ささみ 保存。 ささみの冷凍保存の方法・日持ち期間は?茹でた後でもOK?解凍のコツなども紹介!

【みんなが作ってる】 ささみ 保存のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ささみ 保存

武蔵裕子 料理研究家。 両親と息子2人、3世代の食卓を切り盛りしてきた経験から生まれた和食をベースとしたレシピは多くの支持を集めている。 雑誌、書籍、web、企業のメニュー開発などで活躍中。 『フライパンに材料を入れてから火にかけるだけ!レシピ』(学研)、『味つけ冷凍で作りおき』(PHP研究所)、『15分で一汁一菜 毎日のごはんはこれでいい!』(講談社)など著書も多数。 ささみの正しい冷凍保存&解凍方法 鶏肉・ささみの冷凍保存方法をご紹介。 丁寧に冷凍保存をすれば、食感も損ねにくいですよ! ささみの冷凍保存方法 冷凍するささみは、必ず新鮮なものを選んでください。 乾燥防止にラップでしっかり包んでから保存袋に入れるのがコツです。 今回はささみを生で冷凍保存する方法をご紹介しますが、蒸してからでもOK! 【ささみの冷凍保存方法】• ささみに筋があれば包丁で取り除く。 2本ずつラップの上に置く。 ささみ同士が重ならないように1枚のラップで1本ずつくるむ。 ラップにくるんだささみ8本を保存袋に入れ、空気を抜く。 冷凍保存した日付を記入する。 【保存期間】約3~4週間 ささみの解凍方法 ささみは、自然解凍か凍ったまま調理ができます。 半解凍までなら、電子レンジを使ってもOK。 また、一度解凍したささみを再冷凍するのは避けてください。 ささみの下味冷凍保存もおすすめ! 味付けをして冷凍すれば、解凍後の調理が断然早くなります! 「2種類の下味をつけておけば、飽きずに食べきることができますよ」(武蔵さん) 【ささみの下味冷凍保存方法】• ささみに筋があれば取り除き、3つにそぎ切りにする。 半分のささみは、酒、梅肉とともに保存袋に入れる。 もう半分はみりん、しょうゆとともに先とは別の保存袋へ。 それぞれ、空気をぬき、軽くもむ。 冷凍保存した日付を書くのもお忘れなく。 【保存期間】約3~4週間 こちらも自然解凍か凍ったまま調理ができます。 下味がついているので、焼くだけでおかずの完成! 冷凍ささみのレシピ&活用法 冷凍ささみをフル活用するアイデアを武蔵さんに考案してもらいました。 【冷凍ささみのレシピ】蒸しささみときゅうりのエスニックあえ 甘辛いエスニックテイストな味わいがクセになること間違いなし! 「お好みでパクチーを添えるのもおすすめです」(武蔵さん) 【作り方】• きゅうりはビニール袋に入れ、めん棒などでたたいて適度な大きさに割る。 Aは混ぜておく。 ささみはラップしたまま電子レンジで4分加熱し、そのまま冷まして、大きく裂く。 ボウルにささみときゅうりを入れ、 Aであえる。 たくさん余った時に!冷凍ささみの活用法 冷凍保存したささみの活用法をご紹介します。 使い道に困ったらぜひ試してみて。 お雑煮やうどんの具材に冷凍ささみを使う• 塩焼きそばに入れる• ささみをフライにし、お弁当のおかずにする ささみの冷凍保存方法はいかがでしたか? 買ってきたトレイのままではなく、正しい冷凍保存をすれば、美味しさをキープできますよ! 撮影/菅井淳子.

次の

ささみの冷蔵保存や冷凍保存で日持ちする期間は変わる?茹でた後も保存できるの?|それマジ!?

ささみ 保存

まずは冷凍ささみを使った棒々鶏の作り方です。 生の冷凍ささみを使う場合、解凍したささみを耐熱容器に乗せ、お酒をふりかけラップをふんわりかけたらレンジで加熱します。 目安はささみ3本で2〜3分です。 粗熱が取れたら手で裂きます。 酒蒸しを解凍して使う場合この工程は省略できます。 ごまドレッシングとマヨネーズを2:1の割合で合わせたところに、めんつゆとささみから出たゆで汁を加えて味を調節します。 この時冷凍していたささみの酒蒸しを使う場合は塩味がすでに付いているので、めんつゆの量は少なめにした方が美味しく仕上がります。 盛り付けるお皿にキュウリやレタスなどのお好きな野菜を盛り付け、上にささみをのせ、ドレッシングをかけたら出来上がりです。 火を使わずレンジのみで調理完了、使用する野菜の種類によっては包丁すら使わないというお手軽レシピです。 お次はささみとひじきを使ったレシピです。 まずひじきを戻します。 乾燥ひじきをたっぷりの水に20分ほどつけて、ざるにあげて細かいゴミを取り除きます。 たっぷりの湯で5分ほどゆでて、ざるにあげて流水で洗います。 これでひじきが食べられる状態になります。 この状態で小分けにして冷凍しておくと便利です。 今回はこの戻したひじきをひとつかみ使います。 ささみ2本分は先ほどのレシピと同様に酒を振ってレンジで加熱し、粗熱が取れたら手で裂きます。 今回はひじきなどを合わせるため、細かめに裂くと味が馴染みます。 酒蒸しを使用する場合はこの工程は省く事ができます。 冷凍枝豆(2分の1カップ)と3cmぐらいの細切りにした人参(2分の1本程度)をサッと湯がいて、ざるにあげてそのまま自然に冷まします。 梅干しの種を取り除き、包丁で細かく叩いておきます。

