三井 住友 トラスト ライフ パートナーズ。 ご挨拶

三井住友トラスト・ライフパートナーズ株式会社の求人/【コンサルティング営業※マネージャー】〜三井住友グループの安定基盤/働き方の自由度あり〜(東京都)【転職会議】

三井 住友 トラスト ライフ パートナーズ

今回は主に組織のマネジメントも兼務していただきながら業務に携わっていただきます。 お客様のライフプランや保険に対する考え方などをしっかりとヒアリングし、その内容を踏まえてベストなプランニングをお客様に提案する仕事です。 生命保険・損害保険共に多くの取り扱い実績があるため、お客様にニーズに合わせた最適な提案をすることが可能で系列の信託銀行などからお客様をご紹介いただき、ご提案を行います。 今回の採用では営業店のマネジメント業務もご担当いただきます。 年齢層においては主に30歳〜50歳の幅広い層がメンバーとなりチームは活気にあふれ、若手、先輩、上司、部下の垣根を越えて活発にコミュニケーションが取れております。 チームワークを持って業務に取り組んでおり、お客様への提案内容や商品の選定などについて相談できる環境です。 主なシフトとして(1)10:00〜18:00、(2)13:00〜21:00となっており、配属店舗によってシフトを調整していただきます。 月給は固定手当を含めた表記です。 勤務時間 8:50〜21:10 (所定労働時間:7時間20分) 休憩時間:60分 時間外労働有無:有 <その他就業時間補足> 補足事項なし 休暇制度 完全週休2日制 有給休暇10日〜20日 休日日数120日 ・土日祝日出勤。 ・連続休暇(各年度1回、連続5営業日)、リフレッシュ休暇、結婚休暇、出産・育児休業、忌引休暇、看護休暇、介護休暇、ウェルネス休暇、がん治療休暇等 福利厚生 通勤手当、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、厚生年金基金、退職金制度 <待遇・福利厚生補足> 通勤手当:当社規程による 社会保険:補足事項なし 厚生年金基金:補足事項なし 退職金制度:補足事項なし(定年:60歳) <教育制度・資格補助補足> OJT研修 <その他補足> 補足事項なし 補足事項 この求人は採用企業からdodaがお預かりしている求人情報です。 (1)ご応募には転職支援サービスへのご登録が必要です。 (2)採用条件に合致した方については、ご入力いただいた情報にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。 (3)求人への応募ごとに登録情報を変更することはできかねますため、登録情報は各求人へ最適化した内容ではなく、汎用的な内容としていただくことをお勧めいたします。 (4)ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当するdodaの案件担当から行います。 あらかじめご了承ください。

