江戸川らいぶ。 コーヒーと焼き菓子のお店 らぼラトリエ

ボートレース江戸川

江戸川らいぶ

舟足一変の前沢丈史が選抜戦を勝利! 「G3第29回アサヒビールカップ」は、微風の吹く絶好の水面コンディションにてシリーズの幕が開けた。 なお、昨日の初日から本場レース開催日の入場が再開され、多くのファンで賑わう、活気溢れるボートレース江戸川の日常光景が戻った。 その初日は、1号艇(7勝)+2号艇(3勝)で計「10勝」と内コースが主導権を握った。 静水面での戦いで「捲り」も利く条件ではあったものの、内枠勢がスタートで先手を奪うレースが多く、結果的に「内有利」の流れとなった。 なお、本日の2日目は、緩やかなホーム「向かい風」が終日吹く見込み。 それに対して、潮回りは逆目となる「上げ」基調の一日だが、水面に優しいスタンド側右斜め前方からの「北東風」が吹く予報で、本日も波が出る可能性は低そうだ。 さて、4名の「SGウィナー」が集結して注目された初日メインの「江戸川選抜戦」は、5コースから「全速ターン」で攻めた松田祐季が、旋回中期で振り込み気味になったことで、インの前沢丈史が先マイから押し切って勝利した。 なお、続く2Mも豪快に握り切った松田が、差した坪井康晴(4枠)を振り切って2着。 そして、坪井は2M小回りから浮上した市川哲也(6枠)に競り勝って3着に入線した。 さて、前検日の時点では「(足は)全体にイケてませんね…」と泣きが入っていた前沢だったが、「前回のV戦で感じが良かったチルト0.5度で行ったら、足も体感も凄く良くなった。 上位級あると思いますよ!」と前日とは別人とも思えるコメントで、その表情も実に晴れやかだった。 実際、インで伸びられることなく、握り気味に回った1周1Mもしっかりボートが返ってきた前沢。 よって、初日の舟足をキープできれば、本日の2走(5R2枠&10R5枠)も好勝負は確約だろう!そして、選抜2着の松田は、初戦(昨5R)を「2コース差し」で制して、初日を2連対スタート。 中でも、坪井は「もう少し伸びると思ったけど、回転不足でしたね…」と調整途上を口にしていたが、この先「伸び足」が上向きそうな雰囲気はある。 従って、本日の中外戦(3R3枠&9R5枠)の直前気配には、今一度注目しておきたい。 残る平尾崇典と市川哲也の両者だが、現時点では「伸び系統」が少し劣勢に映った。 なお、早々と本体の整備に着手した市川は、凌げる程度の「回り足」が付いた感じだが、「本体がちょっと弱そうやね…」と漏らした平尾にとって、今後は「調整力」の見せ所となりそうだ。 ちなみに、本日の平尾は、注目のカド&イン戦(7R4枠&12R1枠)の2回乗りだが、前半のカド戦は、お得意の「伸び仕様」で挑む可能性が高く、前記した坪井と同様、レース直前の「展示気配」を注視したいところだ。 また、選抜組以外では、伏兵の池田剛規が「連勝発進」を決めた他、山下流心(2着・2着)が2連対の滑り出し。 握ればいいけど、落とすと掛からない…」と色良いコメントではなかったが、レースを見ている限り、機のパワーは十分に感じられた。 さらに、初日の1回乗りで「1着」だった金子貴志(6R3枠&10R4枠)と三苫晃幸(3R1枠&12R4枠)の2者も、舟足の気配は上々。 「やっぱりエンジン本体が良さそうですね!」と笑顔を見せたのは金子で、相棒の「51号機」は当地の「看板機」らしく、展示航走の時点から力強さが漲っていた。 その他では、寺本重宣&岡部大輝の地元両者も、非力感のあった前検日からパワーアップに成功。 特に「伸びはまだ良くないけど、3パターン目の調整で出足が良くなった」と言う寺本(4R3枠&12R6枠)は、「F持ち」がハンデになるものの、しっかり捌ける状態になっている。 そして、本日注目しておきたい「伏兵」は、酒井陽祐&前田健太郎の2人。 まず、酒井は「出足はいい部類。 そろそろ江戸川の水面を克服したいですね!」と気合十分。 自身は「S力」が持ち味なだけに、本日のスロー枠2走(2R1枠&11R3枠)が予選の勝負処になってくる…。 一方の前田は「もう少し波が出た方がいいな」と言う荒波巧者だが、相棒の「56号機」は機歴通りで力を感じる。 加えて、典型的な「自力タイプ」なだけに、本日のカド&イン戦(1R4枠&6R1枠)は、メイチのS攻勢で「連勝」を狙ってくるはずだ!.

