エクセル 複数シート まとめる 文字列。 【Excel】複数セルに分けられた文字列を1つのセルにまとめたい!エクセルの「文字の割付」機能の活用テク

EXCEL 大量シートの管理/indirect関数の活用

エクセル 複数シート まとめる 文字列

エクセルによる名寄せ• 名寄せとは 「名寄せ」とは、リスト内にある同じ人や同じ企業を一つにまとめて、重複を削除することをいい、データプレパレーションでよく行われる作業です。 リスト内にある同じ人や同じ企業ができる原因として以下のようなものがあります。 ・別のソフトやシステムでリストを作成している ・引っ越しや異動の際、元のデータを変更せずに、新規に登録する など 名寄せの手順 データ収集 名寄せ対象となるデータをエクセルで読み込めるように、エクセル形式やcsv形式で収集します。 名寄せ方針を決定 どのデータが一致する際に同じとするかの方針を決めます。 例えば、「氏名が一致した場合に、同一とする」とした場合、同姓同名の人が同じ人としてまとめられますので、名寄せ作業は不完全となります。 そこで、「氏名に加え、住所、電話番号、生年月日のすべてが一致する場合同一とする」とした場合、引っ越しなどで住所や電話番号が変わっている場合や、片方の生年月日が記載されていない場合は、同じ人と判定されませんので、同じ人がリスト内に残ることとあります。 名寄せ対象となるリストの内容と今後の活用方法により、その基準を決める必要があります。 また、名寄せ時片側だけにしかないデータを残すか、残さないかも合わせて決めておく必要があります。 名寄せ作業 データクレンジング エクセルでの名寄せ作業は、名寄せ対象となる列のセルが完全に一致していることが前提となります。 リストの作成方法や作成時期により、同じデータであってもリスト内での内容が違って、エクセルでは異なるものとして認識します。 このような違いは、統一する必要があり、これをデータクレンジングといいます。 クレンジング対象例:• 表記文字:全角・半角、ひらがな・カタカナ・アルファベット• 氏名:スペース区切りかどうか、ふりがながカタカナかひらがなか、など• 企業名:株式会社・(株)、企業名と株式会社の間にスペースがあるか、社名変更など• 住所:町村の場合、郡が記載されているか、丁目番地表記か、ハイフン区切りか• 集合住宅:マンション、アパート名を記載しているか、101号室を101と記載しているか101号室と記載しているか• 郵便番号、電話番号:ハイフン区切りか、ハイフンなしか• 使用列数:1列で保存しているか、複数列で保存しているか(住所、郵便番号、電話番号などは) データ統合 列数そろえ 住所、郵便番号、電話番号などは、1列で保存しているか、複数列で保存しているかは、そのデータソースにより異なります。 結合対象のリストで違いがある場合には、同じ列構造にそろえる必要があります。 列並びそろえ 名寄せを行うために、1シート縦に結合する必要がありますので、作業をしやすいように、列の並びをそろえておく方が、効率的、確実に作業を行えます。 重複削除 エクセルの機能で「重複の削除」を行います。 また、昨日よる重複ができない場合は、並び替え、フィルタ機能なども活用し、ひとつずつ削除、調整します。 エクセルでの名寄せ例 利用シーン ECショップを運営する小売店で、ECでの顧客情報と実店舗での顧客情報を統一し、顧客マスターを作成する。 データサンプル リストA:ECショップの顧客情報 リストB:小売店の顧客情報 名寄せ後リストイメージ 名寄せ方針 名寄せ対象:リストA,B 使用ファイル(ダウンロード) 同じ人の条件:氏名、生年月日が同じ場合 使用データ:双方にデータがある場合には、リストAのデータを残す その他: 名寄せ後のリストに統一会員番号を付与する。 また、会員番号A、会員番号Bも残すようにする。 また、データのない人は空白として作成する。 リストAにしかない「直近購入日」、リストBにだけある「性別」「保有ポイント」は、残さない。 リストBにある「姓(カタカナ)」、「名(カタカナ)」は、全角スペースを区切り文字とし、「氏名(カタカナ)」として残す。 エクセルの作業 データ確認 統合対象となる列の状況を確認します。 生年月日は、同じ用に見えますが、リストAの生年月日がシリアル値、リストBの生年月日が文字列として保存されています。 氏名は、リストAが1列、リストBが2列で作成されています。 生年月日:リストBの生年月日をシリアル値に変換 リストBの生年月日をシリアル値に変換 リストBの生年月日が文字列ですので、文字列として格納された日付を、Excel で日付として認識できるシリアル値に変換するDATEVALUE 関数を使用します。 1 データの右に「生年月日(結合用)」といった名前の列(S列、列名は任意)を作成します。 3 シートの設定によっては、シリアル値が表示されますので、その場合は、人の目でも分かるように、表示形式を日付形式に変更します。 4 関数を入力したセルS2をデータの一番下までコピーします。 1 データの右に「氏名(結合用)」といった項目名の列(T列、列名は任意)を作成します。 「重複の削除」で残るデータは一番上の行が残り、2番目以降のデータは削除されます。 今回の場合は、リストAのデータが残り、下にコピーしたリストBのうち重複したデータが削除されました。 会員番号Bの追加 今回の方針は「会員番号A、会員番号Bも残すようにする。 」でしたので、重複で、削除されたリストBの会員番号Bを追加します。 今回の追加の作業は、VOOLKUP関数を使用して行います。 まず、重複を削除した列「氏名」「生年月日」と「会員番号B」の入ったシートを作成します。 VOOLUP関数の参照値は、一番左の列のデータを参照する関数のため、「氏名」「生年月日」を結合した列を「会員番号B」の列より左に作成します。 今回の生年月日はシリアル値で、保存されているため、単純に列結合を行った場合は、シリアル値が表示されます。