次の

三井住友トラスト・ライフパートナーズ 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

三井 住友 トラスト ライフ パートナーズ

毎月のご返済金額を計算します。 弊社ご利用の事例をご紹介いたします。 ご融資内定までの各段階で、お断りや条件の提示をさせていただく場合がございます。 不動産担保ローンについて 不動産担保ローンについてより詳しく知りたい方向けに、基礎からわかりやすく解説しています。 不動産担保ローンとは 所有不動産を担保にした融資 「不動産担保ローン」とは、所有する不動産を担保に金融機関から融資を受ける、有担保ローンです。 融資限度額は担保となる不動産の担保価値と返済能力によって決まり、他のローンに比べると高額の融資が受けられるのが特長。 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの場合、融資額の上限は10億円となっています。 無担保ローンと比べて金利が低いことや、銀行ローンと違って借入資金の使途に制限がないといったメリットがあります。 幅広い資金使途に対応 借入資金の使途には制限はありません。 個人のお客様なら、教育資金、自宅のリフォーム、投資、レジャー等。 個人事業主や法人のお客様なら、運転資金や設備投資、新規事業資金といったニーズに、幅広く活用いただけます。 固定資産税や相続税といった「納税資金」は銀行からの借入は難しいようですが、不動産担保ローンなら融資を受けることができます。 不動産を相続したものの相続税の支払いで困っている方や、税金を滞納されている方にも検討していただきたい選択肢のひとつです。 不動産担保ローンは低金利 無担保ローンに比べると金利が低いのが大きな特長。 担保となる不動産に抵当権を設定するため、万が一、返済不能となった場合は担保不動産が競売にかけられることになります。 そのため、貸し手の貸し倒れリスクが小さく、無担保ローンに比べると金利を低く設定することができるのです。 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの不動産活用ローンなら、適用年率は変動金利で3. 90~7. 40%、返済期間は最長35年での融資が可能です。 スピーディーな対応 不動産担保ローンでは、担保となる不動産の評価に日数が必要ですが、三井住友トラスト・ローン&ファイナンスでは可能な限りスピーディーな対応を行っています。 オンラインやフリーダイヤルでの申込から2営業日以内に仮審査の結果をお伝えしています。 弊社にて正式なお申込をしていただいてから、最短でわずか1週間で融資を実行しているケースもあります。 不動産担保ローンのメリット 資金使途の自由度が高い 住宅ローン、自動車ローン、教育ローンといった融資では、借入金の使途が明確に決められています。 例えば住宅ローンは、自宅として居住する住宅の購入、新築、増改築を目的として行われる融資です。 それ以外の使途に借入金を用いることはできません。 不動産担保ローンの場合、幅広い資金使途に利用できる、自由度の高さがメリットです。 低金利なので返済総額を少なく抑えるメリットあり 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの不動産活用ローンの適用年率は変動金利で3. 90~7. 40%と、無担保ローンに比べて金利が低く設定されています。 金利が低ければ返済総額を少なく抑えることができるという大きなメリットがあります。 最長35年、長期返済可能 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの不動産活用ローンでは、個人のお客様向けの「フリーコース」、個人事業主・法人のお客様向けの「ビジネスコース」ともに、返済期間は1年超35年以内で、返済回数は13回から420回まで設定できます。 長期返済が可能なので、毎月の返済額を抑えられ、資金計画が立てやすく、無理のない返済が可能となります。 これも不動産担保ローンの大きなメリットです。 融資額は最大10億円 融資可能額は担保となる物件の担保価値と、借入するお客様の返済能力によって決まります。 担保物件の価値を流通価格等から総合的に判断して担保評価額を算出し、返済能力をあわせて審査し、300万円から10億円までの融資を行っています。 融資額の大きさも不動産担保ローンのメリットのひとつです。 仮審査の結果は2営業日以内でわかる 事業資金の場合、融資を受けられるかどうかできるだけ早く結論を知りたいというケースもあるかと思います。 審査に日数がかかった上に融資を受けられないということになれば、資金計画に支障をきたすこともあるかもしれません。 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスでは、オンラインやフリーダイヤルでの申込から2営業日以内で仮審査の結果をお伝えしています。 そのため、資金計画の見通しを立てやすいというメリットがあります。 不動産担保ローン申込の流れ フリーダイヤルや窓口で気軽にご相談を 不動産担保ローンの申込を検討しているお客様は、フリーダイヤルや店舗の窓口でお気軽にご相談ください。 フリーダイヤル以外にも、インターネットから仮審査を受けることのできる「オンライン申込」をご用意していますので、ご活用ください。 仮審査なら2営業日以内で結果をお伝えします オンライン申込では、申込されるお客様の氏名・住所、借入希望額、借入目的等と、担保物件に関する情報を入力いただき、2営業日以内で仮審査の結果をお伝えします。 仮審査が通れば正式なお申込をしていただき、本審査後、融資可能であれば契約となります。 正式な申込から最短1週間で融資を実行しているケースもありますが、申込状況や担保物件によっては日数がかかることもありますので、お早目にご相談ください。 