ハンバーグ 材料。 ハンバーグのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

ハンバーグの材料

ハンバーグ 材料

ハンバーグを作るのに必要なもの(4人分が目安) ハンバーグを作るための材料です。 分量は4人分になります。 挽き肉300グラム ハンバーグの基本となる挽き肉です。 一般的には、牛肉と豚肉の合い挽きを使います。 後のページで詳しく見ていきますが、肉の割合は好みに応じてで構わないと思います。 お肉屋さんに行けば、ハンバーグ用挽き肉なるものが売っているところもありますから、それでもいいと思います。 たまねぎ2分の1個 ハンバーグに入れる肉以外の代表的な野菜です。 場所によっては入れない人もいるようですが、たまねぎをハンバーグに入れた方が甘みがでておいしいです。 パン粉1カップ パン粉はハンバーグのつなぎの役割を果たしていますが、パン粉を入れるとハンバーグが焼けたときにふっくらと仕上がります。 食パン1枚から自分でパン粉を作って入れる人もいます。 卵1個 これもパン粉と同様、ハンバーグのつなぎの役割を果たします。 人によってはパン粉と卵以外に牛乳を入れる人もいます。 この辺りは好みでいいでしょう。 塩・こしょう少々・油 塩とこしょうはハンバーグのタネの味付けに使いますから、お好みの味になる量を使います。 焼くときに使う油はサラダ油でいいでしょう。 適量用意します。 スポンサーリンク ハンバーグのレシピ それでは早速ハンバーグを作ってみましょう。 作り方 1たまねぎをみじん切りにし、いためてよく冷ます うちのハンバーグはたまねぎをいためずに直接使っていますが、たまねぎの甘みを引き出すためにも、一旦いためておく方がいいでしょう。 たまねぎが透明になるくらいまでいためます。 挽き肉は熱に非常に弱いので、たまねぎをいためた後はよく冷ましておきましょう。 2挽き肉に玉ねぎ、パン粉、溶き卵, 塩、こしょうをいれ、よく混ぜ合わせる ハンバーグの材料を全部いれ、混ぜ合わせます。 牛乳を使う人は、ここで一緒にいれてしまいましょう。 全体が均等になるように手でよく混ぜ合わせます。 3混ぜたハンバーグのタネを焼くときの大きさに分けてまとめる 混ぜて分けた後に形をハンバーグ形に整えるのですが、この後で、 両手でキャッチボールするように何度か投げるとハンバーグ内の空気が抜けて、焼いたときにハンバーグが割れにくくなります。 きれいな仕上がりのハンバーグにするためにも、この動作をしておきましょう。 4油をひいて熱したフライパンの上にハンバーグのタネをのせて片面焼く 焼く前に、ハンバーグの中心部分を少しくぼませておきます。 ハンバーグを焼くときは中火で焼きます。 弱火だとハンバーグの中まで火が通りませんし、強火だと表面が焦げてしまいます。 5片面が焼きあがったら、ハンバーグを裏返して蓋をして蒸し焼きにする 中まで火が通れば完成です。 余り長い時間焼きすぎるとハンバーグ内の肉汁がなくなってしまいますし、短すぎると中が半生になってしまいますので注意しましょう。 串を刺してみて、いい具合の肉汁が出てくればOKです。 以上でハンバーグの完成です。 ハンバーグの作り方は各家庭において若干違うと思いますし、「自分の家のやり方と違う」と思った人もいるかと思います。 ここで説明したハンバーグのレシピはあくまでも基本的なもので、場所によって様々なアレンジが施されているでしょう。 いや、むしろアレンジされていることの方が多いかもしれませんね。 そんなアレンジを加えやすいのもハンバーグのいいところです。 ハンバーグの発展1-煮込みハンバーグのレシピ ハンバーグは基本的に焼く料理ですが 、ハンバーグを煮込み料理よろしく煮込んで作るものが煮込みハンバーグです。 ハンバーグにかけるソースの中に、デミグラスソースというのがありますが、基本的にはこのデミグラスソース系のソースで煮込んで作ります。 煮込みハンバーグの作り方は、焼いたハンバーグをソースの中に入れてしばらく煮込めば作れます。 煮込みハンバーグの場合は、煮込む過程でハンバーグの中にまで熱が行き渡りますから、普通のハンバーグのように十分焼かなくても大丈夫です。 ソースは、市販のデミグラスソースでもいいですし、自家製のソースでも構いません。 自分好みの味があれば、そのソースを使えばいいでしょう。 ハンバーグの発展2-照り焼きハンバーグのレシピ 照りのつけ方はとっても簡単。 フライパンで焼いたハンバーグにしょうゆ、酒、砂糖、みりんを加えたら、フライパンをゆすりながらハンバーグに絡めていきます。 ハンバーグに照りが出てきたらOK。 隠し味に生姜のすりおろしをほんの少し入れると、サッパリした味の照り焼きハンバーグになります。 甘さは砂糖の量で自分好みに加減しましょう。 自分なりの照り焼きソースの分量を覚えると、ハンバーグだけではなく、照り焼きチキンなどにも応用できます。 ハンバーグの発展3-和風ハンバーグのレシピ ハンバーグは洋食であり、基本的には洋食で使われる味付けが好まれますが、日本人ならやっぱりしょうゆだろ! ということでしょうゆベースの味付けをしたものが和風ハンバーグです。 この作り方も基本のハンバーグと同じで、 最後にしょうゆベースのタレをかけるだけといったシンプルなものです。 タレはしょうゆをベースにして酒や調味料を入れて作ります。 和風ハンバーグの場合は、照り焼きハンバーグとは違ってしょうゆ味を楽しみますから、照り焼きハンバーグのタレのように甘くならないようにしましょう。 他のハンバーグと違ってさっぱりとした食感が楽しめます。