次の

「&」で文字列を結合!【Excel・エクセル】

エクセル 複数シート まとめる 文字列

Q 【 EXCELで悩んでいます 】 複数のシートから特定の言葉の記入がある行だけ、 新規ワークシートへ自動で書き出したいのですが難儀しています。 当方エクセル初心者でして、 ピボットテーブルもマクロも組んだことがありません。 工程数がかかってもいいので、できるだけ優しい方法を教えて下さい。 仕事で使うデータで、これがあると非常に助かります。 【 準備しているデータ 】 ・参照したいデータシートは8枚 ・それぞれ、同じフォーマットで内容が異なる60行弱の文字データ (画像参照ください。 このようなデータシートが8枚あります) 【 やりたいこと 】 8枚にも渡るシートの内容のなかから、 特定の文字が入っているもの(画像でいうと、G列「進捗」の「作業中」になっている行)だけを自動的に抽出して 一枚の新規シートにまとめて一覧化したい 【 環境 】 EXCEL 2003 Windows 面倒かとは思いますが、 お優しいエクセルマスター様がいらっしゃると信じております。 どうかよろしくお願い申し上げます。 まず、準備として、1行目に項目名を記載した集計シートを作成しておきます。 「ツール」「マクロ」「新しいマクロの記録」から、以下の操作をします。 集計シートのA2セルからデータ挿入範囲を大きめに選択し、Deleteキーで以前のデータを削除します(最初は何も入力されていませんが)。 2枚目のシートからは以下の操作を行います。 この操作を8枚目のシートまで行い、最後にすべてのシートのフィルタモードを、「データ」「フィルタ」「オートフィルタ」で解除すれば完成です。 まず、準備として、1行目に項目名を記載した集計シートを作成しておきます。 「ツール」「マクロ」「新しいマクロの記録」から、以下の操作をします。 集計シートのA2セルからデータ挿入範囲を大きめに選択し、Deleteキーで以前のデータを削除します(最初は何も入力されていませんが)。 次に1枚目のシートの項目行を選択し、データ... A ベストアンサー 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。 後は、下方向、右方向にコピー。 A:A,LARGE INDEX Sheet1! 以前同じ質問をさせて頂いたのですが、締め切った後で試したところ どうにもうまくいかず(試さずに締め切ってしまった私が悪いのですが・・)、 もう一度質問させていただきます。 何かよい方法はありますでしょうか? お知恵を拝借できれば幸いです。 宜しくお願い致します。 以前同じ質問をさせて頂いたのですが、締め切った後で試したところ どうにもうまくいかず(試さずに締め切ってしまった私が悪いのですが・・)、 もう一度質問させていただきます。 何かよい方法はありますでしょうか?... A ベストアンサー 横から失礼します。 まず、例えば 作業用シート という名称のシートを設けて下さい。 次に、作業用シートのA列に、 A1セル Sheet1 A2セル Sheet2 A3セル Sheet3 A4セル Sheet4 ・ ・ ・ ・ ・ ・ という具合に、元リストが存在しているシートの名称を、入力して下さい。 この時、シート名を並べる順序は特に気にされなくても結構ですが、同じ名称を重複して入力する事はなさらないで下さい。 (途中に空欄や、存在しないシート名が入力されていても、そのシート名を無視して、処理する事が可能です) 次に、作業用シートのC1セルに、次の数式を入力して下さい。 そして、作業用シートのC列全体をコピーして、C列よりも右にある列に貼り付けて下さい。 (例えば、元リストがO列まである場合には、それよりも2列多い、Q列にまで貼り付けて下さい) 次に、一覧シートの A1セルに「ID」、 B1セルに「日付」、 C1セルに「名前」、 D1セルに「達成度」、 と入力して下さい。 次に、一覧シートのA2セルに、次の数式を入力して下さい。 (例えば、元リストがO列まである場合には、O列にまで貼り付けて下さい) 次に、B2セルの書式設定の表示形式を、日付にして下さい。 最後に、作業用シートの2行目をコピーして、3行目以下に貼り付けて下さい。 これで準備は完了です。 後は、作業用シートのA列に名称を入力した、各シートの元リストにデータを入力すると、そのデータが自動的に一覧シートに、ID順に表示されます。 横から失礼します。 まず、例えば 作業用シート という名称のシートを設けて下さい。 次に、作業用シートのA列に、 A1セル Sheet1 A2セル Sheet2 A3セル Sheet3 A4セル Sheet4 ・ ・ ・ ・ ・ ・ という具合に、元リストが存在しているシートの名称を、入力して下さい。 この時、シート名を並べる順序は特に気にされなくても結構ですが、同じ名...