必要な書類は早目にご準備を 不動産担保ローンの申込にあたって必要な書類は、個人のお客様なら写真付公的証明書(運転免許証等)、住民票の写し[世帯全員](本籍地・マイナンバー・住民票コード省略のもの)、源泉徴収票(直近年度分)、法人のお客様だと代表者の写真付公的証明書(運転免許証等)、法人の登記事項証明書、決算書、確定申告書(直近3年度分)になります。 これらに加えて、担保物件に関連して、不動産の登記事項証明書や、公図・地積測量図・建物図面があると手続きがスムーズになります。 融資可能額は総合的に判断 不動産担保ローンの審査では、「返済能力の審査」と「担保不動産の評価」を行います。 返済能力に加え、担保としての不動産の価値から総合的に審査させていただき、融資可能額を決定します。 担保不動産の評価は、公示地価・基準地価・路線価に加え、流通価格等によって判断しています。 審査段階での手数料は無料 審査が通って融資実行となると「融資事務手数料」をいただきますが、三井住友トラスト・ローン&ファイナンスでは、申込や審査段階では調査料などの手数料を請求することはありません。 もしも融資が実行されなかった場合は、手数料は一切かかりません。 不動産担保ローン 幅広い資金使途で選ぶなら 様々なニーズに応える不動産担保ローン 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスでは、お客様それぞれの資金ニーズに応えられるよう、様々なタイプの不動産担保ローンを取り扱っています。 不動産業者のお客様向けに不動産事業にかかる資金調達に特化した商品もご用意していますが、ここではまず、個人、個人事業主・法人のお客様を対象とした3つの商品をご紹介します。 個人のお客様向け「不動産活用ローン(フリーコース)」 「不動産活用ローン(フリーコース)」は、個人のお客様の幅広い資金ニーズに対応し、最長35年のゆとりある返済が可能な不動産担保ローンです。 教育資金、自宅のリフォーム資金、投資資金、レジャー資金等として、また銀行からの融資が難しいような固定資産税や相続税の「納税資金」としてもご利用いただけます。 税金滞納の解消にもご利用ください。 個人事業主・法人のお客様に「不動産活用ローン(ビジネスコース)」 「不動産活用ローン(ビジネスコース)」は、個人事業主や法人のお客様を対象に融資する不動産担保ローンで、運転資金や設備資金のニーズに対応するものです。 新たに事業を始める開業資金や、今までとは異なる分野への進出に使う新規事業資金は、事業実績がないという理由で銀行からの融資は受けにくいようです。 融資を受けることができても、短期での返済が条件となることもあります。 「不動産活用ローン(ビジネスコース)」では、事業実績がなくても事業計画、収支計画、資金計画や返済計画の実現性について判断し、不動産の担保価値を加味し総合的に審査を行います。 最長35年の長期返済が可能なので、ゆとりをもった事業計画を策定いただけます。 固定資産税や消費税等の「納税資金」にも用いることができます。 セブン銀行のATMで365日入出金可能です。 融資額は最大1億円。 毎月の利息分をお支払いいただければ、元金は資金繰りにあわせて都合のよい時の返済でかまいません。 返済期間は3年(36回)ですが、更新(再審査あり)も可能です。 消費性資金(個人のお客様への融資)の場合、担保物件は「ご自宅等、生計の維持に不可欠な不動産」以外に限られることにご注意ください。 融資時の事務手数料がかからないのも魅力です。 不動産担保ローンに関するよくある質問 その1 融資実行までどのくらい日数がかかりますか? 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスではスピーディーな対応をしており、フリーダイヤルやオンラインからの申込では2営業日以内で仮審査の結果をお知らせしています。 融資を受けられるかどうかをできるだけ早く知りたいというお客様のニーズにお応えしています。 正式なお申込から最短1週間で融資を実行するケースもあります。 申込の際に調査料は必要でしょうか? 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスでは、申込や審査に関連して調査料等を請求することはありません。 審査の結果、融資に至らなかった場合、手数料は一切かかりません。 審査が通って融資実行の際には「融資事務手数料」をいただいています。 銀行の住宅ローンが残っている自宅を担保にすることはできますか? 住宅ローンが残っている物件には通常銀行の抵当権が設定されているはずです。 不動産担保ローンでは原則として抵当権第1順位での融資を行っていますが、ご返済が進んでいる場合は第2順位以下でも融資を行っているケースがありますので、ご相談ください。 古いマンションでも担保不動産として融資を受けられるでしょうか? 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの不動産担保ローンでは、築年数が経過した古いマンションでも立地、規模、管理状況等に基づいて、融資が可能か審査していますので、まずはご相談ください。 住宅ローンのように団信の加入義務はありますか? 住宅ローンの場合、金融機関が指定する「団信(団体信用生命保険)」に加入しなければなりませんが、不動産担保ローンではその必要はありません。 ただし、担保となる抵当建物の火災保険金請求権等に質権の設定をお願いすることがあります。 不動産担保ローンに関するよくある質問 その2 サラリーマンをやめて事業を始めたいのですが、融資を受けられますか? 銀行だと、事業実績がないとなかなか融資が通らず、通ったとしても短期の融資となることが多いようですが、三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの不動産担保ローンでは担保物件の価値と、事業計画の実現性を審査し、返済計画に無理がなければ融資可能です。 