系統が複合でタイプを獲得している。 この世代はサイクル戦全盛の環境となっているため無効で相性補完に優れるじめんの立場が向上。 の普及によって増加したはがね、に強いという点でも需要が伸びた。 前世代までトップメタ街道をひた走っていたはフェアリーの増加、メガシンカの素早さ仕様変更やこだわりスカーフ持ちの増加による素早さの優位性の大幅低下から環境の主流じめん枠の座を、に明け渡す格好となった。 USUM期のではれいじゅうランドロス、カバルドンが非常に多く、れいじゅうランドロスを基準とした耐久調整、カバルドンを突破するアタッカーの用意は、安定して勝ちたいなら当たり前になった。 ではの使えるれいじゅうランドロスが相変わらず強豪の一角として君臨したほか、公式大会では、、ら種族値のそれほど高くないじめんタイプの入ったパーティも優勝を収めている。 弱点を突けばやをも倒せるが流行しており、2017ではワルビアルに、WCS2018ではトリトドンにジメンZを持たせたパーティが優勝を決めている。 第八世代 で自分と味方のを挙げる戦術を獲得。 はを獲得して大幅強化され、容易には崩されないエースとして・両方の環境に進出。 他はトリトドン、、、が環境に進出。 トリトドンはダブルバトルでも使われるが、その他はシングルバトルが主戦場。 カバルドンは起点作り型として、ガマゲロゲはアタッカーとして、ヌオーは耐久型として需要を得た。 また、単体攻撃のの化によりしか覚えられなかった物理アタッカーがで大きく採用を伸ばすこととなった。 わざとしてのじめんタイプ 地面を揺るがしたり、砂や泥を使ったりして攻撃する。 骨もモチーフの一つ。 はで、洞窟などから脱出でき、ストーリー攻略で役に立つが、であるため、対戦での使用率は低い。 このタイプを持つわざについてはを参照。 ・・・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 ・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 タイプを持つポケモンに対しては、効果無し。 関係する状態(・・)• ポケモンに対しては効果が無い。 当該記事を参照。 ・に関してはこの限りではない。 関係する• じめんわざの威力を上げるもちものとして、・・がある。 じめんわざの威力を下げるもちものとして、がある。 ひこうタイプの相手でも、を持ったポケモンに対しては技が当たる。 ひこうタイプやとくせいがの相手でも、を持ったポケモンに対しては技が当たる。 を持ったポケモンには技が当たらない。 関係する• とくせいがのポケモンに対しては、効果なし。 とくせい・・のポケモンが使用する場合はこの限りでない。 とくせいがのポケモンは、がとき、いわ・じめん・はがねわざの威力が1. 3倍になる。 過去の仕様• までは全てだった。 対戦におけるじめんわざ 5つものタイプの弱点を突ける優秀なタイプ。 その一つであるタイプはじめんが唯一の弱点である。 耐性の多いタイプも、じめん技には弱い。 しかし、タイプや特性、持ち物の効果で攻撃をすかされることもしばしば。 苦手な・・タイプのポケモンには、技や技が有効である。 特にいわ技はむし・ひこうの2つに効果抜群の相性で、じめんポケモンの多くが習得できるので、サブウェポンとして採用することが多い。 主なとして、、系統のだが、のなどがある。 わざマシンで覚えられるじしんは地面物理技で最も威力が高く命中も100で、どのタイプの物理アタッカーにも人気の技である。 特ににおいてはじしんの一貫性はいかにして消すかが重視され、転じて「じしんを打っておけば崩壊するパーティ」というのが完成度の低いパーティの喩えとして使われるほどである。 やでは、じしんは自分以外が対象であるうえ、威力が下がるため、1体を狙えるホネブーメランやのほうが使い勝手は良い。 は非常に少なく、有用なのはのみである。 しかしじめんポケモンは総じてが低いが、突ける弱点タイプのポケモンはが低いことが多い。 じめんポケモンでも特攻の高いや、他のタイプの特殊アタッカーならば使い手となりうる。 じめんタイプを好むポケモントレーナー• タイプ相性のイメージや、家電製品によくあるアース処置の関係で地面は電気を通さないもの、と言うイメージを持たれる事があるが、地面には水分や金属分など様々な不純物が含まれているため、電気そのものはよく通る。 ただ、地面と言うものがあまりにも巨大すぎるために、多少の電流量ならば流してもすぐに拡散してしまうと言うだけである。 と以外の全てのタイプとの組み合わせがある。

次の