次の

【エクセルで2シート間での文字列重複チェック】 ブックの中にシ…

エクセル 複数シート まとめる 文字列

実験データを各シートに保管しています。 データのある各シートは下図のように行や列が異なっているものです。 シート「data1」〜「data5」のようす• 「data4」は項目だけが入力されていて、データがないシートです。 データの貼り付けではこのシートは無視します。 シート「data1」 シート「data2」 シート「data3」 シート「data4」 シート「data5」• データをまとめたシート「全データ」のようす 「data1」〜「data5」を一つのシート「全データ」にまとめた結果です。 ただし、項目だけのシート ここではシート「data4」 は無視しています。 解答例1• まとめるシート「全データ」は先頭に持ってきます。 「全データ」シートがすでにある場合は、データをクリアします。 シート名「全データ」は メインのコードで変数のnewShで指定するようにしています。 Worksheets If Sh. Cells. Clear Worksheets newSh. Worksheets. コピーして貼り付けるコードは下表のようにしました。 Sub matome5 Dim Sh Dim newSh As String Dim i As Integer Dim lRow As Long, lCol As Long, lRow2 As Long Dim lCol2 As Long Application. Cells Rows. Count, 1. End xlUp. Cells 10, Columns. Count. End xlToLeft. Cells 10, Columns. Count. End xlToLeft. Activate 'データをコピーして貼り付ける. Range. Cells 1, 1 ,. Cells lRow, lCol. Copy Worksheets 1. Cells 1, lCol2 End If End With Next i Worksheets 1. Activate Range "A1". Select Application. Count とします。 先頭にはまとめ用のシートが有るので• データシートの行の最終位置lRowは1列目の位置を調べます。 Cells Rows. Count, 1. End xlUp. Row• データシートの列の最終位置lCol はデータ部分の10行目の位置を調べます。 Cells 10, Columns. Count. End xlToLeft. Column• Cells 10, Columns. Count. End xlToLeft. Activate. Range Cells 1, 1 , Cells lRow, lCol. Copy Worksheets 1. Cells Rows. Count, 1. End xlUp. Cells 10, Columns. Count. End xlToLeft. Cells 10, Columns. Count. End xlToLeft. Activate 'データをコピーして貼り付ける. Range. Cells 1, 1 ,. Cells lRow, lCol. Copy Worksheets 1. Cells 1, lCol2 End If End With Next i Worksheets 1. Activate Range "A1". Select Application. 実験データを各シートに保管しています。 ここでは、各シートのデータを行方向へまとめたいと思います。 データのある各シートは下図のように行数が異なっているものです。 シート「data1」〜「data5」のようす• 「data4」はデータがないシートです。 データの貼り付けではこのシートは無視します。 シート「data1」 シート「data2」 シート「data3」 シート「data4」 シート「data5」• データをまとめたシート「全データ」のようす 「data1」〜「data5」を一つのシート「全データ」にまとめた結果です。 ただし、データのないシート ここではシート「data4」 は無視しています。 解答例2• まとめるシート「全データ」は先頭に持ってきます。 「全データ」シートがすでにある場合は、データをクリアします。 シート名「全データ」は メインのコードで変数のnewShで指定するようにしています。 このコードは上記(解答例1)のものと同じです。 Worksheets If Sh. Cells. Clear Worksheets newSh. Worksheets. コピーして貼り付けるコードは下表のようにしました。 最初のデータシートでは1行目のタイトル行もコピーしますが、2つ目以降は2行目以降のデータだけをコピーするようにしています。 Sub matome6 Dim Sh Dim newSh As String Dim i As Integer Dim lRow As Long, lCol As Long, lRow2 As Long Dim lCol2 As Long Application. Cells Rows. Count, 1. End xlUp. Cells 10, Columns. Count. End xlToLeft. Cells Rows. Count, 1. End xlUp. Activate. Range. Cells 1, 1 ,. Cells lRow, lCol. Copy Worksheets 1. Cells lRow2, 1 End If. Range. Cells 2, 1 ,. Cells lRow, lCol. Copy Worksheets 1. Cells lRow2, 1 End If End With Next i Worksheets 1. Activate Range "A1". Select Application.

次の