長期融資(最長35年)により、毎月の返済額を抑えられ、ゆとりのある返済で、着実な事業計画を立てていただけます。 決算内容がよくないのですが借りられますか? 銀行だと、以前から取引があっても、決算内容が悪かったり、前年度が赤字だったりすると、融資を受けるのが難しいこともあります。 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの不動産担保ローンでは、不動産の担保価値と今後の事業計画を審査し、返済能力に問題がないと判断できれば融資可能です。 融資を受けられずにせっかくの商機や成長のチャンスを逃すことがないよう、ご相談ください。 不動産担保ローンで融資を受ける際、総量規制による制限はありますか? 「総量規制」とは、個人のお客様が貸金業者から借入する場合に、借入総額を原則として年収の3分の1以下までに制限する制度のことです。 過剰な借入を防止することを目的とした規制です。 ただし、必ずしもすべての借入に適用されるものではありません。 例えば、不動産購入のための借入(いわゆる住宅ローン)は総量規制になじまないものとして、適用から除外されています。 不動産担保ローンで総量規制が適用されないのは、どのようなケースですか? 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスは貸金業者ですので、融資は基本的に総量規制の対象となりますが、総量規制が適用されないケースもあります。 個人のお客様が自宅以外の不動産(賃貸アパートや駐車場等)を担保とする場合、総量規制の「適用除外」となり借入が可能となる場合があります。 担保となる不動産を売却して返済する場合も、総量規制は適用されません。 個人事業主のお客様が開業資金や事業資金を借りる場合は、総量規制の「例外」となり、総量規制は適用されません。 ただし、「例外」の場合は、借入額が借入残高に算入され、その後の借入の際に総量規制の影響を受けることになります。 不動産担保ローンに関するよくある質問 その3 金利の見直しはどのように行われますか? 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの不動産担保ローンには、変動金利型の商品と、固定金利型の商品があります。 変動金利型の商品の適用年率は、お借入日の前月末日の短期プライムレートに基づいて決まります。 お借入後の適用年率および返済額は、年2回見直しを行います。 繰上げ返済はできますか? ご返済の途中で繰上げ返済していただくことは可能です。 但し、商品によっては解約違約金が発生します。 不動産活用ローンのフリーコース/ビジネスコースでは、繰上げ返済する元金の3. 00%以内の額をお支払いいただきます。 お客様の状況や担保不動産の状態に応じて最適な商品をお選びいただけます。 遊休資産をゆっくり売却したい人に「不動産活用ローン(遊休資産コース)」 「自宅や生計の維持に不可欠な不動産」以外の物件を担保とし、融資を行う不動産担保ローンです。 幅広い資金使途に対応していて、毎月の支払い(返済)は利息分のみ。 期限までに担保不動産を売却した代金を元本の返済に充てていただくのがこのコースの大きな特徴です。 引退後の生活費や旅行代金、高齢者施設への入居資金に。 相続税の支払いや共同相続人の持分買い取りといった、相続関連の資金に。 税金を滞納されている際の納税資金に。 毎月の支払いが利息分のみですので、様々な資金ニーズに余裕をもった対応をしていただけます。 ほしい物件をあきらめない迅速な資金調達「不動産売却つなぎローン」 売却中の不動産を担保に様々な使途に利用できる不動産担保ローンで、自宅の買い換えに伴う「買先行」にも活用できます。 例えば、勤めていた会社を定年退職するのにあわせて自宅を売却し、あこがれの街に移住するような場合、自宅の売却準備中に最適な物件が見つかっても、手元に資金がなくて買い逃してしまうことがあるかもしれません。 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの「不動産売却つなぎローン」なら、返済期間は最長1年、期限一括返済で融資可能です。 自宅も担保として取り扱いできます。 このローンを使えば、自宅の売却を待つ必要がなく、せっかく出会った物件をあきらめずに済みます。 不動産担保ローン 不動産業者のお客様向け商品 不動産業者のお客様向け不動産担保ローン 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスでは、不動産業者のお客様に向けた商品も複数用意しています。 資金使途等に合わせて、最適な商品をお選びいただけます。 不動産の在庫を活用した資金調達に「不動産事業ローン」 不動産業を営む法人向けの不動産担保ローンです。 所有不動産や販売用不動産を担保とした融資で、運転資金の調達や納税資金にご利用いただけます。 開業からあまり年数が経っておらず、銀行から融資を受けるのが難しい法人にもおすすめです。 返済期間は最長2年で、期限一括返済も選択できます。 融資できるのは、返済原資が担保物件の売却資金である場合に限ります。 小規模現場から大規模開発まで、「戸建事業ローン」 戸建分譲を行う法人向けの不動産担保ローンです。 用地の仕入資金の他、運転資金の調達や、取引銀行の借入枠が一時的にオーバーしている時にもご利用いただけます。 区画売却毎の一部返済にも対応できますので、1区画ごとにていねいな販売計画が実現できます。 ただし融資できるのは、返済原資が担保物件の売却資金である場合に限ります。 短期の運転資金調達に「短期事業ローン」 短期の不動産購入や転売事業に活用していただける、不動産担保ローンです。 返済期間は3ヶ月の期限一括返済。 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスなら、正式なお申込から最短1週間で融資が実行可能なケースもありますので、ビジネスチャンスを逃しません。 