次の

ガッテン流ハンバーグがめちゃうまい!!

ハンバーグ 材料

さて、そもそもなぜハンバーグに卵を入れるのでしょうか?それは「つなぎ」の役割をしているからです。 つまり、 卵はひき肉同士をつなぎとめる接着剤の役割です。 卵にたくさん含まれているタンパク質には、温度が上がると凝固するという性質があります。 そこで卵をハンバーグに入れることで、 卵の凝固力が働き、内側から肉のうま味が流れ出ないようにするのです。 肉汁がジュワーっとあふれ出るのは、実は卵のおかげだったのですね。 また、卵には保水性があるため、 肉本来の食感と共にふわっと軟らかく弾力のあるハンバーグに仕上げることができるのだとか。 これらの理由で、ハンバーグのつなぎには、卵を使うことが一般的になったのです。 では、欧米ではつなぎに何を使っているかというと、それは「塩」。 「塩がつなぎになるの?」と思われるかもしれませんが、 欧米では基本的にひき肉に塩のみを混ぜてよく練り合わせます。 塩は肉(タンパク質)を分解・溶解する作用があり、よく練り合わせることによってヌルヌルとした粘り気が出てきます。 その粘り気が 肉同士の結着性やうま味を逃さないための保水剤の役割をしているのです。 また、塩は加熱するとタンパク質を固める効果があり、ハンバーグに入れることでハンバーグ自体が崩れにくくなります。 通常、 魚や肉を焼く直前に塩を振るのも、表面を適度に固め、内部のジューシーさを逃さないためなのです。 そのため欧米のハンバーグでは、つなぎに塩のみを使っていることが多いのです。