次の

【鶏ささみの保存】冷凍しても超しっとり!レンジを使ったテクニック

ささみ 保存

ささみの筋取りは冷凍する前にするべき? ささみの筋はそもそも、取ったほうが良いものなのかどうかというと、 食べても別に害はないので、無理に取る必要はありません。 しかし、あの独特な噛みごたえが嫌なので、 取るという人が大半だと思います。 また、筋がついたまま茹でたり調理すると、 筋が身よりもよく縮むので、ささみが変な形になってしまいます。 ほぐして使うなど、形にこだわらなければOKですが、 形を生かしてささみフライなどにする場合は、筋取りはした方が良いでしょう。 その筋取りですが、まとめ買いして冷凍しておきたい時、 冷凍する前にしておくべきか考えたことはありませんか? 【ささみは筋取りしてから冷凍した方が良い?】 結論から言うと、冷凍する前に筋取りしておいた方が、 後々すぐに使えて時短にもなるので便利です。 また、ささみは、一度ボイルしてからでも冷凍保存ができるので、 変な形にならないようにするためにも、 ぜひ、先に筋取りをしておいてください。 1.ささみの身が厚いほうの端に包丁を入れて、筋を出します。 2.筋をキッチンペーパーなどで持ち滑らないようにして 割っていない割り箸に挟みます。 3.筋を引っ張りながら、割り箸を前後に動かすことで、 筋がささみから取れていきます。 ポイントは、筋が滑りやすいので、 キッチンペーパーなどで滑らないように持つことと、 割り箸と筋を引っ張る力加減です。 簡単なので、試してみてくださいね。 【ささみの冷凍保存方法】 筋をとったら冷凍保存をします。 (表面の水分は、いわゆる鶏のドリップで、 痛む要因の一つなので、しっかり水分を取りましょう。 ) 2.ささみを一つずつラップで丁寧に包み、 フリーザーパックに重ならないように入れて冷凍します。 2.鍋に水を沸騰させて、少しの塩を入れてささみを入れます。 3.再沸騰したら、蓋をして冷めるまで置いておきます。 余熱で調理することで、ささみがしっとり仕上がります。 4.後は、水分をふき取り一個ずつラップをして フリーザーパックに重ならないように入れて冷凍します。 ゆで汁は捨てずに、おろし生姜などを加えてスープなどに出来ますので、 ぜひ活用してください。 冷凍したささみの解凍方法は? 冷凍したささみは、解凍してから調理するようにしましょう。 冷凍のまま調理すると、ぱさついた食感になることがあります。 【冷凍したささみの解凍方法】 冷凍したささみのベストな解凍方法は、 冷蔵庫に入れて半日以上かけての解凍です。 ドリップも出にくいので、パサパサになりにくく、 美味しく食べられます。 また、雑菌もわきにくくなります。 ちょっと時間はかかりますが、安全かつ味の点でもおすすめな解凍方法です。 電子レンジでも解凍できますが、解凍機能がない場合、 一部だけ火が通るなど、結構ムラがあります。 その他には、流水解凍、常温解凍がありますが、 どちらの解凍方法も鶏肉の細菌繁殖のリスクが高くなりますので、 お勧めはできません。 これは、食中毒の怖さや重要性を認識している調理師の人からも、 特に注意が必要と言われたことですが、 解凍される時の鶏肉の温度も問題になるからです。 鶏肉には、カンピロバクターという細菌が付着している可能性が多く 冷凍したささみでも、菌は死滅せずに存在する可能性があります。 調理の仕方により食中毒を起こすことがあるので、注意が必要です。 ちょうど常温解凍をしているお肉の温度と同じくらいになるので、 注意が必要です。 ささみを解凍せずに調理することは出来なくはないですが、 結構、火の通し具合が難しく、あまりお勧めではありません。 火がきちんと通っていないと、 先ほど書いたような食中毒の危険があります。 ささみは低脂肪で、胃腸に負担が少ないので、 ちゃんと調理すれば安全に食べられる便利で美味しい食材です。 赤ちゃんの離乳食などにも向いています。 冷凍のささみを凍ったまますりおろして、 離乳食などに加えるという使い方もできますよ。 冷凍ささみの保存期限はどれくらい? 冷凍保存したささみは、保存する前の下処理の仕方で 保存期間が違ってきます。 冷凍するときに日付を書いておくといいですよ。 冷凍保存するときは、最初の方でも書いたように、 きちんとラップに包ねでフリーザーパックなどに入れ、 「冷凍焼け」を起こさないように保存してください。 ちなみに冷凍焼けとは、冷気が直接食材にあたったり、 長期間冷凍したせいで、食材の水分が抜けて乾燥したり、 酸化したりすることによって、パサパサの食感になる事です。 表面が白っぽく変色したり、見るからにパサついた感じになってきます。 冷凍焼けしても食べられないことはないですが、 美味しくないので早めに食べるようにしましょう。 おわりに ささみは、脂肪分が少なく、冷凍保存もきいて、 色々な料理に使うことができるコストパフォーマンスの良い食材です。 上手に冷凍をして保存しておけば、 料理のレパートリーも増えますよ。

次の