不動産担保ローンと住宅ローン 不動産担保ローンと住宅ローン、共通点と違い 不動産担保ローンと住宅ローンとは大きく異なる商品ですが、不動産を担保に融資を受けるといった点は共通しています。 不動産担保ローンは所有している不動産を担保に融資を受けるものですが、住宅ローンはマイホームを購入したり、自宅を増改築したりする資金の融資を受けるものです。 不動産担保ローンをよりよく知っていただけるよう、住宅ローンとの共通点と違いを簡単にまとめました。 どちらも担保不動産に抵当権が設定される 不動産担保ローンと住宅ローンはともに、融資を受ける際はどちらも担保となる不動産に抵当権が設定されます。 抵当権とは、もしもローンの借り手が借入金を返済できなくなった場合、貸し手がその不動産を競売にかけて貸付金を回収できる権利です。 住宅ローンは資金の使途に制約あり 住宅ローンはマイホームの購入や新築・増改築の資金として借りるもので、それ以外の使途に用いることはできません。 事業の運転資金や設備投資に使うことはできませんし、投資用不動産の購入やアパートの建築費用とすることも認められません。 これに対して不動産担保ローンでは、幅広い資金使途に活用可能です。 住宅ローンは金利が低いが、融資を受けるための条件が多岐にわたる 住宅ローンは資金使途に制約がある分、金利は不動産担保ローンと比較すると低めですが、年収や勤続年数といった条件や、年収に占める返済額の割合である「返済負担率」は30%以内といった基準があるのが普通です。 このため、融資を受けることが難しいケースがあります。 借入時の年齢と完済時の年齢も条件となり、完済時に65歳以上となると審査が通りにくくなることが多いようです(審査基準や融資条件は金融機関によって異なります)。 不動産担保ローンの場合は返済能力の審査を行う上で、担保となる不動産の担保価値も加味しますので、完済時に65歳を越えるお客様でも融資を受けられるという特長があります。 不動産担保ローンと住宅ローン、その他の違い 住宅ローンを使って住居を購入する際は、金融機関が指定する「団体信用生命保険」、いわゆる「団信」に加入する必要があります。 団信とは、住宅ローン専用の生命保険で、万が一、借り手がお亡くなりになったり、高度障害になられた場合、団信を運営している保険会社が金融機関に保険金を支払うことで、住宅ローンを清算するものです。 不動産担保ローンでは団信という制度はありません。 不動産担保ローンを組む前に押さえておきたいポイント 借りる前に毎月の返済額をシミュレーションする 融資を受ければ、それ以降、月々の返済を続けていくことになります。 月々の返済額は、借入額、金利、返済期間、返済の方式等によって決まります。 月々の返済額が多すぎれば、家計を圧迫することになりますし、事業の資金繰りが厳しくなることもあります。 そのような状態が継続すれば、返済が滞ることにもなりかねませんので、借入を行う際は、月々の返済額をシミュレーションし、無理のない返済計画を立てることが大切です。 当WEBサイトのシミュレーション機能 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスでは、返済の方式が元利均等返済の場合の返済シミュレーションをWEBサイト上に設けています。 借入額、金利、返済期間を入力すれば、月々の返済額の目安が算出できる便利なツールです。 お借入れを検討の際には、返済期間等を変更しながらお試しいただき、返済計画の検討に返済シミュレーションをご活用ください。 ローン契約時には諸費用がかかる 不動産担保ローンの場合、必要となる諸費用は金融機関等によって違いはありますが、一般的には、融資を受ける金融機関に支払う事務手数料、契約書に貼る印紙代、登記費用等があります。 それ以外に、不動産鑑定料が必要な場合もありますが、三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの不動産担保ローンをご利用いただく際は、不動産の調査を自社で行いますので、不動産鑑定料は必要ありません。 なお、当社ではお客さまに抵当建物の火災保険にご加入いただく場合があります。 不動産担保ローンに関するまとめ 3つのポイント 不動産担保ローンの特長 1)融資額が大きい 最大の特長は融資額の大きさです。 返済能力だけでなく、担保となる不動産の価値を勘案して審査を行いますので、担保価値の高い不動産をお持ちなら、それだけ高額の融資を受けることが可能な場合があります。 不動産担保ローンの特長 2)無担保ローンよりも金利が低い 無担保ローンよりも金利が低いことも特長に挙げられます。 金利が低ければ、返済総額が少なくなりますので、返済の負担を軽減できるという大きなメリットにつながります。 不動産担保ローンの特長 3)幅広い資金使途に対応 幅広い資金使途にご利用いただけることも、不動産担保ローンの大きな特長です。 銀行融資などの目的ローンとは違い、不動産担保ローンで借り入れた資金は、自宅のリフォームやお子様の教育費用にも使えますし、新規事業の立ち上げや、事業の運転資金に用いることもできます。 相続税や固定資産税等の納税資金にも利用いただけます。 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスなら2営業日以内に仮審査 三井住友トラスト・ローン&ファイナンスが提供する不動産担保ローンでしたら、融資額の大きさ、無担保ローンと比較しての金利の低さといった特長に加えて、仮審査の結果を2営業日以内にお答えするという迅速な対応も行っています。 正式なお申込から早ければ1週間で融資を実行できることもあります。 フリーダイヤルや店舗窓口に、まずはお気軽にご相談ください。 オンライン申込をご利用いただけば、インターネット経由で仮審査を受けることもできます。 審査時に手数料はいただきません。 (2019年2月作成).