次の

ハンバーグのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

ハンバーグ 材料

ハンバーグを作るのに必要なもの(4人分が目安) ハンバーグを作るための材料です。 分量は4人分になります。 挽き肉300グラム ハンバーグの基本となる挽き肉です。 一般的には、牛肉と豚肉の合い挽きを使います。 後のページで詳しく見ていきますが、肉の割合は好みに応じてで構わないと思います。 お肉屋さんに行けば、ハンバーグ用挽き肉なるものが売っているところもありますから、それでもいいと思います。 たまねぎ2分の1個 ハンバーグに入れる肉以外の代表的な野菜です。 場所によっては入れない人もいるようですが、たまねぎをハンバーグに入れた方が甘みがでておいしいです。 パン粉1カップ パン粉はハンバーグのつなぎの役割を果たしていますが、パン粉を入れるとハンバーグが焼けたときにふっくらと仕上がります。 食パン1枚から自分でパン粉を作って入れる人もいます。 卵1個 これもパン粉と同様、ハンバーグのつなぎの役割を果たします。 人によってはパン粉と卵以外に牛乳を入れる人もいます。 この辺りは好みでいいでしょう。 塩・こしょう少々・油 塩とこしょうはハンバーグのタネの味付けに使いますから、お好みの味になる量を使います。 焼くときに使う油はサラダ油でいいでしょう。 適量用意します。 スポンサーリンク ハンバーグのレシピ それでは早速ハンバーグを作ってみましょう。 作り方 1たまねぎをみじん切りにし、いためてよく冷ます うちのハンバーグはたまねぎをいためずに直接使っていますが、たまねぎの甘みを引き出すためにも、一旦いためておく方がいいでしょう。 たまねぎが透明になるくらいまでいためます。 挽き肉は熱に非常に弱いので、たまねぎをいためた後はよく冷ましておきましょう。 2挽き肉に玉ねぎ、パン粉、溶き卵, 塩、こしょうをいれ、よく混ぜ合わせる ハンバーグの材料を全部いれ、混ぜ合わせます。 牛乳を使う人は、ここで一緒にいれてしまいましょう。 全体が均等になるように手でよく混ぜ合わせます。 3混ぜたハンバーグのタネを焼くときの大きさに分けてまとめる 混ぜて分けた後に形をハンバーグ形に整えるのですが、この後で、 両手でキャッチボールするように何度か投げるとハンバーグ内の空気が抜けて、焼いたときにハンバーグが割れにくくなります。 きれいな仕上がりのハンバーグにするためにも、この動作をしておきましょう。 4油をひいて熱したフライパンの上にハンバーグのタネをのせて片面焼く 焼く前に、ハンバーグの中心部分を少しくぼませておきます。 ハンバーグを焼くときは中火で焼きます。 弱火だとハンバーグの中まで火が通りませんし、強火だと表面が焦げてしまいます。 5片面が焼きあがったら、ハンバーグを裏返して蓋をして蒸し焼きにする 中まで火が通れば完成です。 余り長い時間焼きすぎるとハンバーグ内の肉汁がなくなってしまいますし、短すぎると中が半生になってしまいますので注意しましょう。 串を刺してみて、いい具合の肉汁が出てくればOKです。 以上でハンバーグの完成です。 ハンバーグの作り方は各家庭において若干違うと思いますし、「自分の家のやり方と違う」と思った人もいるかと思います。 ここで説明したハンバーグのレシピはあくまでも基本的なもので、場所によって様々なアレンジが施されているでしょう。 いや、むしろアレンジされていることの方が多いかもしれませんね。 そんなアレンジを加えやすいのもハンバーグのいいところです。 ハンバーグの発展1-煮込みハンバーグのレシピ ハンバーグは基本的に焼く料理ですが 、ハンバーグを煮込み料理よろしく煮込んで作るものが煮込みハンバーグです。 ハンバーグにかけるソースの中に、デミグラスソースというのがありますが、基本的にはこのデミグラスソース系のソースで煮込んで作ります。 煮込みハンバーグの作り方は、焼いたハンバーグをソースの中に入れてしばらく煮込めば作れます。 煮込みハンバーグの場合は、煮込む過程でハンバーグの中にまで熱が行き渡りますから、普通のハンバーグのように十分焼かなくても大丈夫です。 ソースは、市販のデミグラスソースでもいいですし、自家製のソースでも構いません。 自分好みの味があれば、そのソースを使えばいいでしょう。 ハンバーグの発展2-照り焼きハンバーグのレシピ 照りのつけ方はとっても簡単。 フライパンで焼いたハンバーグにしょうゆ、酒、砂糖、みりんを加えたら、フライパンをゆすりながらハンバーグに絡めていきます。 ハンバーグに照りが出てきたらOK。 隠し味に生姜のすりおろしをほんの少し入れると、サッパリした味の照り焼きハンバーグになります。 甘さは砂糖の量で自分好みに加減しましょう。 自分なりの照り焼きソースの分量を覚えると、ハンバーグだけではなく、照り焼きチキンなどにも応用できます。 ハンバーグの発展3-和風ハンバーグのレシピ ハンバーグは洋食であり、基本的には洋食で使われる味付けが好まれますが、日本人ならやっぱりしょうゆだろ! ということでしょうゆベースの味付けをしたものが和風ハンバーグです。 この作り方も基本のハンバーグと同じで、 最後にしょうゆベースのタレをかけるだけといったシンプルなものです。 タレはしょうゆをベースにして酒や調味料を入れて作ります。 和風ハンバーグの場合は、照り焼きハンバーグとは違ってしょうゆ味を楽しみますから、照り焼きハンバーグのタレのように甘くならないようにしましょう。 他のハンバーグと違ってさっぱりとした食感が楽しめます。

次の