次の

ボートレース江戸川

江戸川らいぶ

舟足一変の前沢丈史が選抜戦を勝利! 「G3第29回アサヒビールカップ」は、微風の吹く絶好の水面コンディションにてシリーズの幕が開けた。 なお、昨日の初日から本場レース開催日の入場が再開され、多くのファンで賑わう、活気溢れるボートレース江戸川の日常光景が戻った。 その初日は、1号艇(7勝)+2号艇(3勝)で計「10勝」と内コースが主導権を握った。 静水面での戦いで「捲り」も利く条件ではあったものの、内枠勢がスタートで先手を奪うレースが多く、結果的に「内有利」の流れとなった。 なお、本日の2日目は、緩やかなホーム「向かい風」が終日吹く見込み。 それに対して、潮回りは逆目となる「上げ」基調の一日だが、水面に優しいスタンド側右斜め前方からの「北東風」が吹く予報で、本日も波が出る可能性は低そうだ。 さて、4名の「SGウィナー」が集結して注目された初日メインの「江戸川選抜戦」は、5コースから「全速ターン」で攻めた松田祐季が、旋回中期で振り込み気味になったことで、インの前沢丈史が先マイから押し切って勝利した。 なお、続く2Mも豪快に握り切った松田が、差した坪井康晴(4枠)を振り切って2着。 そして、坪井は2M小回りから浮上した市川哲也(6枠)に競り勝って3着に入線した。 さて、前検日の時点では「(足は)全体にイケてませんね…」と泣きが入っていた前沢だったが、「前回のV戦で感じが良かったチルト0.5度で行ったら、足も体感も凄く良くなった。 上位級あると思いますよ!」と前日とは別人とも思えるコメントで、その表情も実に晴れやかだった。 実際、インで伸びられることなく、握り気味に回った1周1Mもしっかりボートが返ってきた前沢。 よって、初日の舟足をキープできれば、本日の2走(5R2枠&10R5枠)も好勝負は確約だろう!そして、選抜2着の松田は、初戦(昨5R)を「2コース差し」で制して、初日を2連対スタート。 中でも、坪井は「もう少し伸びると思ったけど、回転不足でしたね…」と調整途上を口にしていたが、この先「伸び足」が上向きそうな雰囲気はある。 従って、本日の中外戦(3R3枠&9R5枠)の直前気配には、今一度注目しておきたい。 残る平尾崇典と市川哲也の両者だが、現時点では「伸び系統」が少し劣勢に映った。 なお、早々と本体の整備に着手した市川は、凌げる程度の「回り足」が付いた感じだが、「本体がちょっと弱そうやね…」と漏らした平尾にとって、今後は「調整力」の見せ所となりそうだ。 ちなみに、本日の平尾は、注目のカド&イン戦(7R4枠&12R1枠)の2回乗りだが、前半のカド戦は、お得意の「伸び仕様」で挑む可能性が高く、前記した坪井と同様、レース直前の「展示気配」を注視したいところだ。 また、選抜組以外では、伏兵の池田剛規が「連勝発進」を決めた他、山下流心(2着・2着)が2連対の滑り出し。 握ればいいけど、落とすと掛からない…」と色良いコメントではなかったが、レースを見ている限り、機のパワーは十分に感じられた。 さらに、初日の1回乗りで「1着」だった金子貴志(6R3枠&10R4枠)と三苫晃幸(3R1枠&12R4枠)の2者も、舟足の気配は上々。 「やっぱりエンジン本体が良さそうですね!」と笑顔を見せたのは金子で、相棒の「51号機」は当地の「看板機」らしく、展示航走の時点から力強さが漲っていた。 その他では、寺本重宣&岡部大輝の地元両者も、非力感のあった前検日からパワーアップに成功。 特に「伸びはまだ良くないけど、3パターン目の調整で出足が良くなった」と言う寺本(4R3枠&12R6枠)は、「F持ち」がハンデになるものの、しっかり捌ける状態になっている。 そして、本日注目しておきたい「伏兵」は、酒井陽祐&前田健太郎の2人。 まず、酒井は「出足はいい部類。 そろそろ江戸川の水面を克服したいですね!」と気合十分。 自身は「S力」が持ち味なだけに、本日のスロー枠2走(2R1枠&11R3枠)が予選の勝負処になってくる…。 一方の前田は「もう少し波が出た方がいいな」と言う荒波巧者だが、相棒の「56号機」は機歴通りで力を感じる。 加えて、典型的な「自力タイプ」なだけに、本日のカド&イン戦(1R4枠&6R1枠)は、メイチのS攻勢で「連勝」を狙ってくるはずだ!.