次の

三井住友トラスト・ライフパートナーズ株式会社の中途採用・求人・転職情報|パソナキャリア

三井 住友 トラスト ライフ パートナーズ

回答者 3. 3 営業職は基本給は高くないです。 インセンティブで稼ごう!!という社風。 大学卒とそれ以外でも基本給が変わります。 元々が教材販売の訪問販売から始まっているので ゴリゴリの営業職です。 毎月、毎月、数字!! 数学!!数学!!社員の売り上げランキングなんかも張り出されます。 比べられるの苦手な人やメンタル弱い人は本当にやめた方がいいです。 病みます。 配属される場所によっても変わってくるけど、飲みにケーションが文化みたいなところがあるから、好きな人は相談しやすいし打ち解けやすいかも。 先輩や上司との関係は配属先にいる人次第で変わると思う。 人徳者がいるところならラッキー。 いなかったら諦めてコミュニケーションスキルを学ぶ為と割り切るといいかもしれません。 数字はインセンティブのラインがあり、それを超えれば幾らつくなど規定がありました。 役職があるかないかでもだいぶ変わります要領とセンスがあれば新入社員から一年と経たず役職をもってお給料も良く働けます。 でもそんなのは全体の僅か一握り程度です。 チャレンジ精神旺盛な方ならおすすめ。 どちらかというと要領が悪くて大器晩成型の方はこの会社は向かないと思います。 半年間の成績規定があって、基準を満たさなければ新卒の場合は部署移動。 中途だと最悪リストラです。 私がいた頃はそうでした。 回答者 4. 1 入社を決めた理由: 前職時代も実績や人に恵まれて、非常に充実していたが、今後、何十年働いていく中で、会社の数字や利益のために人生をかける意味が感じれなくなり、転職を決意。 プルデンシャルは良くも悪くも本人次第。 ただ、会社の売上のためだとか、上司のご機嫌取りのために働いている人はゼロ!! 全員がお客様のために自らの価値を磨き、本気で顧客満足度を高める努力をしている点は本当に素晴らしい環境だと思います。 「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: お客様への貢献=報酬という考えが定着している。 つまり、お客様からの支持の大きさが、稼ぎの大きさに比例する。 自分本位に営業してしまったり、目先の利益に走る営業だと、最終的にお客様には見放される。

次の