長田 コロナ。 チョコプラ長田、手作りの“コロナ対策グッズ”に大反響「これは本当に欲しいやつ」 (2020年6月3日)

神戸新聞NEXT|神戸|アマビエ和菓子食べて 長田のういろや「街を元気に」

長田 コロナ

スポーツ施設の利用、教室への参加にあたり、以下の事項に留意していただきますようお願いいたします。 以下の事項に該当する場合は、自主的に利用を見合わせること• 体調がよくない場合(例:発熱・咳・咽頭痛などの症状がある場合)• 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合• 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合• マスクを持参すること(受付時や着替え時等のスポーツを行っていない際や会話をする際にはマスクを着用すること)• こまめな手洗い、アルコール等による手指消毒を実施すること• 他の利用者、施設管理者スタッフ等との距離(できるだけ2m以上)を確保すること(障がい者の誘導や介助を行う場合を除く)• 利用中に大きな声で会話、応援等をしないこと• 感染防止のために施設管理者が決めたその他の措置の遵守、施設管理者の指示に従うこと• 利用後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、施設管理者に対して速やかに濃厚接触者の有無等について報告すること.

次の

「とにかく指洗い」「マスクで鼻を守る」「目薬ジャブジャブ」19人の医師が実践するコロナ対策 ~「手・口・目」編~

長田 コロナ

FMわぃわぃ 区長メッセージ 皆さん、こんにちは。 長田区長の増田匡です。 このFMわいわいは、阪神・淡路大震災の後(あと)、市民と行政が手を取り合って復旧・復興を成し遂げていこうという思いからスタートしたコミュニティラジオです。 この度の新型コロナウィルス感染症の拡大は、阪神・淡路大震災に匹敵する大きな災害であると考えています。 この災害を皆で乗り越えていきたいという思いから、このFMわいわいの場でメッセージをお送りすることとしました。 兵庫県では5月21日に緊急事態宣言が解除されました。 まずは、皆様方に、これまで外出の自粛など感染拡大防止のためにご協力いただきましたことにお礼を申し上げます。 また、感染のリスクの中で、治療に取り組んでこられた医療関係者の皆様や、我々の日常生活に必要な様々なお仕事に従事されてきた皆様にも、厚くお礼を申し上げます。 解除されたとは言え、一旦は収まっても繰り返し再発する可能性が高く、ワクチンや効果的な薬が開発され、本当に安心できるようになるのは数年先になるとも言われています。 それまでの間は、気を緩めることなく感染防止に注意し、手洗いや三つの密を避けるといったことが引き続き必要となってきます。 不便を感じることが多いかも知れませんが、物事に終わりは必ずあります。 引き続きのご協力をお願いします。 長田区の良い面は、人と人の距離が近く、親しみやすいこと、そしてみんなが地域で支え合って生活をしていることだと思います。 新型コロナの感染を巡っては、人と人の分断が問題となっていますが、体の距離は必要でも、心の距離は必要ではありません。 今後、コミュニケーションの取り方は変わっていく可能性がありますが、コロナと共に生きる社会においても、心の距離を遠ざけない工夫をしながら、皆様と一緒に長田区の良さを保ち続けていきたいと考えています。 現在、神戸市役所ではコロナでお困りの方への様々な支援方策を実施しています。 十分ではないかも知れませんが、是非色々な制度をご活用下さい。 そして、困ったことは、身近な存在である長田区役所にご相談下さい。 ただ、区役所が三つの密の状態になってはいけません。 まずはお電話でご相談いただくか、窓口の混雑状況はホームページでも分かりますので、空(す)いている時間帯を選んでご来庁いただければと思います。 本当の意味で安心できる日が来るまで、長田区長として区役所の職員と共に、そして、長田区民の一人として皆様と共に、精一杯この長田区を守っていきたいと思います。 前を向いて一緒に頑張っていきましょう。 ありがとうございました。 投稿ナビゲーション.

次の

神戸新聞NEXT|神戸|アマビエ和菓子食べて 長田のういろや「街を元気に」

長田 コロナ

スポーツ施設の利用、教室への参加にあたり、以下の事項に留意していただきますようお願いいたします。 以下の事項に該当する場合は、自主的に利用を見合わせること• 体調がよくない場合(例:発熱・咳・咽頭痛などの症状がある場合)• 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合• 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合• マスクを持参すること(受付時や着替え時等のスポーツを行っていない際や会話をする際にはマスクを着用すること)• こまめな手洗い、アルコール等による手指消毒を実施すること• 他の利用者、施設管理者スタッフ等との距離(できるだけ2m以上)を確保すること(障がい者の誘導や介助を行う場合を除く)• 利用中に大きな声で会話、応援等をしないこと• 感染防止のために施設管理者が決めたその他の措置の遵守、施設管理者の指示に従うこと• 利用後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、施設管理者に対して速やかに濃厚接触者の有無等について報告すること.

次の