次の

ボートレース江戸川

江戸川らいぶ

舟足一変の前沢丈史が選抜戦を勝利! 「G3第29回アサヒビールカップ」は、微風の吹く絶好の水面コンディションにてシリーズの幕が開けた。 なお、昨日の初日から本場レース開催日の入場が再開され、多くのファンで賑わう、活気溢れるボートレース江戸川の日常光景が戻った。 その初日は、1号艇(7勝)+2号艇(3勝)で計「10勝」と内コースが主導権を握った。 静水面での戦いで「捲り」も利く条件ではあったものの、内枠勢がスタートで先手を奪うレースが多く、結果的に「内有利」の流れとなった。 なお、本日の2日目は、緩やかなホーム「向かい風」が終日吹く見込み。 それに対して、潮回りは逆目となる「上げ」基調の一日だが、水面に優しいスタンド側右斜め前方からの「北東風」が吹く予報で、本日も波が出る可能性は低そうだ。 さて、4名の「SGウィナー」が集結して注目された初日メインの「江戸川選抜戦」は、5コースから「全速ターン」で攻めた松田祐季が、旋回中期で振り込み気味になったことで、インの前沢丈史が先マイから押し切って勝利した。 なお、続く2Mも豪快に握り切った松田が、差した坪井康晴(4枠)を振り切って2着。 そして、坪井は2M小回りから浮上した市川哲也(6枠)に競り勝って3着に入線した。 さて、前検日の時点では「(足は)全体にイケてませんね…」と泣きが入っていた前沢だったが、「前回のV戦で感じが良かったチルト0.5度で行ったら、足も体感も凄く良くなった。 上位級あると思いますよ!」と前日とは別人とも思えるコメントで、その表情も実に晴れやかだった。 実際、インで伸びられることなく、握り気味に回った1周1Mもしっかりボートが返ってきた前沢。 よって、初日の舟足をキープできれば、本日の2走(5R2枠&10R5枠)も好勝負は確約だろう!そして、選抜2着の松田は、初戦(昨5R)を「2コース差し」で制して、初日を2連対スタート。 中でも、坪井は「もう少し伸びると思ったけど、回転不足でしたね…」と調整途上を口にしていたが、この先「伸び足」が上向きそうな雰囲気はある。 従って、本日の中外戦(3R3枠&9R5枠)の直前気配には、今一度注目しておきたい。 残る平尾崇典と市川哲也の両者だが、現時点では「伸び系統」が少し劣勢に映った。 なお、早々と本体の整備に着手した市川は、凌げる程度の「回り足」が付いた感じだが、「本体がちょっと弱そうやね…」と漏らした平尾にとって、今後は「調整力」の見せ所となりそうだ。 ちなみに、本日の平尾は、注目のカド&イン戦(7R4枠&12R1枠)の2回乗りだが、前半のカド戦は、お得意の「伸び仕様」で挑む可能性が高く、前記した坪井と同様、レース直前の「展示気配」を注視したいところだ。 また、選抜組以外では、伏兵の池田剛規が「連勝発進」を決めた他、山下流心(2着・2着)が2連対の滑り出し。 握ればいいけど、落とすと掛からない…」と色良いコメントではなかったが、レースを見ている限り、機のパワーは十分に感じられた。 さらに、初日の1回乗りで「1着」だった金子貴志(6R3枠&10R4枠)と三苫晃幸(3R1枠&12R4枠)の2者も、舟足の気配は上々。 「やっぱりエンジン本体が良さそうですね!」と笑顔を見せたのは金子で、相棒の「51号機」は当地の「看板機」らしく、展示航走の時点から力強さが漲っていた。 その他では、寺本重宣&岡部大輝の地元両者も、非力感のあった前検日からパワーアップに成功。 特に「伸びはまだ良くないけど、3パターン目の調整で出足が良くなった」と言う寺本(4R3枠&12R6枠)は、「F持ち」がハンデになるものの、しっかり捌ける状態になっている。 そして、本日注目しておきたい「伏兵」は、酒井陽祐&前田健太郎の2人。 まず、酒井は「出足はいい部類。 そろそろ江戸川の水面を克服したいですね!」と気合十分。 自身は「S力」が持ち味なだけに、本日のスロー枠2走(2R1枠&11R3枠)が予選の勝負処になってくる…。 一方の前田は「もう少し波が出た方がいいな」と言う荒波巧者だが、相棒の「56号機」は機歴通りで力を感じる。 加えて、典型的な「自力タイプ」なだけに、本日のカド&イン戦(1R4枠&6R1枠)は、メイチのS攻勢で「連勝」を狙ってくるはずだ!.

次の